営業未経験者が面接で聞かれる6つの質問と回答【面接官に営業する場】

営業未経験者が面接で聞かれる6つの質問と回答【面接官に営業する場】

営業が未経験だと、面接でどんなことを聞かれるんだろう?

 

面接だからちゃんとするつもりだけど、

「本当に売れますか?」とか聞かれたらビビるなぁ…

 

どうしたら内定がもらえるだろう?

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業未経験者が面接で聞かれる6つの質問と回答
  • 面接官が見ていること【面接官に営業する】
  • あなたも面接官をよーく見ておく【ブラック判定】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

採用担当をやったこともあるので、採用する側の気持ちもわかります。

 

僕が採用をやっていたときに聞いていた、

6つの質問をまとめました。

営業未経験者ならではの質問を6つに厳選したので、回答方法を覚えておきましょう。

 

だいたいどこの会社でも聞かれる質問なので、マスターしておくと良いですよ。

あなたの面接の参考にしてください(^^)

営業未経験者が面接で聞かれる6つの質問と回答

営業未経験者が面接で聞かれる6つの質問と回答

営業未経験者が面接でよく聞かれる質問は、下記の6つです。

  1. なんで営業したいの?
  2. 前の仕事は何が嫌だったの?
  3. なんでうちに会社なの?
  4. 何を売るのかわかってる?
  5. 営業は大変だけど大丈夫?
  6. 本当に売れますか?

1つずつ解説しますね。

 

ちなみに、面接で一般的に聞かれる質問は、

営業の面接で聞かれる質問と回答例9選【応募企業の選び方も解説】にまとめたので、読んでおきましょう(^^)

営業の面接で聞かれる質問と回答例9選【応募企業の選び方も解説】

それでは、営業未経験者ならではの6つの質問の答え方を解説します。

【質問①】なんで営業したいの?

これ、100%聞かれます。

だって、面接官からしたら謎ですもん。

 

営業ってきつい仕事なので、

なんでわざわざ営業なんかやるんだろう?

と思う面接官もいますよ。

 

どうしてあなたが営業をやりたいと思ったのか、説明しましょう。

模範回答

模範回答は下記のとおり。

  • 稼ぎたいから
  • 人脈を活かしたいから
  • コミュニケーションスキルを活かしたいから

模範回答は、ポジティブな回答です。

 

印象も良くなりますよ(^^)

NG回答

NG回答は下記の感じです。

  • 他に応募できる仕事がなかったから
  • 前の仕事が嫌だったから
  • スーツを着る仕事をしたかったから

NG回答は、やる気を感じません。

【質問②】前の仕事は何が嫌だったの?

この質問には、ポジティブに答えればOK。

「前の仕事が嫌で辞めた」というネガティブが伝わると、不利だから。

 

模範回答は下記。

あなた

御社で働きたいと思ったからです。

前職の経験を活かして、御社に貢献したいです。

ポジティブですよね(^^)

 

ネガティブを引き出そうとトラップ仕掛ける面接官もいるので、ポジティブに答えましょう。

 

あと、転職理由については、

営業の転職理由=志望動機【ネガティブな退職理由は言わないこと】も参考になるので、読んでみてください(^^)

営業の転職理由=志望動機【ネガティブな退職理由は言わないこと】

【質問③】なんでうちに会社なの?

志望動機を答えればOK。

「なんでこの業界?」という質問でもあるので、準備した志望動機を答えましょう。

 

営業未経験者の志望動機の作り方は、

営業未経験者の転職の志望動機の書き方【履歴書用の例文も紹介】を読んでみてください。

 

例文もあるので、パクってOKです(^^)

営業未経験者の転職の志望動機の書き方【履歴書用の例文も紹介】

【質問④】何を売るのかわかってる?

企業分析してるか、確認する質問です。

これは面接前の準備が命。

 

きちんとリサーチして、売る商品を知りましょう。

できたら、競合リサーチもしておくと良いですね。

 

あなた

競合他社も調べましたが、◯◯◯◯の点において、

御社が一番商品力があると思ったので、御社に決めました。

と言うと説得力あります。

【質問⑤】営業は大変だけど大丈夫?

この質問では、営業につながりそうな経験を話すのがベストですね。

だって営業やったことないんだから、

類似体験を話すしかないですもん。

 

例えば、

  • 販売の仕事でたくさん売れた経験がある
  • コミュニケーションがうまくいった事例
  • 人脈が広がった体験

などなど。

 

類似体験を話すときは、自己PRを話せばOK。

 

営業の自己PRの作り方は、

営業の自己PRの型の4ステップと例文【志望動機の書き方も解説】にまとめたので、読んでみてください。

 

未経験者の自己PRの例文もあるので、パクってOKですよ(^^)

営業の自己PRの型の4ステップと例文【志望動機の書き方も解説】

【質問⑥】本当に売れますか?

