営業の離職率が高い5つの理由【あなたが向いてれば辞めなくて済む】

営業の離職率は高い【営業ができるようになるメリットも解説】

営業の離職率を知りたいな。

ノルマとかキツそうだから、やっぱり離職率は高いんだろうなぁ…

営業の離職率が高い理由も知りたい。

 

特に離職率が高い営業の業界って、どこなんだろう?

できたら、離職率の低い営業に転職したいな。

 

あと、自分が営業に向いてるかも知りたい。

長く営業で活躍するには、どうしたらいいんだろう?

 

もし営業の離職率が高すぎるなら、営業はやめておこうかな…

営業以外だったら、どんな仕事がおすすめかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業の離職率が高い理由がわかる
  • 離職率が高い業界がわかる
  • 離職率が低い営業の選び方がわかる
  • あなたが営業に向いてるかわかる
  • 営業で長く活躍するコツがわかる
  • 営業以外でおすすめの仕事がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業:7年
  • 法人向けWebコンサル営業:3年

結論、営業の離職率は高いです。

例えば、僕がいた保険業界の離職率は90%以上でした。

 

営業は、弱肉強食の厳しい世界です。

特に離職率が高い業界もあるので、選ばない方が身のためです。

 

この記事は、営業を10年やった僕が書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

あなたが営業に向いてるかや、営業で生き残るコツも解説します。

 

また、現在の僕は営業を辞めて、

Webライターに転職してます。

営業が嫌な場合のおすすめの転職先も紹介します。

 

転職活動の参考にしてみてください。

営業の離職率が高い5つの理由

営業の離職率は高い【理由を解説】

営業は離職率が高いです。

具体的な離職率データはありませんが、

高いことだけは間違いありません。

※僕の同僚もたくさん辞めていきました。

 

離職率が高い理由は、主に下記の5つです。

  1. ノルマが辛い
  2. 新規開拓が辛い
  3. 飛び込みが辛い
  4. 電話営業が辛い
  5. ルート営業で顧客回りが辛い

なぜこの5つで離職率が高くなるのかは、

営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】にまとめました。

 

精神的にけっこうくる仕事なので、転職するなら覚悟してください。

営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】

【危険】営業の離職率が高い業界10選

離職率が高い業界【就職・転職するなら覚悟してね】

特に離職率が高い営業の業界を知りたいな。

下記の10業界は、特に離職率が高いです。

  1. 生命保険営業
  2. 郵便局の渉外営業
  3. 不動産営業
  4. リフォーム営業
  5. ハウスメーカー(住宅)営業
  6. 求人広告営業
  7. OA機器の営業
  8. 自動車営業
  9. 派遣営業
  10. 損害保険営業

離職率が高い理由を、1つずつカンタンに紹介しますね。

①生命保険営業【離職率90%以上】

僕がいた業界です。

冒頭でお伝えしたとおり、離職率90%以上でしたね。

 

生命保険営業の離職率が高い理由は、

  • 生活できなくなる
  • 給料が不安定
  • 自爆営業
  • 給料の返金義務がある

など、けっこうエグいものばかり。

 

詳しくは、【元保険屋が暴露】保険営業の離職率は90%以上【覚悟してください】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【元保険屋が暴露】保険営業の離職率は90%以上【覚悟してください】

②郵便局の渉外営業【なくならない自爆営業】

郵便局の渉外営業とは、主に保険を売る営業です。

離職率が高い理由は、下記のとおり。

  • なくならない自爆営業
  • なくならないノルマ
  • 商品力が低すぎる

 

詳しくは、【元郵便局員が語る】渉外営業を辞めたいなら辞めてOK【転職アリ】にまとめています。

【元郵便局員が語る】渉外営業を辞めたいなら辞めてOK【転職アリ】

③不動産営業【世間の冷たい目】

離職率が高い理由は、売れにくいから。

不動産は、

  • 価格が高い→購入まで時間がかかる
  • ライバル会社が多い
  • 売れる不動産に限りがある

などの理由で、難易度が高いんです。

 

特に、投資用不動産は世間から、

  • 怪しい
  • 詐欺

と思われがち。

売れずに辞める人が跡を立ちません。

④リフォーム営業

離職率が高い理由は、印象が悪いから。

一時期、悪徳リフォーム会社が横行した時代がありました。

 

