営業のイメージと現実14選【知られざる実態や適職診断も紹介】

営業のイメージと現実14選【知られざる実態や適職診断も紹介】

営業のイメージってあんまりよくないよなぁ。

未経験からでも募集があるけど、ノルマきつそうだし、無理やり売りつけるイメージ。

 

でも、実際はどうなんだろう?

何か良い部分もあるなら知りたいなぁ。

 

年齢相応の収入もほしいし、営業で成長したら食いっぱぐれないかなぁ?

自分にやっていけるか不安だなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のイメージと現実14選
  • 知られざる営業の実態7選
  • 営業の仕事内容と1日のスケジュール
  • 営業は21種類もある【楽な営業の選び方】
  • そもそもあなたは営業に向いてるのかチェック
  • 営業は未経験からでも転職できる【1年目が重要】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

営業の世界の表も裏も見てきたので、真実を記事にしました。

 

10年やってきた僕が書いたので、信ぴょう性はあると思います。

未経験から営業職に転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです。

営業のイメージと現実14選

営業のイメージと現実14選

一般的に言われている営業のイメージは、下記の14個です。

  1. ノルマがきつそう
  2. 無理やり売りつけるイメージ
  3. へこへこ頭を下げる仕事
  4. お世辞を言う仕事
  5. 口がうまくないとできない仕事
  6. 飛び込みやテレアポをする仕事
  7. ブラック企業が多そう
  8. 人間関係がめんどくさそう
  9. 接待とか飲み会が多そう
  10. 理不尽が多そう
  11. 売れたら稼げそう
  12. スーツを着てカッコいい
  13. 出会いが多そう
  14. お客さんに直接感謝される仕事

それぞれ本当か解説していきますね。

イメージ通りのものもあれば、イメージと違うものもありますよ。

①ノルマがきつそう

ノルマがきついかは、人によります。

売れる人にはきつくないからです。

ただ、割合でいうと「ノルマがきつい」という人の方が多いですね。

 

ノルマを達成できないと、下記が辛いです。

  • 上司に怒られる
  • 給料が下がる
  • 売れるまで休めない、帰れない

ノルマを含め営業の辛い部分については、営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】にまとめてます。

営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】

②無理やり売りつけるイメージ

これは売り方と商材次第です。

営業スキルが低い人ほど、売りつけないと売れないですね。

最悪の人だと、をついてでも売ろうとします。

 

売れない理由は、下記のどれか。

  1. 会社の研修制度が弱い
  2. 本人の努力不足
  3. 営業が向いてない

 

また、世の中から必要とされてない商材は、無理やり売りつけないと売れません。

くれぐれもそういう会社に転職しないようにしてください。

③へこへこ頭を下げる仕事

これも売り方次第です。

営業スキルが低い人は、へこへこ頭を下げてますね。

そうしないと売れないから。

 

売れてる営業マンは、お客さんと対等です。

営業で売れる方法は、営業が苦手でも克服できる方法9選【どうしてもダメなら転職】にまとめてます。

営業が苦手な人でも克服できる方法9選【どうしてもダメなら転職】

④お世辞を言う仕事

これも売り方次第。

営業スキルが低い人は、お世辞を言います。

そうしないと売れないから。

 

売れてる営業マンは、お客さんと対等なのでお世辞は言いません。

営業のコミュニケーションスキルについては、【実証済み】売れる営業話法17選【使ってはいけないNG話法も解説】にまとめてます。

【実証済み】売れる営業話法17選【使ってはいけないNG話法も解説】

⑤口がうまくないとできない仕事

これはです。

営業は相手の悩みを聞いて、悩みの解決策を提案する仕事だからです。

 

なので、話す力より聞く力の方が重要です。

売れてる営業マンほど、物静かです。

お客さん8割:営業マン2割くらいのトーク割合が、売れます。

 

重要なのは、質問によって相手の悩みを把握するスキル。

営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にコツをまとめてます。

営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】

⑥飛び込みやテレアポをする仕事

これは会社の方針によります。

飛び込みやテレアポを強要する会社もあるので、それは従うしかないです。

 

ただし、飛び込み営業やテレアポはきついです。

断られまくりですからね(^^;

 

