法人営業の新規開拓方法は3つだけ【アポが取れたらヒアリング】

法人営業の新規開拓のコツは3つだけ【アポが取れたらヒアリング】

営業マン

法人営業の新規開拓の方法を知りたい…

 

テレアポや飛び込み営業が当たり前だからやってるけど、効率悪すぎない?

全然アポが取れないよ…

 

異業種交流会は参加している人の質が悪いし…

法人営業できるようになって、安定してノルマを達成したい。

 

オフィスで一目置かれる存在になりたいよ。

法人営業を攻略して、仕事の自信をつけたいな。

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 法人営業の新規開拓方法は3つだけ【電話と飛び込みはNG】
  • 法人のアポが取れたらヒアリングが重要【法人営業のフローも紹介】

僕、佐藤誠一は法人営業を3年やっていました。

Webを使って新規開拓する方法で、

1年半で新規法人を239社開拓しました。

 

契約ももらえていたので、法人営業はけっこう好きです(^^)

 

結論、法人営業は個人営業より簡単です。

この記事は、法人営業の新規開拓が得意だった僕が書いたので、ある程度信ぴょう性があると思います。

 

あなたの法人開拓の参考になればうれしいです!

法人営業の新規開拓方法は3つだけ【電話と飛び込みはNG】

法人営業の新規開拓のコツは3つだけ【テレアポと飛び込みはNG】

法人営業の新規開拓のコツは、下記の3つだけです。

  1. ググれば無料ですぐにリストができる
  2. 企業のホームページの問い合わせフォームから連絡する
  3. 商品のメリットではなく、商品から得られる結果でアプローチ

この3つを基本として実践すれば、アポが取れます。

 

また、応用編のテクニックも紹介しますね(^^)

①ググれば無料ですぐにリストができる

ググれば簡単に企業リストができます。

法人リストは難しく考えすぎずに、ググりましょう。

 

くれぐれも、法人リストを購入する必要はありません。

ネットにいくらでも情報が無料で出ているのに、わざわざリストを買うのはもったいないです。

 

ホームページや企業のSNSで情報収集できるので、相手に刺さるアプローチ方法も作りやすいですよ(^^)

まずはググって、アポをとりたい企業をリストアップしましょう。

②企業のホームページの問い合わせフォームからメールする【法人営業の新規開拓の奥義】

法人への連絡は、

ホームページの問い合わせフォームから連絡しましょう。

担当者とすぐに連絡が取れるので、受付も突破できるからです。

 

営業マン

法人の担当者の連絡先がないと連絡できない…

と思い込んでいる人が多いですが、問い合わせフォームから連絡すれば担当者とつながれますよ。

 

担当者からメールがくれば、資料やプレゼンのYoutube動画も送れるので、効果的にアプローチできます(^^)

 

問い合わせフォームから連絡をするコツは、下記の3つ。

  1. 件名で興味をひく
  2. 「話を聞かせてください」と伝える
  3. 業務提携をもちかける

問い合わせフォームになんと書けばいいかは、

営業のアポをメールでとる方法【実際にアポがとれた例文も紹介】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

問い合わせフォームに書く文章の例文も紹介しています。

営業のアポをメールでとる方法【実際にアポがとれた例文も紹介】

③商品のメリットではなく、商品から得られる結果でアプローチ

問い合わせフォームから連絡するときのコツは、商品のメリットではなく、

商品から得られる結果をアプローチしましょう。

商品のメリットだけを伝えると、売り込みに見えて返信が来ないからです。

 

商品のメリットを伝える例はこんな感じ。

(ダメな例)

弊社の広告は、月間アクセス○○○万PVのWebメディアから集客できるので、御社への問い合わせを増やせます。

 

ぜひ、一度お話させていただければと思っています。

商品のメリットだけを伝えると、売り込みに見えますよね。

 

続いて、商品から得られる結果を伝える例はこんな感じ。(良い例)

良い営業マン

御社の○○○という商品に興味を持ちまして、連絡させていただきました。

○○○という商品は、例えば○○○○○のようなこともできるのでしょうか?

 

もしできるようであれば、弊社の広告と掛け合わせることで、御社の○○○がさらに売れると思いました。

 

御社の○○○がさらに売れれば、御社の業績が上がるだけでなく、営業マンの皆さんもさらに売りやすくなると思います。

 

また、御社のホームページを拝見したところ、他の商材とのソリューションもできるのかなとワクワクしました。

 

一度、御社の○○○についてお話を聞かせていただけませんか?

