営業の1日の流れを見てみよう【未経験者の転職の3つの注意点】

まとめ【正しい営業活動をすればノルマを達成できる】

営業の1日って、どんな感じなんだろう?

営業職に転職を考えてるけど、どういうことやってて、どういうスケジュールで動いているのか知りたい。

 

営業の1日を見て、自分が働くイメージをもちたい。

自分に営業ができそうかどうか参考にしたいな。

 

あと、未経験で営業に転職するときの注意点も知っておきたい。

僕はそもそも営業に向いてるのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の1日の流れがわかる
  • 未経験から営業に転職するときの注意点がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やっていました。

  • 生命保険営業:7年
  • 法人向けWebコンサル営業:3年

全種類の営業職をやったわけではありませんが、個人営業と法人営業の経験が両方あります。

営業10年やった僕が書いた記事なので、信ぴょう性はあるかと。

 

営業の1日のスケジュールを見て、あなたにできそうかチェックしましょう。

 

また、未経験から営業に転職するときの注意点もまとめました。

けっこうブラック企業が多いので注意しましょう。

営業の1日の流れを見てみよう【スケジュールのイメージ】

営業の1日を見てみよう

営業の1日の基本的な流れは、

  1. 朝礼
  2. 営業
  3. 帰社、明日の準備

です。

もちろん、営業職の種類によって違いはありますが、だいたいは上記の流れ。

 

あとは、

  • アポが中心の日
  • アポ取りの日

が分かれている人もいますね。

いくつかパターン別の営業の1日をご紹介していきます(^^)

個人営業の1日の流れ

個人営業の1日を見てみましょう。

  1. アポ中心の日
  2. アポが少ない日
  3. 土日祝

の3パターンをご紹介します。

アポ中心の日

  • 6:30:起床
  • 8:00:同僚と朝の勉強会
  • 9:00:朝礼
  • 9:30:今日のアポの準備
  • 10:30:1件目のアポ
  • 12:30:昼食
  • 14:00:2件目のアポ
  • 16:00:アポ取りのメールや電話
  • 19:00:3件目のアポ
  • 21:30:帰宅、夕食
  • 0:00:就寝

個人営業は、1アポの時間は2時間みておきましょう。

個人のアポは世間話もあるため、長くなりがちです。

 

個人営業の辛いところは、19時以降のアポが多いこと。

サラリーマン向けに営業すると、彼らの仕事が終わったあとのアポになるのでどうしても夜アポが増えます。

アポが少ない日

  • 6:30:起床
  • 8:00:同僚と朝の勉強会
  • 9:00:朝礼
  • 9:30:明日以降のアポの準備
  • 12:00:アポ取りのメールや電話
  • 13:00:昼食
  • 14:00:仕事の勉強
  • 19:00:アポ
  • 21:30:帰宅、夕食
  • 0:00:就寝

個人営業のアポのメインは夜です。

前述のとおり、サラリーマン向けだと夜アポになってしまうからです。

土日祝

  • 8:00:起床、アポの準備
  • 10:30:1件目のアポ
  • 13:00:昼食
  • 14:00:2件目のアポ
  • 17:00:帰宅
  • 0:00:就寝

個人営業は土日祝のアポもあります。

サラリーマン向けだと、彼らが休みの日に営業することもあるからです。

 

僕も個人向け営業を7年やっていましたが、

7年間で休んだのは100日ないですね。

個人営業は、休みが少ないのが辛いところです。

 

ちなみに、個人営業と法人営業の違いを、

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】にまとめたので、読んでみてください。

 

個人営業と法人営業で、あなたに合いそうな方を選びましょう。

法人営業と個人営業の10の違い【どちらに合うかもチェック】

法人営業の1日の流れ

続いて、法人営業の1日を見てみましょう。

  1. アポ中心の日
  2. アポが少ない日

の2パターンをご紹介します。

 

法人営業は土日祝は基本休みです。

営業先も休んでいるからです。

アポ中心の日

  • 7:00:起床
  • 9:00:朝礼
  • 9:30:アポの準備
  • 10:30:1社目のアポ
  • 12:00:昼食
  • 13:30:2社目のアポ
  • 16:00:3社目のアポ
  • 18:00:帰社、明日の準備
  • 19:00:帰宅
  • 0:00:就寝

法人営業のアポの時間は、1時間みておけば大丈夫です。

決まりはないのですが、1アポの時間は1時間までという暗黙の了解があります。

 

法人営業の良いところは、夜アポはめったにないこと。

※ただし、接待や飲み会があれば別です。

アポが少ない日

  • 7:00:起床
  • 9:00:朝礼
  • 9:30:アポ取り(電話、メール)
  • 12:00:昼食
  • 13:00:アポ取り(電話、メール)
  • 18:00:帰宅
  • 0:00:就寝

アポが少ない日はアポ取りをします。

法人営業は相手企業をよく調べてから連絡した方が精度が高いので、アポ取りにけっこう時間がかかります。

 

ちなみに、法人営業に向いてる人の特徴を、

法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】にまとめたので、読んでみてください(^^)

 

あなたが法人営業に向いてるかわかります。

法人営業に向いてる人の特徴10選【きちんと勉強すれば売れます】

ルート営業の1日の流れ

続いて、ルート営業の1日を見てみましょう。

  • 7:00:起床
  • 9:00:朝礼
  • 9:30:今日回る会社のための準備
  • 10:00:既存客回り
  • 12:30:昼食
  • 13:30:既存客回り(時間があれば新規の飛び込み営業)
  • 17:30:帰社して注文の手配
  • 19:00:帰宅
  • 0:00:就寝