この質問には、

あなた

売れます!

と答えてください。

 

ようは、覚悟を見られてる質問だからです。

 

NG回答は下記のとおり。

  • やってみないとわかりません
  • 自信はありません

本気度や、腹をくくれているかを見る質問なので「売れます」でOKです。

「売れます!」って言って売れなかったらどうするの?

別に問題なしです(^^)

採用すると決めたのが向こうだから。

 

あなたがすべきことは、ベストを尽くすことだけ。

頑張ったけど売れなかったなら、次の人生が見えてくるだけのことです。

 

だから、面接では「売れます!」と言えばOKです(^^)

面接官が見ていること【面接官に営業する】

面接官が見ていること【面接官に営業する】

営業の面接は、セールスの現場と一緒だと思ってください。

  • 面接官=お客さん
  • あなた=営業マン

という営業の模擬体験です。

 

面接官はお客さんの立場で、

「この人から買いたいか」を見ているんです。

なので、営業の面接は他の職種の面接とは、ちょっと違います。

 

「あなた」という商品を営業して、売り込む場です。

面接官に上手に営業する方法

でも、具体的にどうやって面接官に自分を売り込んだらいいの?

と不安な人は、転職する前に営業スキルを勉強しましょう。

営業スキルは、そのまま面接で使えるからです。

 

具体的な営業スキルは、

営業の上手な話し方17選【重要なのは話の聞き方】にまとめてるので、勉強してから面接に臨みましょう。

 

入社したらどのみち勉強することなので、先に勉強しちゃいましょう(^^)

営業の上手な話し方17選【重要なのは話の聞き方】

なんだかんだ見た目が大事【笑顔と清潔感】

なんだかんだで、人間の印象の半分以上は見た目なわけです。

視覚的な情報が、一番インパクトあるから。

 

「見た目」といっても、イケメンとか美人という意味ではありません。

  1. 笑顔がステキ
  2. 清潔感のある身だしなみ

の2点がそろっている人は、採用されやすいです。

 

特に営業は、人に会う仕事。

笑顔がステキで、清潔感のある人なら、お客さんの前に出しても問題ありません。

 

見た目に気を遣える人は、営業で採用されやすいです。

 

ちなみに、顔作りが苦手な人は、

売れる営業の顔の作り方3選【顔ができたら営業のテクニックを磨く】を読んでみてください。

 

営業の顔作りの方法を解説してます(^^)

売れる営業の顔の作り方3選【顔ができたら営業のテクニックを磨く】

あなたも面接官をよーく見ておく【ブラック判定】

あなたも面接官をよーく見ておく【ブラック判定】

面接では、あなたも面接官をよーく見ておきましょう。

 

あなたが会社を面接する場でもあるからです。

  • 本当に大丈夫な会社か
  • ブラック企業じゃないか
  • やっていけそうな会社か

などを、直接見れるのが面接です。

入社しない方がいい営業会社の特徴

面接で下記をされたら、内定辞退してください。

ブラック企業の可能性大です。

  • やたら上から目線
  • 圧迫面接
  • 面接官の態度が悪い
  • 面接官の身だしなみが悪い

 

だって、こういう人と働きたくないでしょ?

入社したら面接官と同僚になるわけです。

 

下手したら上司かもしれません。

嫌な感じがしたら逃げましょう。

 

面接して、

あなた

この会社で働きたい!

と思えたら内定承諾です。

まとめ【営業未経験者の面接は、あなたを売り込む場】

まとめ【営業未経験者の面接は、あなたを売り込む場】

この記事をまとめます。

  • 営業未経験者が面接で聞かれる6つの質問に、回答できるよう準備
  • 売れるのか聞かれたら「売れます!」と言い切ればOK
  • 営業の面接は、面接官にあなたという商品を売り込む場
  • 面接では見た目が重要【笑顔と清潔感】
  • 面接官の態度が悪かったら入社しない

未経験から営業の面接に向かうあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

6つの質問の回答例を参考に、あなたなりの言葉に置き換えて準備しましょう。

 

スマホであなたが話しているのを録画して、見返すのも大事。

録画=面接官に映るあなたなので、必ずやっておきましょう。

 

また、未経験から営業に転職する前に、

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法や業界の選び方も解説】を読んでおいてください。

  • 未経験者でも売れる方法
  • 営業の辛いところ
  • 営業の年収

などをまとめているので、転職する前に知っておきましょう。

 

本当にあなたが営業に転職していいかもわかります。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法や業界の選び方も解説】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)