商品から得られるメリットを強調していますよね(^^)

  1. 御社の○○○がさらに売れる
  2. 業績が上がる
  3. 営業マンが売りやすくなる
  4. 他の商材とのソリューションができる

と、商品から得られる結果を提示しています。

 

売り込み色が消えて、アポを取りやすいです。

前述のとおり、「話を聞かせてほしい」と伝えるのも効果的ですね(^^)

 

効果的なアプローチの方法は、

営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】にまとめているので、読んでみてください。

営業のアプローチ方法は商品で得られる結果を伝える【例も紹介】

テレアポするなら問い合わせフォームから連絡してから

会社の方針でどうしてもテレアポしなければいけないなら、

事前に企業の問い合わせフォームから連絡をしておきましょう。

 

事前に連絡しておいたという既成事実ができるので、話を聞いてくれるからです。

「事前に連絡する」という一手間を加えるだけで、アポ取得率は急激に上がります。

 

僕もこの手法でテレアポしてたときがあり、

アポ取得率は約10%でした。

テレアポで10%は超高いですよね?

 

「事前に連絡する」という下準備をするだけで、簡単にアポをとれます(^^)

 

具体的なノウハウは、

【悪用厳禁】法人向けのテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】にまとめているので、読んでみてください。

【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】

ただし、ぶっちゃけテレアポは失礼です。

相手の時間を突然奪うからです。

 

あなたも、突然営業の電話がかかってきたら「めんどくさい」って思いますよね?

自分がやられて嫌なことは、人にしてはいけません。

 

ホリエモンの「多動力」という本の中でも、「電話かけてくる人間とは仕事をするな」と書かれています。


マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

 

今はメールもSNSもYoutubeもある時代なので、電話がナンセンスになっています。

ちょっと時代遅れですね。

 

電話営業=迷惑になってきたので、時代に合わせて辞めましょう。

飛び込み営業はやめた方がいい

法人営業では、飛び込み営業もNGです。

テレアポと同じく、相手の時間を突然奪うからです。

 

あなたも自宅でくつろいでるときに飛び込み営業きたら、追い返すでしょ?

それと一緒です。

 

飛び込み営業は相手の時間を奪うので、失礼です。

メールがなかった時代であれば飛び込み営業もアリでしたが、そんな時代は20年前に終わっています。

 

効率も悪すぎるので、飛び込み営業は辞めましょう。

 

法人の飛び込み営業については、

法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

会社が飛び込み営業を強制している人向けに、飛び込み営業のコツも解説しています。

法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】

Webを使って法人の新規開拓【239社を開拓した実例】

近年の法人の新規開拓で、もっとも時代に合っていて効果が大きいのは、Webを使う方法です。

僕はWebを使って法人営業して、

239社の新規法人を開拓しました。

 

まだやってる人が少ないので、

あなたが先行者利益をとってください(^^)

僕がやって成果が出たノウハウを公開しているので、パクってもらって大丈夫です。

 

具体的なノウハウは、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめているので、読んでみてください。

 

この方法だと、中小企業であれば社長と会えますよ(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

新規開拓できたらヒアリングが重要【法人営業のフローも紹介】

法人のアポが取れたらヒアリングが重要【法人営業のフローも紹介】

法人のアポが取れたら、ヒアリングを徹底しましょう。

法人営業で売れる考え方は、

  1. 相手の悩みを聞き出す(ヒアリング)
  2. 相手の悩みを解決する方法を提案する

の2つだからです。

 

ヒアリングで間違うと、提案も的外れになって売れません。

なので、法人のアポはヒアリングが命です。

 

法人のヒアリングスキルについては、

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業のヒアリングのコツ14選【提案するときの2つのポイント】

また、法人営業の全体的な流れも知りたい人は、

営業の流れ(プロセスやフロー)を解説【劇的に売れる改善法】も確認しておきましょう。

営業の流れ(プロセスやフロー)を解説【劇的に売れる改善法】

まとめ【3つのコツを実践すれば法人営業の新規開拓はカンタン】

まとめ【3つのコツを実践すれば法人営業の新規開拓はカンタン】

この記事をまとめます。

  • 法人営業の新規開拓方法は3つだけ
  • テレアポと飛び込みは時代になってなくて失礼
  • 現代はWebを使って法人開拓するのが時代に合ってる
  • 法人営業はヒアリングが重要

営業マン

法人営業の新規開拓の方法を知りたいな。

安定してノルマを達成して、仕事の自信をつけたいよ。

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

この記事に書かれていることを読んだだけでは、成果は出ません。

必ず実践してください。

そうすれば、必ず成果が出ます(^^)

 

ちなみに、法人営業の全体的なコツを、

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】にまとめているので、読んでみてください(^^)

法人営業のコツを解説【本やネットに載ってない裏ワザも紹介】

あなたの法人営業の参考になればうれしいです!