法人営業は7種類ある【あなたに向いてる法人営業が一発でわかる方法】

法人営業は7種類ある【あなたに向いてる法人営業が一発でわかる方法】

転職を考える人

法人営業の種類を知りたいな。

そもそもどんな種類があるか知ってから、転職先を判断したい。

 

あと、おすすめの法人営業があれば教えてほしい。

初めての法人営業なので、転職に失敗したくないんだよね…

 

転職に失敗しないコツもあれば知っておきたい。

僕はどの種類の法人営業に向いてるんだろう?

 

あと、自分に法人営業ができるか不安…

売れるイメージができない…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 法人営業の種類がわかる
  • おすすめの法人営業がわかる
  • 法人営業の転職に失敗しないコツがわかる
  • あなたに向いてる法人営業を選ぶコツがわかる
  • 法人営業で売れる方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は元営業マンで、法人営業の経験があります。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 営業の種類
26~31歳 メットライフ生命の営業 個人営業と法人営業
31~33歳 保険代理店の営業 個人営業と法人営業
33~36歳 Webマーケティングの営業 法人営業
36歳~現在 Webライター 非営業

 

営業をやってると他業界の営業マンに会うことも多く、他の法人営業の話もよく聞いてきました。

※たぶん1000人以上の営業マンと会ってます。

また、Webマーケティング営業時代に「全国職業相談センター」というサイトを作って、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

僕が対応して、無事に法人営業に転職していった人も多いですよ。

 

こんな僕が、法人営業の種類をまとめたので、それなりに信ぴょう性があるかと。

おすすめしない法人営業や、あなたに向いてる法人営業の見つけ方も解説します。

 

法人営業の転職に失敗しないコツもまとめたので、スムーズに法人営業の世界に入っていけるかなと。

佐藤誠一

今回の転職に失敗したくない人は、最後まで読んでみてください。

法人営業は7種類ある【まずは全体を把握しよう】

法人営業は7種類ある【まずは全体を把握しよう】

結論、法人営業には下記の7種類があります。

  1. 新規営業
  2. ルート営業
  3. 代理店営業
  4. 反響営業
  5. ソリューション営業
  6. 商社の営業
  7. コンサルティング会社の営業

1つずつ解説しますね。

①新規営業【知らない人に売る】

営業手法 紹介、飛び込み、テレアポ、メール、Web、SNSなどで新規開拓
営業の難易度 ★★★★☆
転職の難易度 ★★☆☆☆
年収 売れれば高い、売れないと低い
向いてる人 リサーチが得意な人、人の話を聞ける人

知らない人に営業して売ってくる手法です。

法人営業で代表的な新規営業は下記のとおり。

  • ITシステムの営業
  • Webサービスの営業
  • 不動産営業
  • 広告営業
  • 建設営業
  • 人材営業
  • MR(医薬品営業)
  • 金融営業(銀行・保険・証券会社)

 

転職を考える人

知らない人にどうやったら売れるの?

新規営業で売れるコツは、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめたので、興味あればどうぞ。

 

新規営業は転職しやすいですが、弱肉強食の世界なので、離職率も高いです。

  • 売れれば稼げる
  • 売れないと稼げない

佐藤誠一

基本給は「ギリギリ生活できない金額」の会社が多く、売れないと辞めるしかありません。

僕も新規営業の経験が多いんですが、常にプレッシャーとの闘いでした。

ちなみに、新規営業に向いてる人の特徴は、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】にまとめたので参考にどうぞ。

②ルート営業【既存客に売る】

営業手法 既存客を回って営業(たまに新規営業あり)
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★☆☆
年収 中小は低い、大手は高い
向いてる人 面倒見がいい人、古い友達が多い人

既存客を回って商品を売る営業です。

代表的なルート営業は下記のとおり。

  • 卸の営業
  • 代理店営業
  • メーカー営業
  • 美容室のディーラー営業

 

「ルート営業は楽」と思われがちですが、そんなことはありません。

逆に、既存客に嫌われると会社に迷惑をかけるので、プレッシャーは大きいです。

参考:ルート営業がきつい4つの理由【転職先は好きな商材で選ぶと売れる】

「新規営業よりは楽」という評価で、中小企業だと給料は低めです。

※大手だとルート営業でも給料は高いですが、採用倍率が高い。

 

また、普通に新規営業もあるので注意してください。

佐藤誠一

僕の知り合いの美容室ディーラーの営業マンは、売上が足りなくて飛び込み営業させられてました。

ちなみにルート営業に向いてる人の特徴は、ルート営業に向いてる人の15の特徴【転職に失敗しないコツも解説】にまとめたので、興味あれば適性診断してみてください。

③代理店営業【人に売ってもらう営業】

営業手法 取引先を回る(たまに新規開拓あり)
営業の難易度 ★★★★☆
転職の難易度 ★★★☆☆
年収 売れれば高い
向いてる人 マネジメント力がある人、細かいことに気づける人

