営業が顔を出すなら無意味な訪問はNG【Webを使って定期訪問する】

営業が顔を出すなら無意味な訪問はNG【Webを使って定期訪問する】

営業マン

「営業は顔を出すのが大事」と上司に言われて実践してるけど、

思ったより効果がない…

 

顔を出すときは、何を話せばいいんだろう?

売上につながる時間にしたいな。

こういった悩みや疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業が顔を出すなら無意味な訪問はNG
  • Webで接触頻度を増やしてから顔を出すと効果的

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

保険営業時代は、既存客や見込み客にとにかく顔を出していました。

でも、思ったほどの成果が出ず…

 

今思えば理由は簡単で、ただの世間話をしていたからです。

世間話をするだけなら、時間の無駄なので行かない方がいいですね。

 

時間を投資する以上、成果につながる訪問でなければいけません。

その後は「定期訪問で何を話せばいいか」がわかったので、売上が向上しました(^^)

 

営業の顔出しで成果が出た僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

それでは、さっそく見ていきましょう!

営業が顔を出すなら無意味な訪問はNG

営業が顔を出すなら無意味な訪問はNG

「営業は顔出しが大事」といっても、無意味な訪問はやめましょう。

時間の無駄だし、お客さんも迷惑だからです。

 

正直みんな忙しいので、無駄な時間を過ごすほど暇じゃありません。

営業マン

ちょっと近くに寄ったので!

というのは営業マン側の都合であり、相手は取り込み中かもしれません。

 

売上をあげることが仕事なので、顔を出しても売れてないなら仕事をしてないのと一緒です。

では、営業先に顔を出すとき、

どんなことを話せばいいか解説します。

①相手に役立つ情報提供をする

どうせ訪問するなら、相手の役に立つ情報提供をしましょう。

それなら、相手も喜んでくれるからです。

 

「相手の役に立つ情報提供」とは、例えばこんな感じです。

  • あなたが勉強したことで、相手の役に立つ情報
  • 相手の仕事の業界の新情報
  • 相手に関係する法律や税制改正の情報

【事例①】製造業の社長さんに訪問するときのネタ

例えば、相手が製造業の社長さんであれば、こんなネタが良いかと。

  • 2020年から始まる「同一労働同一賃金」について
  • 新しくできた助成金や補助金制度
  • 有効な資金調達の方法
  • 事業にYoutubeを取り入れる提案

トレンドにのっていて、新しい情報は喜ばれる傾向にあります。

【事例②】40代の主婦に訪問するときのネタ

相手が40代の主婦であれば、こんな感じかなと。

  • 節約術
  • 簡単にできる節税方法
  • ネット通販の使い方
  • クレジットカードのポイント活用術

いずれも相手が喜びそうなネタですよね。

 

理想的にはあなたのビジネスに直結する話が良いので、動線を考えておきましょう。

例えば、あなたが保険の営業マンだったら、節約ネタから保険料節約の話題に転換するなど。

 

慣れないうちは相手に喜んでもらうことに集中して、慣れてきたら自分のビジネスにつなげていきましょう。

顔出しは勉強が必要【準備してから行こう】

営業マン

営業で顔を出すだけなのに、ネタが必要なの?

それだと勉強が必要で、めんどくさいじゃん

と聞こえてきそうですが、勉強はマジでしてください。

常にインプットすることでしか、新鮮な情報は得られません。

 

新鮮な情報をインプットして相手に伝えることで、あなたは「有益な人」と認識されます。

有益な人になれれば、あなたは教える立場になれるので有利。

 

あなたの立場が上になれば、商談に持ち込める確率が上がりますよ。

なので、勉強しましょう。

 

営業マンが勉強すべきことは、

営業マンが勉強すべき11のこと【成果につながる本も紹介】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業マンが勉強すべき11のこと【成果につながる本も紹介】

②お客さんの話をひたすら聞く

営業で顔を出すとき、もう1つ有効なのが「相手の話をひたすら聞く」です。

 

理由は下記の3つ。

  1. 相手の悩みがわかるので、悩みを解決する提案ができる
  2. 話を聞くことで、相手の満足度が上がる
  3. こちらがネタを用意していく必要がない

5W1Hなどを使って、相手の話をひたすら聞きましょう。

 

ちなみに、上手なヒアリング方法については、

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のヒアリングの基礎14選【提案するときの2つのコツも解説】

相手の悩み解決に徹すると紹介連鎖が始まる

相手の話を聞いて悩み解決に徹すると、紹介連鎖が始まります。

あなたは営業マンではなく、

「悩みを解決してくれる人」になるからです。

 

あなたの売ってる商品で解決できない悩みなら、専門家を紹介してあげましょう。

そうすれば、相手は喜んでくれます。

 

専門家を知らなくても大丈夫です、ググれば出てきます。

専門家に連絡して、お客さんを紹介してあげましょう。

 

そしたら、専門家も喜んでくれます。

悩みが解決した人や、専門家から紹介が入るようになります。

 

図にするとこんな感じ。

紹介連鎖

僕はこの方法で、実際に紹介連鎖が起きました(^^)

自分の商品を売り込まなくても、勝手に見込み客を紹介してもらえるようになりましたよ。

 

