営業が怖いときの克服法5選【どうしても怖いなら転職してOK】

営業が怖いときの克服法5選【どうしても怖いなら転職してOK】

営業女子

営業が怖い…

 

飛び込みとかテレアポは特に怖いし、商談もかなり緊張する。

断られるのとか、拒絶されるのが怖いんだと思う…

 

ノルマ未達だと、上司も怖い。

 

営業だからガンガンいかなきゃいけないのはわかるけど、

そもそも人が苦手…

 

どうやったら恐怖を克服できるのかなぁ…?

もしかして、営業向いてないのかなぁ…

こういった不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業が怖いときの克服法5選
  • 営業の怖さ克服は慣れるまで続けること
  • どうしても営業が怖い場合は転職【無理することないよ】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

現在はフリーランスのWebライターをやってます。

 

正直、僕も営業は怖かったです。

もともと人見知りなもので(^^;

 

人も苦手だし、初対面の人は緊張します。

 

でも結論、営業を10年続けることができました。

理由はシンプルで、怖くなくなる方法をやったからです。

 

営業の恐怖を克服した僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

 

そして、どうしても営業が怖かったら無理しないこと。

世の中にはたくさん仕事があるので、転職してもいいですよ。

 

単に「営業が向いてなかった」というだけかもしれません。

つまり、他に向いてる仕事があるってことです。

 

事実、僕も営業をやめてWebライターやってるので。

正直、Webライターの方が稼げてるので、向いてたんでしょうね。

 

目的は「営業ができること」じゃなくて、人生に成功することです。

それでは、さっそく見ていきましょう!

営業が怖いときの克服法5選

営業が怖いときの克服法5選

営業が怖いときの克服法を解説します。

営業で怖いと感じるシーンって、下記の感じかなと。

  1. 新規開拓が怖い
  2. 商談が怖い
  3. 断られるのが怖い
  4. ノルマが怖い
  5. 人と会うのが怖い

1つずつ克服法を解説していきますね。

①新規開拓が怖い【テレアポ・飛び込みを辞める】

テレアポや飛び込み営業って、怖いですよね。

そもそも、知らない人に声をかけるのって恐怖です。

 

克服法は、お客さんから来てもらうことです。

自分から声をかけるのは怖いけど、声をかけられるなら大丈夫だからです。

 

お客さんからあなたに来てもらうには、マーケティングを勉強してください。

営業で使えるマーケティングは3つ

営業で使えるマーケティングは、下記の3つ。

  1. フロントエンドとバックエンドを作る
  2. 接触回数を増やす(SNSが有効)
  3. 顧客を見込み客・既存客・固定客に分けて育てる

 

そして、具体的な行動は下記の3つです。

  1. 業務提携
  2. 異業種交流会の開催
  3. Web集客

 

僕もこの3つで、お客さんから来てもらうようにしてました。

あなたから見込み客に声をかける必要がなくなるので、実践すると怖くなくなります。

 

営業マンが使えるマーケティングは、営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】にまとめています。

②商談が怖い【相手の悩み解決に徹すれば嫌われない】

商談が怖いのは、売ろうとするからです。

売ろうとすれば相手はかまえるので、現場に緊張感が生まれてしまいます。

 

商談では売ろうとせず、相手の悩み解決に徹してください。

ようは「人助け」です。

 

相手の悩みをヒアリングして、

相手の悩みを解決することに徹すればOK。

人は、自分を助けてくれようとしている人を嫌いになったりしません。

 

相手の悩み解決に必死になれば、例え売れなくても紹介をもらえます。

相手の悩み解決に徹する営業手法は、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

プレゼンテーションの型通りにやると緊張しない【売れるプレゼン9ステップ】

商談で緊張しないもう1つの方法は、プレゼンを型通りに進めること。

型があると寄りかかれるものがあるので、安心感が増すからです。

 

