営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話【辞める方法も解説】

営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話【辞める方法も解説】

営業女子

もう営業は嫌だ…

 

ノルマあるし、お客さんにへこへこしなきゃいけないし…

やっぱり私には向いてなかったな…

 

名刺出すだけで警戒されるような仕事は、もう二度としたくないな。

安定して稼げる仕事に転職したい。

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話 
  • 営業を辞めたいときにとるべき行動

僕、佐藤誠一は営業を10年やった後に、フリーランスのWebライターに転職してます。

正直、営業はあんまり好きじゃなかったからです。

 

結論、Webライターに転職して正解でした(^^)

今は家やカフェでPC作業をしながら、営業時代より高い年収を安定して稼げています。

 

営業職を辞めてうまくいった僕が書いた記事なので、信ぴょう性はあると思います。

あなたの転職の参考になればうれしいです(^^)

営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話

営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い話

結論、営業が嫌だという人は、

IT業界に転職すると良いです。

 

世の中の仕事を大きく分けると、

  1. 人とコミュニケーションをとる仕事(営業など)
  2. モノづくりの仕事(IT、製造、建設など)

の2つに分けられます。

 

営業など「人とコミュニケーションをとる仕事」に向いてないなら、モノづくりの仕事に向いてる可能性があるからです。

 

ようは、どちらかに向いてるので、

営業が嫌ならモノづくりに転職しましょう。

 

モノづくりの仕事で今後もっとも伸びるは、

どう考えてもITです。

なので、ITに転職が良いですね。

IT業界が伸びる理由

経済産業省が発表したIT業界の予測は、下記の図のとおり。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

需要が伸びて、人材が不足していくのがわかりますね。

つまり、IT人材1人あたりの価値が大きくなるので、求められる人材になれます。

 

具体的には、

  • AIの進化
  • VR・AR
  • 5G
  • ロボット
  • 自動運転
  • ブロックチェーン

など、まだまだこれから伸びる要素が多いです。

 

製造業や建設業もモノづくりですが、ITほど伸びる見込みはありません。

手に職をつけて安定して稼ぐなら、IT一択です。

 

終身雇用も崩壊したので、

どのみち手に職をつけないと食っていけません。

 

IT業界の将来性については、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】に詳しくまとめているので、読んでみてください(^^)

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

僕がIT業界に転職した結果

冒頭でお伝えしたとおり、僕は営業からフリーランスのWebライターに転職しています。

WebライターもIT業界の仕事です。

 

営業時代は、

  1. 保険営業7年
  2. 法人向けWebコンサル営業3年

をやっていました。

 

営業時代の僕はこんな感じ。

  • 年収400万~600万円
  • 借金1000万円(信販系とサラ金)
  • 年間休日3日
  • 仕事が嫌い
  • 人づきあい嫌い
  • ノルマ達成に必死

 

Webライターに転職後の僕は、こんな感じ。

  • 年収700万円以上
  • 借金なし
  • 年間休日60日以上
  • 仕事はおもしろい
  • 人づきあいなし
  • 毎日、家かカフェで仕事
  • 通勤なし
  • 毎日私服
  • 起きたい時間に起きて、寝たい時間に寝る
  • 営業しなくても仕事の依頼はくる

どう見ても、Webライターの方が楽です(^^)

 

なぜこんなに違うのかを当事者の僕なりに考えてみても、やっぱり「IT業界が伸びてるから」が理由です。

 

需要が伸びてるのに人が少ないので、楽に稼げるんだと思ってます。

上手に生きるコツの1つは、

「時代の波にのること」ですね。

 

ちなみに、僕が営業からWebライターに転職した話は、

僕が営業からWebライターに転職した話【営業を辞めたい人向け】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

僕が営業からWebライターに転職した話【営業を辞めたい人向け】

未経験から転職できるITの仕事

未経験から転職できるITの仕事は、下記の3つ。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webライター

 

3つの仕事については、下記の3記事にまとめているので、読んでみてください(^^)

  1. プログラマーに向いている人の23の特徴【無料スクールもアリ】
  2. インフラエンジニアがきついどうかは会社次第【ブラックに要注意】
  3. Webライターの収入5選【どれくらい稼げるかや今後の需要も解説】

激務が嫌ならフリーランスを目指す

でも、IT業界ってブラックなイメージがある…

きっと激務なんでしょ?

