【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】

【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】

保険営業に向いてる人の特徴を知りたいな。

保険会社の人に誘われてるんだけど、自分にやっていけるか不安…

無理そうだったらやめとこうかな。

 

保険営業をやってた人に、本当のところを聞きたい

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選
  • 保険会社の人は採用ノルマもある【断ってOK】
  • 保険営業に転職するなら必ず比較しよう
  • 保険営業に向いてないなら転職しない方がいい

 

僕、佐藤誠一は保険営業を7年やってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 年収
26〜31歳 メットライフ生命の営業 600万円
31〜33歳 保険代理店の営業 600万円
33〜36歳 Webマーケティングの営業 600万円
36歳〜現在 Webライター 750万円

 

保険営業の酸いも甘いも知ってると思います。

元保険屋の僕が、保険営業に向いてる人の特徴を解説します。

7年の経験から解説するので、かなり信ぴょう性のある記事かなと。

 

「あなたが本当に保険営業に転職していいか」がわかるので、不安な人は最後まで読んでみてください。

佐藤誠一

きれいごと抜きで、リアルを解説します。

【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選

【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選

保険営業に向いてる人の特徴は、下記の13個です。

あなたがいくつ当てはまるか、数えてみてください。

  1. 無駄遣いしない人
  2. 細かい人
  3. ルールを守れる人
  4. 勉強を継続できる人
  5. 人の話をキチンと聞ける人
  6. 身だしなみがきれいな人
  7. 人間的な魅力がある人
  8. 体力のある人
  9. 付き合いの良い人
  10. スジを通せる人
  11. 稼ぎたい人
  12. 覚悟ができてる人
  13. 理不尽に耐えられる人

7つ以上当てはまるなら、あなたは保険営業に向いてます。

6つ以下なら、向いてないのでやめておきましょう。

佐藤誠一

詳しく解説していきますね。

①無駄遣いしない人

無駄遣いしない人が、保険営業に向いてます。

収入が不安定な仕事だからです。

特に最初の数年は、生活できない月もあると覚悟してください。

 

収入が不安定で、生活できない理由は下記のとおり。

  • 固定給は10〜15万円/月なので固定給だけでは生活できない(歩合で稼ぐしかない)
  • 3年以内の解約は給与返金義務があり、月給がマイナスになることもあるから
  • 経費は100%自腹
  • 副業が禁止
  • 自爆営業あり(ノルマ未達で自分で保険に入る)

詳しくは、生命保険営業の平均年収は436万円【給料の仕組みを元保険屋が暴露】にまとめてます。

佐藤誠一

保険営業の給料システムも入社前に知っておきましょう。

生命保険営業の平均年収は436万円【給料の仕組みを元保険屋が暴露】

②細かい人

細かいことにこだわる人は、保険営業に向いてます。

保険は金融商品なので、説明し忘れがあると大変だからです。

 

例えば、下記のような説明も細かくしないといけません。

  • 保険が出ないときの条件
  • リスクの説明
  • 手数料の説明
  • 保険会社が倒産した場合の対処

佐藤誠一

あとで言った言わないのトラブルになりやすい仕事なので、細かいことまでこだわる性格が必要です。

③ルールを守れる人

ルールを守れる人は、保険営業に向いてます。

法律にがんじがらめの業界だからです。

 

例えば下記のように、保険営業は法律がうるさい業界。

  • 保険業法
  • 金融商品取引法
  • 特定商取引法

佐藤誠一

コンプライアンスもすごくうるさいので、ルールを守れないと無理です。

④勉強を継続できる人

勉強を継続できる人は、保険営業に向いてます。

ずっと勉強し続けなきゃいけない仕事だからです。

 

