営業で受付突破する方法【結論:受付を通さずメールすればOK】

電話

テレアポや飛び込み営業をがんばってるけど、受付突破できない…

どうにか受付突破する方法を知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業で受付突破する方法は、受付を通さずメールすること
  • メールでアポ取得後の商談での話し方

結論をいうと、営業で受付突破する最大のコツは「受付を通さないこと」です。

受付を通すから断られるんです。

 

だから、最初から受付を通さなければ簡単にアポをとれますよ(^^)

 

受付を通さずにアポをとるは簡単で、

メールでアポをとればいいんです。

本記事でくわしく解説しますね。

 

僕、佐藤誠一は生命保険営業を7年、法人向けのWebコンサル営業を3年やってきました。

 

生命保険営業時代の法人営業では、

テレアポと飛び込みが大の苦手でした。

受付を突破できないから。

 

「これ、やって意味あるのか?」と何回も思いました。

結果、テレアポと飛び込み営業では1件も契約になりませんでした。

 

ところが、法人向けのWebコンサルの営業時代は、

メールで239社の新規法人のアポがとれて、うち18社から契約をいただきました。

 

つまり、僕は法人営業がまったくできなかった人から、法人営業が大得意な人になったんです。

 

「営業で受付を突破できない…」という人に、少しでも役に立てればと思ってこの記事を書きました。

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

営業で受付突破する方法は、受付を通さずメールすること

パソコン

営業で受付突破する一番効果的な方法は、

受付を通さないことです。

受付を通すから、断られるんです。

 

では、どうやって受付を通さずアポをとるのか?

それはメールすることです。

企業にメールするには問い合わせフォームを使う

「メールするっていっても、担当者や社長のメアドを知らない…」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

企業のホームページの問い合わせフォームから問い合わせしましょう。

 

「え!?問い合わせフォームから営業の連絡をするなんて、失礼でしょ!?」と思うかもしれませんが、送られた相手は何も思いません。

 

だから、失礼じゃないです。

 

僕も全国資産相談センターというサイトを運営していますが、しょっちゅう営業メールきますよ。

でも、「なんだこいつ!失礼な奴だな!」なんて思ったことありません(^^)

 

「ああ、営業メールだな。どれどれ・・・」と目を通して、興味があれば返信するし、興味がなければ無視します。

問い合わせメールを受けた側の反応は、こんなもんです。

 

99%の企業は、ホームページに問い合わせフォームを設置しています。

これを使わない手はありません。

 

メールは担当者が直接みるので、受付突破できます。

興味があれば返信がきますよ(^^)

メール(問い合わせフォーム)の最大のメリットは、わかりやすくプレゼンできること

メールや、問い合わせフォームから連絡する最大のメリットは、

わかりやすくプレゼンできることです。

 

添付ファイルで資料を送ったり、

Youtubeのプレゼン動画を送れるからです。

 

これって、テレアポや飛び込み営業では絶対ムリですよね。

 

テレアポや飛び込みは受付突破をしないとプレゼンできませんが、

メールなら担当者や社長に直接プレゼンできます。

興味があれば返信がくるので、営業マンも企業側も双方ストレスも労力も少ないですよ。

 

特に、Youtubeは有効です(^^)

今の時代は、興味付けの短いYoutube動画をつくって、企業にメールするのが当たり前です。

テレアポや飛び込みって効率悪すぎ【営業電話の受付突破は無意味】

メールで239社のアポをとった僕の意見ですが、

テレアポや飛び込みは効率悪すぎるのでやめた方がいいですよ。

 

だって、お互いに不快じゃないですか。

 

テレアポや飛び込みする営業マンは、

  • ほとんどが断られる
  • 要件をわかりやすく伝えられない
  • 精神的ストレスが大きい

という不快があります。

 

企業の受付の人も、

  • 業務の手を止めて、電話や飛び込み営業に対応しなければならない
  • いちいち断らなければならない
  • 断ってる時間がもったいない

と、とても不快です。

 

