営業マンに必要なスキル19個の一覧【転職前にスキルアップする方法】

【実証済み】営業スキル15選を解説【練習方法も紹介する】

営業に転職を考える人

営業って、どんなスキルが必要なの?

自分にやっていけるか不安だなぁ…

 

営業でスキルアップする方法も知っておきたい。

できれば、転職する前に営業の練習ができないかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業マンに必要なスキルがわかる
  • あなたが営業に向いてるかわかる
  • 営業マンがスキルアップする方法がわかる
  • 営業マンの辛いところと乗り越え方がわかる
  • 転職前に営業を練習する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業
26~31歳 メットライフ生命の営業
31~33歳 保険代理店の営業
33~36歳 Webマーケティングの営業
36歳~現在 Webライター

 

営業を10年やってきたので、どんなスキルが必要かよーーくわかっています。

また、営業をやってると他業界の営業マンともよく会うもので、たぶん1000人以上の営業マンの話を聞いてきました。

 

こんな僕が「営業に必要なスキル」をまとめたので、けっこう信ぴょう性があるかと。

営業スキルをアップする方法や、転職前に営業の練習をする方法も解説します。

佐藤誠一

あなたが営業に向いてるかもわかります。

今回の転職に失敗したくない人は、最後まで読んでみてください。

営業マンに必要なスキル19個の一覧【スキルチェックシートにどうぞ】

営業マンに必要なスキル19個の一覧【スキルチェックシートにどうぞ】

僕が営業を10年やってきて「このスキルは必要だなぁ」と思ったのは、下記の19個です。

  1. 先に与える力
  2. リサーチスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. 文章スキル
  5. 新規開拓スキル
  6. ヒアリングスキル
  7. 問題を発見する力
  8. 設計スキル
  9. プレゼンスキル
  10. クロージングスキル
  11. 交渉スキル
  12. アフターフォローのスキル
  13. クレーム対応力
  14. ストレス耐性
  15. ロジカルシンキング
  16. PDCAスキル
  17. 自己管理スキル
  18. 行動しながら考える力
  19. 勉強を継続する力

1つずつ解説するので、スキルチェックシートにどうぞ。

①先に与える力

自分が先にもらうんじゃなくて、相手に先に与える意識が必要です。

先に価値を与えたら、お礼に契約してもらえるから。

 

僕の例ですが、下記のようなWebマーケティング営業をやってました。

  • 売りたいもの:集客できるサイト制作
  • ターゲット:求人を出してる会社

 

で、下記の順序で先に与えて、契約をもらってた感じです。

  1. まず自社で「転職したい人」を集客するサイトを作る
  2. そのサイトで、転職したい人から転職相談を受ける
  3. 相談内容をもとに良さげな会社を求人サイトで探す
  4. 良さげな会社に「人を紹介できるかも」と言ってアポを取る
  5. ヒアリングして、本当に良さそうな会社だったら無償で人を紹介してあげる
  6. 「自社で人材を集客できるサイトを作りませんか?」と言ってお礼に契約をもらう

これで上場企業からも契約をもらってました。

具体的なノウハウは、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

佐藤誠一

営業で一番必要なスキルが、この「先に与える力」です。

断言しますが、これができれば成功しますよ。

②リサーチスキル

リサーチスキルも超重要です。

最初から「契約になりそうな人」に的を絞った方が、効率的に売れるから。

 

具体的には、下記を使ってリサーチします。

  • SNS(個人・法人問わず)
  • ターゲットの知人に聞き込み
  • ホームページ
  • IR情報(企業の経営状態)
  • ニュースリリース
  • 帝国データバンク
  • 東京商工リサーチ