ルート営業は基本的に既存客を回りますが、時間があれば新規の飛び込み営業もします。

 

ルート営業は基本平日のみです。

※相手企業も土日祝は休みなので。

 

ちなみに、ルート営業は楽だと思われがちですが、きつい部分もあります。

 

ルート営業のきつい部分を、

ルート営業がきつい4つの理由【転職先は好きな商材で選ぶと売れる】にまとめたので、読んでみてください。

ルート営業ならではの、悩みがわかります。

ルート営業がきつい4つの理由【転職先は好きな商材で選ぶと売れる】

営業の1日の訪問件数はどれくらい?【答え:数が問題ではない】

結論、数はあんまり重要じゃないです。

やみくもに訪問しても売れないから。

 

訪問して、相手に役立つ情報提供をしたら売れます。

この辺は、【悲報】営業は1日の訪問件数を増やすだけでは売れない【Webを活用】にまとめたので、イメージにどうぞ。

【悲報】営業は1日の訪問件数を増やすだけでは売れない【Webを活用】

営業で1日サボるのはダメなの?【答え:サボってOK】

ぶっちゃけ、サボってOK。

サボってパフォーマンスが良くなるなら、

サボった方がいいから。

 

ただし、ダラダラとサボるのはダメでした、上手なサボり方があります。

この辺は、営業が1日サボるのは問題なし【ノルマ未達なら売るか辞めるか決断】にまとめたので、イメージにどうぞ。

営業が1日サボるのは問題なし【ノルマ未達なら売るか辞めるか決断】

未経験で営業に転職する3つの注意点

未経験で営業に転職する前に知っておくべきこと

営業の1日の感じはわかった。

転職を考えてるけど、なんか転職するときの注意点ってある?

未経験から営業に転職するときの注意点は、下記の3つです。

  1. 営業の辛いところを知っておく
  2. 転職前に営業に向いてるか診断する
  3. 営業はブラック企業が多いので注意

これやっとくと、転職の失敗を防げますよ。

 

1つずつ解説しますね。

①営業の辛いところを知っておく

転職する前に、営業の辛いところを知っておきましょう。

知らなかった!

と後悔しても遅いので。

 

代表的な「営業の辛いところ」は下記のとおり。

  • ノルマが辛い
  • 新規開拓が辛い
  • 飛び込み営業が辛い
  • 電話営業が辛い
  • ルート営業が辛い

 

克服方法は、営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】にまとめてます。

これ読んで、大丈夫そうなら挑戦してみても良いかと。

営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】

②転職前に営業に向いてるか診断する

転職する前に、あなたが営業に向いてるか適職診断しておきましょう。

転職してから向いてないとわかったら、遅いので。

 

詳しくは、【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】にまとめてます。

 

記事を読むだけで、あなたが営業に向いてるかわかります。

向いてるならGOです。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

③営業はブラック企業が多いので注意

営業はマジでブラック企業が多いので、注意してください。

誰でもできる仕事だけに、採用のハードルが低くてブラック化しやすいから。

 

事前にブラック企業を見分けるコツは、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

 

あと、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】も参考になるかと。

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】

うっかりブラックな営業会社に、転職しないようにしてください。

優良な営業会社に転職する方法【未経験者でも大丈夫】

ブラック企業を見分けるとか、自信ないなぁ…

優良な営業会社を見分けるのは、もっと自信ない…

 

その上、自分に合ってる営業会社を見つけるのはムリじゃね?

という人は、営業に強いキャリアカウンセラーに相談すればOK。

営業転職のプロなので、あなたに合う会社に転職できますよ。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  • 営業の適職診断
  • あなたのヒアリング
  • あなたに合う優良な営業会社の紹介
  • 内定が出やすい履歴書や面接のサポート

営業が初めての人ほど右も左もわからないと思うので、プロに相談する方が無難です。

営業転職に強いキャリアカウンセラー【転職エージェントでOK】

営業転職に強いキャリアカウンセラーは、営業に強い転職エージェントに相談すればOK。

※在籍してるので。

 

未経験からの営業転職に強い転職エージェントは、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめてます。

 

ブラックは紹介されないので、とりあえず無料相談しておいて損はないかと。

紹介された企業が嫌なら断ってOKなので、情報収集の一環でどうぞ。

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

まとめ【営業の1日の流れを知ってから転職しよう】

まとめ【営業の1日を知って働くイメージをしよう】

この記事をまとめます。

  • 営業の種類によって、1日のスケジュールはちょっと違う
  • 転職前に営業の辛いところと、克服方法を知っておこう
  • 営業に転職する前に、あなたが営業に向いてるか適職診断しておくと安心
  • 営業の会社はブラック企業が多いので注意
  • あなたに合う営業会社に出会うのは、キャリアカウンセラーに相談が無難

本気で営業に挑戦してみたいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

優良な営業会社ほど早く定員が埋まるので、ブラックの遭遇率が高くなるから。

 

初めて営業に転職する人は、一応キャリアカウンセラーの話も聞いとくと参考になるかと。

あなたに合う営業会社を紹介してくれるので、ヒントになるかもしれません。

 

どうせ無料だし、嫌なら断って大丈夫。

ブラック企業は排除してくれるし、情報収集の一環として相談してみて損はないと思います。

 

営業に強いキャリアカウンセラー(転職エージェント)は、

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】をどうぞ。

 

また、未経験で営業に転職するときの基礎情報を、

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめてます。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです。