10年経験者が法人営業の全貌を解説【転職に失敗しない3つのコツ】

10年経験者が法人営業の全貌を解説【転職に失敗しない3つのコツ】

転職を考える人

法人営業に興味があるんだけど、具体的にどんな仕事なの?

なんかダイナミックでカッコいいイメージあるけど、よくわからないんだよね…

 

個人営業とは何が違うの?

法人営業のやりがいを知りたいし、きついところも知っておきたい。

でも、そもそも僕は法人営業に向いてるんだろうか…?

 

あと、未経験から転職するときのコツとかあるのかな?

おすすめの法人営業とかあれば知っておきたい。

営業スキルを身につけて、成功したいなぁ。

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 法人営業の仕事内容や特徴がわかる
  • 法人営業の種類がわかる
  • 個人営業との違いがわかる
  • 法人営業のやりがいがわかる
  • 法人営業のきついところがわかる
  • あなたが法人営業に向いてる人かわかる
  • おすすめの法人営業がわかる
  • 未経験から法人営業への転職に失敗しない方法がわかる
  • 法人営業で売れるコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 営業の種類
26~31歳 メットライフ生命の営業 個人営業+法人営業
31~33歳 保険代理店の営業 個人営業+法人営業
33~36歳 Webマーケティングの営業 法人営業
36歳~現在 Webライター サイトに仕事の依頼がくる

 

法人営業を経験した僕が、法人営業の全貌を解説します。

ちなみに、個人営業より法人営業の方がいいですよ。

理由は、売れやすいし、土日に休めるから。

 

個人営業と法人営業を両方やってみましたが、明らかに法人営業の方がおすすめです。

ただし、もちろん法人営業にもキツい部分があるので、知った上で転職を検討しましょう。

営業をやってると他社の営業マンにもたくさん会うもので、多くの法人営業マンの話も聞いてきました。

そんな僕が書いた記事なので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

法人営業で売れるコツまで解説するので、転職後のイメージになると思います。

※僕は法人営業で239社の新規開拓に成功し、上場企業からも契約をもらってました。

佐藤誠一

転職に失敗しないコツもまとめたので、今回の転職ではかなり失敗しにくくなりますよ。

法人営業で成功したい人は、最後まで読んでみてください。

法人営業とは【仕事内容や特徴】

法人営業とは【仕事内容や特徴】

まず、法人営業の仕事内容を知っておきましょう。

具体的には下記のとおり。

  • 法人向けに自社の商品・サービスを売る
  • 新規開拓
  • 既存客のアフターフォロー
  • プレゼン資料などの作成
  • 契約書類の処理など事務作業
  • 後輩の育成(マネジメント職のみ)
  • 人材のスカウト(会社による)

商品を売るだけではなく、他にも細かい仕事があります。

1日のスケジュール例【夜のアポは基本なしで土日休み】

転職を考える人

法人営業って、どんな1日なの?

例えば、アポがある日は下記のイメージです。

  • 8:30:出社
  • 9:00:朝礼
  • 10:30:1件目のアポ
  • 12:00:昼休憩
  • 13:30:2件目のアポ
  • 16:00:オフィスで事務作業など
  • 18:00:退社

 

また、アポがない日はこんな感じですね。

  • 8:30:出社
  • 9:00:朝礼
  • 10:00:メールや電話でアポ取り
  • 12:00:昼休憩
  • 13:00:メールや電話でアポ取り
  • 16:00:プレゼン資料の作成など
  • 18:00:退社

法人営業は、基本的に夜のアポはありません。

営業先の法人が終業してるから。

土日も休みなので、ワークライフバランスを重視したい人に法人営業はおすすめです。

佐藤誠一

個人営業は平日夜と土日もアポがあるので、けっこうキツいですよ。

法人営業の業界と種類【全体を把握しよう】

法人営業の業界と種類【全体を把握しよう】

転職を考える人

法人営業って、どんな業界があるの?

法人営業で代表的な業界は下記の15個です。

  1. IT業界
  2. メーカー
  3. インフラ業界
  4. 石油業界
  5. 不動産業界
  6. 金融業界
  7. 広告業界
  8. 人材業界
  9. 建設業界
  10. 商社営業
  11. コンサルティング業界
  12. 医薬品業界
  13. 印刷業界
  14. 旅行業界
  15. 運送業界

各業界の詳細は、法人営業の業界15選【ラクに売れて稼ぎやすい4つの業界も紹介する】にまとめてます。

佐藤誠一

それぞれの業界に向いてる人の特徴も解説してます。

有形商材と無形商材に分けられる【無形がおすすめ】

ちなみに、法人営業は有形商材と無形商材に分けられます。

代表的なものは下記のとおり。

有形商材 無形商材
メーカー営業

石油業界の営業

不動産営業

建設会社の営業

医薬品営業(MR)