佐藤誠一

普段からググる習慣がある人はいいですね。

リサーチが足りないとムダが増えるので、必須スキルです。

③コミュニケーションスキル

営業は人と話す仕事だから。

具体的には、下記のスキルが必要です。

  • 相づちを打てる
  • 人の話を集中して聞ける
  • 悩みや喜びを共感できる
  • 5W1Hで質問できる

コミュニケーションスキルは本でも学べます。

佐藤誠一

コミュニケーションスキルは営業じゃなくても身につくので、これまでやってきた仕事のコミュニケーションスキルも活かせますよ。

④文章スキル

意外かもですが、文章スキルは必須です。

近年はメールで営業するのが普通だから。

コロナの影響もあり、「文章で惹きつける力」が営業界では求められてます。

 

具体的なメールのスキルは下記のとおり。

  • 件名で興味をひく
  • 売り込みはしない
  • 「話を聞かせてください」とメールする
  • 「追伸」で本題を伝える

佐藤誠一

僕はこれで239社を新規開拓しました。

詳しいノウハウは、営業のアポをメールでとるコツ10選【実際にアポがとれた例文も紹介】にまとめたので参考にどうぞ。

⑤新規開拓スキル

新規開拓できないと売上にならないから。

注意
ルート営業も新規開拓はあるので、このスキルは必須。

 

ただし、テレアポや飛び込みは時代遅れなのでNGです。

現代に合った営業の新規開拓は下記のとおり。

  • 紹介をもらう
  • メールで新規開拓
  • Webで新規開拓
  • Webから集客
  • SNSやYouTubeで新規開拓

詳しいノウハウは、【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】にまとめてます。

佐藤誠一

新規開拓は緊張しますが、だんだん慣れてきますよ。

⑥ヒアリングスキル

相手の悩みを聞き出せないと、売れる提案ができないからです。

ぶっちゃけ、営業は下記の2ステップだけで売れます。

  1. 相手の話を聞いて悩みを把握する
  2. その悩みを解決できる方法を提案する

 

なので、最初の「相手の話を聞いて悩みを把握する」ができないと始まりません。

具体的なヒアリングのコツは下記のとおり。

  • ヒアリングシートを使う
  • 想像させる
  • 「ぶっちゃけた話…」と聞く

細かいノウハウは、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめてます。

佐藤誠一

今までの仕事で、人の話を聞くシーンが多かった人は、その経験を営業でも活かせます。

⑦問題を発見する力

相手の問題を発見できないと、良い提案ができないからです。

問題を発見する方法は下記の2つ。

  1. SPINで質問する
  2. 3C分析する

佐藤誠一

ちょっと専門的に見えますが、慣れればそんなに難しくありません。

こちらも、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】に詳しくまとめてます。

⑧設計スキル

相手の悩みを解決できる方法を設計できないと、売れないから。

設計するには、自社商品の知識が必要です。

自社商品をどう使えば、相手の悩みを解決できるか考える感じですね。

佐藤誠一

アイデアを考えるのが好きな人は向いてます。

転職先の商品知識をしっかり勉強しておきましょう。

⑨プレゼンスキル

提案をわかりやすく説明できないと売れないからです。

プレゼンには型がありまして、型どおりにプレゼンすれば売れますよ。

僕も下記の型で契約をもらってました。

  1. ヒアリングで明らかになった見込み客の問題点・悩みを共有・再確認
  2. 商品のメリットではなく、商品から得られる結果を伝える
  3. 理由や根拠を数字で示す
  4. 他社と何が違いのか説明
  5. 1つデメリットを伝える
  6. こちらのメリットも伝える
  7. 他のお客様の声や事例
  8. 手軽に購入できることを伝える
  9. 希少性を伝える

 

具体的なノウハウは、営業のプレゼンテーションの9ステップ【成約率が上がる資料のコツ】にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

今までの仕事で、説明するシーンが多かった人は、その経験を営業にも活かせます。

特に「話がわかりやすい」と言われたことがある人は、才能アリ。

⑩クロージングスキル

人は、背中を押さないと買ってくれないから。

決断するのは勇気がいるので、営業マンが後押ししてあげるイメージですね。

 

