新人営業マンの5つの目標設定【SMARTの法則を実践しよう】

新人営業マンの5つの目標設定【SMARTの法則を実践しよう】

新人営業マン

営業の新人の目標設定のやり方を知りたいな。

売れるようになって、上司や会社から認められたいな。

 

いずれはトップセールスマンになりたい。

最高のスタートダッシュをしたいので、良い目標設定をしたい。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 新人営業マンの5つの目標設定
  • 目標設定はSMARTの法則で立てること

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

保険営業の初月に目標設定した結果、

オフィス1位の売上をあげることができました。

上司からアドバイスももらいながら、僕が実践して初月で売れた目標設定を解説します。

 

あなたの最高のスタートダッシュの参考になればうれしいです(^^)

新人営業マンの5つの目標設定

新人営業マンの5つの目標設定

新人営業マンの目標設定は、下記の5つが重要です。

  1. ちょっと頑張れば達成できる目標設定をする
  2. 行動量の目標設定
  3. 営業の型を完コピする
  4. 商品を完璧に覚える
  5. 上司に予測を上回る

1つずつ解説しますね(^^)

①ちょっと頑張れば達成できる目標設定をする

ちょっと頑張れば達成できる目標を設定しましょう。

達成感を味わえて、勝ちグセがつくからです。

 

例えばこんな感じ。

  • 誰でもいいから、1日1アポ入れる
  • 1日1件の飛び込み営業
  • 1日1件のテレアポ

すぐに目標達成できることから挑戦してみましょう。

 

まずは0を1にするところからです。

自信もつくので、売れる営業マンになれますよ。

②行動量の目標設定

最初は行動量の目標設定をしましょう。

いきなり売上の目標設定だと、達成できない可能性があるからです。

 

例えばこんな感じ。

  • 1週間で10件のアポを入れる
  • 1週間で名刺を10枚集めてくる
  • 1週間に1件、先輩の動向営業を入れる

行動量が増えていけば、自然と売上も上がります。

 

だから最初は行動量にこだわればOK。

最初は売上の目標設定をしないのがコツです。

③営業の型を完コピする

初月で営業の型を完コピしましょう。

型を覚えれば必ず売れるからです。

 

「営業の型」とは、例えばこんな感じです。

  • アプローチの型
  • プレゼンの型
  • クロージングの型

先輩や上司から売れる型を教えてもらって、

初月で完コピしてください。

ロープレするのも良いですし、スマホで撮影しながら練習するのも良いですね。

 

ちなみに、アプローチ・プレゼン・クロージングの型は、下記の3記事でも解説してます(^^)

  1. 営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】
  2. 営業のプレゼンの9ステップ【成約率がグンと上がる法則】
  3. 【結論】営業のクロージングは必要ない【3つのコツと禁句も紹介】

④商品を完璧に覚える

初月で商品は完璧に覚えましょう。

商品を知らないと売れないからです。

 

1ヶ月目は研修の会社も多いと思うので、研修期間中に商品を猛勉強してください。

正直、商品の勉強は最低限です。

 

間違った知識で売ってしまうとお客さんにも迷惑がかかるので、完璧に覚えましょう。

⑤上司の予測を上回ること

上司から言われたことは、必ず上回ってやりましょう。

自信がつくからです。

 

僕は保険営業の初月に、上司から、

上司

2週間で、保険証券のコピーを20枚集めてこい

と言われました。

 

なので、5日で30枚集めてやりました(^^)

 

上司はすごく驚いて、めちゃくちゃほめてくれました。

その波にのって、初月でオフィス1位になった感じです。

 

最初に上司の予測を上回っておくと、自然と売れます。

目標設定はSMARTの法則で立てること

目標設定はSMARTの法則で立てること

目標設定は「SMARTの法則」で立てましょう。

  • S(Specific):具体的な目標
  • M(Measurable):計測できる目標
  • A(Achievable):実現可能な目標
  • R(Result oriented):意味のある目標
  • T(Time-bound):期限がある目標

目標設定の基本中の基本なので、必ずSMARTを実践してください。

 

良い例悪い例で、1つずつ解説しますね。

S(Specific):具体的な目標

具体的な目標を立てましょう。

具体的じゃないと、目標を達成したかどうか判定が難しいからです。

 

