営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】

少年の叫び

営業が辛い…

頑張ってるんだけど、なかなか楽にならないなぁ…

俺は営業に向いてないのかなぁ…

 

どうにか、この辛さから抜け出したい。

あーあ、頑張らなきゃいけないのはわかるけど、

本音は辞めたいなぁ…

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業で辛いことと解決策がわかる
  • 営業で特に辛い業界がわかる
  • あなたが営業に向いてるかわかる
  • どうしても辛いなら、営業を辞めていいかわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

10年もやってれば、営業の辛いところはよーーーーくわかります。

ほんとに辛い仕事ですよね。

ノルマはあるし、プレッシャーはあるし…

 

特に保険営業の頃は、辛さの絶頂でした。

生活できなくなって、破産もしました。

 

でも、法人向けWebコンサル営業に転職したら、ウソのように売れました。

営業のコツがわかったから。

ぶっちゃけ、たくさん売れると悩みは消えます。

 

この記事は、営業が辛すぎたけど、その後たくさん売れて悩みが消えた僕が書いたのでかなり信ぴょう性あるかと。

 

しかも僕は10年で営業を辞めて、IT系の仕事(Webライター)に転職してます。

なので、営業を辞めた経験もあります。

 

営業が辛すぎて辞めたい人にも参考になるかと。

この記事で、あなたに今の辛さを軽減します。

営業が辛い時の5つの理由と解決策【辛いこと別に解説する】

滝に打たれる男性

営業で主に辛いのって、下記かなと。

  1. ノルマ
  2. 新規開拓の営業
  3. 飛び込み営業
  4. 電話営業
  5. ルート営業

1つずつ解決策を紹介します。

①ノルマが辛い→既存客にアポをとる

特に締め日が近いときは、既存客にアポをとりましょう。

紹介をもらえる可能性があるから。

 

具体的には、片っ端から既存客に連絡して紹介依頼をしましょう。

意外な人が紹介をくれたりするものです。

既存客=味方なので、ちょっとのわがままは通る

既存客はあなたが良いと思ったから契約したので、基本的には味方です。

なので、あなたが困っていると助けてくれることがあります。

 

僕も保険営業時代は、この方法でなんとかノルマを乗り切ってました。

ノルマを達成する具体的なノウハウは、

営業ノルマを達成する3つの方法【もうノルマに悩まない方法も伝授】にまとめたのでどうぞ。

営業ノルマを達成する3つの方法【もうノルマで悩まない方法も伝授】

②新規開拓の営業が辛い→時代に合った開拓をする

結論、新規開拓は時代に合わせて変えていった方がいいです。

消費者側が慣れるので。

 

つまり先輩や上司が昔やってた新規開拓は、

もう通用しないんです。

消費者側が断り方を知らない方法なら、

新規開拓は楽勝です。

 

今の時代に合ってる新規開拓の方法は、

【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】にまとめてます。

 

僕はこの方法で、アポ取得率10~20%で239社を新規開拓しました。

【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】

③飛び込み営業が辛い→飛び込みは時代遅れです

ぶっちゃけ、飛び込み営業はやめた方がいいです。

迷惑なので。

 

だって、あなただって飛び込み営業に来られたら迷惑に思うじゃないですか。

自分がやられて嫌なことは、相手だって嫌なんです。

 

飛び込み営業をやめた方がいい理由は、

法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】にまとめてます。

 

どうしても飛び込みをやらなきゃいけないときのコツも解説してます。

法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】

飛び込み営業を強要する会社は転職した方がいい

マーケティング能力がない証拠だから。

今の時代に飛び込みをやるなんて、上司や経営陣が何も勉強してないってことです。

 

その会社にいても未来はないので、転職しましょう。

 

ちなみに、別の営業に転職するコツは、

営業の転職のコツ【おすすめの転職方法や内定をもらう方法】にまとめたのでどうぞ。

 

飛び込み=ポケベルくらい時代錯誤ですよ。

営業の転職のコツ【おすすめの転職方法や内定をもらう方法】

④電話営業が辛い→テレアポは時代遅れです

残念ながら、テレアポも古いです。

だって、迷惑じゃないですか。

 

あなたも電話営業されたら、嫌でしょ?

