【元営業事務が解説】営業事務からおすすめの転職先3選【手に職つく】

【元営業事務が解説】営業事務からおすすめの転職先3選【手に職つく】

考える女性

営業事務からおすすめの転職先を知りたいな。

もうキツいので、営業事務を辞めたいんだよね…

でも、どんな仕事に転職したらいいかわからない…

転職活動の自信もないし…

将来も安定して食べていける仕事に転職したいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業事務からおすすめの転職先がわかる
  • 営業事務から転職に成功する方法がわかる
  • 手に職をつけると人生の不安が軽減する

 

僕、佐藤誠一は営業事務の仕事をしていました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 年収
21~22歳 公務員 180万円
22~26歳 フリーター(1年ほど営業事務のバイト) 180万円
26~31歳 保険の営業 600万円
31~33歳 保険代理店の営業 600万円
33~36歳 Webマーケティングの営業 600万円
36歳(短期間) 営業事務のバイトをしながら副業でWebライター 400万円
36歳~現在 Webライター(本業) 750万円

バイトですが、2回ほど営業事務をやりました。

 

営業事務ってキツいですよね。

営業っぽい電話もあるし、けっこうバタバタするし、職場の人間関係は気を遣うし…

現在はWebライターとして手に職をつけたことで、安定して稼げてます。

 

また、Webマーケティングの営業時代に「全国職業相談センター」というサイトを作って、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

営業事務の人からの相談も多く、僕がアドバイスして別の仕事に転職していった人も多いです。

 

こんな僕が「営業事務からおすすめの転職先」をまとめたので、それなりに信ぴょう性があるかと。

営業事務からの転職のコツや、手に職をつけることの重要性を解説します。

この記事を読むことで、将来の不安が少し減るかなと思います。

営業事務からおすすめの転職先3選【元営業事務が解説】

営業事務からおすすめの転職先3選【元営業事務が解説】

結論、営業事務からおすすめの転職先は、下記の3つです。

  1. 宅地建物取引士
  2. プログラマー
  3. Webライター

1つずつ解説しますね。

①宅地建物取引士

宅地建物取引士はけっこうおすすめ。

なぜなら、営業事務の仕事と似てる部分が多く、なおかつ手に職がつくから。

 

そもそも「宅地建物取引士」は、不動産の契約をする仕事です。

例えば、賃貸でアパートを借りる人の契約作業とか。

お客様と直接話すので、営業事務で培ったコミュニケーションスキルを活かせる仕事ですね。

 

不動産を扱う会社は、一定割合以上の宅地建物取引士を雇用することが義務づけられてるので、雇用が安定しています。

主な転職先は下記のとおり。

  • 不動産会社
  • 建設会社
  • ハウスメーカー
  • 鉄道会社

宅地建物取引士に転職する方法

まず、宅地建物取引士を取得しましょう。

資格がないとできない仕事なので。

困る女性

でも、試験は難しいんでしょ?

宅地建物取引士の合格率は15~17%なので、それなりに難しい試験です。

 

なので、多くの人は資格スクールで勉強してる感じですね。

スクールは合格ノウハウがあり、合格率が高いから。

早いと1年くらいで合格できます。

 

悩む女性

でも、スクールに行く時間がないなぁ…

という人は、資格スクエアなどオンライン学習できるスクールでいいかと。

スマホで学習できるので、空き時間を有効に使えますよ。

無料の会員登録をすると、一部の講義を無料で見れるので、まず雰囲気を見ながら考えてもいいと思います。

②プログラマー

プログラマーもけっこうおすすめ。

理由は、手に職がつくから。

なんとなくわかると思いますが、IT業界は伸びてます。

参考:【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

IT業界で一番基礎的な仕事がプログラマーであり、手に職がつくので将来も安定して稼げます。

営業事務のようにマルチタスクの仕事ではなく、もくもくとコードを書く感じなので、1つの仕事に集中したい人には良いかと。

【ちなみに】Webデザイナーもおすすめ

プログラマーと似てる仕事ですが、Webデザイナーもおすすめです。

こちらもプログラミングをする仕事で、手に職がつくから。

Webサイトやアプリのデザインをする仕事で、割合的には女性が多いかなと。

プログラマーやWebデザイナーに未経験から転職する方法は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

