栄養士を辞めたいときの3つの対処法【親を気にせず転職してOKです】

栄養士を辞めたいときの3つの対処法【親を気にせず転職してOKです】

考える女性

栄養士の仕事を辞めたい…

親に学校まで行かせてもらって資格をとったけど、実際に仕事をしてみたら想像と違った。

仕事も人間関係もキツいし、正直すぐにでも辞めたいよ…

でも、こんなすぐに辞めて転職に影響しないか不安…

といった悩みに答えます。

この記事からわかることは下記のとおり。

  • 栄養士を辞めたいときの対処法がわかる
  • 栄養士を辞めて転職が不利になることはない
  • 親のために栄養士を辞めるのを我慢する必要はなし

このサイトを運営してる、佐藤誠一の妻です。

私は元栄養士です。

※3年半くらいやってました。

栄養士時代、私も毎日「辞めたいなぁ…」と思いながら仕事してましたね^^;

なので、栄養士を辞めたい人の気持ちはめちゃめちゃわかります。

 

結論、栄養士を辞めたいなら辞めてOK。

栄養士以外にもあなたに合った仕事があるから大丈夫ですよ。

ちなみに、私は今は栄養士とまったく関係ないWebライターの仕事をしてます。

正直、栄養士より今の仕事の方が楽しいですね(^^)

 

悩む女性

でも、大学まで出してもらったのに辞めるのは親に申し訳ない…

と辞めるのを迷ってるなら、気にする必要ありません。

親は子どもの幸せを願ってるからです。

 

私も栄養士を辞めたいと親に伝えるとき、本当に申し訳ないと思ってました。

でも、いざ話してみたら大丈夫だったんですよね。

実体験なので、けっこう信ぴょう性はあるかと。

この記事を読めば、あなたも栄養士を辞めて大丈夫だと思います。

栄養士を辞めたいときの3つの対処法

栄養士を辞めたいときの3つの対処法

栄養士を辞めたいときの対処法は下記のとおり。

  1. 異動できないか相談する
  2. 栄養士として他の会社に転職する
  3. 栄養士以外の仕事に転職する

それぞれ解説していきます。

①異動できないか相談する

まずは職場を異動できないか相談してみましょう。

異動できれば職場環境がリセットされるので。

栄養士を辞めたい理由って、仕事内容と人間関係がほとんどだと思います。

なので、職場が変われば辞めたい気持ちも変わるかもしれません。

②栄養士として他の会社に転職する

異動が無理で今の職場にいるのも辛いなら、他の会社に転職しましょう。

今の会社があなたに合ってない可能性があるからです。

私の栄養士仲間で、他の会社へ行ったら仕事がうまくいった人もいるので効果はあるかと。

栄養士として他の会社に転職する方法

栄養士として他の会社に転職する方法は下記の2つ。

  1. 知り合いに紹介してもらう
  2. 転職サイトで探す

栄養士養成校卒だと、周りで栄養士をやってる人が多いと思います。

なので、学生時代の知り合いに声をかけると仕事が見つかる可能性があります。

人手不足の業界なので、すんなり転職できるかもしれません。

心配な女性

知り合いに紹介してもらうと、辞めたくなったとき気まずそうで嫌だな…

という人は、転職サイトで探せばOKです。

③栄養士以外の仕事に転職する

もう栄養士の仕事はやりたくないなら、他の仕事に転職しましょう。

もしかしたら、栄養士以外の仕事が合ってるかもしれないから。

栄養士の資格を持ってるからといって、栄養士の仕事をしなきゃいけないわけじゃありません。

私みたく、栄養士を辞めて良い仕事に出会えたパターンもあるので。

 

なんかやりたい仕事があればその仕事に挑戦すればいいし、やりたい仕事がないならあなたに向いてる仕事に転職すればOKだと思います(^^)

あなたに向いてる仕事を見つける方法

考える女性

でも、私に向いてる仕事なんてわからない…

という場合は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらえばいいかなと思います。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしつつ、あなたに向いてる仕事を絞ってくれますよ。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと、無料で適職診断してくれます。

適職診断結果をもとに、あなたに合う求人の紹介もアリ。

 

適職診断を受けつつ、求人情報をみつつ、興味ある会社があれば話を聞いてみればいいと思います。

下記のような大手の転職エージェントは適職診断が強いので、興味あればいくつか登録すればOK。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度が高い
  • マイナビエージェント:独自の適職診断ツールあり。こちらも登録して損はないかと
  • 【パソナキャリア】:関東・関西・東海の女性の転職が得意。もちろん適職診断も強い

栄養士の資格に振り回された友達の話

実は、私の友達で3回栄養士として転職した人がいます。

彼女は「栄養士の資格があるからこの仕事しかできないし、他の仕事はできる気がしない」と言ってました。

でも、ずっと「栄養士を辞めたい」とも言ってたんですよね。

 

栄養士の資格を持ってるからこそ、選択肢がせまくなってたみたいです^^;

彼女も今は栄養士を辞めて、まったく関係ない仕事をしながら楽しく暮らしてるそうですよ。

会社の辞め方【正しい手順をふめば辞められます】

悩む女性

転職はしたいけど、どうやって会社を辞めればいい?

