営業はイケメン=有利ではない【年収3000万を稼ぐ非イケメンもいる】

【結論】営業にイケメンは関係ない【売れる方法も解説】

イケメンじゃない営業マン

営業ってイケメンの方が有利なの?

自分はイケメンじゃないから、営業は向いてないのかな…?

 

イケメンじゃなくても売れる方法を知りたいな。

あと、できるだけ見た目の印象をよくする方法も知りたい。

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業はイケメンが有利とは限らないとわかる
  • イケメンじゃなくても営業で売れる方法がわかる
  • できるだけ見た目の印象を良くする方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

  • 保険営業:7年
  • 法人向けWebコンサル営業:3年

営業やってると、あらゆる業界の営業マンと会いますよね。

10年も営業やってると、おそらく1000人以上の営業マンに会ってると思います。

 

10年×1000人の結論ですが、営業成績とイケメンは関係ないです。

なぜなら、イケメンじゃない人で売れてる人もたくさんいるから。

 

この記事では、イケメンじゃなくても売れる方法もまとめたので、参考にどうぞ。

あなたの顔に関係なく、売れるようになりますよ。

営業はイケメン=有利ではない【非イケメンで年収3000万以上】

【結論】営業にイケメンは関係ない

結論、営業はイケメン=有利とは限りません。

なぜなら、イケメンじゃなくて売れてる人もいるし、イケメンなのに売れてない人もいるから。

 

事実、僕が会ってきた1000人以上の営業マンの中で、超売れてた人は下記のとおり。

  • ハゲてる50代のおじさん:年収3000万円
  • えなりかずき似の低身長男子:年収3000万円
  • 腹が出てるデブ営業マン:年収3000万円

 

お世辞にも、全員「イケメン」とは言えませんでしたよ。

でも売れてたので、結論、イケメンと営業成績は関係ありません。

イケメンの方が営業スキル不足の落差が激しい

むしろ、イケメンで営業が下手な人の方が、ダメージ大きいかと。

なぜなら、見た目は仕事できそうなのに、実際に仕事できないとガッカリ感がハンパないから。

 

例えば、菅田将暉(すだまさき)さん似のイケメン営業マンが、営業ド下手だったらちょっと引きますよね。

結局のところ、お客さんはイケメンだから契約するんじゃなくて、商品や営業マンの信頼性で契約するので、イケメンは関係ないですね。

【素朴な疑問】営業マンにイケメンが多い理由

シンプルに、採用担当者の意向ですね。

採用担当者も、「イケメンの方が客受けが良さそう」と思って採用するから。

 

でも、現実的には多くの美男美女が営業を辞めてるのは、見た目だけじゃ売れないから。

結論、大事なのは見た目じゃなくて、中身ってことですね。

イケメンじゃなくても営業で売れる3つの方法

営業で売れる方法【ノウハウ系記事を紹介】

イケメンじゃなくても売れたい営業マン

イケメンじゃなくても売れる方法を知りたいな。

どうすればもっと売れるだろうか?

イケメンじゃなくても営業で売れる方法は、下記の3つです。

  1. 人間性で勝負する
  2. 知識を増やす
  3. 相手にメリットを与える

1つずつ解説しますね。

①人間性で勝負する

イケメンじゃない人は、人間性で勝負しましょう。

イケメンは3日で飽きますが、人間性は飽きないからです。

 

シンプルに、あなたが良い人だった好かれます。

お笑い芸人さんはイケメンじゃなくても人気がある

イケメンじゃなくても人気がある人っていますよね。

例えば、お笑い芸人さんとか。

  • 内村光良さん
  • サンドウィッチマン
  • 大泉洋さん(俳優さんだけど)

とかって、印象良いですよね。

イケメンじゃなくても、人に好かれる証拠です。

人に好かれるたった1つの方法【相手の話を聞けばいい】

人間性で勝負って言っても、具体的にどうすればいいの?

結論、相手の話を徹底的に聞きましょう。

なぜなら、人は自分の話を真剣に聞いてくれる人を好きになるから。

 

例えば、あなたが失恋したとして、真剣にグチに付き合ってくれる人がいたら、信頼しちゃいますよね。

それと一緒で、相手の話を聞きまくれば、無条件で信頼されますよ。

 

相手の話を聞き出すノウハウは、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめてます。

営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】

②知識を増やす

理由はシンプルで、よく勉強してると信頼できるから。

例えば、あなたが家を買うなら、どちらの営業マンが良いですか?