エクセルがちょっとできる人はプログラミングに向いてるかも

考える女性

でも、プログラミングなんかわかるかな…

なんか難しそう…

結論、エクセルがちょっとできる人は、プログラミングに向いてます。

なぜなら、エクセル=プログラミングだから。

プログラミングの超基礎的なものがエクセルだと思ってもらえばOK。

 

普段からエクセルを少し使ってる人なら、プログラミングの感覚はちょっと身についてる感じです。

特に、新しいエクセルスキルを覚えていくのが好きな人は、かなりプログラマー向けかと。

プログラミングを学習する方法

独学でもOKですが、挫折する可能性あり。

いつでも諦められますからね。

 

今は便利な時代で、プログラミングスクールが無料体験を用意してくれてます。

なので、勉強を始める前に、まずはプログラミングに触れてみるといいかと。

そもそも、本当にプログラミングに興味もつかは、触ってみないとわかんないですからね。

 

実際にプログラミングに触れてみて、

プログラミング、おもしろいかも…

と思えば才能アリです。

テックアカデミーというスクールだと、オンラインで1週間もプログラミングの無料体験が可能。

この無料体験だけでもWebサイト制作くらいのレベルを学べるので、無料体験オンリーでも有益だと思います。

テックアカデミーの詳細は、【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

③Webライター

今の僕の職業ですが、けっこうおすすめ。

なぜなら、家で働けるから。

  • 営業事務の電話対応
  • 社内の人間関係
  • 終わらない雑務

などから解放されたい人には、けっこう良いかなと思います。

 

事実、元営業事務の僕も、今の仕事はかなり気に入ってます。

※WebライターはWeb記事を書く仕事です。

【ただし】Webライターは副業で始めた方がいい

なぜなら、正社員の募集は少ないから。

正社員の募集があったとしても、未経験者は難しいです。

 

在宅副業から始められるので、まずはやってみると良いかと。

文章を書く仕事なので、最初のハードルは低めです。

やってみて良さげだったら、少しずつ仕事量を増やしていけばOK。

 

Webライターの始め方は、手前味噌ですが僕が作った教科書「Webライターの完全講義」で解説してます。

無料で学習できるので、学習してから考えてもいいかなと。

※一部有料部分がありますが、それは本気になるまで買わないでください。

【注意】営業事務からおすすめしない転職先

考える女性

ちなみに、営業事務からおすすめしない転職先ってある?

結論、下記はあまりおすすめしません。

理由とともにどうぞ。

  1. 一般事務:将来性が不安、営業事務とほぼ一緒、給料が低い
  2. 医療事務:診療報酬など新しく覚えること多数、給料が低い
  3. 営業:ノルマがある
  4. 公務員:労働基準法と最低賃金法が一部適用外

 

この辺は、下記の2記事が参考になると思います。

営業事務から転職に成功する3つのコツ

営業事務から転職に成功する3つのコツ

不安な女性

営業事務から転職するコツも知りたいな。

転職活動の自信がない…

結論、営業事務から転職に成功するコツは、下記の3つです。

  1. 仕事を効率的に処理する能力をアピールする
  2. コミュニケーション能力をアピールする
  3. スキルを補填する

こちらも1つずつ解説しますね。

①仕事を効率的に処理する能力をアピールする

なぜなら、どんな仕事でも処理能力が高い人は採用されやすいから。

営業事務をやってきた=処理能力が高いというイメージなので、そのイメージを確定づけるためにもアピールすべき。

謙遜する女性

いやぁ、私なんて大したことないよ…

と謙遜する気持ちはステキですが、面接はアピールする場なのできちんとアピールしましょう。

 

例えばこんな感じかなと。

スーツ女性

営業事務の仕事では、マルチタスクで仕事を進めていました。

独自のエクセルシートを作って業務管理をしながら、営業さんからの急な仕事依頼にも対応してきました。

最初は慣れませんでしたが、今ではあまり残業せずに仕事を終わらせています。

②コミュニケーション能力をアピールする

コミュニケーション能力も、どの仕事でも必要なスキルだから。

「営業事務=コミュニケーション能力が高い事務職」というイメージをもたれてるので、そのままアピールすればOKです。

※仮にコミュニケーションに自信がなくても、面接なんてハッタリなので、きちんとアピールしましょう。

 

例えばこんな感じですね。

スーツ女性

営業事務を通して、コミュニケーションスキルを高めてきたと思います。

お客様との電話・メールのやり取りはもちろん、社内の人とのコミュニケーションも評価をしてもらっていました。

私のモットーは「わからないことはすぐ聞く」です。

 

わからないことがあると業務が止まってしまうからです。

業務が止まらないためにも、円滑なコミュニケーションを意識して仕事を遂行してきました。

③スキルを補填する

転職先の仕事に足りないスキルがあれば、転職前に補填しておくと良いでしょう。

本気が伝わって採用されやすくなるから。

例えばこんな感じです。

  • 宅地建物取引士に転職する→宅地建物取引士の勉強をする
  • プログラマーに転職する→プログラミングの基礎学習をする
  • 業界知識を勉強しておく

 

転職する段階で、すべての知識を身につけるのは不可能です。

でも、少しでも勉強しておく=本気度が伝わるので好印象。

口だけでは何とでも言えますが、行動に移しておくと本気度を裏付けできて採用されやすいです。

不安なら転職エージェントを利用してもいいかも

不安な女性

う~ん、何となくわかったけど、1人で転職活動するのは不安…

自己PRとか志望動機とか、よくわかんないしなぁ…

そもそも、どの会社が自分に合うかもわからないよ…

と不安な人は、転職エージェントを利用してもいいかもですね。

彼らは転職のプロだから。

無料で下記をサポートしてくれますよ。

  • キャリアカウンセリングしてくれて、あなたに合う仕事・求人を見せてくれる
  • 内定が出やすい履歴書・職務経歴書の内容を考えてくれる
  • 内定が出やすい面接の台本を考えてくれる

考えてみれば、あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに任せるのも1つの方法。

 

未経験転職に強い転職エージェントは、下記の3つです。

登録してキャリアカウンセリングを受けつつ、求人情報を見せてもらいつつ、興味ある求人があれば話を聞いてみるといいと思います。

  1. マイナビジョブ20’s:キャリアカウンセラーのレベルが高い。大手マイナビの非公開求人の紹介あり
  2. ウズウズ:他社の10倍のキャリアカウンセリングで、合う仕事・求人を徹底追求。転職後の定着率95%
  3. 【第二新卒エージェントneo】:こちらもキャリアカウンセリングが丁寧。紹介職種の幅が広い

3社の詳細は、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

手に職をつけると人生の不安が軽減する

手に職をつけると人生の不安が軽減する

心配な女性

営業事務も転職しちゃうなんて、将来が不安だなぁ…

将来も安定して食べていけるようになりたいなぁ…

結論、手に職をつけると人生の不安が軽減します。

なぜなら、終身雇用が崩壊した今、頼れるのは「自分の腕」だけだから。

【悲報】営業事務は手に職じゃない

ぶっちゃけ、営業事務って手に職じゃないですよね。

特別なスキルもいらないし、資格もいらないので。

売上を生まない仕事なので、給料も低いままです。

 

