保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つの方法

保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つの方法

あなた

保険営業で友達に勧めるとき、嫌われない方法を知りたいな。

上司が友達に声かけろって言うから連絡するけど、関係性がこわれちゃったら嫌だなぁ…

 

保険営業って友達なくすっていうけど、友達に営業して嫌われるんだろうなぁ…

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つの方法【友達をなくすことなし】
  • 本当に大変なのは友達に売ったあと【行き先に困らないために】

僕、佐藤誠一は保険営業を7年やっていました。

メットライフ生命4年と、保険代理店3年です。

 

現役時代、僕は友達から保険契約をもらいました。

※もちろん、全員じゃないですが。

 

友達に保険のアプローチをするには、コツがあります。

実際に友達から契約をもらえた僕が書いた記事なので、信ぴょう性があると思います。

 

友達に保険の話をする前に、この記事を読んでおいてください(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう!

保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つの方法【友達をなくすことなし】

保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つの方法

保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つ方法は、下記のとおり。

  1. あらかじめ保険営業をしていることを伝えておく
  2. 友達の種類を見分ける
  3. 「嫌だったら断っていいからね」と言っておく
  4. 貯蓄系の保険を提案する

保険は売りたいけど、友達をなくしたくないですよね。

 

友達グループの1人が保険の勧誘を受けると、グループの全員に、

友達

あいつから連絡があったら、保険の勧誘だから無視した方がいいよ!

とLINEする人もいます。

※「それってホントの友達なのか?」とも思いますが…

 

最悪の場合、友達をなくしてしまいます。

そうならないように、上記4つの方法をくわしく解説します。

①あらかじめ保険営業をしていることを伝えておく

保険のアプローチをする前に、保険会社に勤めていることを言っておきましょう。

久しぶりに会って、いきなり保険の提案は引かれるからです。

 

例えば、こんな感じ。

あなた

俺、保険会社に勤めてるんだぁ~
へぇ~、そうなんだ。

友達

これでOK。

ここで営業しないことで、本当に営業するときの売り込み感を軽減することができます。

②友達の種類を見分ける

友達の種類を見分けましょう。

一概に「友達」といっても種類があって、営業しない方がいい友達もいるからです。

 

友達の種類は、下記の2種類。

  1. 仕事のことは一切話さず、遊ぶだけの友達
  2. 進む道は違えど、夢を語り合える友達

①「仕事のことは一切話さず、遊ぶだけの友達」には、保険を提案しない方がいいです。

仕事の話を嫌うので、嫌われる可能性が高いし、時間の無駄です。

 

②「進む道は違えど、夢を語り合える友達」の友達には、保険の話をして大丈夫。

あなたの夢を応援してくれるからです。

 

保険の話の前に、夢を語りましょう。

※僕はこの方法で、友達から契約をもらいました。

 

夢を語るとは、例えばこんな感じ。

あなた

俺はこの仕事で真剣に成功したい。

いずれは支社長になりたいと思っている。

 

そのためには、まず売上でトップを目指さないといけない。

なんとしてもトップになりたい。

「進む道は違えど、夢を語り合える友達」には、夢を語ってから本題に入ると真剣に聞いてくれます。

友達の種類を判断できない友達には紹介依頼が有効

上記の友達の種類、

  1. 仕事のことは一切話さず、遊ぶだけの友達
  2. 進む道は違えど、夢を語り合える友達

判断つかない友達もいますよね。

 

②「進む道は違えど、夢を語り合える友達」という確証がなければ、紹介依頼をするのが無難です。

一度プレゼンして、周りに必要な人がいないか紹介を依頼しましょう。

 

友達も「自分が保険に入らなくていい」というスタンスで話を聞けるので、警戒心がなくなり素直に聞いてくれます。

 

でも、あなたのプレゼン能力によっては、

「こんなに良い内容だったら自分も入ろうかな」と契約してくれますよ(^^)

③「嫌だったら断っていいからね」と言っておく

友達に保険の話をする前に、

あなた

嫌だったら断っていいからね。

でも本当に良いと思ったら真剣に検討して。

と言っておきましょう。

 

友達は「つきあいで契約しないと悪いかな…」と思っているので、その必要はないと伝えることで安心してくれるからです。

あなた

友達だからこそ、つきあいで保険に入るのはやめてほしい。

友達だからこそ真剣勝負したい。

と言うことで、真剣に話を聞いてくれますよ(^^)

 

保険は高い買い物ですからね。

友達につきあいで高い買い物をさせるのは、やめましょう。

④貯蓄系の保険を提案する

友達には、貯蓄系の保険を提案するのが良いです。

貯蓄系であれば、友達に損をさせないからです。

 

反対に、掛け捨て商品は損する確率が高いので、あまりおすすめしません。

友達に提案していい保険は、例えば、

  • 外貨建て終身
  • 外貨建て養老
  • 個人年金
  • 学資保険

などです。

 

この辺は国内生保の人はきついところですね(^^;

L字の保険は損するので、友達には勧めない方がいいですよ。

友達だからこそ、友達にメリットのある提案をする

友達だからこそ、友達にメリットのある提案をしましょう。

それでこそ、友達ってもんです(^^)

 

最低限守ってほしいことは、

「自分が良いと思っていない保険は、友達に勧めないこと」です。

自分が良いと思っていない保険を友達に勧めるから、嫌われるんです。

 

よく「3年たったら解約していいから」といって友達に保険を提案する人がいますが、これは最低です。

解約前提の保険は「いらない保険」だからです。

 

いらない保険を友達に売りつけて、早期解約させて友達に損をさせるなんて最低です。

そもそも、友達にも勧められないような保険を、人様に勧めるのも最低です。

 

自分が売っている保険を良いと思えないなら、絶対に友達に勧めてはいけません。

というか、自分が売っている商品を良いと思えないなら、すぐに保険会社を辞めましょう。

一度断られたら、もう保険の話はしないこと

「進む道は違えど、夢を語り合える友達」に真剣に提案しても、契約してくれないこともあります。

そしたら、もう保険の話はしないこと。

 

断られたのに何度も保険の話をしたら、

さすがに嫌われるからです。

 

大丈夫、友達のライフステージが変化して保険が必要になったら、友達から「保険に入りたいんだけど…」と言ってきてくれます。

 

すぐに契約してくれなくても、あなたが保険で頑張っているのは覚えてくれてますからね(^^)

 

断られたのに何度もしつこく保険の話をすると、友達に本当に保険が必要になったときでも、「またしつこくされたら嫌だなぁ…」と声をかけてくれません。

 

営業は引き際の美しさが大切です。

断られたら、声がかかるまで待ちましょう。

本当に大変なのは友達に売ったあと【行き先に困らないために】

本当に大変なのは友達に売ったあと【行き先に困らないために】

本当に大変なのは、友達に売ったあとです。

友達という、ある意味「最後の砦」がなくなるからです。

 

友達に保険の話をするときは、その後のこともちゃんと考えておかないとマジで困りますよ。

 

保険営業マンにとって一番怖いのは、

行きところがなくなること。

見込み客リストが尽きてしまったら、赤信号です。

 

行くところがなくならないように、今のうちから準備しておきましょう。

 

見込み客リストを増やし続ける準備の方法は、

保険営業で行くところがないときは既契約者にアポをとれにまとめているので、読んでおいてください(^^)

保険営業で行くところがないときは既契約者にアポをとれ

まとめ【友達から保険契約はもらえる】

まとめ【友達から保険契約はもらえる】

この記事をまとめます。

  • 保険営業で友達に嫌われずに契約をもらう4つの方法を守れば、嫌われる確率が下がる
  • 友達に保険を売ったあとに、行き先がなくならないように今から準備しよう

あなた

友達に保険を勧めたいけど、嫌われたくないなぁ。

嫌われずに契約をもらいたい!

という人は、記事の内容を実践してみましょう。

成果がでた方法なので、効果的ですよ(^^)

 

ちなみに、友達にプレゼンするときこそ、

友達のメリットを強調しましょう。

友達のメリットを強調することで、「真剣に考えてくれている」と伝わるからです。

 

メリットを強調する話し方を、営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】で解説しているので、アポ前に読んでおきましょう。

 

成約率が上がりますよ(^^)

営業のアプローチ方法は商品で得られる結果を伝える【例も紹介】

友達との商談、うまくいくことを祈っていますね!