営業マンも受付の人も、双方デメリットしかありません。

メールでアポを取る双方のメリット

メールのメリットをまとめてみました。

まず、営業マン側のメリットは下記のとおり。

  • 受付を突破できる
  • テレアポや飛び込みのような労力がかからない(文章書いて送信ボタン押すだけ)
  • 精神的ストレスがない
  • 空き時間にやりやすい
  • 企業リストは、ネットを検索すれば無料で無限に手に入る
  • 必ず担当者に情報が届く

 

企業側のメリットは下記のとおり。

  • 空き時間にゆっくり確認できる
  • 興味がなければ返信しなければいいだけ
  • 受付の人の負担が減る
  • メールに資料やYoutubeが貼ってあれば、内容がわかりやすい

双方スマートに情報交換ができるので、メールで法人開拓しましょう。

僕が239社の新規法人のアポをとった具体的方法

僕が239社の新規法人のアポをとった具体的な方法は、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

 

僕はWebサイトをつくってから、新規法人のアポをとりまくりました。

やみくもに営業するのではなく、しっかり準備してからアポとれば超カンタンです。

 

やっぱり、営業は準備が9割ですね(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

メールでアポ取得後の商談での話し方【営業で受付突破したので楽勝】

会議

メールでアポがとれた場合の商談での話し方ですが、堂々としてればOK。

だって、相手は興味があるから返信してきたので、営業マンと企業の担当者や社長は対等な立場です。

 

堂々とプレゼンして、コミュニケーションとって、契約もらいましょう(^^)

 

テレアポや飛び込みでアポとると、どうしても営業マンが下になりがち。

でも、メールでアポとると不思議なもので、対等に話ができます。

 

対等に話ができるので、成約率も高いです。

 

商談での上手な話し方を知りたい人は、

営業で売れる話し方3選【売れないトークや練習方法も解説する】を読んでみてください。

 

契約になる話し方や、相手の話の聞き方をまとめています(^^)

営業で売れる話し方3選【売れないトークや練習方法も解説する】

【おまけ】従来の電話営業の受付突破コツも解説

【おまけ】従来の電話営業の受付突破コツも解説

うーん、メールでアポとれるならいいけど、

うちの会社では電話でアポとれって言われるんだよね…

という人もいるはず。

なので、普通の電話営業の受付突破のノウハウも紹介しますね。

 

詳しくは、テレアポのコツ15選【営業の電話は失礼だからやめた方がいい】にまとめてます。

電話で受付突破できる15のコツをまとめたので、実践してみてください。

 

これだけでもアポ取得率が上がりますよ。

テレアポのコツ15選【営業の電話は失礼だからやめた方がいい】

まとめ【営業で受付突破するならメールのアポ取りが最強】

ノート

この記事をまとめます。

  • 営業で受付突破する方法は、受付を通さずメールでアポをとること
  • 企業のホームページの問い合わせフォームから連絡すればOK
  • メールは資料やYoutube動画を添付できるので、担当者に直接アプローチできる
  • もうテレアポや飛び込みはやめよう【お互い不快だから】
  • アポがとれた企業とは対等なので、堂々とプレゼンすれば成約率高い

「営業で受付突破できない…」

「効率的に法人開拓して、会社や上司からほめられたい」

「いつでも新規法人を開拓できる安心感がほしい!」

という人は、ぜひやってみてください(^^)

 

みんな取りつかれたようにテレアポや飛び込みやってますが、メールで開拓すれば超簡単ですよ。

もう令和になったことですし、

いつまでも昭和的な法人開拓方法はやめましょう。

 

ネットも進化しているので、Youtubeなど使えるものは使って、効率的に法人開拓してください。

 

「アポ取りのメールのときに、どんな文章を書けばいいかわからない!」という人は、

営業のアポをメールでとるコツ10選【実際にアポがとれた例文も紹介】を読んでみてください。

 

僕がやった新規法人のアポ取りメールの文章を公開しています。

営業のアポをメールでとるコツ10選【実際にアポがとれた例文も紹介】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです(^^)