自社商品に限らず、下記の知識も必要です。

  • 他社商品
  • 相続
  • 税金
  • 社会保険
  • 年金
  • 住宅ローン
  • 投資
  • 不動産

佐藤誠一

定期的に資格試験もあるので、勉強が苦手な人は無理です。

ちなみに保険営業マンが取得する資格は、保険営業マンや生保レディが取るべき5つの資格【集客も勉強しよう】にまとめてます。

⑤人の話をキチンと聞ける人

人の話を聞ける人は、保険営業に向いてます。

保険は売りにくい商品なので、人の話を聞いて信頼を得なければいけないから。

ノルマで焦って、売り込みする人には無理です。

 

ちなみに「保険は売れない商品」である理由は、【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【転職もアリ】にまとめてます。

【結論】保険営業が辛いのは売りにくい商品だから【転職もアリ】

⑥身だしなみがきれいな人

身だしなみがきれいな人は、保険営業に向いてます。

保険は売れない商品なので、身だしなみの印象が悪いと話すら聞いてもらえないからです。

 

例えば、下記のように身だしなみが必要。

  • 清潔感のある服装
  • 爪の手入れ
  • ナチュラルメイク
  • 磨かれた靴

⑦人間的な魅力がある人

人間的な魅力がある人は、保険営業に向いてます。

前述のとおり保険は売りにくい商品なので、人間的な魅力で売ることも多いからです。

 

例えば、下記のような人は向いてます。

  • 友達が多い人
  • 年下から人望がある人
  • 年上から可愛がられる人

⑧体力のある人

体力がある人は、保険営業に向いてます。

最初の1~2年はまともな休みがないからです。

 

僕も最初の2年は無休でした。

  • 平日昼間:事務作業・テレアポ・飛び込み
  • 平日夜:仕事終わりの人とアポ
  • 土日祝:休みの人とアポ

って感じです。

佐藤誠一

体力ないと無理ですね。

⑨付き合いの良い人

付き合いが良い人は、保険営業に向いてます。

前述のとおり保険は売れない商品なので、せめて人付き合いが良くないと売れにくいからです。

 

保険が売れる可能性が少しでもあるなら、急な呼び出しにも対応が必要。

  • 土日にお客さんからBBQに誘われる
  • お客さんから忘年会に誘われる
  • お客さんの会社のイベントに来るよう誘われる

などは、すべて行くべき。

⑩スジを通せる人

スジを通せる人は、保険営業に向いてます。

前述のとおり保険は売りにくい商品なので、スジを通せないと売れにくいからです。

 

例えば、下記のようにスジは通さないとダメです。

  • AさんにBさんを紹介してもらったから、Aさんにお礼の電話をしよう
  • Cさんには世話になったから、お土産をもっていこう
  • Dさんに契約してもらったから、頼みごとは聞こう

佐藤誠一

報連相も超重要ですね。

「スジ」「仁義」とかって聞いて、ピンとこない人はやめておきましょう。

⑪稼ぎたい人

稼ぎたい人は、保険営業に向いてます。

保険営業は稼ぐ目的でやる商売だからです。

 

給料体系がうまくできていて、「月給20万円くらいを安定して稼ぎたい」っていうのは難しい感じ。

稼げるor稼げないが、白黒ハッキリする世界です。

佐藤誠一

なので、貪欲に稼ぎたい人じゃないとうまくいきません。

⑫覚悟ができてる人

成功する覚悟がある人は、保険営業に向いてます。

保険営業は個人事業主なので、破産するリスクもあるからです。

※くれぐれもサラリーマンじゃないですからね。

注意
ちなみに僕は保険営業で失敗したので、破産しました。

正直、自分の生命保険もかけてました。

死んで借金が残らないように。

 

本当に死ぬ必要は一切ありませんが、命がけで仕事をしてました。

それでも失敗する業界です。

佐藤誠一

マジの覚悟がないと絶対ムリです。

参考:保険営業マンや生保レディは個人事業主【起業する覚悟が必要です】

保険営業マンや生保レディは個人事業主【起業する覚悟が必要です】

⑬理不尽に耐えられる人

理不尽に耐えられる人は、保険営業に向いてます。

保険営業は、理不尽が多いから。

 

