法人営業のやりがいや魅力7選【人の役に立つ仕事じゃないと辛くなる】

転職を考える人

法人営業のやりがいとか魅力を知りたいな。

次はやりがいのある仕事をしたいんだよね。

でも、法人営業のきついところも知った上で慎重に判断したい。

 

転職に後悔したくないから、失敗しない転職活動のコツとかも教えてほしい。

どうすれば「仕事にやりがい」を感じられるかなぁ?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 法人営業のやりがいや魅力がわかる
  • 法人営業のきついところがわかる
  • あなたが法人営業に向いてる人かわかる
  • 法人営業の転職に失敗しないコツがわかる
  • 「やりがいのある仕事」とは何かわかる

 

僕、佐藤誠一は法人営業をやってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 営業の種類
26~31歳 メットライフ生命の営業 個人営業+法人営業
31~33歳 保険代理店の営業 個人営業+法人営業
33~36歳 Webマーケティング営業 法人営業
36歳~現在 Webライター Web上から依頼がくる

 

法人営業はそれなりに経験があり、体験談を元に「法人営業のやりがい」をまとめたので信ぴょう性があるかと。

ただし、「法人営業のきついところ」も知った上で、慎重に転職を検討してください。

 

また、僕はWebマーケティング営業時代に「全国職業相談センター」というサイトを作り、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

僕がアドバイスして、無事に法人営業に転職していった人も多いですよ。

そんな僕が「法人営業の転職に失敗しないコツ」もまとめたので、参考にどうぞ。

佐藤誠一

「やりがいのある仕事とは何か?」も解説します。

やりがいをもって働きたい人は、最後まで読んでみてください。

目次

【基本情報】法人営業の仕事内容

【基本情報】法人営業の仕事内容

まず基本として、法人営業の仕事内容を知っておきましょう。

企業向けに自社の商品・サービスを売ること

他にも下記のような業務があります。

  • 既存客のアフターフォロー
  • プレゼン資料の作成
  • 契約書の締結

法人営業で代表的な15の業界

ちなみに、法人営業には下記のような業界があります。

  1. IT業界
  2. メーカー
  3. インフラ業界
  4. 石油業界
  5. 不動産業界
  6. 金融業界
  7. 広告業界
  8. 人材業界
  9. 建設業界
  10. 商社営業
  11. コンサルティング業界
  12. 医薬品業界
  13. 印刷業界
  14. 旅行業界
  15. 運送業界

各業界の特徴は、法人営業の業界15選【ラクに売れて稼ぎやすい4つの業界も紹介する】にまとめてます。

佐藤誠一

あなたに合いそうな業界を選びましょう。

法人営業には7種類ある

また、法人営業には下記の種類(売り方)があります。

  1. 新規営業
  2. ルート営業
  3. 代理店営業
  4. 反響営業
  5. ソリューション営業
  6. 商社の営業
  7. コンサルティング会社の営業

それぞれの特徴は、法人営業は7種類ある【あなたに向いてる法人営業が一発でわかる方法】にまとめてます。

佐藤誠一

こちらも、あなたに合いそうな種類を選びましょう。

法人営業のやりがいや魅力7選【メリット多し】

法人営業のやりがいや魅力7選【メリット多し】

転職を考える人

で、法人営業のやりがいとか魅力って何なの?

結論、下記の7つかなと。

  1. 年収が高い
  2. 仕事がダイナミック
  3. 社長の人脈が広がる
  4. 起業しやすくなる
  5. 自信がつく
  6. キャリアパスの選択肢が多い
  7. ワークライフバランスが良い

1つずつ解説しますね。

①年収が高い

売れれば年収は高いです。

なぜなら、単価が高いから。

佐藤誠一

僕は保険営業をやってました。

個人営業と法人営業の年間保険料のイメージは下記のとおり。


  • 個人営業:20~30万円くらい
  • 法人営業:1000万円以上

当たり前ですが、法人と個人では払える金額が違います。

上記の例だと、個人営業は40件くらい売らないと、法人営業の契約1件に到達できません。

MEMO
でも、個人でも法人でも、売るノウハウはほぼ一緒。

だったら、法人に売った方が効率的に稼げます。

 