代理店営業とは、自社商品を売ってくれてる代理店に販売促進する営業です。

自分で商品を売らず「人に売ってもらう営業」ですね。

 

代表的な代理店営業は下記のとおり。

  • 保険代理店営業
  • 家電量販店の代理店営業
  • 携帯ショップの代理店営業

例えば、保険会社の人が保険代理店(保険ショップ)に出向いて、もっと売ってもらえるように下記などをサポートします。

  • 新商品の説明
  • 新しいパンフレットの配布
  • 他の保険代理店の成功事例の共有

※詳しくは、保険代理店営業の3つの仕事内容【激務やノルマなどきついところも解説】を参考にどうぞ。

 

代理店営業のメリットデメリットは下記のとおりです。

  • メリット:自分で売らなくていい
  • デメリット:自分で売れないからノルマ達成が難しい

僕の知り合いの代理店営業の人は、

営業マン

自分で売れた方がマシだ…

とボヤいてました。

人をコントロールするのは難しいので、マネジメント力も必要な営業です。

④反響営業【問い合わせしてきた人に売る】

営業手法 ホームページや広告に問い合わせてきた人に営業
営業の難易度 ★★★☆☆
転職の難易度 ★★★☆☆
年収 低め
向いてる人 テレアポが得意な人、勉強が好きな人

反響営業とは、自社に問い合わせてきた人に売る手法です。

「問い合わせしてきた=興味がある人」なので、割と売れやすい感じ。

注意
ただし、興味があって問い合わせしてきた人を逃すと、広告費を捨てたことになるのでかなり怒られます。

佐藤誠一

僕も反響営業をやりましたが、けっこうプレッシャーでしたよ。

 

また、「反響営業は楽」と思われてるので、人気があって採用倍率が高い割に、給料は低めです。

ちなみに反響営業に向いてる人の特徴は、【経験者が解説】反響営業に向いてる人の特徴7選【意外と難しいです】にまとめたので、興味あれば適性診断してみてください。

⑤ソリューション営業【企画を売る】

営業手法 既存客、紹介、テレアポ、飛び込み、メール、Web、SNSなどで営業
営業の難易度 ★★★★☆
転職の難易度 ★★★☆☆
年収 売れれば高い
向いてる人 ヒアリング力がある人、論理的思考ができる人

ソリューション営業とは、自社のコンテンツを使って顧客の売上に貢献する営業手法です。

※「企画営業」ともいいますね。

 

代表的なソリューション営業は下記のとおり。

  • Webメディアの営業
  • 広告営業
  • 雑誌の営業

例えば、「雑誌の中で顧客の広告企画を提案する」みたいな営業ですね。

 

下記のようなスキルが必要で、営業の難易度は高めです。

  • 顧客の悩みを聞き出す力が必要
  • 高い提案力が必要

ソリューション営業については、営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】で触れてるので、興味あればどうぞ。

⑥商社の営業【新しい価値を作り出す】

営業手法 紹介、テレアポ、飛び込み、メール、Web、SNSなどで新規開拓
営業の難易度 ★★★★☆
転職の難易度 ★★★★☆
年収 高め(平均600万円くらい)
向いてる人 論理的思考ができる人、プレゼンがうまい人

商社営業を一言でいうと「新しい価値を生み出して稼ぐ営業」のことです。

図にすると下記のとおり。

商社の仕事内容

 

商社の営業マンが、原材料→商品化→販路の確保までをプロデュースする感じですね。

カッコいい仕事に見えますが、新規開拓や各所への調整は難易度が高いです。

佐藤誠一

頭のいい人じゃないと難しいですよ。

 

また、採用倍率はけっこう高めでして、エリート系の人が採用されやすいです。

商社営業については、法人営業の業界15選【ラクに売れて稼ぎやすい4つの業界も紹介する】でも触れてるので参考にどうぞ。

⑦コンサルティング会社の営業【顧客の売上アップ】

営業手法 紹介、テレアポ、飛び込み、メール、Web、SNS、コンペなどで新規開拓
営業の難易度 ★★★★★
転職の難易度 ★★★★★
年収 かなり高い(1000万円以上稼ぐ人もいる)
向いてる人 論理的思考ができる人、起業しても稼げる人

コンサルティング会社の営業とは、顧客の売上アップに貢献する仕事です。

具体的には、下記のように顧客に貢献します。

  • マーケティングを強化して顧客の売上アップ
  • 新規の提携先を顧客に紹介して売上アップ
  • 業務改善のITシステムを提案してコストカット

 

大手のコンサルティング会社は下記などがあります。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング

佐藤誠一

仕事の難易度は超高いです。

年収1000万円以上の人が多いですが、かなりエリートの人じゃないと転職できません

法人営業と個人営業の違い

転職を考える人

ちなみに、法人営業と個人営業ってどう違うの?

