営業の転職理由=志望動機【ネガティブな退職理由は言わないこと】

営業の転職理由=志望動機【ネガティブな退職理由は言わないこと】

営業の転職理由の伝え方を知りたいな。

どう言えば、採用されやすいかな?

 

あと、言わない方がいいこととかあるのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の転職理由=志望動機
  • ネガティブな退職理由を言わない
  • 転職理由がうまく作れないなら転職エージェントに相談
  • 自己PRと面接のコツ

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

保険営業時代は、採用もやっていました。

採用するときに、転職理由を聞いて判断していました。

 

転職理由は人間性が出るので、けっこう重要な部分です。

 

どういう転職理由なら採用されやすいか解説するので、参考にしてみてください(^^)

あなたの転職の参考になればうれしいです!

営業の転職理由=志望動機

営業の転職理由=志望動機

営業の転職理由は、志望動機と一緒でOKです。

「御社で働きたいと思ったので、転職しようと思いました」が、一番説得力があるからです。

 

つまり転職理由を聞かれたら、志望動機を聞かれていると思ってください。

転職理由は体験談ベースにする

転職理由(=志望動機)は、体験談をベースに伝えましょう。

体験談じゃないと、説得力がないからです。

 

例えばこんな感じです。

  • 前職で「こんな商品があればいいなぁ」と思っていた商品が、御社にはあったから
  • 御社の営業マンと話しているうちに、興味をもったから
  • 今の営業に慣れてしまったので、さらにハイレベルな御社の営業に挑戦してみたいから
  • どうしてもお金が必要になったから。御社の商品を売って稼ぎたい

こんな感じで、体験談ベースだと説得力があります。

 

ちなみに、営業の志望動機についてを、

営業の志望動機は「稼ぎたいから」でOK【商材で会社を選ぶ】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業の志望動機は「稼ぎたいから」でOK【商材で会社を選ぶ】

営業の転職理由の回答例

営業の転職理由の回答例は、こんな感じです。

保険営業からWeb系の営業に転職する理由です。

私が御社に転職したいのは、前職のお客様にWebサービスを提供したいからです。

私は保険営業を7年やってきました。

 

やりがいはあったのですが、お客様のお役に立てるのは保険しかありません。

保険はあくまでも守りの金融商品ですが、多くの経営者は攻めの商品に興味がありました。

 

攻めの商品とは、

・顧客を集客できる

・客単価が上がる

・売上が上がる

というニーズを満たすものです。

すべて、保険にはできません。

 

私は保険を売りたいというよりは、お客様の役に立ってもらいたいと思っているので、攻めの商品を売りたいと思うようになりました。

 

御社の◯◯という商品は、私のお客様の役に立つWebサービスだと思うので、売ってみたいです。

保険時代の人脈もあるので、もし採用されたら、まずは私の人脈に提案していきたいです。

 

私の知り合いの経営者さんたちが求めているのが御社の商品なので、御社に転職してお客様の役に立ちたいです。

 

こんな感じで、体験談をベースに具体的な転職理由を伝えましょう。

定型文的な転職理由はすぐに見破られるし、印象に残りません。

企業選びは商材選びが重要

営業の転職に限っては、商材選びがかなり重要です。

商材に興味がないと売れないですからね。

 

商材に興味があれば、転職理由もシンプルにできるので、内定率が上がります。

「御社の商材を売りたいから」という転職理由は、かなり説得力がありますよ(^^)

 

給料や休みも重要ですが、商材で会社を選ぶのも重要です。

ネガティブな退職理由を言わない

ネガティブな退職理由を言わない

転職理由は、ネガティブはNGです。

ネガティブな人である印象が伝わり、採用されないからです。

 

ネガティブな転職理由は、下記のような感じです。

  • ノルマがきつかった
  • 給料が安かった
  • 上司とソリが合わなかった
  • ワンマン社長が嫌だった
  • 商品が悪くて売れなかった
  • クビになった
  • 会社が合わなかった
  • ブラック企業だった
  • サービス残業が多かった
  • 休みが少なかった
  • パワハラにあったから
  • 家から遠かった

退職理由=志望動機にして、ポジティブに伝えましょう。

転職理由がうまく作れないなら転職エージェントに相談

どうしても転職理由をうまく作れないなら、

転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは、転職理由などを一緒に考えてくれるからです。

 

例えば、

  • あなたの職歴
  • ビジネススキル
  • 保有資格
  • 人脈
  • 強み
  • 性格

などをヒアリングして、応募企業に合わせて転職理由を作ってくれるからです。

 

転職エージェントは、転職のプロなので任せてしまった方が楽です。

※あなたが転職のプロになる必要はありません。

 

なので転職理由に自信がない人は、転職エージェントに相談しましょう。

営業経験者の転職ならマイナビエージェントでOK

営業→営業の転職なら、マイナビエージェントに相談しましょう。

マイナビエージェントは、営業経験者向けの転職に強いからです。

 

きちんとヒアリングしてくれるので、

あなたらしい転職理由が作れます。

 

応募企業の情報も詳しいので、

  • あなたの経験
  • 応募企業が喜ぶポイント

の合致点を見つけて、内定率が高い転職理由を考えてくれます。

 

相談はすべて無料なので、

マイナビエージェント に気軽に相談してみましょう。

大手の求人もあるので、今よりキャリアアップの転職ができる可能性もありますよ(^^)

自己PRと面接のコツ

自己PRと面接のコツ

採用試験は転職理由だけでなく、

  • 自己PR
  • 面接

も重要です。

 

自己PRと面接のコツは、下記の2記事にまとめたので読んでみてください。

 

採用試験は、

  • 転職理由
  • 志望動機
  • 退職理由
  • 自己PR
  • 面接での発言

一貫性がないといけません。

面接官は人を見るプロなので、矛盾点はすぐに気づきます。

 

一貫性をもたせて矛盾をなくすためにも、転職理由に合わせて自己PRと面接も一貫性をもたせてください。

まとめ【営業の転職理由は志望動機と一緒】

まとめ【営業の転職理由は志望動機と一緒】

この記事をまとめます。

  • 営業の転職理由は、志望動機と合わせる
  • 転職理由は、体験談をベースにすると説得力がある
  • ネガティブな退職理由は印象が悪いのでNG
  • 営業の転職理由がうまくできないなら、マイナビエージェントに相談
  • 自己PRと面接のコツも知っておきましょう

記事を参考に、営業の転職理由を作ってみましょう。

 

まずはあなたの体験談を洗い出すために、

過去の体験を書き出してみてください。

紙に書き出すことで、頭を整理できますよ(^^)

 

ちなみに、営業の転職の網羅的情報は、

営業の転職【良い会社に転職する方法や給料を上げる方法も解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

  • うっかりブラック企業に転職しないための方法
  • フルコミッション営業について
  • 今の会社の退職方法

などもまとめています。

 

転職活動に入る前に、情報収集しておきましょう。

営業の転職【良い会社に転職する方法や給料を上げる方法も解説】

あなたの転職のお役に立てばうれしいです!