営業の自己PRの型の4ステップと例文【志望動機の書き方も解説】

営業の自己PRの型の4ステップと例文【志望動機の書き方も解説】

営業職の自己PRの書き方を知りたいな。

どんなふうに書けばいいんだろ?

 

書き方の型とか、例文があるとありがたいなぁ

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおりです。

  • 営業の自己PRの型の4ステップ【転職に成功するために】
  • 営業の自己PRの例文【経験者用と未経験者用】
  • 営業の志望動機の書き方【商材で会社を選ぶ】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってみました。

採用もやったことがあるので、企業の採用する側の気持ちがわかります。

 

採用をやってた僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

良い自己PRを書いて、内定をもらってください(^^)

営業の自己PRの型の4ステップ【転職に成功するために】

営業の自己PRの型の4ステップ

営業の自己PRの型は、下記のとおりです。

  1. どんな仕事をしてきたか
  2. 実績を数字で伝える
  3. 仕事の考え方(求める人材に合わせる)
  4. 応募企業でどうなりたいか

型に沿って書くと、すぐに自己PRを書き終わります(^^)

 

ぶっちゃけ営業職って人材不足なので、よほどのことがなければ採用されます。

でも、あまりにも的外れな自己PRを書いて不採用になるのもつまらないので、上記の型通りに書いてみてください。

 

型の4つのパートを、1つずつ解説しますね。

①どんな仕事をしてきたか

まず、前職でどんな仕事をしてきたかを書きましょう。

前職の経験が活かせそうかわかるからです。

 

具体的には、

  1. 仕事内容
  2. 営業手法(経験者のみ)

の2つで大丈夫です。

 

例えば、

前職では保険営業をしてきました。

ほとんどが紹介営業です。

 

みたいな感じです(^^)

※営業未経験者の書き方は後述します。

②実績を数字で伝える

前職の実績を数字で伝えましょう。

どれくらい売れる人なのか、イメージが湧きやすいからです。

 

営業職は、ようは売れる人が欲しいので、実績は大事です。

 

例えば、

前職では、月の新規契約が平均8件、月払い保険料で平均10万円でした。

オフィス内では、トップ5に入っていました。

 

みたいな感じでOKです。

※自慢できる実績がない人の書き方は後述します。

③仕事の考え方(求める人材に合わせる)

仕事の考え方を伝えましょう。

企業分析して、「企業が求める人材」に合わせるのがコツです。

 

どんなに売れる人でも、応募企業が求めてない人材は採用されないからです。

 

応募企業が求める人材は、

求人情報やホームページに書かれています。

例えば、

営業するときは、お客様の問題解決を第一に考えてきました。

それをすれば売れるとわかったからです。

 

みたいな感じです。

④応募企業でどうなりたいか

最後に「応募企業に採用されたらどうなりたいか」を伝えましょう。

あなたがどんな働きをしてくれるかを、イメージしやすいからです。

 

めんどくさかったら「稼ぎたい」でOKです。

営業職ってインセンティブで稼ぐ仕事なので、「あなたが稼ぐ=会社が儲かる」なので問題ありません。

 

丁寧に書くなら、応募企業のキャリアプランを調べておくとベターですね。

ホームページや求人情報を見て、その会社でどんなキャリアがあるか調べて、それに沿う内容にしましょう。

【裏ワザ】ホームページの先輩社員の声を見る

ホームページを見てキャリアが書いてない場合は、ホームページの「先輩社員の声」みたいなところを見て、

「◯◯さんのようになりたいです」と伝えればOKです。

 

採用担当者がイメージしやすいので、けっこう有効です(^^)

 

例えば、

御社に採用されたら稼ぎたいのはもちろん、いずれは育成もやってみたいです。

 

みたいな感じでOKです。

営業実績がなくても大丈夫【コミュニケーションスキルを自己PRする】

前職で自慢できるような実績がない

前職が営業職じゃない

などでも、大丈夫です。

営業は未経験者でもできる仕事だからです。

 

営業の仕事ってコミュニケーションなので、今まで生きてきてコミュニケーションとってるわけですから未経験でもできます。

 

実績がない・営業経験がないという人は、

コミュニケーション能力をアピールしましょう。

例えば、

前職では1人1人とのコミュニケーションを重視していました。

1人1人とじっくり話す方が、早く結果が出るとわかったからです。

相手の問題点を見つけて、それを解決するというスタイルにしてから、仕事がスムーズにいくようになりました。

 

みたいな感じでOKです(^^)