悪い例はこちら。

  • お客様から信頼される
  • 自信をつける
  • 一番頑張る

これらは達成したか判定できないですよね。

 

良い目標設定はこんな感じ。

  • 今週はアポを5件入れる
  • 今日はテレアポを50件やる
  • 今日は30社に飛び込む

明らかに判定できる目標設定をしましょう。

M(Measurable):測定できる目標

測定できる目標を立てましょう。

測定できないと、次に活かせないからです。

 

悪い例はこんな感じ。

  • 一生懸命アプローチする
  • 熱意をもってクロージングする
  • 頑張ってアポを取る

正直、曖昧すぎます。

 

良い目標設定はこんな感じ。

  • AとBのアプローチを試して、どちらが商談に入れるか測定する
  • クロージングトークを3パターンやってみて、どれが売れるか測定する
  • 午前中と午後で、アポ取得率がどれくらい違うか測定する

細かく測定できるので、どんどん精度が上がっていきます。

 

これを「PDCA」と言います。

PDCAとは「試行錯誤」のこと。

 

試行錯誤を繰り返すことで、どんどん売れます(^^)

 

ちなみに、営業のPDCAについては、

営業のPDCAのやり方7ステップ【成果を出す作戦例も解説】にまとめたので、読んでおきましょう。

営業のPDCAのやり方7ステップ【成果を出す作戦例も解説】

A(Achievable):実現可能な目標

実現可能な目標設定をしましょう。

現実的じゃない目標設定は、無意味だからです。

 

悪い例はこんな感じ。

  • 先月の売上が100万円だったから、今月は10億売る
  • 先月はオフィスでビリだったから、今月はトップをとる
  • 1日1000件テレアポする

無謀な目標設定の特徴は、達成までの道筋が見えないこと。

道筋が見えないことは、絶対達成できません。

 

つまり、無謀な目標設定は無意味なんです。

 

良い例はこんな感じ。

  • 先月よりアポ数を5件増やす
  • 昨日テレアポを20件したので、今日は30件かける
  • 毎日15分だけ勉強する

実現可能な目標は達成しやすいので、自信がつきます。

 

自信つけば商談の雰囲気が良くなり、結果売れます。

R(Result oriented):意味のある目標

当たり前ですが、意味のある目標を設定してください。

仕事の目的と関係ない目標設定は、無意味です。

 

悪い例はこんな感じ。

  • 社内の人と仲良くなる
  • 毎朝、オフィス内を掃除する
  • 一番早く出社する

売上と一切関係ないので、こういった目標設定は無意味です。

 

売上に直結する目標設定をしましょう。

T(Time-bound):期限がある目標

目標設定には期限が必要です。

期限がないと、いつまでたっても目標達成できないからです。

 

悪い例はこんな感じ。

  • いつか1日30件飛び込めるようになる
  • いつか1日3アポ入れられるようになる
  • いつか紹介をもらう

これでは「やってもやらなくてもいい」ということですよね。

 

良い例はこんな感じ。

  • 今日は1日30件飛び込む
  • 今月は1日3件のアポを入れる
  • 今月は10人紹介をもらう

必ず期限を設けましょう。

 

期限を設けるのはプレッシャーを感じますが、人はプレッシャーがかからないと成長しません。

まとめ【新人営業マンの目標設定のコツは5つ】

まとめ【新人営業マンの目標設定のコツは5つ】

この記事をまとめます。

  • ちょっと頑張れば達成できる目標設定をする
  • 行動量で目標設定する
  • 初月で営業の型を完コピして、商品を完璧に覚える
  • 上司に予測を上回る
  • SMARTの法則で目標設定する

新人営業マンさんは、目標設定の参考にしてみてください。

 

この記事を読んだだけでは目標達成できないので、必ず実行しましょう。

実際に目標設定すれば、必ず売れます。

 

ちなみに、さらに詳しい目標設定のコツを、

営業マンの目標設定の6つの基礎【目標設定しないで成果を上げる】にまとめたので、読んでみてください(^^)

 

より正確に、安定して売上をあげる目標設定を解説しています。

営業マンの目標設定の6つの基礎【目標設定しないで成果を上げる】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです!