ハローワークで転職に失敗する5つの理由【使わない方がいいですよ】

ハローワークで転職に失敗する5つの理由【使わない方がいいですよ】

「ハローワークの転職は失敗しやすい」ってネットで見たけど、本当なの?

どうして失敗しやすいんだろう?

転職に失敗したくないなぁ…

 

やっぱり僕は、ハローワークを使わない方がいいの?

転職に失敗しない方法を知りたいなぁ。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ハローワークで転職に失敗する理由がわかる
  • ハローワークで転職活動しない方がいい人の特徴がわかる
  • ハローワークを使わないで転職に成功するコツがわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

ハローワークで転職したら、求人票と内容が違いました…

という相談は、マジで山のように受けてきました。

 

結論、ハローワークは使わない方がいいですよ。

理由は本記事で紹介しますが、リスクが大きいです。

 

ハローワークを使わない方がいい人や、ハローワークを使わないで転職するコツもまとめたので参考にどうぞ。

この記事を読むことで、あなたに合う会社で安定して働ける人生になりますよ。

ハローワークで転職に失敗する5つの理由

ハローワークで転職に失敗する5つの理由

結論、ハローワークで転職に失敗する理由は、下記の5つです。

  1. ウソの求人票が混ざっている
  2. ブラック求人が混ざっている
  3. 担当者が一生懸命じゃない
  4. 求人票の情報が少ない
  5. ハローワークに優良求人は少ない

1つずつ解説しますね。

①ウソの求人票が混ざっている

断言しますが、ハローワークにはウソの求人票が混ざってます。

求人の数が多すぎて、ハローワークでいちいち内容を精査できないから。

 

厚生労働省の平成28年度の発表では、虚偽の求人が9299件あったそうです。

参考:厚生労働省「平成28年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数を公表します

 

改正職業安定法では、虚偽の求人票を出した企業に対して30万円以下の罰金を課していますが、こんなの企業からしたら痛くもかゆくもありません。

求職者を騙してでもたくさん採用して、30万円の罰金で済むなら罰金を払う方がトクだから。

参考:産経ニュース「ブラック企業」の虚偽求人に罰則導入 紹介業者は実績公表義務化

 

結果的に、下記のような失敗が発生してます。

  • 仕事内容が違う
  • 給料が違う
  • 休日が違う

転職のプロでもない限り、求人票のウソは見抜けません。

けっこうリスクが高いかと。

②ブラック求人が混ざっている

これも断言しますが、ハローワークにはブラック企業の求人があります。

ハローワークは公共機関なので、企業の差別はできないから。

ブラック企業であっても、「求人票を出したい」と言われたら断れません。

 

担当者も、ブラック企業を差別せずに紹介してくるので怖いですよ。

担当者もブラック企業を見抜けてないので、うっかりブラック企業に転職しちゃう可能性があります。

【ちなみに】求人サイトもブラック求人があります

余談ですが、求人サイトにもブラック企業の求人が出てるので要注意。

なぜならあれは広告サイトなので、お金を出せばブラック企業も求人を掲載できるから。

 

求人サイト運営会社も商売なので、相手がブラック企業でも、お金を払ってくれるなら掲載します。

求人サイトで転職活動するのも注意してくださいね。

【ちなみに②】転職エージェントはブラック求人が少ない

反対に、転職エージェントはブラック求人が少ない傾向です。

なぜなら、転職エージェントは求職者に短期離職されると、企業に人材紹介料を返金しないといけないから。

 

求職者にブラック企業なんか紹介したら、すぐ退職されてしまいます。

転職エージェントが求職者にブラック企業を紹介するのは、デメリットでしかありません。

 

結論、転職エージェントはブラック求人が少ない傾向ってことです。

転職エージェントの使い方は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

③担当者が一生懸命じゃない

ハローワークの担当者は、一生懸命じゃない人が多いです。

なぜなら、担当者にノルマがないから。

 

きた人をさばくだけなので、一生懸命やる理由がないんです。

※中には一生懸命な担当者もいますが、割合は少ないですね。

 