印刷会社の営業

IT・Web業界

電気・ガス・NTTなどインフラ業界

銀行・保険・証券会社など金融業界

広告代理店やメディアなど広告業界

コンサルティング業界

で、どっちかというと無形商材がおすすめです。

無形商材の方が稼げるから。

MEMO
有形商材は仕入れ値や原材料費がかかるので、どうしても利益率が低いです。

※無形商材のコストは人件費くらい。

 

無形商材の法人営業の詳細は、無形商材でおすすめの法人営業3選【起業して自由度が高い人生へ】にまとめてます。

佐藤誠一

特におすすめの3つの無形商材と、おすすめしない無形商材も解説してます。

法人営業は7種類ある【あなたに向いてる種類を選ぼう】

転職を考える人

法人営業って、どんな種類があるの?

結論、下記の7種類です。

  1. 新規営業
  2. ルート営業
  3. 代理店営業
  4. 反響営業
  5. ソリューション営業
  6. 商社の営業
  7. コンサルティング会社の営業

 

7つの法人営業の詳細は、法人営業は7種類ある【あなたに向いてる法人営業が一発でわかる方法】にまとめてます。

佐藤誠一

種類ごとに営業手法が違います。

それぞれの営業に向いてる人の特徴も解説してるので、適性診断にもどうぞ。

法人営業と個人営業との違い【年収もかなり違う】

法人営業と個人営業との違い【年収もかなり違う】

転職を考える人

法人営業と個人営業って、どう違うの?

下記のとおり、営業の対象が違います。

  • 法人営業:企業向け
  • 個人営業:個人宅向け

 

詳細な違いは下記のとおり。

法人営業 個人営業
給料 高い 低い
休日数 多い 少ない
労働時間 短い 長い
見込み客の見つけやすさ 簡単 難しい
アポの取りやすさ 理由が必要 簡単
アプローチのしやすさ 簡単 難しい
提案のタイミング 決算期 基本いつでも
契約までのスピード 遅い 速い
契約の決め手 メリットがあればOK 人間関係や感情にも左右される

詳しい違いは、法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】にまとめてます。

佐藤誠一

よほど理由がない限りは、法人営業の方がおすすめです。

僕は両方やりましたが、法人営業の方が売れやすい。

年収は法人営業が上【単価が高いから】

転職を考える人

法人営業と個人営業って、どっちが稼げるの?

結論、法人営業の方が稼げます。

理由は、単価が高いから。

佐藤誠一

僕は保険営業をやってましたが、個人と法人では払える保険料が違います。

  • 個人:年間20~30万円
  • 法人:年間1000万円以上

これだと、法人営業の方が稼げて当然ですよね。

契約を1件もらうなら、法人の方が稼げます。

 

ちなみに、法人営業の年収については、法人営業の年収ランキング15【稼げる法人営業に転職する4つのコツ】に詳しくまとめてます。

年収が高い法人営業の業界ランキングもまとめたので、転職の参考にどうぞ。

法人営業のやりがいや魅力7選

法人営業のやりがいや魅力7選

転職を考える人

法人営業のやりがいも知っておきたいな。

結論、やりがいや魅力は下記の7つです。

  1. 年収が高い
  2. 仕事がダイナミック
  3. 社長の人脈が広がる
  4. 起業しやすくなる
  5. 自信がつく
  6. キャリアパスの選択肢が多い
  7. ワークライフバランスが良い

 

この辺の詳細は、法人営業のやりがいや魅力7選【人の役に立つ仕事じゃないと辛くなる】を参考にどうぞ。

佐藤誠一

とてもやりがいのある仕事なので、個人的にはおすすめです。

法人営業の4つのキャリアパス

転職を考える人

ちなみに、法人営業ってどんなキャリアがあるの?

具体的には、下記の4つのキャリアパスがあります。

  1. 昇進する
  2. マネジメントに回る
  3. 他の会社に転職
  4. 起業する

 

社内に昇進制度や、管理職になれる制度があれば、昇進やマネジメントへの転向が可能です。

また、法人営業で売れるなら、他の会社に転職もしやすいですよ。

転職しても商材が変わるだけで、「人に売る」のは一緒ですからね。

どこに行ってもやっていけますよ。

 

自由に生きたい人は、起業してもOKです。

そもそも営業は「お金をもってくる仕事」なので、売れるなら会社に属してる理由がないから。

佐藤誠一

僕も起業しました。

起業してもやることは一緒でしたよ。

 

法人営業で起業する方法は、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】にまとめたので興味あればどうぞ。

