保険営業の法人開拓ノウハウ9選【社長の紹介連鎖が起きるコツも解説】

保険営業の法人開拓ノウハウ9選【社長の紹介連鎖が起きるコツも解説】

保険営業マン

保険営業の法人開拓のやり方を知りたいな。

今は個人マーケットだけど、このままでは生活できない…

高単価の法人マーケットにシフトして、売上をアップしたい。

 

でも、社長の知り合いはいないし、どうやって新規開拓すればいいかわからない…

法人契約を安定して獲得できる仕組みを作りたい。

こういった疑問や悩みに応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 保険営業の法人開拓のやり方がわかる
  • どんな法人を開拓すればいいかわかる
  • 安定して法人の新規開拓ができる仕組みの作り方がわかる

 

僕、佐藤誠一は元保険営業マンです。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 平均年収
26~31歳 メットライフ生命の営業 600万円
31~33歳 保険代理店の営業 600万円
33~36歳 Webマーケティングの営業 600万円

保険代理店時代には、年払い1500万円の法人保険を獲得したことがあります。

 

また、業界は違いますがWebマーケティング営業時代には、下記のように法人開拓が大得意になりました。

  • 239社を新規開拓
  • 上場企業からも契約をもらった

 

あと、僕の知り合いには何人かCOTがいて、彼らから教わったノウハウもまとめてます。

※COT=MDRTの3倍の売上

 

こんな僕が「保険営業の法人開拓」を解説するので、それなりに信ぴょう性があるかと。

保険営業系の研修では絶対に教わらない、「Webを使った新規開拓ノウハウ」も解説します。

 

この記事を読むことで、あなたも法人の新規開拓が楽になりますよ。

どうしても法人マーケットにシフトしたい人は、最後まで読んでみてください。

保険営業の法人開拓ノウハウ9選【239社を新規開拓できた】

保険営業の法人開拓ノウハウ9選【239社を新規開拓できた】

結論、保険営業の法人開拓は、下記の9つが有効です。

  1. 友人や知人に社長を紹介してもらう
  2. 税理士から法人を紹介してもらう
  3. 取引先の紹介話法で法人開拓
  4. 経費削減話法で法人開拓
  5. 人材紹介で法人開拓
  6. 資金調達で法人開拓
  7. 問い合わせフォーム→電話で法人開拓
  8. Webサイトを使って法人開拓
  9. Youtubeを使って法人開拓

1つずつ解説します。

①友人や知人に社長を紹介してもらう

友人・知人に社長を紹介してもらいましょう。

みんな意外と、社長さんとつながってるから。

  • 自分が働いてる会社の社長
  • 親戚に社長がいる
  • 趣味仲間の社長

聞くのはタダなので、聞いてみましょう。

 

ちなみに、紹介をもらうコツは、紹介営業の5つのコツ【紹介連鎖を生み出す極意やWebの活用方法】にまとめてます。

佐藤誠一

友人・知人に社長を紹介してもらうのは基本なので、まずはここからやってみましょう。

②税理士から法人を紹介してもらう

税理士さんから法人を紹介してもらいましょう。

顧問先をもってるからです。

 

ただし、「法人を紹介してください」じゃ紹介してくれません。

まずは、税理士さんの役に立つことに全力を注ぎましょう。

税理士が喜ぶ2つのこと

結論、税理士さんは下記の2つを喜びます。

  1. 顧客の紹介(独立したての税理士)
  2. 人材の紹介(儲かってる税理士)

ようは、「まずは与えましょう」ってことです。

 

税理士から顧問先を紹介してほしいなら、まずはこちらから与えるべき。

そのお礼として、顧問先を紹介してもらいましょう。

佐藤誠一

税理士は顧問先の財務状況を把握しているので、紹介してもらってから保険契約までは早いですよ。

税理士を新規開拓する方法

保険営業マン

でも、そもそも税理士の知り合いがいないんだよね…

という人は、下記の方法で税理士を新規開拓すればOK。

  • 友人・知人に税理士を紹介してもらう
  • 顧客紹介or人材紹介でアポをとる

 

「顧客紹介or人材紹介でアポをとる」については、税理士のホームページの問い合わせフォームやSNSのDMで、下記のように送ればOKです。

メールする保険営業マン

FPの◯◯と言いますが、私のお客様からよく「良い税理士さんを知らないか?」と聞かれるため、良い税理士さんを探しています。

 

△△先生(税理士)のホームページを拝見しまして、良さそうに思ったため、一度お話を聞かせていただけませんか?

うまくいけば、私の顧客を紹介します。

 

メールする保険営業マン

FPの◯◯と言いますが、私のお客様で税理士を目指してる人がいまして、このたび転職を考えてるそうです。

△△先生(税理士)の事務所で求人を出しているのを見つけましたので、思い切って連絡しました。

 

もしよろしければ、詳しくお話を聞かせていただけないでしょうか?

