営業のお礼メールの送り方のコツ6選【次につながる例文も紹介】

メールする女子

営業のお礼メールのコツを知りたいな。

なんか「とりあえず送る」みたいなのって、意味なくね?

 

できれば、なんか次につながるお礼メールを送りたい。

次アポとか紹介とか。

 

あと、お礼メールの例文とかも見たいな。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事から得られる結果は下記のとおり。

  • 営業のお礼メールのコツがわかる
  • 営業のお礼メールの例文がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業7年
  • 法人向けWebコンサル営業3年

営業のお礼メールは何千と送ってきました。

 

最初は上司に「送れ」と言われたから送ってましたが、あるときからコツを覚えました。

次アポとか、紹介とか、次につながるお礼メールを送れるようになったんです。

 

この記事は、そのノウハウをまとめました。

10年の営業経験をまとめたので、けっこう信ぴょう性あるかと。

お礼メールの参考になればうれしいです。

営業のお礼メールの送り方のコツ6選

メール

営業のお礼メールの送り方のコツは、下記の6つです。

  1. 当日中にメールを送る
  2. 返信の返信はいらない
  3. メールの件名で注意をひく
  4. 「初めて聞きました」と書く
  5. 「◯◯様だけに本音を言いますが…」と書く
  6. 必ず追伸を書く

1つずつ見ていきましょう。

①当日中にメールを送る

面談をした当日に、お礼メールを送りましょう。

礼儀正しいという印象があるからです。

 

また、

  • 誠実な人
  • きちんとしている人
  • 仕事ができる人

という印象を与えることもできますね。

②返信の返信はいらない

あなたがお礼メールを送って、相手から返信がきたら、返信の返信は必要ありません。

相手がまたメールを見なければいけないからです。

 

意外とスパッと終わって大丈夫です。

③メールの件名で注意をひく

メールの件名は、相手の注意をひく内容にしましょう。

メールボックスで最初に目に入るのは、件名だからです。

 

「お!なんだこれ?」と興味をひく件名にすると、

期待感をもってあなたのメールを開いてくれます。

 

ダメな件名の例は、下記のとおり。

  • 本日はありがとうございました。
  • 本日お伺いした〇〇です
  • 貴重なお時間をいただきありがとうございました

新鮮さを感じないため、あなたは普通の営業マンだと思われてしまいます。

 

良い件名の例は、こんな感じ

  • 〇〇の件、やってみました
  • 〇〇様の〇〇のお話、衝撃でした
  • 本日お話にでた〇〇は、これのことですか?

こんな感じで、普通と違う件名にすると差別化できます。

 

相手はこの件名で「失礼だ!」とは思いません。

まずは、件名で興味をひきましょう。

④「初めて聞きました」と書く

「〇〇様の〇〇〇のお話、初めて聞きました」と、書きましょう。

人は相手が知らないことを教えてあげると、うれしい気持ちになるからです。

 

例えば、

  • 本日お聞きした、メルマガの話、初めて聞きました。さっそく登録してみました!

みたいな感じです。

 

この辺の細かいスキルは、

メンタリストDaiGoさんの本、

「人を操る禁断の文章術(メンタリズム)」で解説されています。

お礼メールは、相手を操って契約に導くためにするものなので、超実戦的な本です。


人を操る禁断の文章術
 

 

1400円する本ですが、相手を操るメール術もたくさん解説されているので、すぐに元はとれますよ(^^)

⑤「〇〇様だけに本音を言いますが…」と書く

お礼メールでは、「〇〇様だけに本音を言いますが…」と書いてみましょう。

相手は「特別扱いされた」と思い、またあなたに会いたくなるからです。

 

例えば、

本日はありがとうござました。

実は、〇〇様だけに本音を言いますが、今日お伺いするのはけっこう緊張しておりました。

ですが、〇〇様がとても丁寧に対応してくださったので、緊張せずに済みました。

私も人と会うときは、〇〇様のように丁寧に対応しようと背筋が伸びる思いです。

 

みたいな感じです。

 

特別扱いされて嫌な人はいません。

「〇〇様だけに本音を言います…」を上手に使って、相手の興味をひきましょう。

⑥必ず追伸を書く

お礼メールには、必ず追伸を書きましょう。

人は、本文よりも追伸を読んでしまうからです。

 

あなたも、追伸(PS.)って読みませんか?

「追伸=本音が書かれている」というイメージなので、相手はついつい読んでしまいます。

 

例えば、

追伸

本日お話にでた〇〇ですが、弊社で対応可能か調べておきますね。

 

という感じ。

 

人は「本文よりも追伸を読んでしまう」ということは、

一番伝えたいことは本文で伝えず、追伸で伝えるのもコツです。

営業のお礼メールの例文【次につながります】

喜ぶ子ども

次につながるお礼メールの例文を紹介します。

下記の例文を、型にしてもらっても大丈夫です(^^)

件名:〇〇課長の勉強量に驚愕しました

 

〇〇〇〇株式会社

〇〇〇事業部

〇〇課長

 

本日お伺いしました、株式会社△△△△の△△です。

本日は貴重なお時間とお話をいただき、ありがとうございました。

 

〇〇課長にお聞きしたメルマガですが、初めて聞きました。

さっそく登録してみました!

 

〇〇課長には本音を言いますが、私の周りで〇〇課長ほど勉強している人はいないかもしれません。

今日は少ししか〇〇課長のお話を聞けませんでしたが、正直もっと聞きたかったですね。

 

また次回、お話聞かせてください。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

追伸

あのあと、〇〇課長のお話に出た□□□□について、お役に立てるアイデアを思いつきました。

おそらく問題解決できると思います。

次回お会いした際にお話しできるようにしておきます。

 

血が通ったメールなので、

「また会ってみようかな」と思います。

 

相手が返したくなるメールを送るのがコツです。

ついでに、ダメな例文も解説

ついでに、ダメなお礼メールの例文も見てみましょう。

件名:ご面談のお礼

 

〇〇〇〇株式会社

〇〇〇事業部

〇〇課長

 

本日お伺いした株式会社△△△△の△△です。

本日は貴重なお時間を頂戴しありがとうございました。

 

〇〇課長のお話、とても参考になりました。

次回は、ぜひとも弊社のサービスのお話をさせていただければと思っています。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

これでは、「あなたにまた会いたい」と思いませんよね。

「次はこっちの話をさせろ」は最低ですね。

 

売り込みになっちゃうので、返信すらこない可能性があります。

まとめ【営業のお礼メールは次につなげるために送る】

パソコン女性

この記事をまとめます。

  • お礼メールの送り方の基礎はおさえておく
  • 契約につなげるためにお礼メールを送る
  • みんな、普通のお礼メールに飽きている
  • お礼メールは次のアポへの期待感を高めるもの
  • 契約につながるお礼メールの例文を活用して、相手の心をつかむ

記事を参考にさっそくやってみましょう。

1年も継続すれば、次アポも紹介も増えますよ。

 

「お礼メールも大事だけど、アポ取りのメールを上手に送りたい」という人は、

営業のアポをメールでとるコツ10選【実際にアポがとれた例文も紹介】も読んでみてください。

営業のアポをメールでとるコツ10選【実際にアポがとれた例文も紹介】

 

また、メールで新規開拓できるノウハウを、

営業メールで新規開拓できる件名【メアドがわからなくてもアポ取れる】にまとめておきます。

営業メールで新規開拓できる件名【メアドがわからなくてもアポ取れる】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです(^^)