実際に売れたクロージングは下記のとおり。

  • みんな買ってて残りわずか
  • 特別扱いする
  • 最初にクロージングする
  • 商品から得られる結果を伝える
  • 「買わない損失」を伝える

詳しいノウハウは、【実証済み】営業クロージングのコツ15選【成約率70%の話法を解説】にまとめたので参考にどうぞ。

⑪交渉スキル

交渉スキルも重要です。

できるだけ契約単価をアップしたいから。

MEMO
具体的には「契約を断る姿勢」を見せることで、単価は上がりやすくなります。

反対に、ヘコヘコするほど売れません。

 

他にも下記を使うと、契約単価が上がりやすいです。

  • あえて他社をすすめる
  • 契約しない方がいいケースを伝える

この辺のスキルも、【実証済み】営業クロージングのコツ15選【成約率70%の話法を解説】にまとめてます。

また、交渉スキルについては「100円のコーラを1000円で売る方法」が参考になります。

佐藤誠一

本気の人は、買って勉強してみてください。

⑫アフターフォローのスキル

丁寧にアフターフォローすると、紹介をもらえるからです。

今までの仕事でも、お客様のアフターフォローを重視していた人は大丈夫。

 

一番ダメなのは「契約をもらうときだけ一生懸命で、契約をもらったらほったらかし」という営業マンですね。

お客様に嫌われるし、解約されることも…

佐藤誠一

営業は人間関係の仕事なので、契約をいただいたお客様を大事にできる人が成功します。

⑬クレーム対応力

営業はクレームがつきものだから。

辛いところですが、クレームの窓口も営業マンになりがち。

会社を代表して怒られる感じですね。

佐藤誠一

今までの仕事でも、複数のクレームに対応した人はやっていけると思います。

クレームが不安な人は、先にクレーム対応の勉強をしておくと安心かと。

⑭ストレス耐性

営業はストレスが多い仕事だから。

具体的には、下記のようなストレスに悩みます。

  • ノルマがきつい
  • ノルマ未達だと上司に怒られる
  • サービス残業・サービス休日出勤
  • 売れないと給料が安い
  • お客様との人間関係の維持が大変
  • 気をつかうのが疲れる
  • 断られるのが辛い

詳しくは、営業が辛い時とその乗り越え方23選【どうしてもきついならムリしない】にまとめたので、営業の辛い部分を先に知っておきましょう。

佐藤誠一

辛くなくなる方法も解説してるので、転職後のイメージにどうぞ。

⑮ロジカルシンキング

断言しますが、営業は「算数」だから。

運で売れるわけじゃないので、ロジカルシンキング(論理的思考)が必要です。

具体的には、下記のような人なら大丈夫かと。

  • 効率が悪い人を見るとイライラする
  • 旅行の計画を立てるのが好き
  • 物事の原因を考えるのが好き

 

営業に転職を考える人

う~ん、ロジカルシンキングって苦手なんだよね…

という人でも大丈夫。

なぜなら、ロジカルシンキングは後から身につけられるから。

佐藤誠一

この本がわかりやすかったので、ロジカルシンキングが苦手な人はどうぞ。

⑯PDCAスキル

営業はPDCAの連続だから。

ちなみに「PDCA」とは下記のとおり。

  • P(Plan):計画
  • D(Do):行動
  • C(Check):評価
  • A(Action):改善

佐藤誠一

ようは「試行錯誤」のことですね。

 

営業では、下記のようなPDCAをくりかえします。

  • P(Plan):こうアプローチしたらどうかな?
  • D(Do):実際にアプローチしてみよう
  • C(Check):なんか断られたぞ
  • A(Action):じゃあ今度はこう言ってみよう

こういった試行錯誤ができる人は、営業でやっていけると思います。

 

反対に、試行錯誤を「メンドくさい…」と思う人は難しいかと。

営業のPDCAのやり方は、営業のPDCAシートの書き方や記入例【記録すれば最短で売れます】にまとめたのでイメージにどうぞ。

⑰自己管理スキル

営業は自己管理できないと売れないからです。

朝礼が終わったら自由の会社も多いです。

サボろうと思えばサボれるけど、サボると売れなくなってしまう…

 