例えば、下記のような理不尽があります。

  • 「保険屋」というだけで下に見られる
  • 名刺を出すだけで嫌われる
  • 「保険屋はなんでもやる」と思われてコキ使われる
  • お客さんが契約したくても、健康状態が悪いと契約にならない
  • 月末近くに見込み客が風邪をひいて、売上が来月にずれる
  • 法律の改正で、商売に影響が出る
  • 本社の不祥事なのに、営業マンがクレーム処理する

佐藤誠一

理不尽を「理不尽だ!」と怒る人は向いてません。

理不尽に耐える強靭なメンタルも必要です。

保険営業は向き不向きがハッキリ分かれる

ということで、あなたはいくつ当てはまったでしょうか?

なんとなくわかったかもですが、保険営業は向き不向きがハッキリ分かれます。

 

向いてる人は年収1000万円以上とかをガンガン稼げます。

でも、向いてない人は年収200万円を切ることも。

佐藤誠一

かなり弱肉強食の実力社会なので、もし向いてないような慎重に判断してください。

保険会社の人は採用ノルマもある【断ってもOK】

保険会社の人が誘ってくるのは採用ノルマがあるから【断ってOK】

たぶん今この記事を読んでるあなたは、保険会社の人から誘われてますよね?

すごく熱心に誘ってくれてるから、断りにくいなぁ…

と思ってたら、心配しなくて大丈夫。

保険会社の人は、採用ノルマもあるんです。

 

あなたのことを真剣に思って誘ってくれてる人もいますが、採用ノルマが厳しいからあなたに声をかけてる可能性もあり。

※この辺は仕事だから仕方ないですね。

 

だから、興味がないなら普通に断っていいですよ。

今の会社にお世話になってきたので、やっぱり裏切れません

など、正論で断ればOKです。

向いてて超本気の覚悟があるなら転職しよう【やりがいアリ】

上記の適職診断の結果、保険営業に向いてて、なおかつ超本気の覚悟があるなら保険営業に転職しましょう。

売れればやりがいのある仕事です。

 

ちなみに、保険営業のやりがいは下記の5つ。

  1. 売れれば稼げる
  2. 売れればサボってOK
  3. お客様に感謝されるのがうれしい
  4. 営業スキルが身につく
  5. 人脈が増える

保険営業のやりがいの詳細は、【元保険屋が解説】保険営業のやりがい5選【きついところもあるよ】にまとめてます。

保険営業への転職に失敗しないコツ【比較すべし】

もし保険営業に転職するなら、必ず保険会社を比較してください。

比較しないと、あなたに最適な保険会社がわからないから。

 

たぶん今、特定の保険会社の人に誘われてると思いますが、他の保険会社にも連絡して採用担当者に話を聞きましょう。

※話を聞くだけでも丁寧に対応してくれますよ。

 

採用担当者に話を聞くときは、下記をチェックしてください。

  1. 保険商品を良いと思えるか
  2. 報酬体系に魅力を感じるか
  3. デメリットも教えてくれるか
  4. 採用担当者との相性

特に重要なのは「採用担当者との相性」でして、なぜなら、採用担当者が上司になるから。

佐藤誠一

シンプルに、「この人についていきたい」と思うかチェックしましょう。

 

保険営業への転職に失敗しないコツは、保険営業や生保レディに転職する方法【失敗しないコツを経験者が解説】に詳しくまとめてます。

保険営業や生保レディに転職する方法【失敗しないコツを経験者が解説】

【結論】保険営業に向いてないなら転職しない方がいい

【結論】保険営業に向いてないなら転職しない方がいい

う〜ん、私は保険営業には向いてないっぽいな…

当たり前すぎる結論ですが、保険営業に向いてないなら転職しない方がいいですよ。

向いてない仕事は苦しいだけだから。

 

なんとなく見えたと思うんですが、保険営業はかなりキツい仕事です。

よほど向いてない限り、成功するのは難しい。

 

もし営業に転職するとしても、保険営業より条件が良い営業が良いと思いますよ。

なぜなら、保険営業より難易度が低いから。

 

