営業のストレスが限界に達したら転職すべし【次は天職で活躍しよう】

営業のストレスが限界に達したら転職すべし【次は天職で活躍しよう】

営業のストレスが限界だ…

 

あれこれストレス解消法もやってみたけど、根本的なストレスが大きくて解消できない。

休んでても、仕事のストレスが頭から離れない。

 

正直もう限界なので、ストレスから解放されたい。

あーあ、本当はストレスが少なくて、やりがいがあって、楽しい仕事をしたいなぁ。

 

もう営業をやめた方がいいのかな…

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のストレスが限界に達したら転職すべし【危険です】
  • 次はあなたに合ってる仕事に転職する方法【天職で活躍しよう】

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

の経験があります。

 

保険営業時代は、かなりのストレスに悩まされていました。

  • 多重債務
  • なかなか保険が売れない
  • 締め日のプレッシャー
  • 減っていく見込み客リスト
  • そもそも、人と会って話すことのストレスが大きい
  • 社内の人間関係

などが合わさり、ストレスは限界になりました。

 

結果、僕は転職をしました。

そして今は「本当に転職してよかった」と思っています。

「もっと早く転職すればよかった」と後悔しているくらいです。

 

結論、営業のストレスが限界に達したら、

転職してください。

病気になるよりマシです。

 

この記事は、営業のストレスが限界に達したけど、転職することでストレスから解放された僕が書いたので信ぴょう性があるかと。

 

今、営業のストレスが限界のあなたの参考になればうれしいです。

営業のストレスが限界に達したら転職すべし【危険です】

営業のストレスが限界に達したら転職すべし【危険です】

結論、営業のストレスが限界に達したら、転職してください。

ストレスが限界の状態を放置すると、危険だからです。

ストレスの限界を放置するとうつ病になる

あまりに放置すると、うつ病になる危険があります。

強いストレスに長期間さらされると、感覚や考え方が麻痺します。

 

非常識なことを、常識のように感じます。

例えば、

営業で売れない奴は、死んだ方がマシ

などの発想です。

 

人に言ったら「なんてこと考えてるんだ!」と言われるような発想に支配されて、危険です。

うつ病になると再就職が困難になる

もしうつ病になってしまうと、再就職が困難です。

うつ病経験があると、企業は採用を嫌がるからです。

 

履歴書に療養の空白期間ができてしまうと、企業の採用担当者は、

また長期療養で休むかもしれないな…

この人は採用しないでおこう。

と判断します。

 

なので、うつ病だけは避けないといけません。

【体験談】僕も死を覚悟していた

僕も保険営業時代、ちょっと思考がおかしくなっていました。

当時の僕は多重債務もあり、思考はこんな感じでした。

もし営業で成功できなかったら、死んで借金を返そう。

借金分の死亡保険金がおりるから、親にも迷惑をかけないぞ。

 

どうしようもなくなったら、自殺しよう。

と本気で考えていました。

 

病院には行ってないですが、ちょっとしたうつ状態だったのかもしれませんね。

どう考えても普通の発想じゃないので、

危険な状態です。

世の中に仕事はたくさんある【営業がすべてじゃない】

冷静に考えてみてください。

世の中には、営業以外にもたくさんの仕事があります。

 

たまたま営業が向いてなかっただけかもしれません。

仮に営業に向いてないなら、他に向いてる仕事があるだけです。

 

営業にこだわる必要はないので、別の仕事に転職しましょう。

営業の適職診断をやってみよう

一応、あなたが営業に向いてるか診断してみましょう。

営業に向いてる人の特徴32選で診断【向いてない人の特徴も解説】を読んでみてください。

 

あなたが営業に向いてるかわかります。

もし営業に向いてないなら、いさぎよく他の業界に転職しましょう。

 

また、営業に向いてると診断結果が出たら、

他の営業職を検討しましょう。

営業は向いてるけど、今の会社や商材が合ってないだけかもしれませんよ。

営業に向いてる人の特徴32選で診断【向いてない人の特徴も解説】

【体験談】商材を変えたらストレスが減った話

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は保険営業のあとに法人向けWebコンサル営業に転職しました。

