営業を辞めたいときの3つの対処法【次はあなたに向いてる仕事に転職】

営業を辞めたいときの3つの対処法【次はあなたに向いてる仕事に転職】

営業を辞めたい…

ノルマはきついし、人話すの苦手だし、休みはないし…

 

たぶん向いてないんじゃないかな…?

甘えと言われるかもだけど、もう限界かな…

 

でも、次の仕事どうしよう…

できたら向いてる仕事に転職したいな。

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業を辞めたいときどうすればいいかわかる
  • 自分が営業に向いてるかわかる
  • 営業を辞めた後の転職先がわかる
  • 営業を辞める方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

そして、営業を辞めて、現在はフリーランスのWebライターをやってます。

 

結論、営業が辛くて辞めたいなら、

辞めていいと思います。

僕は辞めて正解だったから。

 

世の中にはたくさん仕事があるし、

あなたに合う仕事はきっとあります。

※僕も今のWebライターは向いてました。

 

この記事では、営業を辞めたいときにどうしたらいいか解説します。

実際に営業を辞めた僕が書いたので、かなりの信ぴょう性があるかと。

 

あなたの悩みを解決できますよ。

営業を辞めたいときの3つの対処法【ストレスを軽減しよう】

営業を辞めたいときの3つの対処法【ストレスを軽減しよう】

営業を辞めたいときの対処法は、下記の3つです。

  1. 売れる営業方法にシフトする
  2. 商材を変える【つまり転職】
  3. 営業以外の仕事に転職する

どれかで解決できるので、ストレスは減りますよ。

 

1つずつ解説しますね。

①売れる営業方法にシフトする

営業を辞めたい理由の99%は、売れないから。

売れれば楽な仕事ですからね。

  • 売れないから、ノルマがきつくなる
  • 売れないから、上司に怒られる
  • 売れないから、休めない
  • 売れないから、稼げない
  • 売れないから、やりがいがない

など、すべての原因は売れないから。

 

結論、売れない営業手法は今すぐやめて、

売れる方法にシフトしましょう。

営業で一番売れたコツ→与える営業

僕は営業を10年やった結果、

一番売れたのが与える営業でした。

与える営業の成果は、下記のとおり。

  • 239社を新規開拓できた
  • 上場企業からも契約をもらえた
  • 仕事がとれすぎて、新規開拓をやめた

結論、超売れました。

まだ営業に未練がある人は、与える営業を試してからでも遅くないかも。

 

与える営業のノウハウは、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめてます。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

②商材を変える【つまり転職】

商材を変えたら、営業が楽しくなることがあります。

あなたと今の商材が合ってないだけだから。

【体験談】僕も商材を変えたら売れました

冒頭でお伝えしたとおり、僕の営業キャリアは下記の2つ。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

結論、保険営業はあまり売れなかったですが、法人向けWebコンサル営業は売れました。

なぜなら、商材が僕に合ってたから。

 

保険は万が一のときのものですが、Webコンサルは企業の売上に直結します。

お客さんにも喜んでもらえるし、やりがいがありました。

 

顧客も年商1億~100億円企業なので、ダイナミックな仕事で楽しかったですよ。

もしかしたら、あなたと今の商材が合ってないだけかもしれません。

【質問】今の商材、ほんとに良いと思ってますか?

答えがNoなら、すぐに転職した方がいいですよ。

あなたが良いと思ってないものを、世間様に売るのはさすがにマズいから。

 

罪悪感が大きくなると地獄ですよ。

あなたがお客さんなら、今の商材を買いますか?

あなたに合う商材がわからなければプロに相談

たしかに、今の商材を良いと思ってないし、合ってないかも。

でも、自分に合う商材が何かわからない…

という人は、営業に強い転職エージェントに相談すればOK。

あらゆる企業の商材情報をもってるので、

あなたに合う商材・企業を紹介してくれます。

 

ついでに、内定が出やすい履歴書や面接対策も無料でやってくれますよ。

 

営業に強い転職エージェントは、

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめたのでどうぞ。

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】

 

また、営業→営業の転職のコツを、

営業の転職のコツ【おすすめの転職方法や内定をもらう方法】にまとめたので、こちらも参考に。

 

あなたが本当に楽しめる営業は、他にあるかもです。。。

営業の転職のコツ【おすすめの転職方法や内定をもらう方法】

③営業以外の仕事に転職する

う~ん、ぶっちゃけ営業自体が嫌いなんだよね…

営業以外の仕事に転職したいな…

という人は、キッパリと営業を辞めましょう。

大丈夫、他にあなたに合う仕事があるので。

 

冒頭でお伝えしたとおり、僕も営業よりWebライターが向いてたので、マジで営業をやめて良かったです。

※というか、もっと早く転職すればよかったと後悔してるくらいです。

そもそもあなたは営業に向いてるかチェック

まず、あなたが営業に向いてるか診断しましょう。

詳しくは、【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】をどうぞ。

 

記事を読むだけで、あなたが営業に向いてるかわかります。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

 

そして、営業に向いてないなら辞めて大丈夫。

大丈夫な理由は、営業に向いてないので辞めたいなら辞めて大丈夫【次の転職も解説】にまとめてます。

 

営業に向いてなくてもあなたはダメじゃないし、他に向いてる仕事がある証拠です。

営業に向いてないので辞めたいなら辞めて大丈夫【次の転職も解説】

営業を辞めたい人の転職先【次は向いてる仕事をしましょう】

営業に向いてないのはわかったけど、他に向いてる仕事がわからない…

という人は、適職診断ツールで診断しましょう。

楽にあなたの天職がわかるから。

 

僕も色々やったんですが、

フューチャーファインダーが高精度でよかったです。

たぶん新卒向けの適職診断ツールですが、社会人が使っても問題なし。

 

151も質問に答えないとですが、その分、高精度の診断結果がでます。

※僕はIT業界が向いてると出ました。

フューチャーファインダー

フューチャーファインダー無料なので、試しにやっといて損はないかと。

151の質問に答えるといっても、20分くらいで診断結果がでます。

 

無料・20分で、あなたの天職がわかりますよ。

【体験談】僕はIT業界に転職しました

冒頭からお伝えしているとおり、僕はWebライターに転職しました。

つまり、IT業界です。

 

個人的な感想ですが、IT業界は良いですね。

理由は伸びてるから。

 

伸びてる業界だと、1動くと5くらい進む感じ。

  • 営業:3歩進んで2歩下がる
  • IT:1歩進んで5歩進む

時代の流れにのってる仕事は、

自分の行動にレバレッジがかかります。

 

IT業界については下記の2記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

次の転職先の会社を選べなければプロに相談でOK

向いてる仕事に転職すればいいのはわかるけど、

どの会社を選べばいいかわからない…

という人は、未経験者に強い転職エージェントに相談すればOK。

未経験の転職のプロだから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  • 適職診断
  • あなたに合う企業の紹介
  • 内定が出やすい履歴書や面接の対策

結論、あなたに向いてる仕事・会社に転職できるので、転職に失敗しにくいですよ。

 

未経験転職に強い信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたが今の苦しみから逃れられる日は近いですよ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

営業会社を退職する方法【辞めたい人は事前にチェック】

営業会社を退職する方法【辞めたい人は事前にチェック】

なんとなく転職のイメージはできてきた。

あと、今の会社を辞める方法も知っておきたいな。

という人は、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】をどうぞ。

会社を辞める手順を解説してます。

 

記事の手順どおりに退職手続きを進めれば、

無事にやめられますよ。

引き留めに遭った場合の対処法もまとめてるので、安心です。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

【最後に】本当に営業を辞めていいか迷う人へ【ほんとに辞めて大丈夫ですよ】

営業を辞めるイメージはついたけど、本当に辞めていいのかな…?

ここで辞めたら逃げだし、甘えじゃないかな…?

 

どこにいっても通用しないダメ人間になったらどうしよう…

と不安にならなくて大丈夫。

たまたま営業が向いてなかっただけで、

他に向いてる仕事があるから安心してください。

 

そもそも、営業ができない=ダメという論法も変ですよね。

僕は営業を辞めるときかなり躊躇しましたが、今は辞めてよかったと心の底から思ってます。

 

あなたがダメじゃない理由を下記の記事群にまとめたので、納得いくまでどうぞ。

まとめ【営業の仕事を辞めたい理由がどうあれ、辛いなら辞めていい】

まとめ【営業の仕事を辞めたい理由がどうあれ、辛いなら辞めていい】

最後にもう一度、営業を辞めたいときの3つの対処法をまとめます。

  1. 売れる営業方法にシフトする
  2. 商材を変える【つまり転職】
  3. 営業以外の仕事に転職する

本気で営業を辞めたいなら、行動しましょう。

今の辛い仕事で人生の時間を使うのは、もったいないことです。

 

仕事は本来楽しいものなので、すぐに楽しい仕事にシフトしてください。

転職は1歳でも若い方が有利なので、

本気ならすぐに転職活動を始めましょう。

 

ちなみに転職活動の手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

営業→営業の転職で、あなたに合う商材・会社を紹介してくれる転職エージェントは、

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】をどうぞ。

 

また、営業以外の仕事に転職する場合は、

フューチャーファインダーで向いてる仕事を無料診断すると良いですね。

 

あなたに向いてる仕事・会社を紹介してくれる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたが今の苦しみから解放されて、

人生を楽しめるのを祈ってます。