営業で売れない新人が売れる5つの方法【売上が確実に伸びるノウハウ】

営業で売れない新人が売れる5つの方法【売上が確実に伸びるノウハウ】

売れない新人営業マン

営業で売れない新人の僕が、どうしたら売れるか知りたいな。

新人だから売れないのは仕方ないのかな?

でも、売れなきゃクビになっちゃうよ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業で売れない新人が売れる5つの方法
  • 営業の新人が売上を伸ばしていく方法【時代に合わせて継続するしかない】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

営業1年目の売上は、オフィスで上から5番目でした。

だから、比較的1年目で売れた方だと思います。

 

新人でも成果を出すことができた僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

あなたの営業活動の参考になればうれしいです(^^)

営業で売れない新人が売れる5つの方法

営業で売れない新人が売れる5つの方法

営業で売れない新人さんが、売れるようになる方法は下記も5つです。

  1. ヒアリングに徹する
  2. 売れる型をパクる
  3. 営業の練習をする
  4. 勉強する
  5. 場数をこなす

1つずつ解説しますね(^^)

①ヒアリングに徹する

話を聞く側に徹すると、信頼されるからです。

人は、自分の話を真剣に聞いてくれる人を好きになります。

 

それが「あなたから買いたい」につながります。

よく「新人は信頼を売れ」と言いますが、具体的なノウハウとしては「ヒアリングに徹する」が正解です。

 

商品知識や業界知識もまだ浅いので、新人でもできることは「話を聞くこと」なんです。

 

ヒアリングの具体的なノウハウは、

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】にまとめています。

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】

雑談は新人さんでもできる

業務の知識がなくても、お客さんとの雑談はできるはず。

雑談することで、相手の情報をヒアリングしましょう。

 

人って、マジメな話よりどうでもいい話を覚えてるものです。

マジメな話っておもしろくないからです。

 

例えば、

  1. 今後の日本経済
  2. 美味しいラーメン屋情報

だったら、どっちの方が気楽に話を聞けて、印象に残りますか?

 

たぶん美味しいラーメン屋情報ですよね(^^)

つまり、人はどうでもいい話ほど印象に残るんです。

 

だから、雑談は有効です。

雑談スキルは、営業の雑談がうまくなる方法【情報を聞き出すために雑談をする】にまとめたので、読んでみてください。

営業の雑談がうまくなる方法【情報を聞き出すために雑談をする】

②売れる型をパクる

売れてる先輩の営業の型をパクりましょう。

すでに売れてる方法をマネする方が、早く成果が出るからです。

 

例えば、自分で牛丼屋さんを1からやるよりも、

  • 吉野家
  • すき家
  • 松屋

をマネする方が売れます。

すでに確立されてる「売れる法則」だから。

 

なので、とりあえず売れてる人をマネしましょう。

オリジナルはそのあとです。

 

マネしたい先輩がいない…

という場合は、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】が参考になると思います(^^)

 

僕が239社の新規法人を開拓して、売れた方法をまとめてます。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

③営業の練習をする

練習しましょう。

練習しないと、現場でもできないからです。

 

営業の練習は、やっぱりロープレが王道です。

ちょっと恥ずかしいですが、仕事だと思ってやってみましょう。

 

効果的なロープレの方法は、

成果がでる営業のロープレのやり方【営業の練習方法も解説】にまとめてます。

成果がでる営業のロープレのやり方【営業の練習方法も解説】

ゲームで営業の練習

ロープレばかりじゃ飽きるので、ゲームで営業力を身につけることもできます。

朝礼前とかに、チームでやってみてください。

 

営業力が身につくゲームは、

営業の練習方法6選【雑談からセールスチャンスを作る方法】にまとめてます。

営業の練習方法6選【雑談からセールスチャンスを作る方法】

④勉強する

新人さんだと知識がないので、勉強も必要です。

自分が売る商品はもちろん、周辺知識も勉強しましょう。

 

余裕ができてたら、競合他社の商品研究もしたいところ。

 

勉強するほど、現場で即答できることが増えます。

即答できる=信頼なので、契約も増えます。

営業マンが読んでおくと良い本

商品知識以外に勉強しておきたいのは、

営業ノウハウです。

勉強から得られる営業ノウハウも多いので。

 

僕が営業を10年やって、数字につながった本を、

【必読】営業の本でおすすめの5冊【これだけ読んどきゃ大丈夫】にまとめたので、興味あれば買ってみてください(^^)

