営業の売上が上がらない6つの原因【売れるノウハウや転職も解説】

営業の売上が上がらない6つの原因【売れるノウハウや転職も解説】

営業で売上が上がらない原因を知りたいな。

こんなに頑張ってるのに、どうして売れないんだろう?

 

売上が上がらない原因を改善して、もっと売れるようになりたいな

こういった疑問や悩みに答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の売上が上がらない6つの原因【失敗談あり】
  • 営業で売上を上げるノウハウ
  • どうしても営業で売れないなら転職する【3つの売れない原因】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験です。

 

売上が上がらないで悩んだことは、数えきれないほどあります。

 

営業を10年やった結果、

  • いつでも法人の新規開拓ができるようになった
  • 大きい法人の契約ももらえるようになった

という感じで、ある程度の成果を出すことができました。

 

この記事は、売上が上がらずに悩んだ末に売れるようになった僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性があると思います。

 

売上が上がらず悩んでいるあなたの、参考になればうれしいです!

営業の売上が上がらない6つの原因【失敗談あり】

営業の売上が上がらない6つの原因【失敗談あり】

営業の売上が上がらない原因は、下記の6つです。

  1. お客さんを信じすぎ
  2. 話を聞けていない
  3. 売り込みが強すぎる
  4. 報連相してない
  5. 身だしなみが悪い
  6. アフターフォローしてない

1つずつ解説しますね。

【原因①】お客さんを信じすぎ

お客さんの「契約するよ」は、信じちゃダメです。

本当に契約するまでに、気が変わる人はけっこういるからです。

 

悪い例はこんな感じ。

ごろごろする営業マン

あのお客さん、契約してくれるって言ってたから大丈夫だな。

今月はもう休もう

こうして油断していると、

契約当日に「やっぱり気が変わった」と言って断られることがあります。

 

お客さんの言葉を信じて月末近くまで休んでいると、断られて悲劇になることも…。

 

本当に契約書をもらうまで、入金をもらうまでは、お客さんの言葉を信じてはいけません。

もしお客さんの気が変わっても売上を作れるように、他のお客さんにもアプローチし続けましょう。

【失敗談】僕もお客さんを信じすぎました

僕は保険営業時代に、お客さんを信じすぎてよく失敗しました(^^;

一番キツかったのは、月払30万円の保険契約が流れたときです。

 

2008年でしたが、とあるお医者さんが月払30万円の保険に加入してくれることになりました。

ところが、プレゼンから契約のアポまでの間に「リーマンショック」が起きてしまったんです。

 

僕がいた保険会社はアリコジャパンです。(現メットライフ生命)

当時のアリコの親会社はAIGだったため、「アリコはつぶれる」という風評被害もあったほどです。

 

契約する予定だったお医者さんは不安になったようで、月末近くになって、

「やっぱり契約は見送る」と言われたんです。

 

帰り道のことはよく覚えていません(^^;

ショックすぎましたね。

 

この経験から、

お客さんの「契約するよ」は信じないようになりました。

【原因②】話を聞けていない

売上が上がらない人は、ヒアリングができていません。

ヒアリングできていない→的外れな提案→売れないという悪循環になってるからです。

 

怒る営業マン

ちゃんとお客さんの話は聞いてるよ!

と言われそうですが、

売れない=ヒアリングできてない証拠です。

 

そもそも営業とは、

  1. お客さんの悩みを聞く
  2. 悩みを解決できる方法を提案する
  3. 売れる

というサイクルになっています。

 

ヒアリングは最初の重要な工程。

お客さんの悩みを的確に聞けてないと、その後のセールスサイクルはすべて狂います。

 

売れるヒアリングスキルについては、

営業のヒアリングのコツ14選【提案するときの2つのポイント】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のヒアリングのコツ14選【提案するときの2つのポイント】

【原因③】売り込みが強すぎる

売れてない営業マンは、売り込みが強すぎます。

誰だって、売り込まれたら引きますからね。

 

具体的にやっちゃいけない行動は、下記のとおり。

  • 最初から売ろうとする
  • いきなり商品の話をする
  • 相手が断ってるのに、しつこい
  • しつこくメール・電話をする

さすがに嫌われるので、辞めましょう。

 

まずは人間関係の構築から始めましょう。

人間関係を作ってからであれば、スムーズに営業できます。

 

くれぐれも、いきなり売り込もうとしてはいけません。

【原因④】報連相してない

売上が上がらない営業マンは、報連相ができてない人が多いです。

自分の中で抱え込んでしまい、上司もフォローできない状態です。

 

締め日までに余裕があれば、上司もアドバイスできます。

でも報連相しないで締め日を迎えたら、

怒られます。

 

つまり、

  • 報連相する=怒られない
  • 報連相しない=怒られる

という感じです。

 

なので、早め早めに上司に報連相しましょう。

早めに報連相するほど、上司に助けてもらえて売上につながりやすいです。

【原因⑤】身だしなみが悪い

売上が上がらない営業マンは、だいたい身だしなみが悪いです。

人の印象の半分以上は見た目で決まるので、

身だしなみで機会損失しています。

 

例えば、下記はNGですね。

  • スーツがヨレヨレ
  • 靴が汚れている
  • 寝グセがついている
  • 鼻毛が出ている
  • 肩にフケが落ちている
  • 口が臭い
  • タバコくさい
  • 臭いのきつい香水
  • ケバケバした化粧

清潔感のある見た目に整えましょう。

 

また、表情にも気をつけましょう。

表情から伝わる印象は大きいからです。

 

営業の顔の作り方は、

売れる営業の顔の作り方3選【顔ができたら営業のテクニックを磨く】にまとめたので、読んでみてください(^^)

売れる営業の顔の作り方3選【顔ができたら営業のテクニックを磨く】

【原因⑥】アフターフォローしてない

売上が上がらない営業マンは、既存客のアフターフォローが弱いです。

既存客のアフターフォローをすると、紹介が生まれます。

 

アフターフォローをすることで見込み客リストが増えるので、既存客は大事にしましょう。

 

既存客=あなたも商品も良いと思ってくれてる人です。

つまり、一番紹介が出やすいのは既存客です。

 

あなたは紹介をもらうつもりで既存客に会っても、相手は、

アフターフォローがしっかりしてる人だな

と信頼してくれます。

信頼されるから、紹介をもらえます。

 

困ったときこそ、既存客にアポをとりましょう。

営業で売上を上げるノウハウ

営業で売上を上げるノウハウ

営業で売上を上げるには、コツがあります。

 

  • 本気で変わる覚悟をする
  • 勉強する覚悟をする

などは最低限やってください。

でも、覚悟だけでは売れません。

 

具体的に行動を変えることで、売れるようになります(^^)

 

営業で売上を上げる具体的なノウハウは、

営業の売上を上げる方法10選【どうしても売れないなら商材を疑う】にまとめたので、読んでみてください。

 

そして、読んだら行動に落とし込んでください。

必ず売れるようになりますよ(^^)

営業の売上を上げる方法10選【どうしても売れないなら商材を疑う】

どうしても営業で売れないなら転職する【3つの売れない原因】

どうしても営業で売れないなら転職する【3つの売れない原因】

頑張ってもどうしても売れないなら、転職を検討しましょう。

もっとあなたに合う仕事がある証拠だからです。

 

「どうしても売れない原因」は、下記の3つです。

あなたがどれに該当するかチェックしてみましょう。

①商材が合ってない

そもそも、あなたは今の商材が好きですか?

自分がお客さんだったら、買うでしょうか?

家族や親戚に、自信をもって提案できますか?

 

答えが「No」なら、商材が合ってません。

あなたが好きになれる商材を探して、転職しましょう。

 

求人サイトには、会社の説明は載っていても、商材の説明は載ってません。

なので、営業の転職に強い転職エージェントに相談してください。

 

営業の転職に強い転職エージェントは、

ジェイックです。

他の職種の転職サポートもやっていますが、

営業の転職を一番得意とする転職エージェントです。

 

ジェイックで転職すると定着率が94.3%なので、あなたに合う会社を紹介してくれる証拠です。

 

売らなきゃいけないのはわかってるけど、

商材を好きになれない…

という人に最適です。

 

ようはジェイックは、

あなたが好きになれる商材を紹介してくれる転職エージェントといえますね(^^)

 

ジェイックへの転職相談は、すべて無料です。

下記から30秒で相談申し込みできるので、気軽に相談してみてください。

 

今まで2万人以上の人が、ジェイックで転職して成功しているので安心です。

 

良い商材の会社ほど、他の人に取られてしまうので、転職を考えてるなら早めに相談しましょう。

 

まだ転職すると決めたわけじゃないけど、

相談だけしたいな…

という人でも丁寧に対応してくれますよ(^^)

 

幸い無料なので、何か都合が変わったら相談を辞めればいいだけです。

転職の情報収集も兼ねて、ジェイックに相談してみてください。

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

②会社の売り方が合ってない

会社が決まった売り方しか認めないようなら、売り方があなたに合ってません。

自由に売らせてくれる会社を選んで、転職しましょう。

 

売り方自由の会社も、上記のジェイックに相談すればOKです(^^)

③営業自体が向いてない

営業職自体が向いてなくて、売れないケースもあります。

 

あなたが営業に向いてるかは、

営業に向いてる人の特徴32選で診断【向いてない人の特徴も解説】を読んでください。

 

記事を読むだけで、あなたが営業に向いてるかわかります(^^)

もし営業自体に向いてないなら、

他の職種に転職しましょう。

営業に向いてる人の特徴32選で診断【向いてない人の特徴も解説】

まとめ【営業の売上が上がらない6つの原因を改善する】

まとめ【営業の売上が上がらない6つの原因を改善する】

この記事をまとめます。

  • お客さんを信じすぎてはいけない
  • きちんとヒアリングして、売り込みはしない
  • 既存客のアフターフォローから紹介が生まれる
  • 営業で売上を上げるノウハウを実行すれば大丈夫
  • どうしても売れないなら転職する

売上を上げたいあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

できることから行動してみましょう。

行動すれば、必ず結果が変わります。

 

ちなみに、本記事で紹介した「営業の転職に強い転職エージェント」は、ジェイックです。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

また、僕が営業を10年やってきて一番売れた方法は、与える営業です。

精神論ではなく、ちゃんとした技術論です。

 

与える営業をすることで、

  • 239社の新規法人を開拓
  • 上場企業を含め、18社から契約をもらう

などを達成することができました。

 

与える営業のノウハウについては、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです!