営業の面白いところ12選【辛いところやあなたが向いてるかも解説】

営業の面白いところ12選【辛いところやあなたが向いてるかも解説】

営業の面白いところを知りたいな。

どんなところに楽しさややりがいがあるんだろう?

 

今の給料じゃヤバいし、年齢相応の収入がほしいから営業に転職を考えてるんだよね。

将来も稼げる営業スキルが身についたら、安心だろうな。

 

でも、自分に営業ができるか不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の面白いところ12選
  • 営業の辛いところ23選
  • あなたが営業に向いてるかチェック
  • 営業でおすすめの業界4選

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

10年やった結果、営業の面白いところをまとめたので、けっこう信ぴょう性があると思います(^^)

 

未経験から営業に転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです。

それでは、さっそく見ていきましょう。

営業の面白いところ12選

営業の面白いところ12選

営業の面白いところは、下記の12個です。

  1. 契約をもらえたとき
  2. 紹介をもらえたとき
  3. 誰もやってない方法で成果が出たとき
  4. ノルマや目標を達成したとき
  5. 稼げたとき
  6. 努力が身を結んだとき
  7. 嫌いな同僚に勝ったとき
  8. お客さんを驚かせたとき
  9. お客さんに感謝されたとき
  10. 尊敬する上司にほめられたとき
  11. 手に職がついたと実感したとき
  12. 人脈が増える

1つずつ解説しますね(^^)

①契約をもらえたとき

やっぱり契約をもらえたときは、面白いと感じますね。

お客さんから受け入れられた瞬間だからです。

 

大きい契約は特にうれしいですね。

契約になったときの達成感は、ちょっと他の仕事では味わえません。

②紹介をもらえたとき

お客さんから紹介をもらったときも、面白いと感じます。

人は、よほど気に入らないと自分の大切な人脈を紹介しないからです。

 

不信感のある人に、大切な人は紹介しません。

あとでトラブルになるリスクがあるからです。

 

「紹介をもらえた」ということは、

お客さん

あなたのことを全面的に信頼しています

という証拠なのでうれしいです(^^)

③誰もやってない方法で成果が出たとき

誰もやってない方法で成果が出たときは、

かなりテンションが上がります(^^)

誰もやってない=1人勝ちだからです。

 

例えば、僕も「誰もやってない方法」で成果を出していました。

 

「営業マンはWebを活用しない」と気づいたので、Webを活用して法人営業を始めたところ、かなり当たりました(^^)

面白いように新規開拓できて、面白いように契約をもらえました。

 

営業の世界で、勝つことができたんです。

誰もやってない方法を見つけるのは、

営業の醍醐味ですね。

 

ちなみに、僕がやってたWebを活用した営業手法は、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

④ノルマや目標を達成したとき

ノルマや目標を達成したときは、やっぱり面白いです。

自分のやってきたことが認められた瞬間だからです。

 

営業マンとしての責任も果たせたことになるので、社内での居心地も良くなります(^^)

反対にノルマや目標を達成できないと、

社内での居心地は悪いです。

 

ちなみにノルマを達成する方法は、

営業のノルマを達成する方法9選【20代限定:きついなら辞める】にまとめているので、ノルマが不安な人は読んでおいてください。

営業のノルマを達成する方法9選【20代限定:きついなら辞める】

⑤稼げたとき

たくさん売れて稼げたときは、面白いと感じます。

自分の力の対する報酬なので、すごく達成感があるからです。

 

たくさん稼げたときは、自分へのご褒美ができるのもうれしいですよ(^^)

 

例えば、

  • 休暇をとって旅行に行ってみる
  • 彼女を高級なレストランに招待する
  • 親を旅行に連れてってあげる
  • 欲しかった車を買う

など、楽しいイベントもできますよ。

 

営業はインセンティブ(歩合給)がつきものなので、営業職になるなら稼がないと意味ないです。

 

ちなみに、営業のインセンティブについては、

営業のインセンティブの仕組み【売りやすい商材じゃないと危険】にまとめているので、読んでみてください(^^)

営業のインセンティブの仕組み【売りやすい商材じゃないと危険】

⑥努力が身を結んだとき

努力が身を結んだと実感したときは、面白みを感じます。

がんばってきて良かったと感じるからです(^^)

 

例えば、

  • 勉強したことが活かされたとき
  • 挑戦した取り組みで成果が出たとき
  • 毎日繰り返してきたことで成果が出たとき

などは、かなりうれしいものです。

⑦嫌いな同僚に勝ったとき

嫌いな同僚に勝ったときは、面白いです(^^)