具体的には、下記を自分で考えて行動する必要があります。

  • 月末までに何件の契約が必要か
  • ということは、いつまでに何をしておくべきか
  • 今日やるべきことは何か

佐藤誠一

逆算して自己管理していく力が必要です。

 

下記のような経験がある人なら大丈夫かなと。

  • ダイエットに成功したことがある人
  • 「毎日やること」を決めて実践できた人(例:筋トレとか)
  • お正月に「今年はこれをやるぞ」と目標を立てて達成したことがある人

自己管理が苦手な人は、営業でも苦労する可能性があります。

⑱行動しながら考える力

行動しながら考えないと、締め日に間に合わないからです。

注意
考えてから行動できるほどの時間はありません。

「頭より先に足が前に出る」というタイプの人は向いてますね。

佐藤誠一

勉強や準備はたしかに大切なんですが、行動と同時進行するイメージです。

⑲勉強を継続する力

営業はずっと勉強しないと売れないから。

売れてる営業マンと売れない営業マンの違いは「知識の差」だったりします。

 

営業で勉強すべきは下記の5つ。

  1. 自社商品
  2. ライバル社の商品
  3. 見込み客のこと
  4. 時代の流れ
  5. 営業のトレンド

この辺は、売れる営業の5つの勉強方法【一番学ぶべきは見込み客の悩みです】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

また、近年は営業マンもWebを使うのが普通なので、Webも勉強しておきましょう。

Webを使った営業ノウハウは、「Webを使った営業の完全講義」にまとめてます。

営業の種類別で必要なスキルやノウハウ

他にも、営業の種類ごとに必要なスキルやノウハウを、別記事でまとめてます。

佐藤誠一

すでに転職する営業が決まってる人は、参考にどうぞ。

【重要】あなたが営業に向いてる人か適職診断

営業に転職するか迷う人

営業に必要なスキルはなんとなくわかったけど、そもそも僕は営業に向いてるのかな…?

一例ですが、営業に向いてる人の特徴は下記のとおりです。

  • 年上からかわいがられる人
  • 初対面の人とすぐ仲良くなれる人
  • 空気を読める人
  • 人のせいにしない人
  • 多趣味の人
  • 人と違うことをしたい人
  • 細かいことに気づける人
  • 記憶力がある人
  • 自分の利益より相手の利益を優先できる人

さらに詳しい営業の適職診断は、【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】にまとめてます。

佐藤誠一

営業は向き不向きがハッキリ分かれるので、転職に失敗しないためにも先に適職診断しておきましょう。

「営業に向いてない人におすすめの転職先」も解説してます。

営業マンがスキルアップする方法【能力は伸びます】

営業マンがスキルアップする方法【能力は伸びます】

営業に転職を考える人

ちなみに、営業でスキルアップするにはどうしたらいいの?

具体的には、下記の5つでスキルアップできます。

  1. 売れてる営業マンのやり方を徹底的にパクる
  2. 営業のコツがわかる本で勉強する
  3. 毎日勉強する
  4. チームで営業ロープレする
  5. 正しい目標設定とPDCAを継続する

詳しいスキルアップ方法は、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

佐藤誠一

特に、売れてる営業マンのやり方を徹底的にパクるのがおすすめ。

売れてる方法を完コピすれば、最速で成果がでます。

スキルアップのために営業研修を受講するのもアリ

ちょっと気が速いですが、営業研修で勉強するのも有効ですね。

短期間でスキルアップできるから。

実戦的な営業研修は、【無料あり】おすすめの営業研修3選【研修の内容で成果を出すコツ】にまとめたので興味あればどうぞ。

営業系の資格を勉強してスキルアップするのもアリ

営業は資格がなくてもOK。

ただ、営業系の資格の勉強をすることで、知識面のスキルアップは可能です。

営業に有益な資格については、【業界別】営業におすすめの資格一覧【資格なしの転職に失敗しないコツ】にまとめたので、こちらも興味あればどうぞ。

営業マンの辛いところと乗り越え方

営業に転職を考える人

でも、正直なところ、営業って大変そうだよね…

スキルアップすればいいんだろうけど、挫折しないか心配だなぁ…

断言しますが、営業は辛いところがたくさんあります。

マジで、そんなに甘い仕事じゃないですよ。

 