ちなみに、法人営業の年収については、法人営業の年収ランキング15【稼げる法人営業に転職する4つのコツ】に詳しくまとめてます。

法人営業で稼げる業界もわかりますよ。

②仕事がダイナミック

法人営業はダイナミックでやりがいがあります。

顧客企業の従業員さんや取引先にも影響がある仕事だから。

個人営業と比較すると規模感が違います。

  • 個人営業:一家庭に影響する(1~5人)
  • 法人営業:一企業に影響する(大きい会社だと1000人以上)

佐藤誠一

僕はWebマーケティング営業をやってましたが、規模の大きさにやりがいを感じてました。

 

  • 企業の売上に貢献できる
  • 従業員さんの給料が上がる
  • 従業員さんの家族が幸せになる
  • 取引先の売上にも貢献できる

ダイナミックな仕事をしたい人には、法人営業がおすすめです。

③社長の人脈が広がる

社長の人脈が広がるのもやりがいですね。

特に中小企業向けの法人営業は、社長に営業するので人脈が増えます。

 

社長の人脈が増えると、具体的には下記のようなメリットあり。

  • 社長が社長を紹介してくれる
  • 優秀な人材を紹介してくれる
  • 起業するときに力になってくれる

結論、社長の知り合いが増えるとビジネスチャンスが広がっていきます。

佐藤誠一

営業だけじゃなくて、人生に好影響なのでメリットが大きい。

④起業しやすくなる

法人営業ができるようになると、起業しても食っていけます。

大きい売上をもってくるスキルが身につけば、会社に属してる理由がないから。

 

佐藤誠一

僕も起業できました。

営業って1人で売上をもってくる仕事なので、起業してもやることは一緒です。

自由に生きたい人には、起業スキルが身につく法人営業はやりがいがあるかと。

⑤自信がつく

法人営業で売れるようになると、かなり自信がついてきます。

お金を稼ぐ力が身についたと実感できるから。

「何もないところからお金を稼ぐ力」が身につくと、食いっぱぐれがありません。

 

営業マン

あ、僕の人生大丈夫っぽいな。

という安心感が見えてくるのは大きなやりがいです。

営業スキルがあればどこでも食っていけるので、将来の不安が減っていきますよ。

 

佐藤誠一

僕も「お金に困ったら営業すればいい」と思ってるので、不安は少ないです。

人生の安心感がほしい人は、今のうちに法人営業スキルを身につけるのもアリですね。

⑥キャリアパスの選択肢が多い

法人営業はキャリアパスの選択肢が多いのも魅力です。

具体的には下記があります。

  • 昇進
  • マネジメントに回る
  • 転職しやすくなる
  • 起業できる

佐藤誠一

人生に選択肢をもちたい人には、けっこうおすすめの仕事です。

 

注意
ただし、上記はすべて「売れれば」の話です。

営業は実力の世界なので、すべての人がうまくいくわけではありません。

⑦ワークライフバランスが良い

理由は、平日昼間しか営業しないから。

土日は営業先の企業も休みなので、あなたも休めます。

 

法人営業の平日のスケジュールは下記のようなイメージ。

  • 9:00:出勤、朝礼
  • 10:30:1件目のアポ
  • 12:00:昼休憩
  • 13:30:2件目のアポ
  • 15:30:帰社、翌日の準備など
  • 17:00:退勤

 

反対に、個人営業だと平日夜と土日がメインの仕事時間なので、ワークライフバランスは悪めです。

※個人営業は、人が働いてない時間に営業するので。

佐藤誠一

「土日はしっかり休みたい」という人は、法人営業の方がいいですよ。

法人営業と個人営業の違い【結論:法人営業の方が楽】

転職を考える人

法人営業と個人営業の違いを整理しておきたいな。

結論、違いは下記のとおりです。

法人営業 個人営業
給料 高い 低い
休日 土日 休みは少ない
労働時間 平日昼間 平日の昼~夜、土日
見込み客の見つけやすさ 簡単 難しい
アポの取りやすさ 簡単 難しい
アプローチのしやすさ 簡単 難しい
提案のタイミング 決算前がいい 基本いつでも
契約までのスピード 遅い 速い
契約してくれやすさ 契約してくれやすい(数字で判断してくれるから) 契約してくれにくい(感情で判断されがち)
契約の決め手になるもの メリットがあるか 人間関係も重要

