新卒の営業の面接ならではの5つの質問【他の学生に差をつける方法】

新卒の営業の面接ならではの5つの質問【他の学生に差をつける方法】

新卒の営業の面接では、どんな質問をされるのかな?

圧倒的に他の学生と差を見せつけるには、どうすればいいかなぁ?

 

できるだけ大手の会社から内定をもらって、たくさん稼ぎたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 新卒の営業の面接ならでは5つの質問【質問の意図も解説】
  • 営業の面接で他の学生と差をつける2つの方法【営業経験者になる】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

採用担当をしたこともあるので、採用する側の気持ちもわかります。

 

この記事では、学生ならではの営業の面接の質問や、面接で勝つ方法を解説します。

 

営業の採用経験がある僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

あなたの面接対策の参考になればうれしいです(^^)

新卒の営業の面接ならでは5つの質問【質問の意図も解説】

新卒の営業の面接ならでは5つの質問【質問の意図も解説】

新卒の営業の面接ならではの質問は、下記の5つです。

  1. 学生時代に頑張ったこと
  2. サークル・部活動
  3. 友達は多いですか?
  4. 挫折体験と復活劇
  5. 達成した目標は?

かんたんに言うと、人脈とか目標達成能力を見る質問ですね。

質問の意図も含めて、1つずつ解説します。

 

ちなみに、営業の面接で一般的に聞かれる質問は、

営業の面接で聞かれる質問と回答例9選【応募企業の選び方も解説】にもまとめているので、読んでおきましょう。

営業の面接で聞かれる質問と回答例9選【応募企業の選び方も解説】

それでは「新卒の営業の面接ならでは5つの質問」を見ていきましょう。

①学生時代に頑張ったこと

学生時代に頑張ってきたことを聞かれます。

目標に向かって努力できるかを見るためです。

 

例えば、

  • アルバイト
  • サークル
  • 部活
  • 研究
  • ゼミ
  • 勉強

などですね。

 

ポイントは、成果付きで解説すること。

例えばこんな感じ。

大学で陸上部に所属していました。

自信の目標を◯◯◯に定めて努力した結果、◯ヶ月後に達成することができました。

 

成果を伝えることで、営業でも成果を出すイメージが伝わります。

②サークル・部活動

サークルや部活動の質問は、協調性を見る質問です。

営業は相手と協調する仕事なので、聞いておきたいんですよね。

 

例えば、

  • チームで一丸となって試合に勝った
  • メンバーが団結した結果、良い成績を出せた
  • サークルで一丸となって、文化祭の出し物を成功させた

などが良いですね。

 

もちろん「①学生時代に頑張ったこと」ともかぶるので、成果付きで解説しましょう。

③友達は多いですか?

人脈開拓力やコミュニケーション能力を見る質問です。

営業は、新しい人脈をどんどん作る仕事だからです。

 

具体的な回答方法は、

  • SNSでフォロワーが5000人います
  • 大学に入ってから、友達が100人以上できました
  • イベントを主催しています

など、人脈が多いこと・開拓できることをアピールしましょう。

 

人脈を増やせる人は営業で成功できるので、

内定をもらえる確率が高いです。

④挫折体験と復活劇

挫折体験と復活劇を聞く理由は、下記のとおり。

  • 挫折を味わっているか
  • 悪い状況から立ち直ることができるか
  • 逆境に立ち向かうことができるか

すべて営業に必要なスキルです。

営業も挫折と復活の繰り返しですからね。

 

例えばこんな感じ。

  • 大学受験に失敗したけど、浪人して合格した
  • 大学の部活で挫折したけど、レギュラーを獲得した
  • 最初は講義についていけなかったけど、良い成績をとった

挫折から復活した人は、営業で挫折しても復活できる可能性あります。

⑤達成した目標は?

達成した目標を聞く理由は、目標達成力を見るためです。

営業はノルマがあるので、目標達成力が必須。

 

なので、あなたが達成した目標を伝えましょう。

 

例えば、

  • テストで高得点をとった
  • 大会で優勝した
  • アルバイトで売上目標を達成した

正直、営業に一番必要なのが目標達成力。

この質問はかなり重要です。

営業の面接で他の学生と差をつける2つの方法【営業経験者になる】

営業の面接で他の学生と差をつける2つの方法【営業経験者になる】

新卒の営業の面接ならではの質問はわかったけど、

なんか他の学生に差をつける方法はないかな?

 

なんていうか、必殺技みたいなネタを作りたいな。

「これを言えば内定もらえる!」みたいな奥義はないかなぁ?

という人は、下記の2つを実践してください。

  1. 販売系のアルバイトで売りまくる
  2. 何か売ってみる

ようは、営業経験者になっちゃえばOK。

 

新卒の最大の弱点は、営業経験がないことです。

どんなに面接で良いことを言っても、常に、

でも、何も売ったことないじゃん

がついて回ります。

 

この根本的な問題を解決するには、

営業経験者になるのが手取り早いです。

なので、学生中に営業経験者になっちゃいましょう。

 

2つの方法を詳しく解説しますね(^^)

①販売系のアルバイトで売りまくる

一番良いのは、販売系のアルバイトで売りまくることですね。

販売と営業は近いので、評価に値するからです。

 

販売職で売れるということは、

  • プレゼンテーション能力が高い
  • 人と短時間で打ち解けるコミュニケーション力がある
  • クロージング力がある

という証拠なので、営業で通用しますよ。

 

お金ももらえるし、一石二鳥です(^^)

②何か売ってみる

販売のアルバイトをするにも、

面接までもう日がないよ…

という人は、人に何か売ってみましょう。

 

売るものは何でもよくて、例えば、

  • あなたがもう使わないもの
  • 売るものがなければAmazonとかで何か仕入れて売る

などでOK。

 

えー、人に何かをいきなり売るなんて無理…

という人はちょっと厳しいですが、営業は考え直した方がいいかも。

営業って、売る仕事なので。

 

具体的に売る方法は、下記のとおりです。

  • あなたの周りの人たちが欲しそうな物を調べる
  • 物を仕入れる
  • 周りの人が欲しい物であるとプレゼンする
  • 利益が出る金額で売る

 

例えば、友達がかわいいスマホケースが欲しいなら、

  • 具体的なスマホケースのイメージを聞く
  • Amazonで探す
  • 仕入れ値より高い金額で友達に売る

って感じでOK。

 

営業した既成事実ができます。

すぐできるので、やってみてください(^^)

 

営業の練習にもなるので、一石二鳥です。

 

ちなみに営業スキルを勉強したい人は、

【実証済み】営業のテクニック31選【勉強したら練習してみよう】に基礎的なテクニックをまとめたので、読んでみてください。

【実証済み】営業のテクニック31選【勉強したら練習してみよう】

営業経験者になろうとした本気度が伝わる

極論、営業経験を作ろうとして、そんなに売れなくてもいいんです。

本気で取り組もうとした姿勢が大事。

 

だって、他の学生はそこまでやらないですもん。

「営業経験者になろうとした」という時点で、他の学生に差をつけることができます。

 

営業は挑戦の連続です。

毎日新しい挑戦をしないと、成功できません。

 

だから、今できることに挑戦する姿勢は高評価。

 

そして、そういう挑戦を見抜ける面接官がいる会社は、良い会社ですね(^^)

営業経験者になる努力をしてみましょう。

まとめ【面接で有利なのは営業経験者になること】

まとめ【面接で有利なのは営業経験者になること】

この記事をまとめます。

  • 学生時代に頑張ったことで、努力できる人をアピール
  • サークル・部活動で協調性をアピール
  • 友達は多さで、人脈開拓力やコミュニケーション力をアピール
  • 挫折体験と復活劇で、逆境に強いことをアピール
  • 達成した目標で、目標達成力をアピール
  • 販売のアルバイトや実際に営業することで、営業経験者になる

あなたの面接の参考になればうれしいです(^^)

 

記事の内容で、できることからやってみましょう。

行動するほど、面接で話すネタができて有利です。

 

ちなみに、面接でスムーズに答えるためには、志望動機と自己PRが重要。

 

新卒の営業の志望動機と自己PRの作り方は、下記の2記事にまとめたので読んでみてください(^^)

あなたの就活の参考になればうれしいです!