営業のスランプから脱出する4つの方法【早く抜け出す方法も解説】

営業のスランプから脱出する4つの方法【早く抜け出す方法も解説】

営業のスランプから脱出する方法を知りたいな。

早くスランプから脱出しないと、生活できなくなっちゃうよ…

 

上司からもチクチク言われるし…

もしかして、営業の才能がないのかな…

 

早くこの苦しみから抜け出したい!

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のスランプから脱出する4つの方法【4つの原因別に脱出方法を解説】
  • 営業のスランプから早く脱出する4つの方法

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

もちろん、スランプは何度もありました。

スランプに入ると、何をやってもダメな気がして落ち込みますよね。

 

でも、安心してください。

スランプは必ず終わります。

 

事実、僕も何度もスランプに陥りましたが、必ず終わりました。

そしてスランプを抜けるたびに、

レベルアップしてるのがわかりました。

 

スランプはあなたが成長している証拠なんです。

 

この記事は、何度も営業のスランプに陥りながらも抜け出してきた僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性があると思います。

 

今、スランプに陥って辛いあなたのお役に立てばうれしいです(^^)

営業のスランプから脱出する4つの方法【4つの原因別に脱出方法を解説】

営業のスランプから脱出する4つの方法【4つの原因別に脱出方法を解説】

営業のスランプに陥る原因と、脱出方法は下記の4つです。

  1. 慣れで仕事が雑になっている→基本に帰る
  2. しゃべりすぎてる→ヒアリングに徹する
  3. 時代の変化→営業手法を変える
  4. 自分ではどうしようもない理由→転職

一応最初に言っておきますが、優秀な人ほどスランプがあります。

だから、今あなたがスランプで苦しんでる=あなたは優秀な営業マンである証拠です。

 

例えば、イチロー選手も「スランプはある」と明言しています。

それに、上場企業の株価だって上下しますよね。

 

一定を保ったり、ずっと右肩上がりというのは、あり得ないんです。

 

「スランプは来るもんだ」と受け入れて、

あぁ、スランプの季節がきたなぁ

くらいに思っていくのが良いです。

 

季節が移り変わるのと同じように、

スランプも自然現象みたいなもんです(^^)

それでは、スランプの4つの原因と脱出方法を解説します。

①慣れで仕事が雑になっている【基本に帰る】

仕事に慣れてくることで、スランプに陥るケースがあります。

慣れでになるからです。

 

改めて基本に帰りましょう。

 

基本に帰る方法は、ロープレです。

慣れてるプレゼンも、改めてロープレしてみましょう。

 

できれば、スマホで録画して見直してください。

何か変なところがあるはずです。

新鮮さを入れるために新しいことを勉強するのもアリ

仕事に慣れてマンネリ化してるなら、新しいことを勉強しましょう。

新しい知識が入ると、商談に活気が生まれます。

 

例えば、

  • 業界知識
  • 商品知識の深掘り
  • クライアントに役立ちそうな知識
  • 時事ネタ

などを勉強することで、マンネリ化を防げます(^^)

②しゃべりすぎている【ヒアリングに徹する】

売れない営業マンは、だいたいしゃべりすぎてます。

お客さんを置き去りにするから売れません。

 

特に営業2~3年目は「勉強したことを披露したい」という欲求から、お客さんよりしゃべっているケースが多いです。

 

スランプのときはしゃべりすぎてることが多いので、ヒアリングに徹しましょう。

お客さんの悩みを聞き出して、その解決に徹すれば売れます。

 

具体的なヒアリングスキルは、

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】

③時代の変化【営業手法を変える】

時代の変化で、今までの営業手法が通用しなくなることがあります。

消費者が営業手法に慣れてくるからです。

 

焦る営業マン

今までの営業手法で、突然売れなくなった…

というのは、時代の変化が原因です。

 

例えば、

  • テレアポ
  • 飛び込み営業

は、もうさすがに「時代に合ってない」という認識になってますよね?

 

インターネットが普及する前は有効な営業手法でしたが、時代的に合わなくなってるから売れません。

 

時代の変化は止められないので、

営業マン側が時代に合わせていくしかないです。

【体験談】僕も時代に合わせたら売れました

冒頭でお伝えしたとおり、僕の営業キャリアは下記のとおり。

  • 2007~2013年:保険営業
  • 2013~2017年:法人向けWebコンサル営業

保険営業のときは紹介営業がメインでした。

でも紹介営業の難点は、紹介の数を調整できないこと。

 

契約がほしいときに紹介が出るとは限りません。

だから、契約が安定しませんでした。

 

それに2010年代に入ってから、紹介が鈍り始めました。

今思えば、時代の変化ですね。

 

インターネットの普及で、人と人とのつながりが減りだした時代でした。

 

なので、法人向けWebコンサル営業に転職してからは、営業手法を大幅に変更しました。

時代に合わせて、Webを使って営業してました。

 

結果は大成功。

239社の新規法人を開拓して、安定して契約をもらえてました(^^)

 

紹介営業にこだわっていたら、この数字は出なかったでしょう。

だから、時代に合わせて営業手法を変えるのは超重要です。

 

ちなみに、僕が当時やったWebを使った営業手法は、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめてます。

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

 

