【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【転職もアリ】

【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【転職もアリ】

セールスレディ

保険営業って辛いなぁ…。

 

ノルマきついし、

保険屋は嫌われるし、

経費は自腹だし、

売れるまで休めないし…。

 

もっと売れるようになれば、こんなに辛くないんだろうなぁ。

売れるようになって、上司を見返したい。

 

ノルマをさっさと達成して、休みたい。

で、仕事の自信も持ちたいな。

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【売れない商品の5つの共通点】
  • 売りにくい保険を売る方法【イメージさせるしかない】
  • 売りやすい商品を売る営業に転職した方が楽しい

僕、佐藤誠一は保険営業を7年やってきました。

保険を辞めた後は、保険以外の営業も経験しました。

 

保険以外の営業もやっての結論は、

そもそも保険は売りにくい商品です。

売れないから、辛いんです。

 

だって、保険がたくさん売れれば悩まないですよね?

 

保険営業と他の営業を比較してきた僕が書いた記事なので、信ぴょう性があると思います。

それでも保険を売る方法も解説しますね(^^)

【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【売れない商品の5つの共通点】

【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【売れない商品の5つの共通点】

結論、保険営業が辛いのは、そもそも保険が売りにくい商品だからです。

売れない商品の共通点は、下記の5つです。

  1. どこでも売ってる
  2. ほしい人が少ない
  3. ライバルが多い
  4. 顧客が商品を買うのに障壁がある
  5. 世間からのイメージが悪い

保険って、ぜんぶ当てはまってますよね?

 

だから、売りにくいんです。

①保険はどこでも売ってる

保険が売ってる場所を考えてみてください。

  • 保険営業マン
  • 銀行窓口
  • 証券会社
  • 保険代理店
  • ネット
  • 雑誌

など、あらゆるところで売ってます。

 

なので、あなたから契約する理由が少ないから、売りにくいんです。

②保険はほしい人が少ない

「保険に入りたい!」という人って、少ないですよね。

人が保険に入りたくなるときは、下記の4つしかありません。

  1. 病気になったとき
  2. 死にそうになったとき
  3. 結婚したとき
  4. 子供が生まれたとき

つまり、人生において「保険に入りたい」と思う瞬間はかなり少ないです。

 

必要ないものを売ることほど、難しい営業はありません。

③保険はライバルが多い

保険はライバルが多すぎます。

同じ商品、同じ内容、同じ価格なのに、

  • 他の保険会社
  • 保険代理店
  • 銀行
  • 証券会社
  • ネット
  • 雑誌
  • 他の営業マン

と戦わなければいけません。

 

あなたから契約する理由が少ないから、売りにくいです。

④顧客が商品を買うのに障壁がある

保険って、誰でも買えないですよね。

健康じゃないと加入できません。

 

皮肉なことに、保険を一番必要としている人(病気の人など)は、保険を買うことができません。

 

一番ほしがっている人に売れないのでは、売りにくいわけです。

他の業界ではあり得ません。

⑤世間からのイメージが悪い

「保険屋」って、世間からイメージが悪いです。

厳しいノルマで、押し売りする営業マンが多いからです。

 

名刺を出しただけで警戒されることもありますよね(^^;

そもそも偏見を持たれている時点で、売りにくいです。

保険はそもそも売りにくいから、あなたが無能なわけじゃない

以上のように、そもそも保険を売るのは、

けっこう難易度が高いと言えます。

だから、

セールスレディ

自分は営業成績が悪い、無能な人間だ…

と思わなくて大丈夫です(^^)

 

僕は保険営業を7年やった後に、法人向けのWebコンサル営業に転職しましたが、

売れました(^^)

 

結論、「売りやすい商品なら売れる」と気づいたんです。

 

実際、保険営業から別の仕事に転職してうまくいく人って、けっこういます。

保険営業はあらゆる営業職の中でも難易度高めなので、難しくて当たり前です。

 

特に、営業未経験者がやるには、

けっこうハードル高めです(^^;

そりゃ売れないですよ(汗)

 

だから、あなたが無能なわけじゃなく、

保険営業の難易度が高いだけです。

 

もちろん、何をやってもうまくいくような天才もいますが、それは一握り。

あなたは、あなたの才能を活かせる仕事をすれば輝けますよ(^^)

 

もし、「保険の営業を辞めたい!」と思ったら、保険営業を辞めたい理由20選を元保険屋が語る【辞めた後の転職先】を読んでみてください。

ちょっと気が楽になりますよ(^^)

保険営業を辞めたい理由20選を元保険屋が語る【辞めた後の転職先】

売りにくい保険を売る方法【イメージさせるしかない】

売りにくい保険を売る方法【イメージさせるしかない】

それでも、「保険を売るしかないんだ!」という人は、見込み客にイメージさせる質問をしましょう。

保険に加入したい理由は、

見込み客のイメージの中にしかないからです。

 

例えば、

セールスレディ

万が一のために、保険に入っておきましょう!

ではダメです。

なぜなら、それは売り手の都合だから。

 

なので、イメージさせる質問をしましょう。

例えば、

セールスレディ

もしあなたが亡くなったら、

どうなりますか?