注意
ただし、上記4つのキャリアパスは「売れてること」が前提。

売れない人は辞めるのみです。

 

営業は弱肉強食の世界なので、甘くないですよ。

※売れるコツは後述します。

法人営業のきついところ5選

法人営業のきついところ5選

転職を考える人

法人営業のきついところも知っておきたいな…

結論、下記の5つがきついです。

  1. 受付を突破できない
  2. 新規のアポを取りにくい
  3. ノルマがきつい
  4. 会社によっては飲み会や接待がある
  5. 稟議を通さなければならない

 

この辺の詳細は、法人営業のきついところ5選【個人営業と比較してメリットも解説】にまとめてます。

佐藤誠一

きついところをクリアする方法もまとめたので、転職後のイメージにどうぞ。

法人営業に向いてる人の特徴23選【必要なスキル】

法人営業に向いてる人の特徴23選【必要なスキル】

転職を考える人

そもそも僕は、法人営業に向いてるんだろうか?

向いてないなら、転職はやめておこうかな…

結論、法人営業に向いてる人の特徴は下記の23個です。

12個以上に当てはまるなら、あなたは法人営業に向いてます。

いくつ当てはまるか数えてみましょう。

※法人営業に必要なスキルもわかるかと。

  1. リサーチが得意な人
  2. 根回しできる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. ロジカルシンキングができる人
  5. ヒアリング能力が高い人
  6. ドライに交渉できる人
  7. ドライな中にもちょっとした人間くささがある人
  8. 堂々としてる人
  9. 明るすぎない人
  10. 細かいことに気づける人
  11. 臨機応変に動ける人
  12. 責任感が強い人
  13. 飲み会が嫌いな人
  14. まずは相手に与える人
  15. 試行錯誤できる人
  16. 勉強が好きな人
  17. 自己投資できる人
  18. 新しいことに敏感な人
  19. あまり落ち込まない人
  20. 清潔感のある人
  21. 自己管理できる人
  22. 上昇志向が強い人
  23. いつか起業したい人

 

詳しくは、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】にまとめてます。

転職前に適性診断しておきましょう。

佐藤誠一

法人営業に向いてない人におすすめの転職先もまとめてます。

未経験者におすすめの法人営業4選【迷ったらココ】

未経験者におすすめの法人営業4選【迷ったらココ】

転職を考える人

ちなみに、おすすめの法人営業ってあるの?

未経験だから、どこを選べばいいかわからない…

結論、下記の4つがおすすめです。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

理由は売れやすいから。

IT・Web系は常に最新技術が生まれてるので、目新しさで売れます。

佐藤誠一

僕もWebマーケティング営業をやりましたが、売れやすかったです。

 

インフラ・石油・大手メーカーは、営業マンの立場が強いので売れやすい感じ。

4つの法人営業の詳細や、未経験から転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめてます。

注意
どの業界を選ぶかで収入や将来性が決まってしまうので、慎重に選びましょう。

未経験から法人営業に転職する方法【失敗しない3つのコツ】

未経験から法人営業に転職する方法【失敗しない3つのコツ】

転職を考える人

法人営業に転職してみたいけど、転職に失敗したらどうしよう…

後悔したくないなぁ…

転職に失敗しないコツとかあれば教えてほしい。

結論、未経験から法人営業への転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. あなたが好きな商材で転職先を選ぶ
  2. あなたと相性がいい企業を選ぶ
  3. 業界や法人営業の志望動機も準備する

1つずつ解説しますね。

【コツ①】あなたが好きな商材で転職先を選ぶ

転職先を選ぶときは「あなたが好きになれる商材」を選びましょう。

好きな商材じゃないと売れないから。

あなたが好きな商材は心の底からすすめられるので、自然と売れていきます。

 

想像してみてください。

ホントは良いと思ってない商品だけど、ノルマがあるからムリやり売るって地獄じゃないですか?

 

罪悪感も大きくなるし、仕事がぜんぜん楽しくないですよね。

なので、あなたが好きな商材を選ぶのが鉄則です。

佐藤誠一

僕は保険営業とWebマーケティング営業をやってきました。

今だから白状しますが、保険は良いと思ってませんでした。

保険料を取るばかりで、お客様に貢献しにくいと思った感じです。

 

結果、保険営業は苦戦しました。

でも、Webマーケティング営業はホントに良いと思ってたので、かなり売れました。

条件や給料も大切ですが、「商材を好きになれるか」という基本を忘れずに。

【コツ②】あなたと相性がいい企業を選ぶ

これも基本ですが、あなたと相性がいい企業を選びましょう。

仮に「あなたが好きな商材」を扱う企業でも、社風が合ってないと辛いから。

 

転職を考える人

でも、自分と相性がいい企業ってどうやって見分けるの?