私の人脈で今後も転職を考える人が出てくるかもしれませんし、その際に人を紹介できればと思っています。

 

上記の内容は、ぶっちゃけハッタリでもOKです。

なぜなら、紹介するorしないはこっちの自由だから。

本当は紹介できる人がいなくても、まずは税理士の人脈を広げましょう。

佐藤誠一

税理士の新規開拓は法人開拓より難易度が低いので、どんどんやってみましょう。

③取引先の紹介話法で法人開拓

ほとんどの法人は「売上アップしたい」と思っています。

なので、こんな感じで法人にアプローチすればOK。

※法人のホームページの問い合わせフォームから連絡しましょう。

 

メールする保険営業マン

私はFPをしていまして、仕事柄、多くの企業様とお会いします。

もしかすると、御社の売上アップにつながるような新規取引先をご紹介できるかもしれません。

 

もしよろしければ御社の強みなどを知りたいので、一度お話を聞かせていただけませんか?

新規の取引先を紹介してもらえる可能性があるなら、「とりあえず会ってみるか」と思ってくれる社長さんはいます。

 

保険営業マン

でも、そんなに企業の人脈なんてないよ…

と思っても安心してください。

あなたに企業の人脈がなくても、この方法で法人を開拓して人脈を作ればいいんです。

つまり、後からつじつまを合わせるということ。

佐藤誠一

成功する人は、最初はハッタリで、後からつじつまを合わせるもんです。

④経費削減話法で法人開拓

多くの法人は、経費を削減したいと思っています。

なので、「経費削減コンサルタント」みたいな人を見つけておきましょう。

SNSとかで簡単に見つかるので、一度話を聞いておくと良いですよ。

 

法人には、下記のようにアプローチすればOK。

※こちらも、法人のホームページの問い合わせフォームから連絡しましょう。

メールする保険営業マン

私はFPをしているのですが、仕事柄、経費削減のノウハウをもった専門家を知っています。

もしかしたら、貴社の経費削減に貢献できるかもしれません。

 

もしよろしければ、一度お伺いしますのでお話を聞かせていただけませんか?

 

保険営業をしていると「保険しか売れない」と考えがちですが、人がもってる商材を使って法人開拓すればいいんです。

良い商材は自分のものにして、営業に活かしましょう。

⑤人材紹介で法人開拓

多くの企業は「良い人材を採用したい」と思っています。

なので、個人保険をやってきた人は、下記のように法人開拓すればOK。

※こちらも、法人のホームページの問い合わせフォームから連絡。

 

メールする保険営業マン

私はFPなんですが、多くのサラリーマンの人たちと会います。

よく相談されるのが転職のことです。

 

「どこか良い会社を知らないですか?」と聞かれることもあるため、働きやすい優良な企業様を探しています。

貴社のホームページや求人情報を拝見しまして、とても良い印象をもちました。

 

つきましては、私の人脈の中で貴社に合いそうな人がいたらご紹介したいと思っています。

一度お伺いして、貴社がどのような人材を求めているのか教えていただければ幸いです。

 

もし条件にフィットする人がいたら、ご紹介します。

もちろんお金はいただきません。

 

ぶっちゃけ、世間が保険屋さんに求めてるのは、保険じゃなくて「人脈」です。

「保険屋さんなら人脈広そうだから、良い人を紹介してくれそう」と思われてますよ。

佐藤誠一

「保険営業マン=人脈があると思われている」というイメージを活かして、法人を開拓しましょう。

⑥資金調達で法人開拓

企業の中には「資金調達したい」と思ってるところもあります。

まずは、資金調達系のコンサルタントの人脈を広げておきましょう。

SNSで簡単に見つかるので、知り合いになっておくと良いですよ。

 

で、下記のように法人にアプローチすればOK。

※こちらも、法人のホームページの問い合わせフォームから連絡。

メールする保険営業マン

私はFPをしているのですが、仕事柄、資金調達のコンサルタントの知り合いがいます。

うまくいけば、貴社の資金調達に貢献できるかもしれません。

 

もしよろしければ、一度貴社の状況を聞くためにお伺いしてもいいですか?

本当に資金調達したい法人なら、会ってくれることもあります。

※ただし、資金調達に悩んでいる法人はお金がないので、大きな契約にはなりにくいです。

⑦問い合わせフォーム→電話で法人開拓【ただし悪用厳禁】

企業のホームページの問い合わせフォームから連絡しておき、返信がなかったら、1週間くらい待って下記のように電話してみましょう。

電話する保険営業マン

先日、御社のホームページから問い合わせした者ですが、返信がないのですがどうなってますか?

