人見知りでも営業はできる【お客さんから来てくれる営業戦略も解説】

人見知りでも営業はできる【お客さんから来てくれる営業戦略も解説】

営業マン

人見知りは営業に向いてないのかなぁ…?

 

仕事だから一応社交的にふるまってるけど、

ほんとは人と話すのがかなり苦手…

 

アポの前はすごく緊張するし、ご飯も食べられない。

 

でも、売れるようになりたいなぁ。

オフィス内でも一目置かれるようになりたいよ。

 

高い売上を安定して続けるには、どうすればいいかなぁ?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 人見知りでも営業はできる【むしろ営業に向いてる件】
  • 人見知りの営業戦略【お客さんから来てくれる仕組みを作る】
  • どうしても営業がきつかったら転職

僕、佐藤誠一は、

人見知りながら営業を10年続けました。

なので結論、人見知りでも営業はできます。

 

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

人見知りながら、10年でこんな実績がありました。

  • 初月で売上がオフィストップ(保険営業時代)
  • 最年少ながら、年間の売上がオフィスで5位(保険営業時代)
  • 新規法人を239社開拓(法人向けWebコンサル営業時代)

 

人見知りながら、なんとかやってこれました。

僕の周りにも、人見知りで売れてる営業マンはたくさんいました。

 

くれぐれも言っておきますが、僕は人見知りが直ったわけではありません。

人見知りは性格なので、変わりません。

 

その証拠に、今は家に引きこもってWebライターをしてます。

ぶっちゃけ、人と関わらない生活は最高だと思ってます(笑)

 

この記事は、人見知りながら営業を10年続けた僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

 

人見知り用の営業方法もあるので、後ほど解説しますね。

人見知りのあなたの営業活動の参考になればうれしいです!

人見知りでも営業はできる【むしろ営業に向いてる件】

人見知りでも営業はできる【むしろ営業に向いてる件】

結論、人見知りでも営業はできます。

人見知りの僕が、10年も続けられたからです。

 

僕の周りにも、人見知りで売れてる営業マンはたくさんいました。

だから、大丈夫です。

 

むしろ、人見知りの方が営業に向いてると思います。

具体的に解説します。

ペラペラ喋らないので、売り込み感がない

人見知りはペラペラ喋らないので、売り込み感がありません。

それが相手に安心感を与えるので、売れます。

 

口数が少ないので、一言に重みもあって信用されやすい。

反対に、ペラペラ喋る営業マンの一言は価値が低いので、信用されにくいです。

 

人見知りって、営業の才能があるんです。

相手の話を聞いてる方が多い→売れる

人見知りは自分から話せないので、必然的に相手の話を聞く時間が増えます。

結果、相手の悩みを聞き出せるようになり、売れます。

 

そもそも営業って、相手の悩みを聞き出して、それを解決するのが仕事。

だから、自分から話さなくていいんです。

 

答えを知ってる状態でテストに臨むようなものなので、聞き役に徹しましょう。

※ペラペラ喋って、相手の話の腰を折る営業マンは最悪です。

 

しいて言えば、ヒアリングスキルだけは身につけましょう。

上手に質問すれば相手は答えてくれます。

 

ヒアリングスキルについては、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめてます。

場数をこなすと普通にしゃべれる

人見知りな営業マンでも、場数をこなせば普通にしゃべれるようになります。

人は慣れる生き物だからです。

 

例えば、下記のような感じ。

  • 軽い冗談を言えるようになる
  • 質問してれば会話は続くとわかる
  • 雑談できるようになる

 

冒頭でもお伝えしたとおり、人見知りは性格なので直りません。

でも、ビジネストークならできるようになるイメージです。

 

ちなみに雑談スキルについては、営業のアイスブレイクのネタ5選【NG例や雑談がうまくなるコツ】にまとめてます。

知識量があれば信頼を勝ち取れる

勉強して知識を身につければ、喋れなくても信頼されます。

ペラペラ喋ることよりも、正しい知識を知ってる方が価値が高いからです。

 

例えば、

  • 本を読む
  • ググる
  • SNSで調べる
  • 勉強会に参加する

などで、常に勉強しましょう。

 

勉強する内容は自分の業界知識だけじゃなくて、見込み客の業界知識も勉強すると最高。

わかってくれてる!

と、見込み客は喜んでくれますよ。

商材が好きなら売りやすい

そもそも、好きな商材なら話しやすいです。

好きなものは、人に言いたくなるからです。

 

例えば、人見知りなオタクの人でも、自分の好きなアニメのことならすごく話しますよね。

あれと一緒。

 

あなたが売りたい商材・好きな商材であれば、人見知りじゃなくなります。

もし、今売ってる商材を良いと思えないなら、お客さんにも悪いので転職を検討しましょう。

人見知りの営業戦略【お客さんから来てくれる仕組みを作る】

人見知りの営業戦略【お客さんから来てくれる仕組みを作る】

人見知りの営業戦略は、お客さんから来てくれる仕組みを作ることです。

自分から声をかけるのが辛いなら、お客さんから声をかけてもらえばいいからです。

 

お客さんから来てくれる仕組みは、下記のとおり。

  1. 紹介が出続ける仕組みを作る
  2. 業務提携
  3. WebサイトやSNSから集客
  4. 異業種交流会などイベントの主催

 

実はこの4つ、全部僕がやってたものです。

自分からセールスするのが嫌だったので、お客さんから来てもらう仕組みを作りました。

 

お客さんから来てくれる仕組みのことを、「マーケティング」といいます。

 

多くの営業研修では、マーケティングを教えてません。

わからないからでしょうね。

 

でも、営業マンもマーケティングを実装すれば、お客さんから来てくれるようになります。

 

実装すべきマーケティングは、下記のとおり。

  • フロントエンドとバックエンドを決める
  • 接触回数を増やす
  • 顧客を見込み客・既存客・固定客に分類して育てる

 

営業マン向けのマーケティングについては、営業とマーケティングの違い【営業マンが1人でやれば売れ続ける戦略】に詳しくまとめてます。

お客さんから来てくれるので、人見知りのあなたでも大丈夫です。

どうしても営業がきつかったら転職

どうしても営業がきつかったら転職

もしどうしても営業がきつかったら、他の仕事に転職しましょう。

体を壊してまでやる仕事じゃないからです。

 

例えば、うつ病とかになっちゃうと、再就職も難しくなります。

体を壊すくらいなら、転職しましょう。

 

営業がきつい人は、営業を辞めたいときの3つの対処法【次はあなたに向いてる仕事に転職】を参考にどうぞ。

どうしても営業がきついなら、無理しないでくださいね。

まとめ【人見知りでも営業はできる】

まとめ【人見知りでも営業はできる】

この記事をまとめます。

  • 人見知りでも営業はできる【むしろ営業に向いてる】
  • 人見知りの営業戦略は、お客さんから来てくれる仕組みを作ること
  • どうしても営業がきつかったら、他の仕事に転職していい

営業マン

人見知りは営業に向いてないのかなぁ…?

人と話すのがかなり苦手…

 

でも、売れるようになりたいなぁ

というあなたの参考になればうれしいです。

 

ちなみに、営業で売れる方法はただ1つ、「与えること」です。

相手に無償でメリットを与えたら、返してくれます。

 

10年営業をやった結論ですが、この「与える営業」が一番売れました。

 

無償でメリットを与えた報酬を、契約でもらえばOK。

売りにくい商材も、これで売れます。

 

与える営業は、人見知りの人でもやりやすいですよ。

与える営業については、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

あなたの営業活動の参考になればうれしいです!