男性が生命保険営業で売れる3つのコツ【あなたに向いてるか診断】

保険営業の男性が売れる方法3選【離職率が高いから覚悟してね】

男性の保険営業って、どうなの?

保険会社の人から誘われてて、迷ってるんだよね。

 

保険の営業って女性のイメージあるけど、男はどうやって売るんだろう?

なんか稼げそうで魅力あるけど、自分に売れるか不安だな…

 

辛いところも知っておきたい。

あと、そもそも僕に向いてるのかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 男性が保険営業で売れるコツがわかる
  • 男性の保険営業の辛いところがわかる
  • あなたが向いてるかわかる

 

僕、佐藤誠一は元保険営業マンです。

7年ほどやってました。

 

業績なこんな感じ。

  • 年収600万円くらい
  • 初月はオフィストップ
  • 最高月収400万円

めっちゃ売れてたわけじゃないですが、まぁまぁやってた方だと思います。

 

この記事は、保険営業を7年続けた僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性はあるかと。

保険会社の人から誘われてて、迷ってるあなたの参考になればうれしいです。

男性が生命保険営業で売れる3つのコツ【これで売ってました】

男性が保険営業で売れる3つのコツ【これで売ってました】

保険営業の男性が売れる方法は、下記の3つ。

  1. 20代独身を狙う
  2. おばちゃんを狙う
  3. おじさんを狙う

実際これで売ってました。

1つずつ解説しますね。

①20代独身を狙う

20代独身を狙いましょう。

理由は下記の2つ。

  1. 独身なので家計に余裕があるから
  2. 決裁権があるから

 

既婚者だと「夫に聞いてみないと…」とか言われますが、独身は決裁権があるのでその場で決めてくれます。

特に狙うべき職業

特に良いのは、下記の20代独身ですね。

  • 公務員
  • 上場企業の社員
  • 看護師

収入が多くて、支出が少ないので保険に払える分が多いから。

 

ただし、独身なので死亡保険や医療保険のニーズはありません。

なので、貯金系の保険を提案しましょう。

 

保険には興味がありませんが、貯金には興味があります。

ドル建ての保険など金利が高いものを提案すると、けっこう契約してくれますよ。

20代独身の開拓方法

20代独身の開拓方法は、合コンが良いですね。

友達を連れて参加してくれるから。

 

あなたが合コンを主宰して、「友達を連れてきてね」と言っておけばOK。

僕は、そうした友達から保険契約をもらってました。

異業種交流会も効果的でした

あと僕がやってうまくいったのは「20代異業種交流会」の開催です。

20代しか参加できない異業種交流会をやると、みんな面白がって来てくれました。

 

そこにきた人と仲良くなって、保険契約をもらってましたね。

けっこうおすすめの方法です。

②おばちゃんを狙う

おばちゃんを狙いましょう。

紹介をくれるからです。

バンバン紹介くれる「キーマンおばちゃん」が狙い目

例えば、

  • ママ友
  • 同級生
  • 行ってる美容室
  • 知り合いの社長

とかをバンバン紹介してくれる「キーマンおばちゃん」がいるので、仲良くしておきましょう。

 

おばちゃんは、良いと思ったものを人に言いたいものなんです。

キーマンおばちゃんに気に入られれば、たくさん紹介してもらえます。

③おじさんを狙う

おじさんを狙いましょう。

おじさんは、若い男子を可愛がりたい生き物だからです。

社会的地位の高いおじさんが良い

ただし、社会的地位が高いおじさんがおすすめ。

  • 社長さん
  • 医師

がとくに良いですね。

 

人生の先輩として「いろいろ教えてください!」と言うと、かわいがってくれます。

人も紹介してくれるので、新規開拓も楽ですよ。

 

僕も50代の医師に気に入られて、遊び仲間になって大きい保険をもらいました。

他にも保険営業で売れるコツをまとめました【参考にどうぞ】

ちなみに、他にも保険営業で売れる方法はありまして、詳しくは、保険営業のコツは与えること【COTが実践するノウハウを解説】にまとめてます。

保険を売るイメージになると思うので、参考にどうぞ。

保険営業のコツは与えること【COTが実践するノウハウを解説】

男性の生命保険営業マンの辛いところ3選【ダマされないでね】

男性の保険営業マンの辛いところ3選【ダマされないでね】

保険営業って辛いこともあるんでしょ?

男性ならではの辛いところって何?

男性の保険営業マンにあり得る辛いところは、下記の3つです。

  1. 体育会系の先輩だと辛い
  2. 独身は女性トラブルになることも
  3. 男性で枕営業してる人もいる

嫌な部分も知った上で検討しましょう。

1つずつ解説しますね。

①体育会系の先輩だと辛い

保険業界ってまだまだ体育会系なところが残ってまして、体育会系の上司に当たっちゃうと辛いところ。

根性論とかも普通なので、苦手な人にはムリゲーかと。

 

ちなみに、僕の上司だった人も超体育会系でしたね。

  • 僕に気合いを入れるために、借金して外車を買わせる
  • 「はい」か「Yes」しか言わせない
  • サラ金で借金させる

こういう軍隊的なのが嫌な人は、やめといた方がいいかも。

②独身は女性トラブルになることも

独身男性の保険営業マンは、女性トラブルになるケースもあります。

営業マン側は保険契約がほしかっただけなのに、女性側は「気がある」と思ってしまう感じ。

 

保険の話になった途端、関係が気まずくなるとかありますよ。

女性トラブルで解約になってしまう営業マンもいます。

③男性で枕営業してる人もいる

ごくわずかですが、枕営業してる若い男性営業マンはいました。

ちょっと年上の女性とかに。

 

男性でも、体を売って契約をもらってる人もいるんです。

もちろん表沙汰にはなりませんが、精神的に辛いかと。

稼いでそうだけど、生活できてない人も多い

保険会社の人って、バシッとスーツ着てて儲かってそう。

けっこう稼げるのかな?