これを言うと、向こうはちょっとパニックになります。

なぜなら、クレームだと勘違いするから。

企業の担当者

大変申し訳ありません!どのようなご用件で連絡いただきましたか?

先に向こうが謝るので、こちらの立場が強くなります。

あとは、担当者や社長につないでもらえばOK。

 

僕はこの方法で、新規法人のアポ取得率が10%くらいでした。

ただし、この方法は少し荒っぽいのと、一歩間違えると怒られるので悪用厳禁です。

 

詳しいノウハウは、【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】にまとめてます。

佐藤誠一

「誰もやってない方法で新規開拓したい!」という人はどうぞ。

⑧Webサイトを使った法人開拓【割と最強】

僕が239社を新規開拓した方法です。

大まかな流れは下記のとおり。

  1. まず新規開拓したい業界を決める
  2. その業界が欲しがるアクセスを集めるWebサイトを作る
  3. Webサイトに問い合わせフォームを設置して集客
  4. 開拓したい企業に「お客さんを紹介したい」と連絡してアポ取り

この方法のアポ取得率は、脅威の20%です。※もちろん白地法人。

 

詳しいノウハウやWebサイトの作り方は、「Webを使った営業の完全講義」で無料解説してます。

一部有料部分がありますが、それは本気の人しか買わないでください。

佐藤誠一

誰もやってない方法なので、あなたがやれば1人勝ちです。

地域ブログでも法人の新規開拓ができる

応用編ですが、地域ブログを立ち上げて、地元の中小企業にインタビューするのもアリです。

メールする保険営業マン

◯◯◯◯という地域ブログを運営している△△です。この地域の情報を多く掲載していきたいと思っています。

 

そこで、もし可能であれば貴社のインタビューをさせていただけませんか?

  • 貴社のメリット:地域ブログから集客できる
  • 私のメリット:地域ブログが充実する

Win-Winなので、もしよろしければインタビューをお願いいたします。

もちろんお金はいただきません。

 

この方法であれば、ブログを立ち上げたばかりでも法人の新規開拓が可能です。

詳しいノウハウは、こちらのYoutubeで解説してるので興味あればどうぞ。



佐藤誠一

地域ブログは先を越されたらアウト。

2つも地域ブログはいらないからです。

もしあなたの住んでるエリアに地域ブログがないなら、先行者利益を取れますよ。

⑨Youtubeを使った法人開拓【開業医も狙える】

Youtubeを使って、法人を新規開拓することもできます。

前述の「地域ブログ」の動画版だと思ってもらえばOK。

 

「◯◯市チャンネル」みたいなYoutubeチャンネルを立ち上げて、中小企業の社長にインタビューを申し込みましょう。

メールする保険営業マン

「◯◯市チャンネル」というYoutubeチャンネルを運営している△△です。

この地域の情報を動画で投稿していきたいと思っています。

 

貴社のホームページを拝見しまして、社長様に興味をもちました。

もし可能であれば、社長様のインタビューをさせていただけませんか?

 

インタビュー動画は、当チャンネルにアップさせていただきます。

  • 貴社のメリット:Youtubeで宣伝になる
  • 私のメリット:Youtubeの動画が増える

Win-Winなので、もしよろしければインタビューをお願いいたします。

もちろんお金はいただきません。

この方法だと、開業医も新規開拓できます。

Youtube動画にすると、社長が勝手に宣伝してくれるので、紹介ももらえますよ。

 

この辺のやり方も、「Webを使った営業の完全講義」で無料解説してるので、興味あればどうぞ。

佐藤誠一

Youtubeはカンタンなので、Webに詳しくない人でも始めやすいと思います。

【注意】飛び込みとテレアポはNG

保険営業マン

法人の新規開拓っていうと、飛び込みとかテレアポもあるけど、どうなの?

結論、飛び込みとテレアポはあまりおすすめしません。

なぜなら、迷惑だから。

 

あなたも飛び込み営業やテレアポされたら、迷惑ですよね。

あなたが嫌がること=みんなも嫌がることなので、やってはいけません。

 

この辺は、下記の2記事にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

上司の方針で、どうしても飛び込み・テレアポしないといけない場合の対処法もまとめてます。

保険のアプローチは絶対NG【門前払いです】

基本ですが、新規開拓で保険のアプローチをしちゃダメですよ。

保険の話を聞きたい人はいないから。

 

まずは、法人に利益を与えましょう。

利益を与えて、そのお礼で保険をもらうのが正解です。

※上記でお伝えしてきた9つの方法も、すべて先に利益を与えてますよね。

 

最初にやるべきことは、保険に関係なく法人の悩み解決に全力になること。

この辺は、保険営業のアポの取り方は保険の話をしないこと【紹介とSNSの力】も参考になると思います。

佐藤誠一

「保険の営業」というだけで嫌がられるので、絶対に保険の話から入ってはいけません。

ターゲットにすべき法人【求人を出してる企業です】

ターゲットにすべき法人【求人を出してる企業です】

保険営業マン

法人の新規開拓の方法はわかってきたけど、具体的にどんな法人を開拓すればいいの?