  • Aさん:イケメンだが何も知らない
  • Bさん:イケメンじゃないけど、不動産・税金・相続のことまで詳しい

まぁ、Bさんですよね。

 

イケメンであることよりも、知識の方が大事ですよ。

だって、大事な買い物だから。

 

結論、勉強して知識を増やしましょう。

③相手にメリットを与える

無条件であなたを信頼してくれるからです。

例えば、下記のような人って信頼しませんか?

  • あなたの仕事に無償で協力してくれる人
  • あなたが辛いときに助けてくれる人
  • あなたを儲けさせてくれる人

 

結論、先に相手にメリットを与えたら、あなたは無条件で信頼されます。

イケメンかどうかなんて関係ないですよね。

 

あなたの商品を売り込む前に、まず相手にメリットを与えてしまいましょう。

お礼に契約をもらえます。

 

この辺のコツは、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめてます。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

見た目の印象を良くする5つの方法【身だしなみイケメンを目指す】

見た目の印象を良くする5つの方法【身だしなみイケメンを目指す】

イケメンじゃなくても売れるのはわかったけど、できれば見た目の印象も良くしたいな。

どこに気をつければいい?

結論、下記の5つをやるだけでも、見た目の印象はかなり良くなりますよ。

  1. 顔の肌の手入れをする
  2. 靴を磨く
  3. 清潔感のある髪型にする
  4. スーツの手入れをする
  5. ちょっと高いボールペンを使う

 

ようは、「身だしなみイケメン」を目指せばOKです。

1つずつ解説しますね。

①顔の肌の手入れをする

肌が明るくてキレイだと、印象が良いから。

具体的には、下記をやればOK。

  • 化粧水を使う
  • 保湿クリームを使う
  • ヒゲを剃る

これだけでも、かなり印象が良くなりますよ。

②靴を磨く

「オシャレは足元から」だから。

別に高い靴を買う必要はありません。

キレイに手入れされてるだけでも、かなり印象が良いですよ。

 

靴を磨くやつを買って、商談前に手入れしましょう。

③清潔感のある髪型にする

清潔感のある髪型だと、印象が良いから。

基本的には下記が印象良いですね。

  • 短髪
  • 黒髪
  • 軽く整髪料を使う

 

「ちゃんとしてる感」が伝わるので、やっといた方が良いかと。

④スーツの手入れをする

スーツがきちんとしてると、信頼できるからです。

下記の点をチェックしましょう。

  • くたびれていないか
  • シワができてないか
  • テカってないか

スーツは営業マンの戦闘服なので、キレイにしときましょう。

⑤ちょっと高いボールペンを使う

しっかりしてる人に見えて、信頼できるから。

具体的には、5000円~1万円くらいの銀のボールペンが良いですね。

 

なんか風水の本だったかで読んだんですが、銀のボールペンは人を信頼させる力があるみたいですよ。

たしかに、銀のボールペンだと落ち着いてる雰囲気ありますよね。

 

百貨店の男性フロアに行くと売ってるので、見にいってみましょう。

まとめ【営業はイケメンじゃなくても売れます】

まとめ【営業はイケメンじゃなくてもできる】

結論、営業はイケメンじゃなくても売れるので大丈夫。

イケメンじゃなくても売れる方法は、下記の3つです。

  1. 人間性で勝負する
  2. 知識を増やす
  3. 相手にメリットを与える

 

人間性で勝負する具体的な方法は、相手の話を聞きまくること。

具体的なノウハウは、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめてます。

 

「相手にメリットを与える」のノウハウは、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】をどうぞ。

 

ちなみに営業の顔の作り方を、売れる営業の顔の作り方3選【顔ができたら営業のテクニックを磨く】にまとめたので、こちらも参考にどうぞ。

売れる営業の顔の作り方3選【顔ができたら営業のテクニックを磨く】

 

結局のところ、営業は顔じゃなくて中身です。

しっかりとスキルアップして、売上を伸ばしていきましょう。