いわゆるIT系の営業です。

 

正直、法人向けWebコンサル営業はストレスが少なかったです。

理由は、保険より売れたし、楽しかったから(^^)

 

具体的な体験談は、【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

【実録】営業が楽しい業界はIT【あなたに合う営業に転職する方法】

次はあなたに合ってる仕事に転職する方法【天職で活躍しよう】

次はあなたに合ってる仕事に転職する方法【天職で活躍しよう】

転職していいなら、次は自分に合ってる仕事をしたいな。

ストレスが少なくて、やりがいがあって、楽しい仕事をしたい。

という人は、下記の手順で転職活動を始めてください。

  1. 向いてる仕事を診断する
  2. 転職エージェントに転職先を紹介してもらう

あなたの天職で活躍できる確率が上がります。

 

手順を1つずつ解説します。

①向いてる仕事を診断する

まずはVIEWという無料アプリをダウンロードしてください。

AIがあなたの天職を診断してくれます。

 

どういう業界や職種が向いてるのか、まずは情報収集でAI診断しましょう。

無料なので、まずは天職の候補を絞ってください。

②転職エージェントに転職先を紹介してもらう

なんとなく天職がわかったら、次は転職エージェントに相談してください。

具体的な求人を紹介してくれるからです。

 

向いてる仕事に転職する場合は、

未経験の転職に強い転職エージェントを選ぶべき。

未経験職種へ転職するわけなので、同職種のキャリアアップ系の転職エージェントは避けましょう。

 

未経験の転職に強い転職エージェントについては、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので、読んでみてください。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

【体験談】僕の天職は営業じゃなかった

ちなみに、現在の僕はフリーランスのWebライターをしています。

営業はまったくやっておらず、毎日家でパソコン作業をしています。

 

営業時代との比較表は下記のとおり。

営業 Webライター
年収 600万円 750万円
収入の安定度 不安定 安定
ストレス 高い 低い
人と会う頻度 多い ほぼない
仕事の服装 スーツ パジャマ
職場 アポ先 自宅
休日 アポ次第 テキトー

どう見ても、Webライターの方がストレスが少なく、稼げています。

仕事自体も楽しいので、やりがいをもっています。

 

正直な感想ですが、

もっと早く転職しておけばよかった

と思っているくらいです(^^)

天職で働くと人生は変わる

結論、天職で働くと人生は激変します。

  • 仕事が楽しくなる
  • やりがいをもてる
  • 自信がつく
  • 将来の展望が明るくなる
  • 稼げる

など、メリットが多め。

 

実際に天職で働いてみて思うのは、

そもそもストレスが限界に達するような仕事を、頑張る必要はない

ということ。

 

人生はいつ終わってしまうかわからないので、楽しんだ方がいいですよ。

【注意】営業を続けながら水面下で転職活動する

転職活動をするときは、営業を続けながら活動ください。

辞めてからの転職活動は、内定が出ないと無収入になるから。

 

幸い、営業は昼間に時間をとれるので、営業をサボって転職活動しましょう。

企業の面接も平日昼間が多いので、営業マンは転職活動し放題です(^^)

まとめ【営業のストレスが限界に達したら転職してください】

まとめ【営業のストレスが限界に達したら転職してください】

この記事をまとめます。

  • 営業のストレスが限界に達したら転職すべし
  • うつ病になってしまうと再就職が困難になる
  • あなたが営業に向いてるか診断しよう
  • VIEWであなたの天職を診断してみよう
  • 未経験者向けの転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらいましょう
  • 転職活動は営業を続けながら水面下で行う

あなたのストレス軽減になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、本記事で紹介した未経験者向けの転職エージェントの記事はこちらです。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

また、営業の退職方法については、

営業を辞めたいなら辞めても大丈夫【退職後の転職先も解説】にまとめたので、事前に読んでおいてください。

 

引き留めにあったときの対処法も解説しています。

営業を辞めたいなら辞めても大丈夫【退職後の転職先も解説】

あなたのストレスが大きく減ることを祈っています。