電話は突然相手の時間を奪うので、とても失礼だと認識してください。

 

テレアポが時代遅れな理由は、【アポ取得率10%】テレアポのコツ5選【時代遅れだからやめましょう】にまとめたのでどうぞ。

【アポ取得率10%】テレアポのコツ5選【時代遅れだからやめましょう】

どうしてもテレアポが必要なら、事前に連絡すればOK

電話はいきなりだから失礼なので、事前に電話する理由を作ればOKです。

具体的には、相手企業のホームページの問い合わせフォームから連絡しておきましょう。

 

電話する営業マン

先日、連絡した者ですが…

と電話できますよ。

 

具体的なノウハウは、【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】にまとめてます。

僕はこの方法で、テレアポ新規開拓のアポ取得率が10%くらいでした。

【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】

⑤ルート営業が辛い→役に立つ情報提供をする

ルート営業が辛いなら、相手に役立つ情報提供をしましょう。

信用が積み重なって、安定して売れるから。

 

ルート営業の最大のメリットは、会う回数が多いこと。

人は、何度も会うとその人を信用します。

ザイオンス効果といって、証明されてます。

 

仮にあなたの売ってる商品と関係なくても、相手に役立つ情報提供をすれば、信用が積み上がって売れます。

 

この辺のノウハウは、営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】にまとめました。

圧倒的に売上が安定するので、やってみてください。

営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】

辛い営業の業界ランキング【あなたは悪くないかも】

ビジネスマン

こんなに営業が辛いなんて、俺のやってる営業が辛いだけじゃないの?

他の業界の営業マンは、こんなに苦労してないんじゃないの?

と思いますよね。

僕も、保険営業のときによく思いました。

 

結論、営業によって難易度は違います。

僕も営業で転職しましたが、明らかに営業によって難易度の差がありました。

 

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】にまとめたので、あなたの業界がないかチェックしてみてください。

あなたは悪くないかもしれませんよ。

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】

業界が合ってないだけなら転職すればOK

やっぱり、俺のいる業界の営業はきついっぽい…

転職しちゃおうかなぁ…

業界が合ってないと感じるなら、転職しちゃってもいいですよ。

他の業界の営業なら売れるとか、よくあることだから。

 

事実、僕も他の営業に転職したら売れました。

【体験談】僕も別の営業に転職したら売れた

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は保険営業→法人向けWebコンサル営業に転職してます。

 

結論、法人向けWebコンサル営業の方がカンタンでした。

なぜなら、ニーズが大きかったから。

 

保険は万が一のときだけですが、Webコンサルは売上に直結するのでよく売れました。

上場企業からも契約もらいましたよ。

 

なので、あなたも業界を変えたらカンタンに売れるかもです。

【質問】その商材、本当に良いと思ってますか?

超重要な質問ですが、あなたが売ってるその商材、本当に良いと思ってますか?

あなたの家族にも、自信をもって勧められるor自慢できますか?

 

もし答えがNoなら、すぐに転職した方がいいですよ。

自分が良いと思ってないものを人様に売るのは、やっぱり悪いですよ。

 

営業してて罪悪感がある人は、けっこうヤバイです。

あなたに合う営業に転職する方法

他の営業に転職しようかなぁ…

今の会社、合ってないかも…

 

でも、自分に合う営業がわからないよ…

という人は、営業に強い転職エージェントに相談すればOK。

ヒアリングしてくれて、あなたに合う営業を紹介してくれますよ。

 

また、あなたが惚れ込める商材を扱う会社も紹介してくれるので、次は好きな商材を売れるかも。

 