学生時代のエピソードは書かないほうがいい

転職では学生時代のエピソードはNGです。

社会人になってから、何も学んでない人に見えるからです。

 

基本は前職の話題で、どうしてもネタがなければ前々職の話題にしましょう。

営業の自己PRの例文【経験者用と未経験者用】

営業の自己PRの例文【経験者用と未経験者用】

営業の自己PRの例文をご紹介します。

参考にしてもらっても、パクってもらっても大丈夫です(^^)

 

自己PRは200文字くらいにしておきましょう。

あんまり長いと要点がぶれるし、疲れます。

営業経験者の自己PRの例文

私は前職で生命保険の営業を5年やってきました。

営業手法はほとんど紹介です。

前職では、月の新規契約が平均8件、月払い保険料で平均10万円でした。

オフィス内での売上順位は、トップ5に入っていました。

私が営業で重視していたのは、契約をもらうことより紹介をもらうことです。

紹介が出続ければ必然的に売上があがるからです。

もし御社に採用されたら、前職より顧客数を増やして稼ぎたいです。

また、いずれは育成もやってみたいです。

 

  1. どんな仕事をしてきたか
  2. 実績を数字で伝える
  3. 仕事の考え方(求める人材に合わせる)
  4. 応募企業でどうなりたいか

の順番で書いてますよね(^^)

 

型の順番で書くと、ほんと楽ですよ。

営業未経験者の自己PRの例文

私は前職でアパレル販売員をしていました。

来店したお客様に接客して、買ってもらうのが仕事です。

売上は、店舗トップを3回とったことがあります。

私が重視していたのは、こちらのおすすめを押すのではなく、まずはお客様の話を聞くことです。

お客様が探している服のイメージはもちろん、プラスαの提案をしていました。

この方法で客単価を上げることができました。

御社に採用されたら販売時代のコミュニケーション能力を活かして、御社に貢献したいです。

 

前述のとおり営業経験がない人は、

コミュニケーション能力をアピールしましょう。

 

「私はコミュニケーションに自信があります」という直接的な言い方ではなく、

上記のように具体的することで「コミュニケーション能力ありそう」と感じる文章が最高ですね(^^)

 

自己PR作成の参考にしてみてください。

営業の志望動機の書き方【自己PRとセットで重要】

営業の志望動機の書き方【商材で会社を選ぶ】

自己PRとセットなのが志望動機です。

「なぜ御社で働きたいのか?」というシンプルな問いですが、意外と苦戦する人は多いです。

 

志望動機を書くコツは、

  1. 稼ぎたいからが一番
  2. 商材で会社を選ばないと志望動機を書けない

の2つです。

【注意】商材で会社を選ばないと志望動機を書けない

特に、②「商材で会社を選ばないと志望動機を書けない」が重要。

 

多くの人が、

  • 給料
  • 休み
  • 福利厚生
  • 通勤しやすさ
  • 手当

などに惹かれて会社を選びますが、営業職のみは「商材」で会社を選ばないとダメです。

商材に興味がなかったら、売れないからです。

 

そして、商材に興味があれば志望動機は簡単。

「御社の商品を売りたいからです」とシンプルにできます(^^)

 

営業の志望動機の書き方は、

営業の志望動機は「稼ぎたいから」でOK【商材で会社を選ぶ】にまとめているので、読んでみてください。

 

簡単に志望動機を書けますよ(^^)

営業の転職の志望動機は「稼ぎたいから」でOK【商材で会社を選ぶ】

まとめ【型に沿って書けば営業の自己PRは簡単】

まとめ【型に沿って書けば自己PRは簡単】

この記事をまとめます。

  • 営業の自己PRの型は4ステップ
  • 営業の自己PRの例文を参考に書いてみましょう
  • 営業の志望動機は「稼ぎたい」でOK【商材で会社を選ぶと楽】

営業職の自己PRの書き方を知りたいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、どうしても自己PRに自信がないなら、

営業の転職に強い転職エージェントに相談してください。

 

プロのキャリアカウンセラーなので、

  • 自己分析
  • 企業分析
  • 自己PRや志望動機の書き方
  • 面接のやり方

をすべて無料でサポートしてくれますよ(^^)

 

あなたに合う営業の会社も紹介してくれるので、活用しましょう。

 

営業の転職に強い転職エージェントについては、

営業でおすすめの転職エージェント3選【営業に向いてない人の特徴】にまとめたので、読んでみてください。

営業でおすすめの転職エージェント3選【営業に向いてない人の特徴】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!