できれば飛び込み・テレアポがない会社を選びましょう。

  • 飛び込み営業→特定商取引法で訪問目的を伝える義務があり、売りにくい
  • テレアポ→固定電話を持たない家庭が増えた。相手の時間を突然奪うので失礼

という理由で、時代に合ってないからです。

アポ取得率も1%を切るので、仕事として効率悪すぎです。

 

今はメールでアポを取るのが当たり前なので、昭和的な飛び込みとテレアポは化石です。

というか、現代でも飛び込みとテレアポをやらせる会社は、時代遅れなので衰退します。

飛び込みとテレアポについては、下記の2記事が参考になるかと。

  1. 法人営業の飛び込みはやめた方がいい【やる場合のコツも解説】
  2. 【アポ取得率10%】テレアポのコツ5選【時代遅れだからやめましょう】

⑦ブラック企業が多そう

これは本当。

中にはホワイト企業もありますが、ブラック企業の割合は多いです。

営業職って、労働基準法が適用外の文化があるので、どうしてもブラックになりがちなんです。

 

例えば、下記みたいな考えが普通です。

  • 売れるまで帰れない
  • ノルマを達成してないなら、休んじゃダメ

営業マン側も「売れてない」という後ろめたさがあるので、強く言えないんですよね(^^;

 

特にブラックが多いのは、下記の業界です。

  • 銀行
  • 生命保険
  • 証券会社
  • 不動産
  • ネット回線の営業
  • リフォーム営業
  • 先物取引
  • MR(医薬品営業)

おすすめしない業界については、営業でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界も解説】にまとめてます。

営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

⑧人間関係がめんどくさそう

これは本当です。

人と会う仕事なので、どうしても人間関係が増えます。

  • お客さんの誕生日に何か送る
  • 見込み客から飲みに誘われたら断れない
  • 人相手の仕事なので、クレームがつきもの
  • 異性のお客さんから好意をもたれてしまう

など、かなりめんどくさいです(^^;

 

人間関係が苦手な人には、きついかもです。

⑨接待とか飲み会が多そう

これは売り方によりますね。

接待とか飲み会をしないで売れる人もいますが、上手に活用する人もいます。

 

時代的に接待や飲み会は減っていますが、40代以上の相手だとお酒の席が必要になることも…

接待や飲み会がめんどくさい人は、そういう営業をしないようにしましょう。

 

また、会社の飲み会の頻度は会社次第。

でも、飲み会が多い=無駄が多いという証拠なので、あまり良い会社じゃないですね。

⑩理不尽が多そう

これは本当です。

人相手の仕事なので、理不尽はつきものです。

例えば、下記のような理不尽があります。

  • 契約するって言ったのに、嘘だった
  • アポが取れたので行ったら、ひやかしだった
  • 下心をもたれていた
  • 上司が責任逃れや言い訳をする
  • 先輩のパワハラ

 

理不尽のメリットは、生きる力がつくこと。

自分を鍛える目的であればいいかもしれません。

⑪売れたら稼げそう

これは本当です。

営業にはインセンティブ(歩合給)がつきものなので、売れれば稼げます。

 

給与体系は、「基本給+インセンティブ」という会社が多いですね。

  • 基本給が高い→インセンティブ低め
  • 基本給が安い→インセンティブ高め

という仕組みになっています。

 

業界によっては年収1億円以上稼ぐ人もいますよ。

※保険、証券、不動産など。

営業の年収やインセンティブについては、下記の2記事が参考になるかと。

  1. 営業のインセンティブの仕組み【売りやすい商材じゃないと危険】
  2. 営業の年収は売上次第【売り方を間違えなければあなたも稼げます】

⑫スーツを着てカッコいい

基本的にスーツなので、たしかにかっこいいかもですね。

ただし、毎日スーツの辛いところもありますよ。

  • スーツは複数必要→お金がかかる
  • 移動が多いので、靴の劣化も早い→お金がかかる
  • ワイシャツも枚数が必要→お金がかかる
  • 腕時計やカバンも気をつかう→お金がかかる
  • ネクタイも複数必要→お金がかかる
  • スーツやワイシャツのアイロンがめんどくさい
  • スマートなスーツは窮屈

など、スーツの仕事にも苦労はあります。

⑬出会いが多そう

これは本当です。

人と会う仕事なので、必然的に人脈は増えます。

 

