営業の6つの仕事内容【未経験からでも売れる3つのスキル】

営業の6つの仕事内容【未経験からでも売れる3つのスキル】

営業の仕事内容を知りたいな。

 

今の仕事じゃこれ以上給料上がりそうにないし、20代のうちにもっと稼げる仕事に転職したい。

営業はスキルが身につけば食いっぱぐれなさそうだから、興味はある。

 

将来も稼げる安心感はほしいな。

売れれば稼げそうだし、年齢相応の収入も稼げそう。

 

未経験からでも転職できそうだから、転職してみようかなぁ?

でも本音は、自分に営業をやっていけるか不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の6つの仕事内容【へこへこ頭を下げる仕事じゃない】
  • 営業は21種類もある【転職前に全種類を把握】
  • 営業の給料【売れれば天国・売れなきゃ地獄】
  • 営業の1日【サボりや直帰も可能】
  • 営業の楽しいところ・辛いところ
  • あなたは営業に向いてるのか?【転職前に適職診断】
  • 営業で売れる方法【未経験からでも売れる3つのスキル】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

10年選手の僕が営業の仕事内容をまとめた記事なので、信ぴょう性はあると思います。

未経験から営業職に転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

営業の6つの仕事内容【へこへこ頭を下げる仕事じゃない】

営業の6つの仕事内容【へこへこ頭を下げる仕事じゃない】

営業の仕事内容を一言でいうと、

「売ること」です。

 

「売ること」をもう少し分解すると、下記の6つに分けられます。

  1. 見込み客リスト作成
  2. アポ取り
  3. 商談
  4. アフタフォロー
  5. 事務作業
  6. 勉強・練習

1つずつ解説しますね(^^)

①見込み客リスト作成

見込み客(行き先)をリストにすることから、営業の仕事は始まります。

リストにしていないと、管理ができないからです。

 

例えば、

  • 個人営業:知り合いをリストアップ
  • 法人営業:ググって見込み企業のリストを作成

などを行います。

 

この段階ではリストにするだけなので、簡単です。

②アポ取り

リスト化した人たちに、アポを取る連絡をします。

 

アポ取りの方法は、下記の3つ。

  1. テレアポ:電話してアポを取る
  2. 飛び込み:いきなり訪問
  3. メール:企業の問い合わせフォームから連絡もOK

 

アポ取りの具体的な方法は、下記の3記事にまとめているので読んでみてください(^^)

  1. テレアポのコツ15選【営業の電話は失礼だからやめた方がいい】
  2. 法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】
  3. 営業のアポをメールでとる方法【実際にアポがとれた例文も紹介】

③商談

アポを取った相手に、商品を買ってもらうために話をします。

 

でも、押し売りはNG。

嫌われて売れないからです。

 

営業の仕事は、売りつけることではありません。

相手の悩みを聞いて、それを解決する方法を提案する仕事です。

 

つまり話す能力より、聞く能力の方が重要です。

 

売れるまでの流れは、下記のとおり。

  1. ヒアリング:相手の話を聞いて悩みを把握
  2. プレゼン:相手の悩みを解決する方法を提案
  3. クロージング:契約するか決めてもらう
  4. 契約作業:契約書にサインをもらう

相手にいらないものを売りつけるんじゃなくて、人の悩みを解決する仕事だったら良い仕事ですよね(^^)

 

ヒアリング、プレゼン、クロージングの具体的な内容は、下記の3記事にまとめているので読んでみてください。

  1. 営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】
  2. 営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】
  3. 【結論】営業のクロージングは必要ない【3つのコツと禁句も紹介】

④アフターフォロー

契約をもらったお客さんを、ほったらかしにしてはいけません。

アフターフォローも営業の仕事です。

 

アフターフォローをしっかりしておくと、お客さんから新たなお客さんを紹介してもらえることがあります。

営業にとって最高なのは、この紹介です。

 

お客さんがあなたの営業マンになってくれるので、もっとも楽に売れるからです。

アフターフォローをしっかりやりましょう。

⑤事務作業

営業といっても、事務作業もあります。

  • 契約書類の作成
  • プレゼン資料の作成

などです。

 

お客さんのことを一番知っているのは営業マンなので、一番喜んでもらえる資料を作れるのも営業マンしかいないんです。

 

最低限のPCスキルや、パワーポイントはできる方がいいですね。

⑥勉強・練習

空き時間や休日に、営業の必要な勉強をしたり、営業の練習をするのも仕事です。

勉強・練習で準備しておかないと、売れないからです。

 

例えば、

  • 業界の勉強
  • 商品の勉強
  • 周辺知識の勉強
  • お客さんの業界の勉強
  • お客さんを想定したロープレ

などです。

勉強・練習を怠らないのも、営業の大切な仕事です。

 

ちなみに、転職前に読んでおくと良い本を、

【必読】営業の本でおすすめの5冊【これだけ読んどきゃ大丈夫】にまとめているので、買って読んでみましょう(^^)

【必読】営業の本でおすすめの5冊【これだけ読んどきゃ大丈夫】

営業はへこへこ頭を下げる仕事じゃない

営業って、へこへこ頭を下げるイメージあるなぁ…

口から出まかせ言える、口がうまい人じゃないとできないんでしょ?