カンタンなのは、キャリアカウンセラーに企業を絞ってもらうことです。

彼らは転職のプロなので、あなたをヒアリングしてくれつつ、適性診断してくれつつ、相性がいい求人をピックアップしてくれます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料。

企業の情報もよくわかってるので、あなたと合う企業の求人を見せてくれますよ。

登録してサクッとキャリアカウンセリングを受けつつ、求人情報も見せてもらいつつ、興味ある商材や会社があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

特に営業に強い転職エージェントは、下記の記事にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

転職に失敗しないためにも、できることはすべてやっておきましょう。

後悔するよりはいいかと。

【コツ③】業界や法人営業の志望動機も準備する

法人営業の転職では、志望動機を重点的に作りこみましょう。

採用担当者は下記が気になるから。

  • なんでこの業界?
  • なんで法人営業?
  • 個人営業じゃダメなの?
  • なんでうちの会社?

最低でもこの4つの質問には、スムーズに答える必要があります。

 

例えば、あなたが好きな商材で応募先を選べば、

面接で答える人

御社の商品を売りたいからです。

と言えて、上記4つの志望動機をすべてクリアすることができますよ。

 

この辺の志望動機のコツは、法人営業の志望動機の書き方5ステップ【例文あり。ツッコまれないコツ】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

志望動機の型も紹介してるので、カンタンに志望動機を書けますよ。

例文もあるので、アレンジして使ってください。

法人営業で売れる14のコツ【転職後のイメージにどうぞ】

法人営業で売れる14のコツ【転職後のイメージにどうぞ】

転職を考える人

あと、法人営業ってどうすれば売れるの?

転職できたとしても、売れなかったら意味ないよね…

 

転職後のイメージのためにも、法人営業のコツを知っておきたいな。

結論、法人営業で売れるコツは下記の14個です。

  1. 法人営業リストはググればOK
  2. 見込み法人を徹底的にリサーチする
  3. 法人営業の新規開拓は問い合わせフォームから
  4. アポ取りはオンライン面談を提案
  5. 法人営業の飛び込みはリサーチしてから
  6. 法人営業のテレアポトークは「返信がありません」
  7. アプローチは未来を伝える
  8. 初回訪問はヒアリングに徹する
  9. ヒアリングで潜在ニーズをつかむ
  10. プレゼンテーションは型でOK
  11. 稟議が通る資料を作る
  12. 法人営業のクロージングは「みんな買ってて残りわずか」
  13. PDCAを継続する
  14. 法人のルート営業は継続的に情報提供する

 

詳細なノウハウは、法人営業のコツ14選【スキルアップするやり方やおすすめの本も解説】にまとめてます。

佐藤誠一

僕はこの方法で239社を新規開拓して、上場企業からも契約をもらえました。

転職前に売り方を勉強しておきましょう。

【ちなみに】法人営業の新規開拓のコツ

断言しますが、法人営業で一番きついのは「新規開拓」です。

商談までもちこめれば一定の割合で売れますが、そもそも商談する相手がいないと始まりません。

 

法人営業の新規開拓のコツは下記のとおり。

  • 見込み法人が「いま力を入れてること」を調べる
  • 「話を聞かせてください」でアポをとる
  • 紹介依頼する
  • Webを使って新規開拓する
  • YouTubeでセミナー営業する

詳しくは、法人営業の新規開拓の方法3ステップ【自動集客のマーケティング戦略】にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

自動的に見込み法人が流れてくる仕組みの作り方もわかります。

新規開拓に困らなくなるので、安定して稼ぎ続けられますよ。

まとめ【法人営業の全貌を把握した上で転職活動を始めよう】

まとめ【法人営業の全貌を把握した上で転職活動を始めよう】

ということで、さっそく転職活動を始めてみましょう。

行動しないと何も始まらないので。

注意
当たり前ですが、良い求人から他の人に取られていきます。

来週にはあなたに合う求人がなくなってることも…

 

本来なら転職できたはずの会社を逃すのは、人生単位の損失です。

転職に悩む人

う~ん、どうしよう…

と考えてても答えは出ないので、転職活動しながら考えていきましょう。

 

ちなみに、おすすめの法人営業は下記の4つです。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

4つの法人営業の詳細や、未経験から転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめてます。

 

また、未経験から法人営業への転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. あなたが好きな商材で転職先を選ぶ
  2. あなたと相性がいい企業を選ぶ
  3. 業界や法人営業の志望動機も準備する

 

あなたと相性がいい企業や、好きになれる商材がわからない場合は、プロのキャリアカウンセラー(転職エージェント)に絞ってもらうと効率的です。

 

あとは行動あるのみ。

今日からできることを始めて、一歩を踏み出してみてください。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