結論、求人を出してる法人を開拓するのがおすすめです。

なぜなら、求人を出す=お金がある証拠だから。

どうせ会うなら、お金がある法人が良いですよね。

佐藤誠一

特に、常に求人を出してる企業は、けっこう儲かってますよ。

求人サイト=見込み客リスト【しかも無料】

保険営業マン

求人を出してる法人って、どうやって探すの?

結論、求人サイトを見ればOK。

法人の情報が載ってるし、検索機能までついてるので、希望の求人をカンタンに探せます。

 

アポを取りたい法人を見つけたら、求人サイトからではなく、法人のホームページの問い合わせフォームからアポをとればOKです。

佐藤誠一

僕も求人サイトを使って239社を新規開拓しました。

無料で法人リストが手に入るので、ありがたい限りです。

安定的に法人の新規開拓ができる方法【紹介連鎖の仕組みを作る】

安定的に法人の新規開拓ができる方法【紹介連鎖の仕組みを作る】

保険営業マン

できれば、安定して法人の新規開拓を継続していきたい。

行くところがなくなったら困るしなぁ…

結論、安定的に法人の新規開拓ができる仕組みを作りましょう。

仕組み化してしまえば、もう行くところに困らないから。

Web系の新規開拓は社長の紹介が出やすい

前述の新規開拓方法のうち、下記は社長の紹介が出やすいです。

  • 地域ブログで法人開拓
  • Youtubeを使って法人開拓

地域ブログのインタビューページも、Youtubeの動画も、社長がすごく喜んでくれるから。

 

社長さんって孤独なので、自分のことを取り上げてもらえるのがうれしいもんなんです。

なので、インタビューページやYoutube動画が完成したらこう言ってください。

保険営業マン

こういうのを喜んでくれそうな、知り合いの社長さんはいますか?

けっこう紹介くれますよ。

これをずっと繰り返していくと、ずっと新規の社長さんと会い続けられます。

佐藤誠一

Web系のツールを使うと紹介はグッと出やすくなるので、使ったがほういいかと。

まとめ【保険営業の9つの法人開拓ノウハウを実践しよう】

まとめ【保険営業の9つの法人開拓ノウハウを実践しよう】

最後にもう一度、保険営業の法人開拓に有効な9つのノウハウをまとめておきます。

  1. 友人や知人に社長を紹介してもらう
  2. 税理士から法人を紹介してもらう
  3. 取引先の紹介話法で法人開拓
  4. 経費削減話法で法人開拓
  5. 人材紹介で法人開拓
  6. 資金調達で法人開拓
  7. 問い合わせフォーム→電話で法人開拓
  8. Webサイトを使って法人開拓
  9. Youtubeを使って法人開拓

さっそく、できそうなものからやってみましょう。

行動しないと何も変わらないので。

この記事をあなたのライバルが読んでる可能性もあるので、先を越されると差がつきますよ。

 

また、前述のとおり、地域ブログは早い者勝ちなので、ゆっくりしてると大きなチャンスを逃します。

まずはやってみて、やりながら考えていくとチャンスをつかめますよ。

 

ちなみに、保険営業の新規開拓のコツは下記の5つです。

  1. 紹介連鎖を起こす
  2. 異業種交流会を主催する
  3. 提携パートナーを作る
  4. SNSで情報発信する
  5. 地域ブログを運営する

5つのノウハウの詳細は、保険営業の新規開拓5つの方法【飛び込みやテレアポは効率悪い】にもまとめてるので、参考にどうぞ。

 

また、COT直伝の保険営業のコツは下記の7つです。

  1. 相手の話をよく聞く【いきなりセールスしない】
  2. テレアポと飛び込みはしない
  3. 自己紹介は相手によって変える
  4. 保険の話はしない【貯金の話をする】
  5. 契約ではなく紹介をもらうために営業する
  6. 見た目に気をつかう
  7. SNSやWebを活用する

僕もマネしたら、月収400万円の月もありました。

7つのノウハウの全貌は、【COT直伝】生命保険営業のコツ7選【意外な7つの成功ノウハウあり】にまとめたので、こちらもよかったら。

 

あとは行動あるのみです。

さっそく今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの成功を祈っています( ̄^ ̄)ゞ

【COT直伝】生命保険営業のコツ7選【意外な7つの成功ノウハウあり】