と思ってるなら、それは違います。

 

へこへこ頭を下げたり、口から出まかせを言うのは売り方が悪いからです。

正しい営業スキルを身につければ、

お客さんと対等の立場でスマートな営業ができます。

 

「営業=嫌な仕事」というイメージを持っている人は、そうじゃないことを知っておきましょう。

 

詳しくは、営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【10年やってきた本音】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業が嫌いな人に元営業マンが真実を語る【10年やってきた本音】

営業は21種類もある【転職前に全種類を把握】

営業は21種類もある【転職前に全種類を把握】

未経験から営業に転職するにしても、どの営業を選ぶかが重要です。

一口に「営業」といっても、21種類もあるからです。

 

代表的なものだけでも、

  • 新規営業
  • ルート営業
  • 個人営業
  • 法人営業

などがありますが、全部合わせると21種類もあるんです。

 

よく調べないできつい営業に転職しないように、まずは全体を把握しましょう。

 

詳しくは、営業は21種類ある【営業の辛い部分も知っておきましょう】にまとめているので、読んでおきましょう。

営業は21種類ある【営業の辛い部分も知っておきましょう】

 

また、21種類の中でもおすすめの4業界を、

営業でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界も解説】にまとめたので、転職の参考にしてください(^^)

営業でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界も解説】

営業の給料【売れれば天国・売れなきゃ地獄】

営業の給料【売れれば天国・売れなきゃ地獄】

営業にはインセンティブ(歩合給)がつきものです。

たくさん売れれば、インセンティブで稼げます。

 

業界によりますが、

未経験者でも年収1000万円以上かせぐ人もいます。

 

でも、売れなければ生活できない会社もあります。

営業は弱肉強食の仕事なので、営業に転職するなら覚悟しましょう。

 

そして、「絶対売れるようになる!」と決めてください。

そうじゃないとやっていけません。

 

営業の収入については、下記の2記事にまとめたので読んでみてください(^^)

  1. 営業の年収は売上次第【業界別の年収やあなたが向いてるかも解説】
  2. 営業のインセンティブの仕組み【売りやすい商材じゃないと危険】

営業の1日【サボりや直帰も可能】

営業の1日【サボりや直帰も可能】

転職する前に、営業の1日も知っておきましょう。

営業の1日は、営業の1日を見てみよう【あなたが営業に向いてるかもチェック】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業の1日を見てみよう【あなたが営業に向いてるかもチェック】

また、営業ってけっこう空き時間もあります。

アポとアポの間とかは、正直自由時間になることもあります。

 

自由時間はサボったり、早くアポが終わったら直帰する人もいます。

 

サボりや直帰は、下記2記事にまとめたので、雰囲気をつかむためにも読んでみてください(^^)

  1. 営業のサボりはOK【おすすめのサボり方11選も解説】
  2. 営業で直帰する3つのコツ【帰社を強制する会社は時代遅れ】

営業の楽しいところ・辛いところ

営業の楽しいところ・辛いところ

営業の楽しいところ・やりがいは、下記のとおり。

  • 売れると給料が高い
  • 成長を感じる
  • お客様に「ありがとう」と言われる
  • 紹介をもらえたとき
  • 人脈が広がる
  • 食いっぱぐれがなくなる
  • 起業できる

などです。

 

正直、営業スキルがあれば仕事には困りません。

どの企業も、優秀な営業マンを採用したいからです。

 

営業力があれば、

業界問わず転職できます。

どんどん人脈も広がるので、どんどん売りやすくなります。

 

また、企業に属さず起業する人もいます。

好きな商材を売れるように企業と契約すれば、フリーでもできる仕事です。

 

営業の楽しいところ・やりがいは、下記2記事に詳しくまとめているので読んでみてください(^^)

  1. 営業の楽しいところ・やりがい15選【営業でやっていくための方法】
  2. 【簡単】フルコミッション営業で稼ぐ方法【起業に最適】

 

でも、もちろん営業には辛いところもあります。

例えば、

  • ノルマがきつい
  • 売れないと上司に怒られる
  • プレッシャーが辛い
  • 売れないと給料が安い
  • 見込み客リストが尽きて、行くところがなくなる
  • 飛び込み営業が辛い
  • テレアポで拒絶されるのが辛い
  • 理不尽が多い
  • 売れないと休みがない
  • 営業経費が自腹

