営業がきついときの3つの対処法【もう辞めた方がいいか診断します】

【実話】営業がきついなら辞めても大丈夫【向いてる仕事を知るべし】

営業がきつい…

なかなか売れないし、アポは緊張するし…

ノルマ未達だから休むこともできないよ…

 

営業だから頑張らないといけないのはわかるけど、

正直、けっこう限界かも…

あーあ、どうしたらこのきつい状況から抜け出せるかな…?

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業がきついときの対処法がわかる
  • 転職していい状況がわかる
  • あなたはダメじゃないとわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業:7年
  • 法人向けWebコンサル営業:3年

 

特に、保険営業時代はかなりキツかったです。

  • 多重債務に陥り破産
  • 1日1食しか食えない
  • 電気とガスを止められて水シャワー

正直、自殺は何度も考えました。

 

でも、法人向けWebコンサル営業に転職したらうまくいったんです。

239社を新規開拓して、上場企業を含む法人契約をたくさんもらえました。

 

そして、現在はフリーランスのWebライターをしてます。

※営業じゃない仕事です。

 

年収は下記のとおりでして、今のWebライターの方が稼げてます。

職種 年収
保険営業 600万円
法人向けWebコンサル営業 600万円
Webライター 750万円

つまり僕は、営業がきつい経験の後に、

  1. 営業で売れるようになった
  2. 他の営業に転職したらうまくいった
  3. 営業以外の仕事に転職したらうまくいった

という経歴があります。

なので、営業がきつい状態から抜け出す術を知ってる人間かと。

 

この記事はまさに「過去の僕」に向けて書いてますが、いま営業がきついと感じているあなたのお役にも立てると思います。

記事を読んで、一刻も早く今のきつい状況から抜け出しましょう。

営業がきついときの3つの対処法

【実話】営業がきついなら辞めても大丈夫

結論、営業がきついときの対処法は下記の3つです。

  1. 営業で売れるようになる
  2. 他の営業に転職する
  3. 営業以外の仕事に転職する

どれかで今の状況から抜け出せます。

当てはまりそうなものを実行しましょう。

1つずつ解説します。

①営業で売れるようになる3つの方法

売れれば問題解決なので、下記の3つがおすすめ。

実際に僕が現場でやって、本当に売れた3つの方法です。

  1. 先に価値を与える
  2. マーケティングを実装する
  3. Webを使う

詳しく見ていきましょう。

先に価値を与える

ぶっちゃけ、これが一番売れました。

先に価値を与えれば、お返しに契約をもらえるから。

 

これは法人向けWebコンサル営業時代に編み出した技ですが、上場企業からも契約をもらいました。

通称「与える営業」と読んでます。

 

与える営業のノウハウは、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめてます。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

マーケティングを実装する

営業ばかりでなく、マーケティングもやりましょう。

お客さんの方から来てくれるから。

 

あなたからアプローチする必要がないので、かなりになりますよ。

営業マンが使えるマーケティング戦略は、営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】にまとめてます。

営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】

Webを使う

なぜなら、99%の営業マンはWebを使ってないから。

みんなアナログで営業してるので、あなただけWebを使えばトップ1%に入れます。

 

Webを使った営業は、

  • Web集客
  • Webを使った新規開拓

がありまして、具体的なノウハウは【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】にまとめてます。

【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】

②他の営業に転職する

今の営業職がきついなら、他の営業に転職を検討しましょう。

どうせ相手は人間ですから、商材が変わっても売れるので。

営業きついランキングであなたの業界をチェック

あらゆる営業の業界のキツさを、ランキング形式にしました。

詳しくは、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】にまとめました。

 

まさかあなたの営業は、

  • 投資用不動産
  • 保険営業
  • リフォーム営業
  • 住宅営業
  • 広告営業

とかじゃないですよね?

もしそうなら、あなたが悪いというよりは営業の難易度自体が高すぎますよ。

 

もっと難易度が低い営業もあるので、営業→営業の転職も検討しましょう。

営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】

【体験談】別の営業に転職して問題解決した

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は保険営業→法人向けWebコンサル営業に転職しました。

保険営業では破産した僕が、法人向けWebコンサル営業では「水を得た魚」のように売れました。

 

営業の種類を変えるだけで人生が変わることあるので、あまりに辛いなら転職していいと思いますよ。

ウソみたいに悩みが消えました。

あなたに合う営業に出会う方法

結論、営業に強い転職エージェントに相談すればOKです。

営業に詳しいキャリアカウンセラーが、無料であなたに合う企業を紹介してくれるので。

 