ぶっちゃけ男女の出会いも多いですね。

お客さんに手を出しちゃいけませんが、自然とお付き合いに発展する人もいます。

⑭お客さんに直接感謝される仕事

これは本当です。

直接お客さんとやりとりする仕事なので、感謝されるのは営業の特権です。

例えば、下記のように感謝されます。

  • あなたにお願いしてよかった
  • あなたから契約してよかった
  • 助けてくれて本当にありがとう

 

 

ただし、クレームを言われるのも営業の仕事です。

ときにはお客さんと会社の板ばさみになることもあります。

 

ちなみに、営業の楽しいところややりがいを、営業が楽しいと思える3つの方法【それでもダメなら環境を変える】にまとめてます。

営業が楽しいと思える3つの方法【それでもダメなら環境を変える】

知られざる営業の実態7選

知られざる営業の実態7選

あんまり知られてない営業の実態を、7つ解説します。

一般的にあまりイメージされないことなので、参考にしてください。

 

良いもの悪いもの、両方紹介します。

①営業力があれば食いっぱぐれはない

営業力が身につけば、食いっぱぐれはありません。

どの企業も、優秀な営業マンを採用したいからです。

売れる営業マンは、転職に困りません。

 

業界が変わっても転職できますよ。

たとえ業界が変わっても、人を相手にする点は一緒だからです。

 

業界知識や商品知識は勉強すれば覚えられます。

営業スキルがあれば、一生安泰です。

②実力主義なので若くても出世できる

営業は数字の実力社会なので、若くても実績があれば出世できます。

年上が部下になることもしょっちゅう。

年功序列ではなく、実力を評価してほしい人には良い仕事です。

③起業して自由な人生も可能

営業力がつけば、会社に属して働く必要もありません。

売りたい商材を売れるように業務委託契約をして、自由に営業して稼ぐことができるからです。

 

営業で起業する人は、いわゆるフルコミッション営業です。

フルコミッション営業とは、インセンティブだけで稼ぐ営業です。

 

雇用契約がないので基本給がありませんが、出勤もないので自由です。

縛られたくない自由な生き方をしたい人は、いずれ起業を目指すのもアリですね。

※ちなみに、僕も起業しました。

 

フルコミッション営業については、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやってけるか診断】にまとめてます。

フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】

④人脈が財産になる

営業で作った人脈は財産です。

会社を辞めても、人脈は残るからです。

転職したり起業してもその人脈は活かせるので、人生がどんどん有利になりますよ。

⑤売れれば自由

営業は売れれば自由です。

ノルマを達成すれば、売っても売らなくもいいからです。

 

稼ぎたい人はノルマ関係なしにどんどん売りますが、余裕をもちたい人はあえて契約を来月にまわすこともありますね。

この辺はノルマを達成してれば、本人の自由です。

 

売れれば、下記のような自由も手に入りますよ。

  • 朝礼後に家に帰って寝る
  • 有給をとって旅行に行く
  • サボって映画を観に行く

 

ようは営業職は、下記のような仕事なんです。

  • 売れれば自由
  • 売れなきゃ不自由

営業の面白いところについては、営業の面白いところ12選【辛いところやあなたが向いてるかも解説】にまとめてます。

営業の面白いところ12選【辛いところやあなたが向いてるかも解説】

⑥営業経費が自腹

営業にかかる経費は、自腹があります。

どうしてもお金を出さなきゃいけないシーンがあるからです。

 

例えば、下記は自腹が必要なことがあります。

  • お客さんにコーヒーをおごった
  • お客さんを飲みに連れていった
  • お客さんの主催するイベントに参加した

 

もちろん会社に申請できる経費もありますが、すべては無理ですね。

「仕事をするのにお金がかかる」というのは、営業職くらいでしょう。

⑦売れないと転職が不利

営業で売れないと、転職が不利です。

売れなかった人は、どこも欲しがらないからです。

 

だから、営業職に転職するなら必ず売れてください。

営業職はちょっと覚悟が必要な仕事です。

営業の仕事内容と1日のスケジュール

営業の仕事内容と1日のスケジュール

参考までに、営業の仕事内容や1日のスケジュールも知っておきましょう。

もしあなたが営業に転職した場合の、イメージになると思います。

 

仕事内容と1日のスケジュールは、下記の2記事を参考にどうぞ。

  1. 営業の6つの仕事内容【未経験からでも売れる3つのスキル】
  2. 営業の1日の流れを見てみよう【未経験者の転職の3つの注意点】

営業は19種類もある【楽な営業の選び方】

営業は21種類もある【楽な営業の選び方】

一口に「営業」といっても、19種類もあります。

営業の全種類を知った上で、転職先を選びましょう。

 

よく知らずに転職してしまい、後になって、

泣く男性

やっぱりあっちの営業がよかった…

後悔しても遅いからです。

 

営業の19種類については、営業19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】にまとめてます。

営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】

また、営業の中でも特に楽な営業を、営業が楽な業界3選【ただし自信がないならマジでやめといた方がいい】にまとめてます。

あまりにきつい営業だと続かないかもしれないので、楽な営業に転職するのも大切です。

営業が楽な業界3選【ただし自信がないならマジでやめといた方がいい】

そもそもあなたは営業に向いてるのかチェック

そもそもあなたは営業に向いてるのかチェック

未経験から営業に転職を考えているなら、そもそも営業に向いてるか適職診断しておきましょう。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】に、営業に向いてる人の特徴を紹介しています。

大事な仕事選びなので、転職活動を始める前に診断しておくと良いかと。

【厳選】営業に向いてる人の5つの特徴【合う営業会社との出会い方】

営業は未経験からでも転職できる【1年目が重要】

営業は未経験からでも転職できる【1年目が重要】

営業は、未経験からでも転職できる会社が多いです。

コミュニケーションが仕事なので、未経験でもできるからです。

 

今までの人生でコミュニケーションを取ってきてるので、できる可能性がありますからね。

営業の経験者は変なクセがついてることもあり、扱いにくいという現実もあります。

 

未経験から営業に転職するコツは、営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめてます。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

 

また、具体的な転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】を参考にどうぞ。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

悩む男性

でも、やっぱり営業は不安…

というのが本音だと思います。

 

なので未経験から始めても売れるように、営業1年目のコツを、営業1年目で売れる3つのコツ【新人で売れないのはむしろ順調な話】にまとめました。

 

正直、営業はスタートダッシュが命。

1年目で売れなかった人が、急に2年目から売れるのは稀です。

営業1年目に売れる方法をまとめたので、イメージの為にも読んでおくと良いかと。

営業1年目で売れる3つのコツ【新人で売れないのはむしろ順調な話】

まとめ【営業のイメージと現実は違うものもある】

まとめ【営業のイメージと現実は違うものもある】

この記事をまとめます。

  • 営業のイメージと現実は違うものもある
  • あまり知られてない営業の実態もある
  • 営業の仕事内容と1日のスケジュールを確認しよう
  • 営業は19種類もあるので、まずは全種類を知っておこう
  • そもそもあなたは営業に向いてるのかチェックしよう
  • 営業は未経験からでも転職できるけど1年目のスタートダッシュが命

営業のイメージってあんまりよくないよなぁ。

自分にやっていけるか不安だなぁ…

というあなたの参考になればうれしいです。

 

もし営業に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

営業で成功するには行動力が命なので、転職活動も積極的に行動すると良いかと。

もうすでに「あなたが売れるかどうか」の勝負は始まってます。

 

今日から転職活動を始めて、あなたに合う会社で活躍して、人生を楽しめばOK。

 

未経験から営業に転職するコツは、営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめてます。

また、失敗しない転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

あとは行動あるのみです。

 

ちなみに、営業をやるなら売れなきゃいけません。

売れない営業マンは存在価値がないからです。

 

営業で売れる方法はただ1つ、売れてる人のマネをすることです。

マネをするのが一番早く上達するからです。

 

売れてる営業マンの特徴を、営業ができる人の特徴5選【営業できない人との最大の違いも解説する】にまとめたので参考にどうぞ。

前述のとおり営業は、売れれば稼げて自由で最高の仕事です。

売れてる営業マンをマネしましょう。

営業できる人の特徴5選【営業できない人との最大の違いも解説する】

あなたの仕事選びの参考になればうれしいです!