 

この辺の詳細は、法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

あなたがどっちに合うかもわかるので、求人を見る前に読んでおくと安心かと。

結論、どっちかというと法人営業の方がラクです。

法人営業のきついところ【デメリットも知っておこう】

法人営業のきついところ【デメリットも知っておこう】

転職を考える人

反対に、法人営業のきついところも知っておきたいな。

本当に法人営業に転職するか冷静に判断したい。

結論、法人営業のきついところは下記の5つです。

  1. 受付を突破できない
  2. 新規のアポを取りにくい
  3. ノルマがきつい
  4. 飲み会や接待がある
  5. 稟議を通さなければならない

5つの詳細は、法人営業のきついところ5選【個人営業と比較してメリットも解説】にまとめてます。

佐藤誠一

あなたにやっていけそうか判断できると思います。

あなたが法人営業に向いてる人か診断してみよう

あなたが法人営業に向いてる人か診断してみよう

転職を考える人

そもそも僕は、法人営業に向いてるのかなぁ?

転職前に、あなたが法人営業に向いてるかも診断しておきましょう。

向いてないと辛いから。

 

あなたが向いてるかは、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】でわかります。

佐藤誠一

6つ以上に当てはまれば向いてるので、適性診断してみてください。

法人営業で売れるコツ【イメージにどうぞ】

転職を考える人

あと、法人営業ってどうやって売るの?

売れるイメージがないと不安だなぁ…

転職を決める前に、法人営業で売れる方法も勉強しておきましょう。

「あなたにできそうか」もイメージしてから転職する方が、失敗が少ないです。

 

法人営業で売れるコツは下記のとおり。

  1. 法人営業リストはググればOK
  2. 見込み法人を徹底的にリサーチする
  3. 法人営業の新規開拓は問い合わせフォームから
  4. アプローチは未来を伝える
  5. 初回訪問はヒアリングに徹する
  6. プレゼンテーションは型でOK
  7. 法人営業のクロージングは「みんな買ってて残りわずか」

 

詳しいノウハウは、法人営業のコツ14選【スキルアップするやり方やおすすめの本も解説】にまとめたので転職前の勉強にどうぞ。

佐藤誠一

「頑張ればできるかも」と思えたなら、法人営業を本格的に検討してみましょう。

法人営業の転職に失敗しない7つのコツ

法人営業の転職に失敗しない7つのコツ

転職を考える人

法人営業に転職してみたいけど、転職に失敗したくない…

失敗しないコツとかあれば教えてほしい。

結論、コツは下記の7つです。

  1. おすすめの法人営業を選ぶ
  2. 無形商材の法人営業も検討する
  3. あなたに向いてる法人営業に転職する
  4. 応募企業が求める人物像に寄せる
  5. コミュニケーションスキルをアピールする
  6. BtoBの経験をアピールする
  7. 「なぜ個人営業じゃないのか?」に答えられるようにしておく

法人営業の転職に失敗しないためにも、1つずつ詳しく解説しますね。

【コツ①】おすすめの法人営業を選ぶ

理由は売れやすいから。

売れにくい法人営業はハードルが高いです。

具体的におすすめの法人営業は下記の4つです。

  1. IT・Web系
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系
  3. 石油業界
  4. 大手メーカー

 

IT・Web系は常に最新技術が生まれてるため、目新しさで売れやすいです。

佐藤誠一

僕もWeb系の営業をやってましたが、よく売れました。

インフラ・石油・大手メーカーは営業マンの立場が強いので売れやすい感じ。

 

4つの法人営業の詳細や、未経験から転職する手順は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめてます。

まずは「売れやすい法人営業」からスタートしたい人は参考にどうぞ。

【コツ②】無形商材の法人営業も検討する

正直、無形商材の方が稼げるから。

有形商材は仕入れ値や原材料費がかかるため、どうしても利益率が低いです。

 