会社側も、売上を生まない事務職の人件費をあまりかけられないので、若い人が優先して採用される感じ。

なので、営業事務のまま年齢が上がってしまうと、転職が不利になるばかり…

仮に、30代くらいに会社の人間関係トラブルとかで辞めてしまうと、次の転職先に困ります。

これでは「手に職」とは言えません。

 

今のうちに手に職がつく仕事に転職してしまえば、今後も安定して食べていけますよ。

この記事の冒頭で紹介した3つの職種は、すべて「手に職がつく仕事」です。

  1. 宅地建物取引士
  2. プログラマー
  3. Webライター

【体験談】僕も手に職をつけたら人生が安定した

現在の僕はWebライターですが、仕事は安定してます。

なぜなら、「Webライター」という手に職があるから。

新規の仕事もたくさんいただけますし、既存の仕事も継続しています。

※断ってるくらいです。

 

このブログでも、月収10万円くらい稼げてますよ。

年収は750万円くらいでして、夫婦でのんきに在宅ワークしてます。

 

手に職があるので、ちょっと強気に出れるのも有利なところ。

通勤がイヤなので家で働いてますし、時間的な拘束もありません。

結論、手に職をつけたら、人生の自由度が上がりました。

人間関係がイヤだったら転職すればいいだけ【手に職は最強】

もう1つ有利なのが、「職場の人間関係」から解放されること。

仮に職場にイヤな人がいたら、転職すればいいだけです。

手に職があれば、引っ張りだこなのですぐ転職できるから。

心配な女性

すぐ辞めちゃうと次の転職が不利になる…

とかもないので、すごく自由度が高いです。

ということで、今後の人生を安定させたいなら、今回の転職をきっかけに手に職をつけるといいかと思います。

まとめ【営業事務からおすすめの転職先は3つ。転職活動を始めよう】

まとめ【営業事務からおすすめの転職先は3つ。転職活動を始めよう】

ということで、あとは行動あるのみです。

行動しないと何も始まらないので。

 

転職には数ヶ月かかるし、転職のための基礎学習をしたいならさらに時間がかかります。

「う~ん」と考えるほど時間をロスしてしまうし、1歳でも年齢が上がるとどんどん転職の選択肢も減ってしまいますよ。

 

なので、行動しながら考えるのがコツ。

  • 宅地建物取引士を勉強しながら、あなたに合いそうか見てみる
  • プログラミングに触れながら、あなたに合いそうか見てみる
  • 副業でWebライターをしながら、あなたに合いそうか見てみる

って感じでして、行動しながら考えると時短できます。

 

繰り返しですが、営業事務からおすすめの転職先は下記の3つです。

  1. 宅地建物取引士
  2. プログラマー
  3. Webライター

3つの仕事は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】も参考になるかと。

 

宅地建物取引士は、資格スクエアなどオンライン学習できるスクールで相性をみるといいと思います。

無料の会員登録をすると一部の講義を無料で見れるので、まずは触れてみると良いかと。

 

プログラマーも、まずはプログラミングに触れながら考えるといいと思います。

テックアカデミーというスクールで、オンラインで1週間もプログラミングの無料体験ができますよ。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

 

Webライターは、「Webライターの完全講義」で、始め方や稼ぎ方がわかります。

 

転職活動自体が不安な人は、転職エージェントを利用してもいいかも。

登録してキャリアカウンセリングを受けつつ、求人情報を見せてもらいつつ、興味ある求人があれば話を聞いてみるといいと思います。

  1. マイナビジョブ20’s:キャリアカウンセラーのレベルが高い。大手マイナビの非公開求人の紹介あり
  2. ウズウズ:他社の10倍のキャリアカウンセリングで、合う仕事・求人を徹底追求。転職後の定着率95%
  3. 【第二新卒エージェントneo】:こちらもキャリアカウンセリングが丁寧。紹介職種の幅が広い

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

あとは行動あるのみ。

今日をきっかけに、一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