ちなみに、営業でおすすめの業界は下記の4つ。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

営業でおすすめの4業界は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】

【体験談】保険営業に向いてなかった僕は破産した

さっきもちょっと触れましたが、僕は保険営業に向いてなくて、仕事がうまくいかず破産しました。

今でもクレジットカードは作れません。

 

保険営業時代の一番ひどいときの生活は、下記のとおり。

  • 1日1食(カップラーメンのみ)
  • 電気とガスをとめられる(真冬に水シャワー)
  • サラ金3社、信販系1社の多重債務
  • 吉野家の牛丼が高級料理
  • 車を維持できず片道3時間の徒歩移動

佐藤誠一

保険営業に向いてないと、こんな生活になるかもですよ。

【後日談】向いてる仕事に転職したら人生がうまくいった

僕は、破産をきっかけに保険営業をやめました。

その後は、フリーランスのWebライターに転職。

年収は750万円くらいになり、夫婦でのんきにノマド生活してます。

 

ぶっちゃけ、Webライターは向いてました。

佐藤誠一

向いてる仕事は仕事自体も好きになるので、生きてて楽しいです。

もし転職したいなら、あなたに向いてる仕事に転職すればOK

保険営業は無理そうだけど、転職はしたいんだよね

という人は、保険営業以外の「あなたに向いてる仕事」に転職すればいいかなと。

向いてる仕事=才能があるので、余裕をもって仕事を楽しめるから。

仕事ができちゃうのでストレスも少ないですよ。

 

向いてる仕事に転職すると、下記のような好循環が発生します。

  1. 向いてるから他の人より仕事ができちゃう
  2. 上司にほめられる
  3. うれしくなってもっと頑張る
  4. もっと成果が出る
  5. 自信がついて仕事が楽しくなる

くりかえしですが、生きてて楽しくなりますよ。

あなたに向いてる仕事を見つける方法

向いてる仕事がわからない女性

でも、自分に向いてる仕事なんてわからない…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに聞いちゃえばOKだと思います。

適職診断してくれるから。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしつつで、あなたに向いてる仕事を絞ってくれます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料です。

適職診断結果をもとに、あなたに合う求人の紹介もアリ。

 

特に適職診断が強い転職エージェントは、下記の3つです。

登録して適職診断を受けてみて、求人情報を見つつ、興味ある求人があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

  • doda:約10万件の求人数がある大手。適職診断も強い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%以上で35000人以上が利用
  • マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。高精度の適職診断あり

※複数の転職エージェントで適職診断すると、中立的に向いてる仕事を判断できます。

まとめ【保険営業に向いてる人の特徴は13個】

まとめ【保険営業に向いてる人の特徴は13個】

この記事をまとめます。

  • 保険営業に向いてる人の特徴は13個
  • 7つ以上なら向いてる、6つ以下なら向いてない
  • 採用ノルマがあるので、嫌なら普通に断ってOK
  • 保険営業に転職するなら必ず比較しよう
  • 転職するなら、あなたに向いてる仕事に転職

保険会社の人に誘われてて、どうしようか迷っているあなたの参考になればうれしいです。

 

保険営業はマジできつい仕事なので、超本気の覚悟がないなら辞めといた方がいいですよ。

中途半端に転職すると、人生が狂います。

 

もし営業に転職するにしても、保険営業より楽な営業が良いと思います。

営業でおすすめの業界は下記の4つです。

  1. IT・Web
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

参考:営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

 

また、転職するならあなたに向いてる仕事がいいかなと。

向いてる仕事だと、仕事自体が楽しいですからね。

 

あなたに向いてる仕事は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうとわかります。

登録して適職診断を受けつつ、あなたに向いてる求人情報を見てみると良いかなと。

  • doda:約10万件の求人数がある大手。適職診断も強い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%以上で35000人以上が利用
  • マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。高精度の適職診断あり

あなたの仕事選びの参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