営業の電話の4つのコツ【アポ取得率10%の裏ワザと現代の新規開拓】

営業の電話の4つのコツ【アポ取得率10%の裏ワザと現代の新規開拓】

営業の電話のコツを知りたいな。

どうすれば、効率的にアポを取れるんだろう?

 

もっと売れるようになって、上司や同僚を見返してやりたいなぁ。

 

でも本音は、テレアポが超苦手…

あ~あ、電話かけたくねぇなぁ…

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業の電話の4つのコツ【厳選しました】
  • Youtube動画を作って、企業のホームページの問い合わせフォームに送ればOK

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年と、法人向けWebコンサル営業3年です。

 

保険営業の頃、テレアポやってみましたが全然ダメでした。

なんとアポ取得0件。

 

罪悪感が強くて、全然アポが取れませんでした。

 

ですが、法人向けWebコンサル営業の頃は、電話のアポ取得率は約10%まで上げてました(^^)

もちろん、新規開拓のテレアポです。

 

この記事は、全然テレアポができなかったのに、アポ取得率10%まで上げた僕が書いた記事なので信ぴょう性があると思います。

 

テレアポに苦戦しているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

また、記事の後半では今の時代に合った新規開拓方法も解説しますね。

営業の電話の4つのコツ【厳選しました】

営業の電話の4つのコツ【厳選しました】

営業の電話のコツは、下記の4つです。

  1. ターゲットを絞る
  2. 会わなきゃいけない理由を作る
  3. 相手が得られる結果だけを伝える
  4. 電話をかける時間帯に配慮する

僕がアポ取得率10%にした方法なので、やってみてください。

①ターゲットを絞る

電話をかける相手を絞りましょう。

ニーズがない相手にかけても、無駄だからです。

 

例えば、

  • 相手企業のホームページを見て、何に悩んでそうか予想する
  • 相手のSNSを見て、何にニーズがありそうか予想する
  • 自分が売りたい商品のニーズがあるか、相手をよく調べる

ということくらいは、最低限やりましょう。

 

きちんと準備してから電話すれば、アポとれます。

 

一番ダメなのは、電話帳の上から順にかけること。

相手のリサーチもしないで電話のは、

無駄すぎるから絶対NGです。

僕もターゲットを絞ったらアポ取れました【悩みの深いところに電話する】

僕もターゲットを絞ったら、一気にアポ取得率が上がりました。

 

法人向けWebコンサル営業の頃は、オウンドメディアといって、

ようは「人がたくさん見にくるサイト」の制作を売ってました。

 

どこをターゲットにしようか考えたときに、

今は人不足の時代だから、求人したい企業をターゲットにすることにしました。

 

多額の求人広告をかけてるんだけど、

なかなか人が集まらない…

と悩んでいそうな企業をリストアップして、営業することにしました。

 

ようは、

オウンドメディアを作れば、求人広告を大幅削減できて、

人も集まるよ!

っていう提案です。

 

リストアップの方法は簡単で、

リクナビとかマイナビを検索。

 

リクナビとかマイナビの求人広告って高いので、

高い広告費を払ってる割に人が集まらなくて困ってるだろうなぁと思ったので。

 

こんな条件で法人リストを作ってから、電話をかけました。

もともと興味ありそうな企業だけに電話してるので、やっぱりけっこうアポ取れました(^^)

 

ターゲットは、絶対絞らなきゃダメです。

「1日○○○件かけろ!」みたいな上司は論外です

怒る上司

1日300件テレアポしろ!

みたいな上司はオワコンです。

 

なぜなら、しっかりリサーチしてターゲットを絞ったら、300件もリストは作れないからです。

つまり、無駄な電話を300件かけろと言ってるってこと。

 

まったくマネジメントしてない証拠です。

人件費も無駄すぎ。

 

「電話しろ!」って言うだけで高い給料もらってるとか、詐欺でしょ。

 

1日の電話する件数が目標になってる会社や部署は、マジ終わってます。

転職した方がいいですよ。

②会わなきゃいけない理由を作る

会わなきゃいけない理由を作っちゃいましょう。

相手は、あなたに会わざるを得ないからです。

 

これはちょっとずるい方法なのですが、

僕は軽いクレームを入れました(^^)

 

手順はこんな感じ。

  1. 企業のホームページの問い合わせフォームから連絡しておく
  2. 1週間くらい経ってから「問い合わせフォームから連絡したのに返信がない」と電話する
  3. 担当者がクレームだと勘違いして、慌てて対応してくれる
  4. お詫びに会ってくれる