と聞いてください。

もし俺が死んだら…

 

妻の収入はどうなっちゃうんだろう?

再就職するかな?

 

でも、子供まだ小さいし、フルタイムの仕事はきついだろうな。

実家も離れてるから、妻の両親を頼るわけにもいかないし…。

 

いや待て、俺が死んだら妻は実家に戻るのかな?

でも、実家に戻っても収入はどうする?

 

妻の実家は田舎だから、なかなか就職できるもんじゃないぞ…

少しでも収入がないと、ヤバいんじゃないか?

お客さん

というように、「もしあなたが亡くなったら、どうなりますか?」という1つの質問で、

相手が勝手にイメージしてくれます。

保険に加入する理由は、相手のイメージの中にあります。

 

だから、保険営業マンはあれこれセールストークを言わずに、イメージさせる質問だけすれば売れます(^^)

 

この辺のスキルは、メンタリストDaiGoさんの本がわかりやすいので、買って読んでください。

心理学やメンタリズムのノウハウが書かれていて、保険営業にかなり実戦的な本だと思いました。


人を操る禁断の文章術

本の中の事例では、オムツ売り場に、

「今しか見れない姿、残しませんか?」と一言書いて、使い捨てカメラを置いたところ、売れまくったそうです。

 

つまり、「今しか見れない姿、残しませんか?」というイメージさせる質問が、読んだ人の頭の中のイメージを膨らませて、

勝手に欲しくなってくれるのです。

 

保険営業は無形商材だし、イメージさせないと売れないので、このスキルは絶対に身につけておきましょう。

 

他にも保険営業で使える質問例は、

  • もし今、ガンになって働けなくなったら、どうなりますか?
  • もしお子さんに「大学に行きたい」と言われたとき、お金がなかったらどうしますか?
  • もし、年金がもらえなかったらどうなりますか?

などが有効ですね。

 

現場で試してみてください(^^)

売りやすい商品を売る営業に転職した方が楽しい

売りやすい商品を売る営業に転職した方が楽しい

ぶっちゃけ、売りやすい商品を売る方が、

営業は楽しいです(^^)

僕も、保険営業から法人向けのWebコンサル営業に転職してからは、売れたので楽しかったです。

 

売れる商品の5つの共通点は、下記の5つです。

  1. 希少性がある
  2. ほしい人が多い
  3. ライバルが少ない
  4. 買いやすい
  5. 世間からのイメージが悪くない

これに当てはまる商品は、売りやすいです。

セールスレディ

保険営業はきついけど、

人と話すのは嫌いじゃない

セールスレディ

保険営業はきついけど、

他の営業ならやってみたい

という人は、上記の5つの共通点を軸に転職活動してみましょう。

 

営業職の転職は、絶対に商材で会社を選ばなきゃダメです。

給料、休み、福利厚生も大切ですが、営業職に限っては「売りやすい商品」で会社を選びましょう。

 

売りやすい商品なら、インセンティブで稼げて、仕事も楽しくなって、自信もつきますよ(^^)

売れる商品の5つの共通点に当てはまる営業職

上記の「売れる商品の5つの共通点」に当てはまる営業職は、Web系が良いですね。

※まぁ、僕の実体験からの意見なんですが(^^;

 

Web系の営業のメリットは、

  1. 新技術が多く、希少性がある
  2. Web戦略を導入したい企業が多い
  3. 保険に比べたら、ライバルが超少ない
  4. どの企業でも買える
  5. Webは、世間からのイメージが悪くない

と、売れる条件をすべて満たしています。

 

また、基本が法人営業なので、

単価も高くて保険より儲かりますよ(^^)

法人のニーズって、

  1. 売上を上げたい
  2. 経費を削減したい
  3. 良い人材を採用したい
  4. 資金調達したい

の4つしかないんですが、Webは、

  1. 売上を上げたい
  2. 経費を削減したい
  3. 良い人材を採用したい

に貢献できるので、契約になりやすいです。

 

※保険だと、「経費を削減したい」くらいしかニーズがないので、売りにくいんですよね(^^;

 

Web系の営業は未経験からでも転職できるところがあるので、求人情報を調べてみましょう。

まとめ【保険営業が辛いのは売りにくい商品だから】

まとめ【保険営業が辛いのは売りにくい商品だから】

この記事をまとめます。

  • 保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【売れれば楽しいはず】
  • 売りにくい保険を売るには、イメージさせるしかない
  • 売りやすい商品を売る営業に転職した方が楽しいよ

セールスレディ

保険の営業って辛い…。

売れない自分が情けない…。

 

売れるようになって、仕事を楽しみたいのになぁ。

自信がなくなってきちゃった…。

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、保険営業で困るのが、

「行くところがない!」という状態ですよね。

見込み客リストが尽きると、テレアポ・飛び込み営業をさせられるオフィスも多いでしょう。

 

行くところがなくなったら、既契約者に会いましょう。

紹介をくれるのは、既契約者だからです。

 

保険営業で行くところがなくなった場合の対処法を、保険営業で行くところがないときは既契約者にアポをとれにまとめいてるので、読んでみてください(^^)

保険営業で行くところがないときは既契約者にアポをとれ

あなたの参考になればうれしいです!