また、Youtubeでもしゃべってるので、興味あればどうぞ(^^)

④自分ではどうしようもない理由【転職する】

4つ目は、自分ではどうしようもない外的要因のスランプです。

「人のせいにするな!」と言われそうですが、外的要因はあります。

 

例えば、下記のような事例。

  • FAXの営業→誰も使ってない
  • ミシンの営業→もう家庭にミシンがいらない
  • コピー機の営業→ペーパレス時代
  • 1社専属の保険営業マン→保険代理店は他社の設計書も出せて比較できる
  • 車の営業→もう車を買う時代じゃない(シェアリングエコノミーの時代)
  • 明らかに商品力が弱い
  • 明らかに競合他社が強すぎる

外的要因で売れないのは仕方ないので、

転職した方がいいですね。

マイナビエージェントとかに相談して、転職活動を始めましょう。

 

衰退産業にしがみつくのは危険です。

営業力とかの話ではなく、ビジネスを見る力の問題。

 

伸びていく業界で働くのは、上手に生きていく術です。

 

僕も保険営業から法人向けWebコンサル営業に転職して、うまくいきました(^^)

営業のスランプから早く脱出する4つの方法【売れない時期は終わる】

営業のスランプから早く脱出する4つの方法

スランプから脱出する方法はわかったけど、

できるだけ早く脱出するにはどうしたらいいの?

という人は、下記の4つを実践してください。

  1. 感情的にならない
  2. うまくいってる人をマネる
  3. 負の連鎖を断ち切る
  4. 既存客に会う

早めにスランプから脱出できます(^^)

 

僕も下記の方法で早期脱出できたので、信ぴょう性あると思います。

感情的にならない

感情的になってはいけません。

判断を誤るからです。

 

冒頭でもお伝えしたとおり、スランプは必ずくるものだから、あなたがダメなわけじゃありません。

  • 焦らない
  • 不安にならない
  • 悲劇のヒロインにならない
  • スピリチュアルにハマらない

のが一番重要です。

 

まず冷静になりましょう。

 

冷静さは、正しい判断を生みます。

正しい判断が、スランプから早く脱出させてくれます。

【注意】スピリチュアルにハマると次のスランプでも苦しみます

スピリチュアルでスランプを脱出してしまうと、次のスランプでも苦しむことになります。

スピリチュアルは論理的じゃないので、論理的にスランプを脱出できないからです。

 

気分転換には良いと思いますが、どっぷりハマるのはやめましょう。

うまくいってる人をマネる

スランプのときは、思い切ってうまくいってる人をマネるのも大事。

うまくいってる人になりきれるので、結果がでます。

 

マネるなら、尊敬してる人が良いですね。

尊敬している人を完コピすれば行動が変わるので、早めにスランプから脱出できます。

負の連鎖を断ち切る

スランプに陥ったときは、負の連鎖を断ち切ることを意識しましょう。

どうせ俺は何をやってもダメなんだ…

と思ってしまいがちですが、負の連鎖を断ち切らないと本当に脱出できません。

 

負の連鎖に陥ってネガティブになったら、

「ストップ!」と声に出しましょう。

人は一度に1つのことしか考えられないので、「ストップ!」という声に反応します。

 

そうすると、負の連鎖から抜け出せます。

騙されたと思ってやってみてください(^^)

既存客に会う

スランプのときこそ、既存客と会いましょう。

紹介をもらえる可能性があるからです。

 

スランプになると、ついつい新規顧客を追いかけがちですが、まずは足元を固めましょう。

 

今のあなたがあるのは、既存客のおかげ。

感謝の意味も込めて、既存客と会ってみましょう。

 

既存客はあなたを見て、

お客さん

この営業マンは、アフターフォローがしっかりしてるなぁ

と思います。

 

お客さんを大事にする営業マン→大事な人を紹介しても安心

 

となって、結果、紹介をくれます(^^)

 

これも騙されたと思ってやってみましょう。

「灯台下暗し」とは、まさにこのことです。

【注意】休んでもいいけど、休みすぎると危険

スランプに陥ると、

ガッツリ休んだ方がいいかな?

と思いますよね。

 

休むのは良いですが、休みすぎるのはNG。

売らなきゃいけないのは変わりませんし、休んでもスランプは脱出できないからです。

 

くれぐれも注意してほしいのは、

ガッツリ休めば、いつの間にかスランプを脱出してるかも

というのは間違いです。

 

仕事をすることでしか、スランプは脱出できません。

まとめ【営業のスランプを脱出する方法は4つ】

まとめ【営業のスランプを脱出する方法は4つ】

この記事をまとめます。

  • スランプのときは、基本に帰りましょう
  • 顧客のヒアリングに徹しましょう
  • 時代に合わせた営業手法にチェンジしましょう
  • 感情的にならず、冷静さを重視しましょう
  • 既存客に会いましょう

記事内で紹介したことを、実践してみましょう。

行動すれば、必ず変わります。

 

また、営業で売れないときの改善方法を、

営業で売れないときの改善方法16選【大逆転するコツも解説】にまとめてるので、読んでみてください。

 

1つ1つやっていけば、売れるようになります(^^)

営業で売れないときの改善方法16選【大逆転するコツも解説】

あなたが1日も早くスランプから抜け出せることを祈っています。