【必読】営業の本でおすすめの5冊【これだけ読んどきゃ大丈夫】

⑤場数をこなす

新人さんほど、場数をこなしましょう。

経験した場数が少ないからです。

「習うより慣れろ」です。

 

先ほどから当たり前のことばかり言ってますが、裏ワザとかがないからです。

 

裏ワザで一瞬うまくいっても、持続できません。

営業は売り続ける仕事なので、継続できないとまた元どおりです。

 

ひたすら場数をこなすしかないんです。

営業の新人が売上を伸ばしていく方法【時代に合わせて継続するしかない】

営業の新人が売上を伸ばしていく方法【時代に合わせて継続するしかない】

当たり前のことなのですが、結局、上記の①~⑤を継続していくしかありません。

安定して売れ続ける人材になるには、①~⑤の繰り返ししかないからです。

 

すみません、ここにも裏ワザはありません。

でも、具体的にお伝えしないとわかりにくいので、具体的にどうすれば売り上げが伸びていくかを解説します。

PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルを回しましょう。

確実に成果が出るからです。

 

PDCAとは、下記のとおり。

  1. Plan:計画
  2. Do:行動
  3. Check:評価
  4. Action:改善

 

営業のPDCAは、例えばこんな感じ。

  1. Plan:新規の法人開拓をするために、飛び込み営業をやろう
  2. Do:飛び込み営業開始
  3. Check:実際やってみたけど、反応が悪すぎる
  4. Action:じゃあ、まずうちの商品じゃなくて、企業に役立つ情報(法改正とか)を届けてみよう

PDCAを繰り返せば100%成果出るはずですよね。

だって、どんどん改善されるから。

 

よくある失敗ケースは、うまくいかないやり方をやみくもに継続すること。

  • 効率の悪いテレアポ
  • 効率の悪い飛び込み営業

などを上司の命令で繰り返す会社がありますが、そりゃ売れませんよ(^^;

 

PDCAを繰り返し回していきましょう。

 

営業のPDCAについては、

営業のPDCAのやり方7ステップ【成果を出す作戦例も解説】にまとめておきました。

営業のPDCAのやり方7ステップ【成果を出す作戦例も解説】

時代に合わせた営業スタイルにチェンジする

営業スタイルも、時代に合わせてチェンジしていかないと売れません。

時代は変化してるからです。

 

すでに時代遅れの方法は、下記のとおり。

  • テレアポ
  • 飛び込み営業
  • Yes,but話法
  • 押し売り
  • 値引き

インターネットの普及で、すべて使えなくなりました。

 

2020年以降は、Webを活用して営業するとうまくいきます。

僕もWebを使って、239社の新規法人を開拓しました。

 

具体的なノウハウは、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめておきました。

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

【注意】上司のやり方が時代に合ってるとは限りません

新人営業マンが潰れていく原因の多くは、

上司の指導方法が古いから。

上司が30代以降だと、現代では通用しない営業手法を指導している危険性があります。

 

だって、自分がうまくいった方法は、部下でもうまくいくと思ってるから。

こんなに移り変わりの速い世の中では、

昔の営業手法は通用しません。

 

売れない新人営業マン

上司の言うとおりにやってるのに、売れない…

という人は、上司の営業手法が古いことを疑ってください。

 

新人さんは右も左もわからないから、上司の言うことを聞くしかない。

でも、上司が古かったらけっこうきついです。

 

上司のやり方が古いと判断したらバッサリ捨てて、時代に合う営業手法をとりましょう。

 

この辺はYoutubeでもしゃべってるので、見てみてください(^^)

まとめ【営業で売れない新人さんが売れる方法は5つ】

まとめ【営業で売れない新人さんが売れる方法は5つ】

この記事をまとめます。

  • 営業で売れない新人が売れる方法は5つ
  • 場数をこなして継続するしかない、裏ワザはない
  • PDCAサイクルを回せば確実に成果が出る
  • 2020年以降はWebを使って営業する
  • 上司の営業手法は時代に合ってないことがある

あなたの営業活動の参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、さらに詳しい営業で売れないときの改善方法を、

営業で売れないときの改善方法16選【大逆転するコツも解説】にまとめているので読んでみてください。

営業で売れないときの改善方法16選【大逆転するコツも解説】

今日の営業活動から始めてみましょう(^^)