具体的なノウハウは、

営業の極意は「相手の悩み解決」の一点のみ【細かいノウハウも紹介】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業の極意は「相手の悩み解決」の一点のみ【細かいノウハウも紹介】

Webで接触頻度を増やしてから顔を出すと効果的

Webで接触頻度を増やしてから顔を出すと効果的

営業で顔を出すなら、Webを使って接触頻度を増やしてから行くと効果倍増です。

人は接触頻度が多い人を信用する生き物なので、普段から情報発信をしていると信用されるからです。

 

イメージでいうと、Webで情報発信してお客さんを育てる感じ。

相手に役立つ情報発信を続けることで、どんどん信用が蓄積されていきます。

 

お客さんから信用されている状態で会えば、あなたの言うことを聞いてくれますよ。

いちいち1人ずつ会って育てるのは不効率なので、Webを活用すると効率的です。

 

具体的なWebのツールは、下記の3つです。

  1. メルマガ
  2. SNS
  3. Youtube

ちなみにWebを使うと効果的である理由を、僕のYoutubeでもしゃべってます。

 

動画が良い人はこちらをどうぞ(^^)

メルマガ

法人営業ならメルマガが良いですね。

既存客や見込み客にあなたのメルマガに登録してもらって、役立つ情報発信をしましょう。

 

例えば、法人営業をしているなら、

  • 税制改正
  • 資金調達の方法
  • 最新の助成金・補助金の情報
  • 節税方法
  • 従業員育成
  • 集客方法

などの情報発信が喜ばれますね。

もちろん、あなたの売ってる商品と関連する役立つ情報発信でもOKですよ(^^)

 

直接会ってプレゼンすると売り込みになりますが、メルマガだと自然とPRできます。

普段からメルマガで情報発信しておくと、実際に訪問したときに仕事の話題から入りやすいです。

 

お客さん

こないだのメルマガで言ってたアレだけどさ、どんな感じなの?

と聞かれるようになるので、あなたのビジネスも加速します。

メルマガをやってる営業マンはまだまだ少ないので、チャンスですよ(^^)

 

メルマガシステムを使ったことがない人は、とりあえず『アクセスメール』とかで十分です。

セキュリティも強いので、トラブルになりにくいです。

 

月額2300円から始められるので、とりあえずメルマガを始めてみたい人には低コストです。

 

『アクセスメール』無料のお試し期間があるので、とりあえず触れてみるところから始めてみましょう。

SNS

個人営業ならSNSが有効です。

今はみんな何かしらのSNSアカウントをもってますからね。

 

SNSでつながって、役立つ情報発信をしましょう。

 

登録者数が多いのはFacebookですね。

ただし、Facebookは新規の見込み客集客には弱いです。

 

新規の見込み客を獲得したいなら、Twitterが良いですね。

 

結論、FacebookとTwitterを両方運用するのが良いかも(^^)

情報発信する内容は一緒でいいので、手間はかかりません。

Youtube

2020年以降はYoutubeが良いですね。

Youtube市場は、これから伸びていくからです。

 

手順はこんな感じ。

  1. Youtubeチャンネルを開設
  2. 役立つ内容で、3~5本くらい動画をアップする
  3. 既存客・見込み客にチャンネル登録してもらう
  4. 相手のYoutubeにあなたの動画が流れてくるようになる
  5. 画面を通して接触頻度が上がる
  6. 実際に会うとき盛り上がる、仕事の話になりやすい
  7. 動画作成は継続的に続ける

Youtubeは新規顧客も獲得しやすいので、

普通に問い合わせもきますよ。

 

また、4000時間以上視聴されて、チャンネル登録者数が1000人を越えれば、Youtubeで広告収入を得ることもできます。

いわゆるYoutuberですね(^^)

 

公開動画だと問題があるなら、限定動画にしましょう。

限定動画だとYoutube検索にかからないので、知ってる人だけに情報発信も可能です。

 

人間は視覚情報が一番印象に残るので、Youtubeがベストですね。

あなたの雰囲気・声の感じ・見た目も伝わるので、ほぼ会ってプレゼンしているかのような感覚になります。

 

メルマガやSNSで、Youtube動画を拡散することもできます。

時代の波にのりたい人は、Youtubeをやってみましょう(^^)

まとめ【営業で顔を出すなら意味のある内容にすること】

まとめ【営業で顔を出すなら意味のある内容にすること】

この記事をまとめます。

  • 営業が顔を出すなら、相手に役立つ情報提供をする
  • ひたすら相手の話を聞いて、悩み解決に徹すると紹介連鎖が起きる
  • 『アクセスメール』などを使って、メルマガで定期的に役立つ情報発信をする
  • SNSはFacebookとTwitterを両方運用する
  • 時代の流れにのるならYoutube戦略

営業で顔を出すとき、売上につなげたいあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

この記事を読んだだけでは何も変わらないので、できるところからやってみましょう。

行動すれば、必ず売上は上がります。

 

ちなみに、僕が営業を10年やって一番売れた手法が「与える営業」です。

大型の法人契約もけっこうもらえましたよ(^^)

 

営業先に顔を出すときに「与える営業」を実行すると、さらに効果倍増です。

 

与える営業については、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

 

Youtubeでも話してるので、動画が良い人はこちらをどうぞ。

あなたの営業活動の参考になればうれしいです!