転職エージェントの担当者みたいに、「たくさん紹介したから給料が上がる」ということはありません。

「早く帰りたい」と思ってる担当者が大半だと思っていいでしょう。

結論、あなたが頑張るしかないので、転職に慣れてないと失敗しやすいです。

④求人票の情報が少ない

なぜなら、ハローワークの求人票は必要最低限の情報しか載ってないから。

下記は書いてないので、本当にあなたに合う会社か判断しにくいです。

  • 職場の雰囲気
  • 社長の人柄
  • キャリアプラン

 

もちろん、ハローワークの担当者も詳しい内容は知りません。

求人票の情報が少ない=ミスマッチが起こりやすいので、転職に失敗する確率が上がります。

⑤ハローワークに優良求人は少ない

これも断言しますが、ハローワークに優良求人は少ないですよ。

ハローワークに優良求人を出すと、応募が殺到して採用担当者が大変だから。

 

僕は過去に企業にインタビューする仕事をやってた時期があるんですが、儲かってる優良企業ほどハローワークは使わないですね。

だってハローワークに求人を出したら、たくさん応募がきて対応が大変じゃないですか。

仕事が増えるのでイヤです。

と採用担当者さんは言ってました。

 

結論、本当に優良な企業は、ハローワークを使いません。

ハローワークだと優良企業に転職しにくいので、失敗も増えます。

ハローワークで転職しない方がいい人の特徴

ハローワークで転職しない方がいい人の特徴

ハローワークのデメリットはわかった。

で、やっぱり僕はハローワークを使わない方がいいのかな?

結論、下記に該当する人は、ハローワークを使わない方がいいですよ。

  • 20代・30代の人
  • 関東・関西・東海・福岡で転職したい人
  • 高卒以上の人
  • 転職活動に自信がない人

 

これに該当する人は、自分で転職活動したり、転職エージェントで転職できるので、ハローワークを使う必要なしです。

ハローワークで転職した方がいい人の特徴

反対に、ハローワークを使った方がいい人ってどんな人?

下記のような人ですね。

  • 40代以上の人
  • 地方で転職したい人
  • 中卒の人
  • 職業訓練を受けたい人

 

該当する人は、自分で転職活動したり、転職エージェントが不向きな人なので、ハローワークを使うのが無難です。

あなたがハローワークを使うべきか、判断材料にしてください。

ハローワークを使わないで転職に成功するコツ

ハローワークを使わないで転職に成功するコツ

どうやら僕は、ハローワークを使わない方がいいみたい。

でも、ハローワークを使わないで転職する方法がわからない…

どうしたら転職に成功できるかな?

結論、ハローワークを使わないで転職に成功する手順を、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】にまとめてます。

この手順で転職活動すれば失敗しないので、参考にどうぞ。

転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】

転職自体に失敗しない5つのコツ

また、転職自体に失敗しないコツは、下記の5つです。

  1. 先に転職の軸を決める
  2. 職場見学させてもらう
  3. わからないことは面接で聞く
  4. 転職エージェントに情報だけもらう
  5. スキルを身につけてから転職する

 

詳しくは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめてます。

この辺りを実践すれば、かなり失敗は防げますよ。

転職活動の参考にどうぞ。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

まとめ【ハローワークは転職に失敗しやすいので要注意】

まとめ【ハローワークは転職に失敗しやすいので要注意】

最後にもう一度、ハローワークで転職に失敗する5つの理由をまとめておきます。

  1. ウソの求人票が混ざっている
  2. ブラック求人が混ざっている
  3. 担当者が一生懸命じゃない
  4. 求人票の情報が少ない
  5. ハローワークに優良求人は少ない

 

そして、ハローワークで転職しない方がいい人の特徴は下記のとおり。

  • 20代・30代の人
  • 関東・関西・東海・福岡で転職したい人
  • 高卒以上の人
  • 転職活動に自信がない人

該当するなら、ハローワークは使わない方がいいですよ。

 

ハローワークを使わないで転職に成功する手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】をどうぞ。

また、転職に失敗しないコツは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめてます。

 

あとは行動あるのみ。

あなたに合った転職活動方法をすれば、転職の失敗を防げますよ。

 

転職は1歳でも若い方が有利なので、本気なら今日からできることを始めましょう。

そうすれば、あなたに合う会社に転職できて、安定して働ける人生になりますよ。

 

あなたの転職の成功を祈ってます。