詳しくは、【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめてます。

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】

③営業以外の仕事に転職する

きついのは、営業自体に向いてない可能性があるから。

向いてないならどんなに頑張っても不効率なので、向いてる仕事に転職しましょう。

 

その方が人生は楽しいですよ。

あなたが営業に向いてるか診断

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】をどうぞ。

読むだけで、あなたが営業に向いてるかわかります。

 

向いてないとわかったら、迷わず他の仕事に転職しましょう。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

【体験談】Webライターは営業の10倍楽だった

現在の僕はWebライターですが、営業の10倍楽なのに、営業時代より稼げてます。

Webライターって楽だわぁ~

と思う理由は下記のとおり。

  • 文章を書くだけでお金をもらえる
  • 人と会わずに稼げる
  • めんどくさい付き合いゼロ

営業時代からしたら、もはや天国です。

※たぶん向いてたのもありますが。

 

本音は、

もっと早くWebライターに転職すればよかった!

と後悔してます(笑) 

適職診断で向いてる仕事を見つける

営業以外の仕事って言っても、何が向いてるかわからない…

という人は、適職診断をしてみましょう。

MIIDAS(ミイダス)など無料アプリで、簡単に向いてる仕事がわかります。

 

僕もミイダスの適職診断をやってみましたが、診断結果は下記のとおり。

ミイダスの適職診断

企画とかマーケティングが向いてるみたいで、たしかに今のWebライターはそういう仕事です。

130問くらいに答えないとなので少しメンドいですが、15分くらいで診断結果が出ました。

 

無料で15分で天職がわかるなら、やっといて損はないかと。

MIIDAS(ミイダス)は占い感覚なので、まずは次の仕事探しの参考にどうぞ。

あなたが今の営業から転職していいか診断

営業がきつい理由23選

営業がきついときの3つの対処法は、なんとなくわかった。

どうやら僕は、転職した方が良さそうだ…

 

でも、いざ転職となるとけっこう勇気がいるなぁ…

先輩とかも残念がるかもだし。

なんか「こうだったら転職していい!」みたいな目安はないの?

目安あります。

下記の7つのうち、1つでも当てはまるならソッコーで転職活動を始めてOK。

  1. 売ってる商材を好きになれない
  2. 見込み客リストが10人以下
  3. 6ヶ月以上ノルマ未達
  4. サラ金で借金がある
  5. まともな食事を摂れてない
  6. 電気・ガス・携帯を止められている
  7. キツすぎて泣くことがある

 

早く転職しないと、

  • 人生の時間がもったいない
  • うつ病になるかも
  • 自尊心が底までいく

などのデメリットあり。

1つでも当てはまるなら、見切りをつけてOKです。

【最後に】営業がきついと感じるあなたはダメじゃない

あなたに向いてる仕事を知る方法【将来性のある業界も紹介】

自信をなくした人

う~ん、やっぱり転職しようかな。

でも、もうなんか自信ないんだよね…

営業で売れなかった奴なんか、世の中で通用するのかな…?

結論、あなたは全然ダメじゃないので安心してください。

なぜなら、僕もダメじゃなかったから。

 

人生の目的は、今の営業で成功することではなく、人生に成功することかなぁと。

なので、今の会社にこだわる必要ゼロですよ。

【体験談】僕はボロボロになったけど、今は自信を取り戻した

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は保険営業時代に破産してます。

当時は自尊心のカケラもありませんでした。

 

でも破産後に、

  1. 法人向けWebコンサル営業
  2. Webライター

に転職して、自信を取り戻した感じ。

結果が出たからです。

 

なので、今の営業がきついのは、もしかしたら「あなたの居場所じゃないから」だけかもしれませんよ。

結論、あなたは全然ダメじゃないので、安心して転職してください。

まとめ【営業がきついときは3つの対処法で解決できます】

まとめ【営業がきついなら辞めても大丈夫】

最後にもう一度、営業がきついときの3つの対処法をまとめておきます。

  1. 営業で売れるようになる
  2. 他の営業に転職する
  3. 営業以外の仕事に転職する

どれかで必ず解決できるので、あなたに合う解決法を行動しましょう。

行動すれば今のきつさから解放されます。

 

他の営業に転職した方が良さそうなら、営業に強い転職エージェントに合う会社を紹介してもらいましょう。

【経験者向け】営業でおすすめの転職エージェント3選【起業を目指せ】にまとめてます。

 

また、営業以外の仕事に転職した方が良さそうなら、MIIDAS(ミイダス)など無料アプリで適職診断してみればOKです。

あなたは全然ダメじゃないので、冷静に問題解決していきましょう。