など、なかなか辛いこともあります。

 

辛い部分も知った上で、転職を検討しましょう。

 

営業の辛い部分の詳細は、

営業の辛いところ23選【営業の向こうには起業と自由がある】にまとめているので、読んでおきましょう。

営業の辛いところ23選【営業の向こうには起業と自由がある】

営業は弱肉強食の厳しい仕事なので辛いことも多いですが、売れれば得られるものは大きいです。

営業は未経験でも転職できるけどブラック企業に要注意

営業は未経験でも転職できるけどブラック企業に要注意

営業は未経験からでも転職できる会社が多いですが、ブラック企業に注意しましょう。

未経験者募集の求人は、ブラック企業が多いからです。

 

特に営業は、特別なスキルが必要ないため採用倍率が低め。

内定ほしさにテキトーに会社を選んでしまい、うっかりブラック企業に転職しないように注意しましょう。

 

ホワイト企業の見分け方は、

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】にまとめたので、読んでみてください。

 

求人情報からホワイト企業・ブラック企業を見分ける方法を解説しています。

営業職は特にブラック企業に転職しやすいので、必ず読んでおきましょう。

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】

あなたは営業に向いてるのか?【転職前に適職診断】

あなたは営業に向いてるのか?【転職前に適職診断】

営業に転職する前に、

そもそもあなたは営業に向いてるのか調べてみましょう。

 

営業に向いてる人の特徴32選【向いてない人の特徴も解説】に、

営業に向いてる人の特徴を32個あげているので、あなたはいくつ当てはまるか数えてみましょう。

 

17個以上あてはまれば、あなたは営業に向いてます。

16個以下であれば、あなたは営業に向いてません。

 

もし向いてないようであれば、他の職種を検討しましょう。

営業に向いてる人の特徴32選【向いてない人の特徴も解説】

営業で売れる方法【未経験からでも売れる3つのスキル】

営業で売れる方法【未経験からでも売れる3つのスキル】

おそらくあなたが一番不安なのは、

営業って未経験からでも転職できるみたいだけど、

自分にやっていけるか不安…

ということだと思います。

 

簡単にいうと、営業は、

  • 売れれば天国
  • 売れなきゃ地獄

ということです。

 

売れれば、自由で稼げて最高の仕事です。

でも売れなければ、

自由を奪われて最悪の仕事です。

 

つまり、売れればいいんです。

 

未経験でも営業で売れる方法は、下記の3つだけです。

  1. ノルマを達成する方法を身につける
  2. お客さんが来てくれる仕組みを作る(マーケティング)
  3. 正しい順序で営業する

基本的には、この3つができれば営業でやっていけます。

 

いずれも売れるためのスキルなので、転職する前に知っておきましょう。

 

営業でやっていける3つのスキルは、下記の3記事にまとめているので、必ず読んでおきましょう。

  1. 営業のノルマを達成する方法9選【20代限定:きついなら辞める】
  2. 営業で使うべきマーケティングは3つだけ【成功事例も紹介】
  3. 営業の流れ(プロセスやフロー)を解説【劇的に売れる改善法】

まとめ【営業の仕事内容は6つ】

まとめ【営業の仕事内容は6つ】

この記事をまとめます。

  • 営業の仕事内容は6つ
  • 営業は21種類もあるので転職前に全種類を把握しよう
  • 営業の給料は売れれば天国・売れなきゃ地獄
  • 営業の1日を知っておこう【サボりや直帰もある】
  • 営業には楽しいところと辛いところがある
  • 未経験から転職するならブラック企業に要注意
  • そもそもあなたは営業に向いてるのか、転職前に診断しよう
  • 未経験からでも売れる3つのスキルを知っておこう

営業の仕事内容を知りたいな。

 

未経験からでも転職できそうだけど、

自分に営業をやっていけるか不安…

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、営業の転職活動の、

  • 自己PR
  • 志望動機

の作り方を下記の2記事にまとめているので、読んでおきましょう(^^)

  1. 営業の自己PRの型の4ステップと例文【志望動機の書き方も解説】
  2. 営業の志望動機は「稼ぎたいから」でOK【商材で会社を選ぶ】

 

実は、営業の自己PRや志望動機は、

会社選びと密接な関係があります。

 

あなたが売りたいと思える優れた商材で会社を選ばないと、

  1. 志望動機で困る
  2. 商品が売れない

という2つの大きな問題が発生します。

 

だから、必ず商材で会社を選んでください。

ミスマッチを防ぐためにも、超重要な工程です。

 

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)