会社を辞めるときは、下記の順番で進めていきましょう。

  1. まずは就業規則を確認
  2. 直属の上司に退職の申し出
  3. 引継ぎ業務
  4. 退職

順番どおりに進めればトラブルは回避できるかと。

詳しくは、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめてます。

会社を辞めるときの注意点もまとめてるので、参考にどうぞ。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

【体験談】私は辞めるときに揉めました

ちなみに、私は会社を辞めるときにかなり揉めました。

とにかく辞めたいの一点張りで無理やり辞めたので^^;

 

栄養士を辞めたかった理由は、異動先の職場での人間関係。

職場に誰も味方がいなくて、相談できる人もいなかったので1人でずっと悩んでました。

でも、あるときプツッと糸が切れてしまい、そこからはただ辛い毎日でしたね。

 

当時はかなり精神的に参ってたので、泣きながらひたすら上司に「辞めさせてください」と訴えてました。

本当にめちゃくちゃな辞め方だったので、残った人たちにはかなり迷惑をかけたと思います。

 

今振り返ると、限界を超える前に辞めれば良かったなって思いますね。

限界を超えると感情で動いてしまうので、かなり後悔しますよ。

栄養士を辞めていいか診断

悩む女性

本当に栄養士を辞めてもいいのかな…

という人は、下記の診断をしてみてください。

1つでも当てはまったら、辞めていいと思います。

  1. 仕事に行くのが怖い
  2. 職場が近づくと気持ち悪くなる
  3. 仕事中に思考停止する
  4. 突然涙が出る
  5. 食欲がわかない
  6. 体重が急激に減った
  7. 休みなのに追い詰められたように仕事をして終わる

すぐに栄養士を辞めて転職が不利になることはない【新卒でもOK】

すぐに栄養士を辞めて転職が不利になることはない【新卒でもOK】

心配な女性

すぐに栄養士を辞めたら転職が不利になったりしない?

最低3年は続けないとってよく聞くし…

結論、すぐに栄養士を辞めて転職が不利になることはありません。

なぜなら、転職は若いと有利だから。

 

厚生労働省の有効求人倍率は1倍を超えてるので、コロナだけどまだまだ人手不足です。

しかも、転職は若い人が有利なので、栄養士をすぐ辞めても別に不利じゃないですよ。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

【ちなみに】フリーターでもいいと思います

栄養士を辞めたらすぐ転職じゃなくて、とりあえずフリーターでもいいと思いますよ。

正直、ちょっと疲れましたよね。

まずは休む意味も込めて、ゆる〜くバイトから始めてもいいかなぁと。

バイトを通していろんな仕事を試すのもアリです。

【体験談】栄養士を辞めてからアルバイト生活してました

私は、栄養士を辞めてからしばらくアルバイト生活をしていました。

いろんな仕事を経験してみたかったので。

  • カフェ店員
  • 飲食店の調理補助
  • 飲食イベントの手伝い
  • 派遣社員

など、その時々でやりたいことをやってましたね。

正直、かなり楽しかったです(^^)

 

いろんなバイトを経験したことで知識や人脈が増えました。

その中で夫と出会い、Webライターという仕事を見つけた感じですね。

おかげで今は幸せに暮らしてます(^^)

親のために栄養士を辞めるのを我慢する必要はなし

親のために栄養士を辞めるのを我慢する必要はなし

頭を抱える女性

栄養士は辞めたいけど、親に学校まで出してもらったのに辞めるのは申し訳ない…

と考えるのは、優しくて思いやりのある人だと思います。

でも、親のために栄養士を辞めるのを我慢する必要はありません。

なぜなら、親は子どもの幸せを願ってるからです。

親はあなたに栄養士になってほしいわけじゃない

冒頭でもお伝えしましたが、私も最初は親に辞めたいと言うべきか迷いました。

でも、いざ伝えてみたらすんなり受け入れてもらえたんですよね。

悩む私

栄養士を辞めたらがっかりさせてしまうんじゃないか…

と思ってたけど、親は私に栄養士になってほしいわけじゃなかったんです。

ただ私に幸せになってほしかったんですよね。

 

だから、栄養士を辞めたいと思ってるならきちんと親には伝えましょう。

あなたが本気なら、親も真剣に話を聞いてくれるはずです。

まとめ【栄養士を辞めたいときの対処法は3つ。本気なら親も納得します】

まとめ【栄養士を辞めたいときの対処法は3つ。本気なら親も納得します】

結論、どうしても栄養士を辞めたいなら、無理せずやめていいと思いますよ。

一番大切なのは、あなたの体と心です。

体と心が壊れてしまったら辛いので、無理せず退職を検討しましょう。

 

もう一度、栄養士を辞めたいときの対処法をまとめておきます。

  1. 異動できないか相談する
  2. 栄養士として他の会社に転職する
  3. 栄養士以外の仕事に転職する

ため息をつく女性

もう栄養士はコリゴリ…

という人は、他の仕事に転職していいと思いますよ。

世の中にはたくさん仕事があるし、わざわざ辛い栄養士をやることないかと。

なんかやりたい仕事があればその仕事でいいし、やりたい仕事がないなら向いてる仕事に転職すればOK。

 

あなたに向いてる仕事はキャリアカウンセラーに適職診断してもらえばわかるので、適職診断しつつ、求人情報を眺めてみましょう。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度が高い
  • マイナビエージェント:独自の適職診断ツールあり。こちらも登録して損はないかと
  • 【パソナキャリア】:関東・関西・東海の女性の転職が得意。もちろん適職診断も強い

 

また、先に退職してもいいですが、時間があるなら転職活動を進めつつ、退職手続きを進めていきましょう。

あとは行動してみましょう。

「う~ん」と考えてもいいですが、行動しながら考えた方が早く辞められますよ。

あなたの退職・転職の参考になればうれしいです。