現実、かなり貧乏な営業マンがほとんどです。

アポのときだけはきちんとしてますが、ご飯を食べれてない人も多いですね。

 

理由は、保険営業の報酬体系にアリ。

  • 基本給だけでは生活できない
  • 営業経費は自腹
  • 短期解約されると、給料を返金しないといけない

などなど、金銭的にきつい仕事です。

 

保険営業の報酬体系は、生命保険営業の給料を元保険屋が暴露【あなたが向いてるかも診断】にまとめたのでどうぞ。

生命保険営業の給料を元保険屋が暴露【あなたが向いてるかも診断】

【注意】報酬体系を教えてくれない人に誘われて入社しちゃダメ

実は9割以上の保険営業マンが、詳しく報酬体系を知らずに入社してます。

なんか稼げそう!

というイメージだけで転職を決めてるから。

※僕もそうでした。

 

でも、大切なお金の話なので、必ず事前に聞いてください。

 

もし答えてくれない人なら、騙して入社させようとしてる可能性あり。

そっと逃げましょう。

保険会社の人が誘ってくるのは、採用のノルマがあるから

採用にもノルマがあるんです。

だから、あなたに声をかけてるってわけ。

 

採用するとボーナスも入るので、相手にもメリットあるわけです。

もしかしたら、あなたはお金に見られてるかもしれません。

 

この辺は、保険営業を辞めたい理由20選を元保険屋が語る【辞めた後の転職先】にまとめてるので、事前に知りたい人はどうぞ。

保険営業を辞めたい理由20選を元保険屋が語る【辞めた後の転職先】

あなたが生命保険営業に向いてるか診断【向いてないならやめとこう】

あなたが保険営業に向いてるか診断【向いてないならやめとこう】

そもそも、僕は保険営業に向いてるのかな?

と不安な人は、【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】をどうぞ。

記事を読むだけで、あなたが保険営業に向いてるかわかります。

 

もし向いてないなら、悪いことは言わないのでやめておきましょう。

マジで甘くない世界ですよ。

保険営業に向いてないなら他の仕事にしときましょう

保険営業に向いてなくても、転職自体はしたいんだよね。

という人は、他の仕事にしときましょう。

大丈夫、世の中にはたくさん仕事があるから。

 

保険営業にこだわる必要はありませんよ。

営業自体に興味あるなら、他の営業に転職

営業自体をやってみたいなら、他にもたくさん営業はあります。

主な営業の種類は、営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】にまとめてます。

営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】

どれを選べばいいかわからなければ、営業に強いキャリアカウンセラーに相談すればOK。

適職診断してくれて、あなたに向いてる営業・会社を無料で紹介してくれます。

 

キャリアカウンセラーは転職エージェントに在籍してるので、相談すればOK。

 

営業未経験者向けの転職エージェントは、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめてます。

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

正直、営業に自信がない人は他の仕事がおすすめ

なんだかんだで、営業はやっぱり不安…

ノルマとか怖いし…

という人は、悪いことは言わないので他の仕事にしときましょう。

営業は弱肉強食の厳しい仕事なので。

 

終身雇用も崩壊したので、今は手に職をつけると将来が安心。

今後も需要がある手に職は、下記の6つです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 宅地建物取引士

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

おすすめしない11の仕事も紹介してるので、転職に失敗しにくいです。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

まとめ【男性も生命保険営業で売れるけど、辛いところは事前に知って検討すべし】

まとめ【保険営業の男性にも売れるコツがある】

最後にもう一度、男性が保険営業で売れる3つのコツをまとめておきます。

  1. 20代独身を狙う
  2. おばちゃんを狙う
  3. おじさんを狙う

 

ただし、保険営業は辛いところもあります。

男性の保険営業マンの辛いところは、下記の3つです。

  1. 体育会系の先輩だと辛い
  2. 独身は女性トラブルになることも
  3. 男性で枕営業してる人もいる

あなたを誘ってくる保険会社の人には、採用のノルマがあることも知っておきましょう。

人生が狂うんで、騙されちゃダメですよ。

 

営業自体に興味あるなら、他の営業にしときましょう。

あなたに合ってる営業や会社は、転職エージェントに紹介してもらうと楽。

 

営業未経験者向けの転職エージェントは、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】をどうぞ。

 

ちなみに、営業以外におすすめの仕事は、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

 

保険営業は厳しい仕事なので、慎重に検討してください。

転職の参考になればうれしいです。