表にすると下記のとおりです。

法人営業 個人営業
給料 高い 低い
休日数 多い 少ない
労働時間 短い 長い
見込み客の見つけやすさ 簡単 難しい
アポの取りやすさ 難しい 簡単
アプローチのしやすさ 簡単 難しい
提案のタイミング 決算前がベスト 基本いつでも
契約までのスピード 遅い 速い
契約してくれやすさ 簡単 難しい
契約の決め手になるもの 数字 人柄

 

この辺の詳細は、法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】で解説してます。

佐藤誠一

あなたがどっちに向いてるかもわかるので、チェックしておいて損はないかと。

個人営業もやる法人営業がある

念のためお伝えしておくと「個人営業もやる法人営業」は下記のとおり。

  • 保険営業
  • 車の営業
  • 銀行の営業
  • 証券会社の営業
  • 不動産営業

ようは「法人・個人を問わず売ってきてね」って感じの営業です。

 

佐藤誠一

冒頭でもお伝えしましたが、僕は保険営業の経験が長いです。

個人も法人にも売ってましたよ。

ちなみに保険営業の全貌は、元保険屋が保険営業の全貌を解説【あなたが転職していいか判断できる】を参考にどうぞ。

有形商材と無形商材の法人営業がある

ちなみに、法人営業は「有形商材」と「無形商材」に分類されます。

代表的なものは下記のとおり。

有形商材 無形商材
メーカー

石油業界

不動産

建設

医薬品

印刷

IT・Web

電気・ガス・NTTなどインフラ

銀行・保険・証券会社など金融系

メディアやTVなど広告

コンサルティング

有形商材はわかりやすいと思いますが、無形商材はちょっとわかりにくい人もいるかと。

無形商材の法人営業の詳細は、無形商材でおすすめの法人営業3選【起業して自由度が高い人生へ】にまとめたので興味あればどうぞ。

おすすめの法人営業4選【転職の参考にどうぞ】

おすすめの法人営業4選【転職の参考にどうぞ】

転職を考える人

法人営業の種類はなんとなくわかったけど、おすすめはどれ?

結論、下記の4つの法人営業がおすすめです。

  1. IT・Web系の営業
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系の営業
  3. 石油業界の営業
  4. 大手メーカーの営業

 

理由は売れやすいから。

IT・Web業界は常に最新技術が生まれてるので、目新しさで売れます。

佐藤誠一

僕もWebマーケティング営業をやりましたが、かなりラクでした。

インフラ・石油・大手メーカーは、営業マンの立場が強いので売れやすい感じ。

 

上記4つの法人営業については、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】に詳しくまとめてます。

※未経験から転職するコツも解説してます。

【注意】おすすめしない法人営業6選

転職を考える人

反対に、おすすめしない法人営業ってどれ?

結論、下記の6つはあまりおすすめしません。

理由とともにどうぞ。

おすすめしない営業 理由
不動産営業 ノルマがきつい、競合が多い
広告営業 ノルマがきつい、クレームが多い
コピー機の営業 ペーパーレス時代で売れにくい
MR(医薬品営業) かなり勉強が必要、医師に売るのは難易度が高い
銀行の営業 ノルマがきつすぎる
保険営業 ほぼフルコミッション、売れないと生活できない

 

この辺の詳細は、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】にまとめてるので参考にどうぞ。

佐藤誠一

転職に失敗しないためにも、チェックしておいた方がいいかと。

法人営業への転職に失敗しない4つのコツ

法人営業への転職に失敗しない4つのコツ

転職を考える人

ちなみに、法人営業への転職に失敗しないコツも教えてほしい。

変な会社に転職しちゃったらどうしよう…

結論、コツは下記の4つです。

  1. あなたに向いてる法人営業の種類を選ぶ
  2. 商材で転職する会社を決める
  3. 営業経験があればアピールする
  4. 応募企業に必要な知識を勉強していることを伝える

こちらも1つずつ解説しますね。

【コツ①】あなたに向いてる法人営業の種類を選ぶ

あなたに向いてない法人営業だと、売れずに辛い思いをするから。

どうせ転職するなら、あなたに向いてる仕事がいいかなと。

 

転職を考える人

でも、自分に向いてる法人営業なんてわからないよ…

という人は、キャリアカウンセラーに適性診断してもらうといいですよ。

あなたをヒアリングしてくれて、相性がいい法人営業の種類を提案してくれます。

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料です。

ヒアリング結果を元に、あなたと相性が良さそうな法人営業の求人も見せてくれますよ。

 