営業に強い転職エージェントは、【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめたのでどうぞ。

本来、あなたがいるべき場所がわかるかと。

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】

そもそもあなたは営業に向いてるのか?【辛いのは向いてないから】

そもそもあなたは営業に向いてるのか?【辛いのは向いてないから】

そもそも俺は、営業に向いてるのかなぁ…

なんか最近、自信がないんだよね…

という人は、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】をどうぞ。

読むだけで、あなたが営業に向いてるかわかります。

 

もし向いてないと出たら、他の仕事に転職する良い機会かもしれません。

【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】

あまりに辛いので辞めたいなら営業を転職しても大丈夫

あまりに辛いので辞めたいなら営業を転職しても大丈夫

う~ん、やっぱり営業が辛いなぁ…

もう営業自体を辞めたいかも…

という人は、営業以外の仕事に転職を検討しましょう。

 

大丈夫、世の中には他にもたくさん仕事があるし、あなたに向いてる仕事がきっとあります。

【体験談】僕も営業より他の仕事が向いてた

僕は10年も営業をやってしまったので、他の仕事に転職するのはけっこう抵抗がありました。

でも、現在の仕事であるWebライターに転職したら、向いてました。

 

正直な感想ですが、

もっと早く転職すればよかった…

と後悔してるくらいです。

 

向いてる仕事は楽しいので、人生を楽しむ時間が増えますよ。

今の仕事にこだわる=天職で人生を楽しむ時間が減ります。

 

僕のように後悔してほしくないので、営業を辞めようと思ってるなら早い方が良いですよ。

まずは、本当にあなたに向いてる仕事を知る

でも、どんな仕事に向いてるかわからない…

今さら、俺に向いてる仕事なんてあるんだろうか…?

という人は、適職診断ツールを使えばOK。

すぐにあなたの天職がわかるから。

 

僕も色々やったんですが、

フューチャーファインダーが高精度でよかったです。

たぶん新卒向けの適職診断ツールですが、社会人が使ってもOK。

 

デメリットは151も質問に答えないといけないことですが、その分、高精度な診断結果がでます。

※151の質問といっても、20分くらいで終わりました。

フューチャーファインダー

しかも、フューチャーファインダー無料。

無料・20分であなたの天職がわかるので、やってみて損はないかと。

 

意外な才能があるかもですよ。

プロのキャリアカウンセラーに相談する

向いてる仕事がわかっても、合ってる会社がわからない…

という人は、キャリアカウンセラーに相談すればOK。

あなたと相性が良い会社を紹介してくれるから。

 

キャリアカウンセラーは、下記を無料でやってくれます。

  1. ヒアリング
  2. 適職診断
  3. あなたと相性が良い企業の紹介
  4. 内定が出やすい履歴書や面接のサポート

キャリアカウンセラーの相談は、転職エージェントでOK。

※在籍してるから。

 

信頼できる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので、興味あればどうぞ。

あなたに本当に向いてる仕事に出会えますよ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【営業の仕事が辛いときは売れる方法を実践するか、転職する】

歩く

最後に、営業が辛い理由と解決策をもう一度まとめておきます。

  1. ノルマが辛い→既存客にアポをとる
  2. 新規開拓の営業が辛い→時代に合った開拓をする
  3. 飛び込み営業が辛い→飛び込みはやめる
  4. 電話営業が辛い→事前に連絡しておく
  5. ルート営業が辛い→役に立つ情報提供をする

できることからやってみましょう、売れるようになります。

 

そして、今売ってる商材を良いと思ってないなら、転職しましょう。

あなたが良いと思ってない商材を人様に売るのは、さすがによくないです。

 

別の営業に転職するときは、営業に強い転職エージェントで情報収集すると無難。

営業に強い転職エージェントは、

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめてます。

 

また、営業が向いてないなら、別の仕事に転職してOKです。

あなたに向いてる仕事は、

フューチャーファインダー無料でわかります。

 

また、あなたと相性の良い会社は、プロのキャリアカウンセラーに相談すればOK。

信頼できるキャリアカウンセラー(転職エージェント)は、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

どうあれ、あなたが今の辛い状況から抜け脱せるのを祈っています。

今の状況は必ず脱出できるので、前に進みましょう。