特におすすめの無形商材の法人営業は下記の3つ。

  1. IT業界:常に最新技術が生まれてるので目新しさで売れやすい
  2. Web業界:多くの企業は集客したいので、常にWebに興味があり売れやすい
  3. 電気・ガス・NTTなどインフラ業界:インフラは不可欠なので売れやすい

3つの法人営業の詳細や、転職する手順は、無形商材でおすすめの法人営業3選【起業して自由度が高い人生へ】にまとめてます。

佐藤誠一

「どうしても有形商材がいい!」とかじゃないなら、無形商材がおすすめです。

【コツ③】あなたに向いてる法人営業に転職する

向いてる法人営業は売れやすいし、仕事が楽しいからです。

注意
向いてない法人営業は、努力が報われにくいので辛いですよ。

 

転職を考える人

でも、自分に向いてる法人営業なんてわからないよ…

という人は、営業に強いキャリアカウンセラーに適性診断してもらうといいかと。

ヒアリングしてくれつつ、あなたに向いてる法人営業の種類を絞ってくれますよ。

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと無料です。

適性診断結果を元に、あなたと合いそうな法人営業の求人も見せてくれるので一石二鳥かと。

 

登録してサクッと適性診断を受けつつ、求人情報を見せてもらいつつ、興味ある会社があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

特に営業に強い転職エージェントは、下記の記事にまとめたので参考にどうぞ。

【コツ④】応募企業が求める人物像に寄せる

履歴書や面接では、応募企業が求める人物像に寄せてアピールしましょう。

寄せると採用されやすいから。

 

求める人物像は、下記に書いてることが多いです。

  • 求人情報
  • ホームページ

必ず「求める人物像」を調べてから、履歴書を書きましょう。

MEMO
先ほど紹介した転職エージェントに「求める人物像」を聞いてもOKです。

応募企業のことをよくわかってるし、内定が出やすい履歴書や面接の内容も考えてくれますよ。

【コツ⑤】コミュニケーションスキルをアピールする

営業未経験者さんは、コミュニケーションスキルをアピールしましょう。

営業はコミュニケーションスキルがあれば売れるので、アピールすると採用されやすいです。

 

例えば事務職だった人なら、下記のようなイメージ。

電話対応を丁寧にしていたので、取引先から感謝されることが多かったです。

エピソードを含めると印象に残るので、内定率が上がります。

 

佐藤誠一

ちなみに、個人営業しかやったことがない人は、営業がうまくいったエピソードをアピールしましょう。

法人でも個人でも「人に売る」のは一緒なので、評価されて内定率が上がります。

この辺のアピールのコツは、【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】にもまとめたので参考にどうぞ。

【コツ⑥】BtoBの経験をアピールする

BtoBの経験があるとわかれば、採用されやすいから。

営業経験がなくても、BtoBの経験があれば評価されますよ。

 

例えば、下記もアピールすべき。

  • 資料がわかりやすいとほめられた
  • よく取引先と電話で話していた
  • 営業に同行したことがある

佐藤誠一

こちらもエピソードで伝えると、印象に残って採用されやすいです。

【コツ⑦】「なぜ個人営業じゃないのか?」に答えられるようにしておく

法人営業に応募すると、

面接官

なぜ個人営業じゃないんですか?

と面接で聞かれることがあります。

 

この質問に答えるときは、「応募企業の商材」を理由にすればOK。

面接で答える人

御社の商品を売ってみたいからです。

と答えれば説明がつきますよね。

MEMO
ついでに「応募企業でなければいけない理由」も説明できてしまうので一石二鳥。

 

この辺の答え方のコツは、法人営業の志望動機の書き方5ステップ【例文あり。ツッコまれないコツ】に詳しくまとめてます。

やりがいのある仕事とは【人の役に立つ仕事】

やりがいのある仕事とは【人の役に立つ仕事】

転職を考える人

というか、「やりがいのある仕事」ってそもそも何?

今の仕事にやりがいを感じないから、次はやりがいのある仕事をしたいんだよね。

結論、やりがいのある仕事=人の役に立つ仕事のことです。

なんだかんだで、人に感謝されると無条件でうれしくなるから。

 

「やりがいはないけど、稼ぐために仕方なく働く」って、人生が楽しくないかと。

もし今日死んでしまったら、後悔するかもしれません…

 

「法人営業は稼げる」というメリットもありますが、人をダマして稼ぐのとかイヤですよね?