登録してサクッと適性診断を受けつつ、求人情報をみつつ、良さげな求人があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

営業に強い転職エージェントは下記の記事にまとめたので、参考にどうぞ。

【コツ②】商材で転職する会社を決める

結論、「あなたが好きになれる商材」で転職先を選んでください。

好きになれない商材は売れないから。

注意
考えてもみてください。

ホントは良いと思ってないけど、ノルマがあるからムリやり売るってお客様に迷惑ですよね。

 

売れるほど罪悪感が大きくなるので、辛くなってしまいます。

佐藤誠一

あなたが好きになれる商材なら自然と売れるし、仕事も楽しいですよ。

【コツ③】営業経験があればアピールする

法人・個人を問わず、営業経験があれば採用されやすいから。

結局のところ、法人でも個人でも「人に売る」のは一緒ですからね。

MEMO
営業経験がない人は、「コミュニケーションがうまくいったエピソード」を伝えるのがコツです。

 

例えば下記とかでもOK。

  • 「電話対応がうまい」とほめられた
  • 「話がわかりやすい」とほめられた
  • 「話を聞くのがうまい」とほめられた

佐藤誠一

幸い法人営業は採用されやすい会社も多いので、コミュニケーション能力のアピールだけでも転職できることがありますよ。

【コツ④】応募企業に必要な知識を勉強していることを伝える

本気度が伝わって採用されやすいからです。

具体的には下記のようなイメージ。

  • 御社の業界のことを本で勉強中です。
  • 御社の業務に必要なことを勉強中です。
  • 営業で使えそうなスキルを練習中です。

 

「やる気あります!」だけだと弱いので、「本気度の証明」をする感じですね。

佐藤誠一

採用担当者に本気度が伝わるので、内定率がグッと上がります。

【おまけ】法人営業で売れるコツ

【おまけ】法人営業で売れるコツ

法人営業で売れるか不安な人

仮に転職できたとしても、法人営業でやっていけるか不安…

どうやって売ればいいの?

結論、法人営業で売れるコツは下記のとおりです。

  1. 法人営業リストはググればOK
  2. 見込み法人を徹底的にリサーチする
  3. 法人営業の新規開拓は問い合わせフォームから
  4. アポ取りはオンライン面談を提案
  5. 法人営業の飛び込みはリサーチしてから
  6. 法人営業のテレアポトークは「返信がありません」
  7. アプローチは未来を伝える
  8. 初回訪問はヒアリングに徹する
  9. ヒアリングで潜在ニーズをつかむ
  10. プレゼンテーションは型でOK
  11. 稟議が通る資料を作る
  12. 法人営業のクロージングは「みんな買ってて残りわずか」
  13. PDCAを継続する
  14. 法人のルート営業は継続的に情報提供する

この辺の詳細は、法人営業のコツ14選【スキルアップするやり方やおすすめの本も解説】にまとめたので参考にしてみてください。

佐藤誠一

僕もこれらの方法で売れました。

239社を新規開拓できて、上場企業からも契約をもらいましたよ。

まとめ【法人営業には7種類ある。あなたに向いてる営業に転職しよう】

まとめ【法人営業には7種類ある。あなたに向いてる営業に転職しよう】

ということで、あとは行動のみ。

行動しないと何も始まらないので。

さっそく今日から転職活動を始めてみましょう。

注意
当たり前ですが、良い求人から取られていきます。

来週には、あなたに合う法人営業の求人がなくなってるかもしれません。

 

本来なら転職できたはずの会社を逃すのは、人生単位の損失かと。

 

転職を考える人

う~ん、どうしよう…

と考えてても答えは出ないので、転職活動を進めながら考えていくと機会損失を防げます。

転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】も参考にどうぞ。

 

まとめると、法人営業には下記の7種類があります。

  1. 新規営業
  2. ルート営業
  3. 代理店営業
  4. 反響営業
  5. ソリューション営業
  6. 商社の営業
  7. コンサルティング会社の営業

 

そして、おすすめの法人営業は下記の4つです。

  1. IT・Web系の営業
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系の営業
  3. 石油業界の営業
  4. 大手メーカーの営業

4つの法人営業の詳細や、未経験から転職する手順は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめてます。

 

法人営業の転職に失敗しないコツは、下記の4つです。

  1. あなたに向いてる法人営業の種類を選ぶ
  2. 商材で転職する会社を決める
  3. 営業経験があればアピールする
  4. 応募企業に必要な知識を勉強していることを伝える

 

あなたに向いてる法人営業は、キャリアカウンセラーに適性診断してもらうと高精度でわかります。

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