というように、IT業界ってブラックなイメージもありますよね。

 

結論、ブラック度は会社によります。

ブラック企業もあれば、ホワイト企業もあります。

 

会社選びに失敗しなければ大丈夫です。

 

ちなみに、ホワイト企業の選び方は、

ITのホワイト企業の16の特徴【未経験から転職する会社選びの方法】にまとめているので、読んでみてください(^^)

ITのホワイト企業の16の特徴【未経験から転職する会社選びの方法】

ただ、繁忙期などはどうしても激務になるもの。

激務が嫌なら、いずれフリーランスを目指せばOKです。

 

フリーランスは正社員ではないので、

  • 上司がいない
  • 仕事量をコントロールできる
  • 自分の自由

などのメリットがあります。

 

僕はいきなりフリーランスになりましたが、

まずは正社員で経験を積むのが良いと思います。

お給料をもらいながらスキルを積んで、数年後にフリーランスに転向しましょう。

 

そうすれば自由な働き方ができますよ(^^)

※実際に自由な働き方ができてる僕が言うので、信ぴょう性あるかと。

未経験からIT業界に転職するならウズウズに相談

未経験からIT業界に転職するなら、ウズウズという転職エージェントに相談すればOK。

ウズウズのメリットは、下記の3つ。

  1. ブラック企業は紹介しない
  2. キャリアカウンセリングの時間が他社の約10倍
  3. ウズウズカレッジという無料のITスクールで勉強してから転職できる

結果、あなたに合う会社でスムーズに仕事を始められます。

 

相談はすべて無料なので、気軽にウズウズに相談してみてください。

幸い無料なので、なんか違うと思ったら相談をやめればOKです(^^)

営業を辞めたいときにとるべき行動

営業を辞めたいときにとるべき行動

営業を辞めたいなら、下記の行動をとりましょう。

  1. 会社の就業規則を確認して、退職できる期間を確認
  2. 転職活動開始→内定をもらう
  3. 直属の上司に退職の申し出
  4. 引き継ぎ業務

一般的にはこの流れで転職します。

 

もし引き留めにあった場合は、下記の順序で行動してください。

  1. 日付入りの退職届を提出
  2. 退職届を内容証明郵便で送る
  3. 営業しない、仕事をサボる
  4. 労働基準監督署に相談
  5. 退職代行を使う
  6. 無断欠勤→クビ

一般的には「日付入りの退職届を提出」で退職できます。

 

営業を辞める方法については、

営業を辞めたいなら辞めても大丈夫【退職後の転職先も解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

 

転職するまでのイメージがわくと思います。

営業を辞めたいなら辞めても大丈夫【退職後の転職先も解説】

まとめ【営業が嫌ならITに転職が良い】

まとめ【営業が嫌ならITに転職が良い】

この記事をまとめます。

  • 営業が嫌だという人はIT業界に転職すると良い
  • 営業を辞めたいときにとるべき行動に沿って行動しよう

営業女子

もう営業は嫌だ…

安定して稼げる仕事に転職したい。

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

最後に、あなたが本当に営業に向いてなかったのか確認しておきましょう。

 

営業に向いてないなら、迷いなく転職すべき。

営業に向いてるなら、もう少し頑張ってみるのも手です。

 

営業の向き不向きは、

営業に向いてる人の特徴32選【向いてない人の特徴も解説】を読んでみてください。

 

営業に向いてる人の特徴を32個あげているので、あなたがいくつ当てはまるか数えてください。

 

17個以上あてはまれば、あなたは営業に向いてます。

16個以下なら、あなたは営業に向いてません。

 

営業から他の職種に転職する前に、チェックしてみましょう(^^)

営業に向いてる人の特徴32選【向いてない人の特徴も解説】

あなたの転職の参考になればうれしいです!