なので、「人に役に立つ仕事」に転職するのが大切です。

【最重要】商材を好きになれるかをチェックしよう

法人営業に転職するなら、「あなたが好きになれる商材」を売れる会社に転職しましょう。

好きな商材じゃないと売れにくいし、罪悪感が強くてやりがいを感じないから。

 

具体的には、下記の3つすべてに当てはまる商材を探しましょう。

  1. 世の中に役立つ商材か
  2. お客様に喜ばれる商材か
  3. あなた自身が好きになれる商材か

この3つに当てはまるなら、やりがいをもって売れますよ。

たしかに売ってて楽しそうですよね。

 

転職を考える人

自分じゃうまく商材を探せないなぁ…

という人は、先ほど紹介した転職エージェントに紹介してもらうのも良いかと。

佐藤誠一

結論、法人営業の転職先を選ぶときは、商材で決めてもいいくらいです。

あなたが好きになれる商材と出会えば、やりがいをもって働けます。

【体験談】人の役に立てる営業に転職したら人生が楽しくなった

冒頭でもお伝えしましたが、僕は保険営業→Webマーケティング営業に転職しました。

今だから白状しますが、保険は好きになれませんでした。

人から保険料を奪うばかりで、お客様を損させてるような罪悪感があったから。

 

でも、Webマーケティング営業はホントに好きでした。

クライアント企業の売上アップに貢献できるので、下記のようなやりがいを感じました。

  • 社長に喜んでもらえる
  • 従業員さんに喜んでもらえる(給料が上がるから)
  • 従業員さんの家族に喜んでもらえる

 

自分で言うのもアレですが、

佐藤誠一

社会貢献度が高くて、人の役に立てる仕事だなぁ。

と思ってました。

やっぱり人の役に立てる仕事の方が楽しいんですよね。

仕事が楽しいから精力的に働けるし、その結果さらに売れて稼げました。

 

で、仕事が楽しくなると、プライベートもメンタルが充実していく感じ。

※なんとな~くイメージできるかと。

稼ぐことは「人の役に立った結果」なので、やっぱり人の役に立てる仕事をするのが鉄則かなと。

 

法人営業でも他の仕事でも、人の役に立つ仕事を選ぶのがおすすめです。

まとめ【法人営業のやりがいときついところを理解して転職活動を始めよう】

まとめ【法人営業や魅力とやりがいのある仕事です】

最後にもう一度、法人営業のやりがいきついところをまとめておきます。

やりがい きついところ
年収が高い

仕事がダイナミック

社長の人脈が広がる

起業しやすくなる

自信がつく

キャリアパスの選択肢が多い

ワークライフバランスが良い

受付を突破できない

新規のアポを取りにくい

ノルマがきつい

飲み会や接待がある

稟議を通さなければならない

やりがいときついところを整理して、転職するか検討してみてください。

 

もし法人営業に転職したいなら、さっそく今日から転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

注意
当たり前ですが、良い求人から他の人に奪われていきます。

来週には、あなたに合う求人がなくなってることもありますよ。

 

本来なら転職できたはずの会社を失うのは、人生単位の損失かと…

 

転職を考える人

う~ん、どうしよう…

と考えてても答えは出ないので、転職活動しながら考えていくのがコツです。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】に詳しくまとめてます。

 

法人営業の転職に失敗しないコツは下記の7つです。

  1. おすすめの法人営業を選ぶ
  2. 無形商材の法人営業も検討する
  3. あなたに向いてる法人営業に転職する
  4. 応募企業が求める人物像の寄せる
  5. コミュニケーションスキルをアピールする
  6. BtoBの経験をアピールする
  7. 「なぜ個人営業じゃないのか?」に答えられるようにしておく

 

あなたに向いてる法人営業は、営業に強いキャリアカウンセラー(転職エージェント)に適性診断してもらうと高精度でわかります。

※あなたが好きになれる商材を売ってる企業も、転職エージェントで探せます。

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