今は法整備されていますが、悪徳の印象だけが残った感じ。

費用も高額なので、ポンポンと契約をもらえる営業ではありません。

 

ライバル会社も多いですしね。

難易度が高く、離職率が高いです。

⑤ハウスメーカー(住宅)営業

理由は、1家族に一生で1つしか売れないから。

夢のマイホームを何個も買う人はいません。

 

なのに、ハウスメーカーは大手~中小まで星の数ほどあります。

少ない顧客にライバル会社が群がるので、難易度は高め。

あまり売れずに辞める人が多いですね。

⑥求人広告営業

離職率が高い理由は、クレームが多いから。

広告って「高い割に費用対効果が合わない」と思われがちなので、難易度が高いんです。

 

広告費を払ったのに効果がなければ、当然クレームになります。

ノルマ×クレーム処理で、メンタルやられて辞める人が多いです。

⑦OA機器の営業

離職率が高い理由は、売れにくいから。

IT化が進むほど、OA機器は売れなくなります。

 

特に、コピー機は衰退産業。

ペーパーレスの時代ですからね。

ネット通販の方が便利なので、営業マンはかなりきついです。

⑧自動車営業

離職率が高い理由は、給料が安いから。

僕は以前BMWを買ったことがあるんですが、担当者の月給は15万円くらいでした。

 

生活がギリギリな上に、ノルマのきついので辞める人が多いです。

華やかに見えますが、中身はかなり貧乏。

⑨派遣営業

離職率が高い理由は、以前より契約をもらいにくいから。

派遣法が厳しくなって、派遣を使う企業が減ってます。

 

反対に、

  • クラウドソーシング
  • UberEats
  • タイミー
  • ココナラ

など、派遣契約をしなくても手軽に人材を確保できる時代なので、派遣業界自体が衰退しています。

⑩損害保険営業

離職率が高い理由は、ネット損保が伸びてるから。

自動車保険や火災保険は、すでにネットから加入する時代。

 

わざわざ営業マンを経由する必要がありません。

また、損害保険はあんまり儲からないので、

辞める人が多いです。

【おまけ】飛び込み営業も離職率が高い

業界ではないですが、飛び込み営業も離職率が高いです。

理由は、精神がヤラれるから。

 

1日100軒以上とかピンポン押して、

  • 無視される
  • 怒鳴られる
  • 白い目で見られる

など、精神が病みます。

 

ネットが普及した以上、今は飛び込み営業の時代じゃないので辛いところ。

上記で紹介した10業界も、飛び込みが多いので離職率が高いわけです。

 

ちなみに、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】も離職率が高い営業の参考になるかと。

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】

離職率が低い営業の種類

  1. メーカー営業
  2. インフラ系の営業

離職率が低いです。

理由は売れやすいから。

 

詳しくは、営業の離職率が低い業界を解説【離職率が高い会社を見抜く方法】にまとめたので参考にどうぞ。

営業の離職率が低い業界を解説【離職率が高い会社を見抜く方法】

離職率が低い営業会社の選び方3選

離職率が低い営業職を選ぶ方法

どうせ転職するなら、できるだけ離職率が低い営業がいいな。

どうすれば、離職率が低い営業会社を見つけられるかな?

具体的な方法は、下記の3つです。

  1. 就職四季報で離職率を確認する
  2. 従業員数で調べる
  3. 営業に強い×ブラックを紹介しない転職エージェントに聞く

あなたの身を守るためにも、重要な行程です。

 

1つずつ解説しますね。

①就職四季報で離職率を確認する

就職四季報には、離職率が掲載されてます。


就職四季報2021年版

 

ただし、離職率を載せてない会社もあるので要注意。

離職率を載せてない=後ろめたいことがある証拠なので、転職しない方がいいですよ。

 

2000円くらいする本ですが、うっかりブラック営業会社に転職するよりはマシかと。

②従業員数で調べる

企業の従業員数の推移を調べましょう。

いつも求人を出してるのに、従業員数が増えてないなら離職率は高いです。

  • 企業のホームページ
  • 就職四季報

などで確認できます。

③営業に強い×ブラックを紹介しない転職エージェントに聞く

営業に強くて、ブラックを紹介しない転職エージェントに、優良な営業会社を紹介してもらう方法もアリかと。

  1. 優良な営業会社のリストをもってる
  2. ネットに載ってない内部情報を知ってる
  3. 内定が出るような履歴書・面接のサポートをしてくれる

など、一石三鳥くらいあります。

 

幸い無料なので、情報収集もかねて企業リストを見せてもらうと良いでしょう。

気に入った会社がなければ、断ってもOKです。

 

営業に強い×ブラックを紹介しない転職エージェントは、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめたので、興味あればどうぞ。

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

【適職診断】あなたが営業に向いてれば離職率は低い

営業ができるようになるメリット

そもそも、僕は営業に向いてるのかな?

営業に向いてるなら、離職率は下がるんじゃないかな?

営業に転職する前に、適職診断しましょう。

もし向いてないと悲惨ですからね。

 

営業の適職診断は、【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】をどうぞ。

記事を読むだけで、あなたが営業に向いてるかわかります。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

営業で長年やっていくコツ

そもそも営業って、どうやったら売れるの?

営業で長年やっていくコツがわかれば、離職しなくていいかも。

営業で長年やっていくコツは、下記の3つ。

  1. 先に相手に価値を与える
  2. 自分がやられて嫌なことは相手にもしない
  3. ただひたすら、相手の話を聞けばいい

 

僕はこの3つだけで、営業を10年続けられました。

10年が長いかはわかりませんが、少なくとも10年続けるコツです。

 

詳しくは、【厳選】営業の心得は3つだけ【主軸を相手にすれば売れ続けます】にまとめてます。

転職前に売れるコツを知りたい人はどうぞ。

【厳選】営業の心得は3つだけ【主軸を相手にすれば売れ続けます】

営業以外でおすすめの仕事6選

う~ん、ちょっと営業が不安になってきたな…

営業以外だったら、どんな仕事がおすすめなの?

具体的には、下記の6つがおすすめです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 宅地建物取引士

共通点は、手に職がつくこと。

終身雇用も崩壊したので、今は手に職をつけないと生き残れません。

 

詳しい仕事内容は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

営業が不安な人はどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【個人的意見】一番のびるのはITです【時代に波にのる生き方】

今後もっとも伸びるのは、誰がどう見てもIT業界でしょう。

  • AI
  • 5G
  • VR
  • 自動運転
  • ドローン技術

など、IT業界の伸びしろはまだまだあります。

 

個人的にはIT業界がおすすめ。

IT業界の今後の展望は、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】をどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

僕が営業を辞めてWebライターになった理由

理由は下記の3つ。

  1. IT業界だから
  2. 営業より楽に稼げるから
  3. 需要が増えてるから

事実、Webライターに転職してから、

人生が楽になりました。

 

詳しくは、営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話【辞める方法も解説】にまとめてます。

 

生活も安定したし、精神面もかなりです。

営業が不安な人には参考になるかと。

営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話【辞める方法も解説】

まとめ【営業の離職率は高いので慎重に検討してください】

まとめ【営業は離職率が高い厳しい仕事だけどメリットもある】

最後に、営業の離職率が高い5つの理由をもう一度まとめます。

  1. ノルマが辛い
  2. 新規開拓が辛い
  3. 飛び込みが辛い
  4. 電話営業が辛い
  5. ルート営業で顧客回りが辛い

 

そして、特に離職率が高い営業は下記の10業界です。

  1. 生命保険営業
  2. 郵便局の渉外営業
  3. 不動産営業
  4. リフォーム営業
  5. ハウスメーカー(住宅)営業
  6. 求人広告営業
  7. OA機器の営業
  8. 自動車営業
  9. 派遣営業
  10. 損害保険営業

 

離職率が低い営業会社を見つける方法は、下記の3つ。

  1. 就職四季報で離職率を確認する
  2. 従業員数で調べる
  3. 営業に強い×ブラックを紹介しない転職エージェントに聞く

 

「営業に強い×ブラックを紹介しない転職エージェント」は、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめてます。

 

そして、営業に転職するのが不安なら、

手に職がつく下記の6職種がおすすめ。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 宅地建物取引士

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】をどうぞ。

 

本気で転職したいなら、すぐに転職活動を始めましょう。

転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめました。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

あなたが転職に失敗しないことを祈っています。