僕が営業を10年やって、一番売れたプレゼンの型が下記のとおり。

  1. ヒアリングで明らかになった相手の悩みを再確認
  2. 商品のメリットではなく、商品から得られる結果を伝える
  3. 理由や根拠を数字で示す
  4. 他社と何が違うのかを説明
  5. 1つデメリットを伝える
  6. 営業マン(自分)のメリットも伝える
  7. 他のお客様の声や事例
  8. 手軽に購入できることを伝える
  9. 希少性を伝える

プレゼンが不安だったら、この型通りにやってみてください。

売れます。

 

プレゼンの型については、営業のプレゼンテーションの9ステップ【成約率が上がる資料のコツ】にまとめてます。

③断られるのが怖い【クロージングしないこと】

断られるのが怖いなら、クロージングをしないのが一番です。

クロージングは買うか買わないかの最終決定なので、断られるリスクがあるからです。

 

ぶっちゃけ、クロージングスキルなんて必要なし。

一生懸命クロージングして反論処理してる時点で、商談の途中に問題があった証拠です。

 

クロージングに熱が入りすぎると売り込みになって、嫌われますよ。

売込まなければ紹介が出る可能性もあるので、売り込みは絶対NGです。

 

クロージングせずに売る方法(断られない方法)は、【実証済み】営業のクロージングのコツ15選【成約率70%の話法を解説】にまとめてます。

クロージングの必殺技は「みんなやってて残りわずか」

もしクロージングするなら、

  • みんなやってる
  • 残りわずか

一番売れます。

 

理由は、

  • みんなやってる→品質が保証されている
  • 残りわずか→欲しくなる

って感じ。

 

わかりやすい例えを言うと、

1日1万個売れるシュークリームが、残りわずか2個!

 

って言われたら、欲しくなりますよね。

それと一緒です。

 

なので、クロージングするときは、「みんなやってて、残りわずか!」でトークを作ってみてください。

④ノルマが怖い【ノルマを達成する方法を実行】

ノルマを達成できないと、上司が怖いですよねぇ(^^;

ノルマを達成できれば怖くないので、ノルマを達成する方法を知っておきましょう。

  • 締め日が近いなら、既存客にアポを取る
  • いつでもアポが取れるようにしておく
  • 成約率がもっとも高いところに行く
  • お願い営業ではなく、応援してもらう営業をする

 

ノルマを達成する方法の詳細は、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

⑤人と会うのが怖い【まず雑談しましょう】

人と会うのが怖いのは、和めないから。

 

その証拠に、友達に会うのは怖くないですよね?

和んでるから怖くないんです。

 

なので、お客さんとも和むことから始めてください。

 

和むには、雑談が一番ですね。

人は大事な話よりも、どうでもいい話の方が居心地がいいからです。

人はどうでもいい話を覚えている

  1. 仕事の説明
  2. アメトーーク

ぶっちゃけ、どっちの方が内容を覚えてますか?

 

まぁ、アメトーークですよね。

 

人はどうでもいいことの方が覚えてるし、楽なんです。

緊張もしない。

 

だから恐怖心を打ち消すには、雑談で盛り上がるのが一番です。

雑談がうまくなる方法は、営業のアイスブレイクのネタ5選【NG例や雑談がうまくなるコツ】にまとめてます。

営業の怖さ克服は慣れるまで続けること

営業の怖さ克服は慣れるまで続けること

営業の恐怖心を克服するには、上記でお伝えしてきた克服法を慣れるまで続けること。

人って慣れる生き物だから、だいたいは慣れで解消するからです。

 

恋愛に例えるなら、

恋する乙女

気になるあの人、、、

顔を見るのも緊張する!

って感じから恋愛はスタートするのに、

いざ付き合ったら慣れますよね?