 

営業は数字の世界なので、優劣がハッキリわかります。

ぐうの音もでないほど、

嫌いな同僚を叩きのめせるからです。

 

反対に、嫌いな同僚に負けたときはかなり悔しいです。

⑧お客さんを驚かせたとき

お客さんを驚かせたときは、面白みがあります。

喜んでくれるからです。

 

例えば、

  • お客さんが知らない、役に立つ情報を教えてあげる
  • お客さんの悩みを解決する方法を伝える
  • お客さんの予測を上回る

などで驚いてくれると、やりがいを感じます(^^)

⑨お客さんに感謝されたとき

やっぱり、お客さんに感謝されたときは良いものです。

「ありがとう」と言われたら、そりゃ嬉しくなるからです。

 

例えば、

  • お客さんの窮地を救った
  • お客さんにサプライズして喜んでくれた
  • お客さんに得をさせた

というときは感謝されます。

 

感謝されると紹介も出るので、「ありがとう」と言われる努力をしましょう(^^)

⑩尊敬する上司にほめられたとき

尊敬する上司にほめられたときは、面白みを感じます。

「認められた!」と思うからです。

 

例えば、

上司

よくここまでやったな!

上司

正直、ここまでやれるとは思ってなかったよ

上司

仕事できるようになったね

と尊敬する上司から言われたら、

一生忘れないくらい嬉しいものです(^^)

⑪手に職がついたと実感したとき

営業スキルが身について「手に職がついた」と実感したときは、面白いと感じます。

食いっぱぐれがなくなるからです。

 

営業できると、

どこにいってもやっていけます。

どんな業界でも、優秀な営業マンを求めているからです。

 

売る商材が変わっても大丈夫です。

「人を相手にする」という点は一緒だからです。

 

業界知識や商品知識は勉強すればわかるので、営業スキルが身につけば人生はイージーです。

⑫人脈が増える

営業していると人脈が増えるので、面白みを感じます。

人脈は財産だからです。

 

仮に会社を辞めても、人脈は残ります。

転職しても人脈を使えるので、あなたの財産です。

 

営業職という職業を利用して、一生ものの人脈を作れるのは営業職の特権です。

面白い人と出会って、そこから新しいビジネスが生まれることもあります(^^)

営業の辛いところ23選

営業の辛いところ23選

もちろん営業は面白いことばかりではありません。

辛いこともあります。

 

営業の辛いところは、

営業の辛いところ23選【営業の向こうには起業と自由がある】にまとめているので、読んでみてください。

 

もし営業職に転職するなら、辛い部分も知った上で慎重に検討しましょう。

営業の辛いところ23選【営業の向こうには起業と自由がある】

あなたが営業に向いてるかチェック

あなたが営業に向いてるかチェック

そもそも、あなたが営業に向いてるかチェックしておきましょう。

もしあまりに向いてないなら、

他の仕事の方が良いからです。

 

あなたが営業に向いてるかは、

営業に向いてる人の特徴32選【向いてない人の特徴も解説】を読むとわかります。

 

営業に向いてる人の特徴を32個あげているので、あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

 

17個以上あてはまれば、あなたは営業に向いてます。

16個以下なら、向いてません。

 

転職の参考にしてください(^^)

営業に向いてる人の特徴32選【向いてない人の特徴も解説】

営業でおすすめの業界4選

営業でおすすめの業界4選

営業職に転職するなら、売りやすい商材が良いですよね。

あまりにも売りにくい商材だと、辛いだけだからです。

 

営業でおすすめの業界を、

営業でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界も解説】にまとめているので、転職の参考にしてみてください。

 

営業職に転職するときは、

給料や休みなど条件で会社を選んではいけません。

売りやすい商材で選ぶのが大切です。

営業でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界も解説】

まとめ【営業は面白い仕事】

まとめ【営業は面白い仕事】

この記事をまとめます。

  • 営業の面白いところは12個ある
  • 営業の辛いところは23個ある
  • あなたが営業に向いてるかチェックしてみよう
  • 営業でおすすめの業界4選

営業の面白いところを知りたいな。

でも、自分に営業ができるか不安…

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、営業は全部で21種類もあります。

まずは、どんな営業があるのかを知るのも大切。

 

営業職の全体像をつかんだ上で、やりたい営業を選びましょう。

 

営業の種類については、

営業は21種類ある【営業の辛い部分も知っておきましょう】にまとめているので、読んでおきましょう。

営業は21種類ある【営業の辛い部分も知っておきましょう】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!