営業で売れないで辞めたいなら辞めてOK【ただし次の転職に注意】

営業で売れないで辞めたいなら辞めてOK【ただし次の転職に注意】

営業で売れないので辞めたい…

 

そもそも商品を好きになれないし、新しい人と話すのも苦手。

ノルマはきついし、上司から怒られるのももうウンザリ…

 

でも、こんなことで辞めるなんて逃げかなぁ…?

3年未満で辞めちゃうと、どこにいってもやっていけないかなぁ…?

 

でも、本音は今すぐ辞めたい!

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業で売れないで辞めたいなら辞めてOK
  • 営業を辞めたら次の転職活動に注意【売れなかった人に見えないように】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年と、Webマーケティング営業3年です。

 

保険営業は、売れなくて辞めました。

で、結論は「辞めてよかった」と思ってます。

 

世の中には、他にもたくさん仕事があるから。

自分に合ってる仕事をすれば大丈夫です。

 

今はフリーランスのWebライターをしていますが、自分に合ってるので幸せです。

営業時代より頑張らなくても、年収は営業時代より上です。

 

営業で売れなくて辞めたいあなたの、参考になればうれしいです!

営業で売れないで辞めたいなら辞めてOK

営業で売れないで辞めたいなら辞めてOK

結論、営業で売れなくて辞めたいなら、辞めてOKです。

他にも仕事はたくさんあるから。

 

特に、今は売り手市場で転職しやすいので、営業にこだわる必要はありません。

 

あなたが20代なら、特に転職しやすいですよ。

3年もガマンする必要はありません。

 

以下の3つのうち、1つでも該当するなら辞めてOKです。

①商品を好きになれない

売ってる商品を好きになれないなら、マジで辞めた方がいいです。

お客さんに迷惑がかかるから。

 

あなたの罪悪感も増えてしまいますからね。

特に、友人や親に勧められない商品は、すぐ辞めましょう。

②営業職自体を好きになれない

営業職自体が嫌いなら、辞めてOK。

人生の時間がもったいないから。

 

前述のとおり、他にもいっぱい仕事はあるので、あなたに合う仕事をすればいいんです。

お客さんだって、営業が嫌いな人から買いたくないですよ。

③人を好きになれない

人を好きになれないとか、初対面の人が超苦手なら辞めてOKです。

営業は人と関わる仕事なので、人嫌いは致命的だから。

 

IT系とか在宅ワークとか、あまり人と関わらない仕事に転職しましょう。

念のため営業の向いてないことを確認

一応、あなたが営業に向いてないことを確認しましょう。

営業の適職診断は、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】を参考にどうぞ。

 

あなたが営業に向いていないかわかります。

向いてないことが確定したら、いよいよ辞めてOKです。

 

人生は、向いてる仕事をする方が楽しいですよ。

 

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】を参考にどうぞ。

記事内の「7つの質問」に答えることで、あなたに向いてる仕事が見えてきます。

 

「どうしても向いてる仕事がわからないときの対処法」も解説してるので、本気で向いてる仕事を知りたい人は転職に役立ててみてください。

自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】

営業職の辞め方

営業を辞める方法は、一般的な退職方法と一緒です。

退職方法は、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめてます。

引き留めにあったら「売らない」という選択肢もある

営業の特権は、売らなきゃクビになることです。

上司から退職を引き留められたら、売らなきゃいいんです。

 

朝礼が終わったら、転職活動に精を出しましょう。

 

売らない=昼間が自由時間なので、

  • 求人サイトを見る
  • ハローワークに行く
  • 転職エージェントに相談する
  • 面接を受けに行く

など、転職活動し放題です。

 

営業は現職中に転職活動しやすいので、営業をサボって転職活動しましょう。

ちなみに、会社にバレにくいサボり方は、営業のサボりはOK【おすすめのサボり方11選も解説】にまとめてます。

営業を辞めたら次の転職活動に注意【売れなかった人に見えないように】

営業を辞めたら次の転職活動に注意【売れなかった人に見えないように】

営業で売れなくて辞める場合、次の転職活動は注意が必要です。

「営業で売れなかった」という人を、欲しがる企業は少ないからです。

 

売れなくて辞めた人向けの、転職活動のコツを解説します。

まずは自分の強みを書き出す【自己分析】

自分の強みを書き出してみましょう。

営業以外の強みを見つけ出して、それを活かせる企業に応募すれば採用されやすいからです。

 

例えば、

  • コツコツ継続するのが得意→IT系
  • 体力に自信がある→肉体労働
  • 勉強は得意な方だった→プログラマー
  • 車の運転が好き→運転手

などなど。

「営業で売れなかった人」という印象が強くならないよう、あなたの強みを押し出しましょう。

自分の強みを活かせる企業を探す【企業分析】

書き出した自分の強みを、活かせそうな企業を探しましょう。

あなたの強みを活かせるし、内定率も高くなるからです。

 

具体的な企業の探し方は、下記のとおり。

  • ホームページを見る
  • 求人情報を見る(求めている人物像を調べる)
  • 口コミサイトを見る
  • SNSで会社名を検索

応募する会社を絞り込みましょう。

【注意】企業選びは条件で決めないこと

条件で会社を選ぶと、ミスマッチで苦しみます。

条件が合っても、仕事内容が合ってなければまた辞めてしまうからです。

 

例えば、

  • 給料
  • 休み
  • 福利厚生
  • 手当
  • 勤務地(家から近いなど)

などで仕事を決めると危険です。

 

次の転職では、仕事内容で会社を選びましょう。

仕事内容が合っていれば仕事を好きになれるので、長続きします。

 

仕事自体を好きになれれば、給料・休み・福利厚生・手当・勤務地なんて大した問題じゃないです。

次の転職ではもう失敗しないよう、条件で会社を選ばないようにしましょう。

転職活動に自信がなければ、転職エージェントに助けてもらう

自己分析とか企業分析の自信がなければ、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロだから。

 

転職エージェントは、人の転職相談を毎日受けてるので場数が違います。

だから、自己分析も企業分析も助けてくれますよ。

 

転職エージェントの使い方は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

まとめ【営業で売れなくて辞めてもOK】

まとめ【営業で売れなくて辞めてもOK】

この記事をまとめます。

  • 営業で売れないで辞めたいなら辞めてOK
  • 念のため、営業の適職診断もやっておきましょう
  • 営業の辞め方も事前に確認
  • 「営業で売れなかった人」に見えないように、自己分析と企業分析
  • 転職活動に自信がないなら転職エージェントを活用

営業で売れなくて辞めたいあなたの参考になればうれしいです。

 

営業を辞めた後は、あなたに向いてる仕事に転職するのもアリかと。

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】で見えてきます。

 

また、営業以外の「手に職がつく仕事」に転職するのもおすすめです。

今後も需要があって、未経験から転職できる「手に職がつく仕事」は下記の7つ。

  1. プログラマー(平均年収450万円):スキルアップすればノマド生活も可能
  2. インフラエンジニア(平均年収500万円):ITインフラを作る仕事で超安定
  3. Webデザイナー(平均年収450万円):Webの需要にのれて安定
  4. Webライター(年収10万~700万円):完全在宅で働ける。副業から始められる
  5. マーケティング(平均年収500万円):売れる仕組みを作る仕事。安定した需要あり
  6. 宅地建物取引士(平均年収450万円):独占業務資格で安定
  7. CADオペレーター(平均年収470万円):設計補助の仕事。スキルアップすると安定

 

7つの手に職の詳細や、未経験から転職する手順は、手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】にまとめてます。

手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】

 

あなたの仕事の参考になればうれしいです!