1年付き合った彼氏と会うのに、毎回緊張してたら疲れてしまいます(^^;

 

極論「習うより慣れろ」とはよく言ったもんで、慣れるのが一番です。

どうしても営業で成功したいなら、上記の克服法を慣れるまでやりましょう。

どうしても営業が怖い場合は転職【無理することないよ】

どうしても営業が怖い場合は転職【無理することないよ】

克服法を繰り返しやっても、どうしても慣れないなら転職してOK。

別に営業ができなくても、世の中には他にたくさん仕事があるからです。

 

どうしても営業で成功したいなら頑張るべきですが、執着心がないなら人生の時間がもったいないですよ。

 

「営業が向いてない」とわかっただけでも、人生の大収穫です。

次に仕事を選ぶときは営業を除外できるので、あなたに向いてる仕事に会いやすくなります。

営業を辞めてWebライターになった僕の事例

手前味噌ですが、僕の例を少し紹介。

冒頭でお伝えしたとおり、僕は人見知りです。

ぶっちゃけ、人と会うのもあまり好きじゃない。

 

営業を10年続けて、それなりの成果を出すこともできましたが、根が営業嫌いなので辞めました。

嫌いな仕事を続けるのって、ストレスですからね。

 

営業の最後の方で法人向けのWebコンサル営業をやってたので、その延長でWebライターに転向しました。

 

ぶっちゃけ、営業よりWebライターの方が向いてたし、営業より楽しいです。

営業時代より年収も上がりました。

営業に向いてないなら、あなたに向いてる仕事に転職すればOK

当たり前すきる結論ですが、営業に向いてないなら「あなたに向いてる仕事」に転職すればいいと思います。

向いてる=才能があるので、活躍しやすいですよ。

 

向いてる仕事がわからない人

でも、自分に向いてる仕事がわからない…

という人は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】を参考にどうぞ。

記事内の「7つの質問」に答えるだけで、あなたに向いてる仕事が見えてきます。

 

「どうしても向いてる仕事がわからないときの対処法」もまとめてるので、けっこう参考になると思います。

自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】

営業以外の「手に職がつく仕事」でもOK

それ以外の転職先だと、「手に職がつく仕事」がおすすめ。

終身雇用が崩壊したので、これからの時代は手に職をつけないと安定して食っていけません。

 

特におすすめの手に職は下記の7つです。

※すべて未経験から転職できます。

  1. プログラマー:平均年収450万円(振れ幅300万〜2000万円)
  2. インフラエンジニア:平均年収500万円(振れ幅300万〜1000万円)
  3. Webデザイナー:平均年収450万円
  4. Webライター:年収10万〜700万円
  5. マーケティング:平均年収500万円
  6. 宅地建物取引士:平均年収450万円
  7. CADオペレーター:平均年収470万円

7つの仕事の詳細や、未経験から転職する手順は、手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】にまとめてます。

手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】

まとめ【営業が怖いときは5つの克服法を試してみよう】

まとめ【営業が怖いときは5つの克服法を試してみよう】

この記事をまとめます。

  • 営業が怖いときの克服法5選をやってみよう
  • 営業の怖さ克服は慣れるまで続けること
  • どんなにやっても営業が怖い場合は転職してOK
  • 営業に向いてないならモノづくり系の仕事に向いてるかも
  • モノづくり系の仕事ならIT一択

営業女子

営業が怖い…

飛び込みとかテレアポは特に怖いし、商談もかなり緊張する。

 

営業なのに、そもそも人が苦手…

どうやったら恐怖を克服できるのかなぁ…?

 

もしかして、営業向いてないのかなぁ…

というあなたの参考になればうれしいです。

 

もし営業を辞めることも考えてる人は、まずこの記事の克服法をできるところからやってみましょう。

 

ぶっちゃけ営業で一番売れる方法は、

まず相手にメリットをあげちゃうこと。

無償でメリットを与えて、その報酬を契約でもらえばOK。

 

売りにくい商品でも売れますよ。

僕もこの「先に与える営業」で、大型の法人契約とかもらってました。

先に与える営業については、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

 

どうしても営業が怖ければ、あなたに向いてる仕事に転職すればOK。

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】で見えてきます。

 

また、営業以外で「手に職」をつけるのもアリですね。

おすすめの手に職や、未経験から転職する手順は、手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】にまとめてます。

 

あなたのお仕事の参考になればうれしいです!