具体的に辛いところは下記のとおり。

  • ずっとプレッシャーとの戦い
  • 売れないと帰れないし休めない
  • なかなかアポを取れない
  • 人に嫌われるのが辛い

佐藤誠一

でも、辛いことを乗り越えてこそ、本当のスキルアップができます。

営業の辛いところと乗り越え方は、営業が辛い時とその乗り越え方23選【どうしてもきついならムリしない】にまとめておきました。

転職前に知っておくといいかなと。

転職する前に営業を練習する方法【先にスキルを身につける】

転職する前に営業を練習する方法【先にスキルを身につける】

営業に転職を考える人

ちなみに、転職する前に営業を練習する方法ってないの?

できれば、転職前にスキルを身につけたいな。

これ、良い練習方法があるんです。

具体的な練習方法は、下記の3ステップ。

  1. あなたの友人・知人の悩みをヒアリングする
  2. それを解決できそうな会社を探す
  3. 探した会社のサービスを友人・知人に提案する

佐藤誠一

これ、フリーランスの営業マンがやってる方法です。

転職する前に実践できるので、練習に最適。

営業の練習の事例

練習の事例は下記です。

  • 友人の悩み:結婚したいけど相手がいない
  • 解決できる会社:結婚相談所

結婚相談所をリストアップして、下記のように連絡してください。

※結婚相談所のホームページの問い合わせフォームから連絡すればOK。

私の友人で結婚できなくて困っている人がいるんですが、貴社で解決できる可能性はありますか?

 

できれば業務提携して、紹介料をもらってください。

※副業で営業を始められます。

業務提携できたら、結婚できなくて困ってる友人に、その結婚相談所をプレゼンしてみてください。

申込みにつながれば成約でして、紹介料ももらえます。

 

営業の練習をしたい人

結婚相談所とか会社に連絡して、ヘンな顔されないかな…?

基本的に集客したがってるので、歓迎してくれるところはあると思いますよ。

というか、ヘンな顔されるのも営業の仕事なので、それも含めていい練習になります。

この辺の練習のやり方は、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

練習でうまくいったら、営業に転職してもやっていけるかと。

まとめ【1つずつ、営業に必要なスキルを身につけていきましょう】

まとめ【1つずつ、営業に必要なスキルを身につけていきましょう】

最後にもう一度、営業に必要なスキルをまとめておきます。

  1. 先に与える力
  2. リサーチスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. 文章スキル
  5. 新規開拓スキル
  6. ヒアリングスキル
  7. 問題を発見する力
  8. 設計スキル
  9. プレゼンスキル
  10. クロージングスキル
  11. 交渉スキル
  12. アフターフォローのスキル
  13. クレーム対応力
  14. ストレス耐性
  15. ロジカルシンキング
  16. PDCAスキル
  17. 自己管理スキル
  18. 行動しながら考える力
  19. 勉強を継続する力

 

すでに身につけてるスキルがいくつあるか、数えてみてください。

そして、まだ身につけてないスキルは、転職してから身につけていけばOKです。

 

また、営業に転職する前に、あなたが営業に向いてるか診断しておくのもお忘れなく。

【適職診断】営業職に向いている人の特徴49選【25個以上なら天職】で診断できます。

 

営業に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

失敗しない転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめたので、行動あるのみです。

未経験から営業に転職するときの注意点は、未経験者が営業の転職に失敗しないコツ【おすすめの営業も紹介する】も参考にしてみてください。

 

ということで、あとは行動あるのみ。

さっそく今日からできることを始めてみましょう。

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