みたいな感じです(^^)

 

これ、かなりアポ取れます(笑)

 

詳しいノウハウは、

【悪用厳禁】法人向けのテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】にまとめたので、興味ある人は読んでみてください(^^)

【悪用厳禁】法人向けのテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】

③相手が得られる結果だけを伝える

電話では、相手が得られる結果だけを伝えましょう。

電話の目的は、興味づけしてアポを取ることだからです。

 

例えば、こんな感じ。

保険営業マン

保険料を今より5000円下げられますよ。

年間6万円もお金が浮きます。

 

くわしくは、お会いして話します。

得られる結果だけを伝えてますよね?

 

テレアポで断られる原因は、商品の話をするからです。

商品の話=売り込みなので、絶対NG。

 

相手は商品に興味はありません。

得られる結果に興味があるだけです。

 

くわしくは、営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】

④電話をかける時間帯に配慮する

電話をかける時間帯に気をつけましょう。

時間を間違えると、つながらないからです。

 

つながりやすい時間帯を、

営業の電話をかけていい時間【効率的なテレアポのコツも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業の電話をかけていい時間【効率的なテレアポのコツも解説】

電話営業の細かいテクニック15選

その他、細かい電話営業のテクニックを、

テレアポのコツ15選【営業の電話は失礼だからやめた方がいい】にまとめたので、読んでみてください(^^)

  • 最初に「あっ」って言わない
  • ちょっとイントネーションを変えて、方言っぽく話す
  • トーンは普通でいい
  • 担当者や社長の知り合いを装う
  • フェアな立場で話す

など、細かいテクニックを解説しています。

テレアポのコツ15選【営業の電話は失礼だからやめた方がいい】

Youtube動画を作って、企業のホームページの問い合わせフォームに送ればOK

Youtube動画を作って、企業のホームページの問い合わせフォームに送ればOK

電話営業の方法を解説してきましたが、ぶっちゃけ、電話営業は時代に合ってないです。

電話する人が減ってるからです。

 

特に若い人は、電話しません。

 

個人で固定電話を使っているのは、高齢者くらいでしょう。

高齢者向けの営業ならまだいいですが、それ以外はもう時代に合ってません。

 

法人営業も、電話は嫌われます。

 

だから、時代に合った新規開拓をしましょう。

現代風の新規開拓は、Youtubeです。

 

Youtubeのメリットは、下記の3つ。

  1. 会わなくてもプレゼンできる
  2. 動画なのでわかりやすい
  3. 企業のホームページの問い合わせフォームから送れる

営業マンこそ顔を売るのも大事なので、あなたの雰囲気が伝わりやすいYoutubeが合っていますね。

 

スマホで簡単に撮影できるので、やってみましょう(^^)

どれくらいの人が見たのか効果測定もできるので、PDCAしやすいです。

営業マンこそWebを使うべき

ここ15年で、営業マンは130万人も減少したそうです。

参考:livedoorNEWS「この15年で130万人の営業マンが消滅したワケ

 

完全にWebに市場を奪われた証拠。

本当に優秀な営業マン以外は、必要ない時代になってます。

 

では、こんな時代にどう戦うか?

 

答えは簡単、Webを使いましょう。

  • Youtube
  • SNS
  • Webサイト
  • ブログ

など、無料で使えるツールがたくさんあるのに、使わないのはもったいないですよ。

 

Webが強い時代なら、逆らわずに利用しましょう。

 

Webを使った新規開拓は、

【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

【実証済み】営業の新規開拓の方法4選【アポが取れたら与えればOK】

 

また、この辺はYoutubeでもしゃべっているので、動画が良い人は僕のYoutubeを見てください。

まとめ【電話営業のコツは4つだが、時代に合わせてWeb営業にシフトすべき】

まとめ【電話営業のコツは4つだが、時代に合わせてWeb営業にシフトすべき】

この記事をまとめます。

  • ターゲットを絞る
  • 会わなきゃいけない理由を作る
  • 相手が得られる結果だけを伝える
  • 電話する時間帯に配慮する
  • 現代の営業マンはWebを使って営業すべき

営業の電話のコツを知りたいな。

どうすれば、効率的にアポを取れるんだろう?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、僕がWebを使って新規法人を239社開拓したノウハウを、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

 

Youtubeでもしゃべってるので、動画が良い人はこちらをどうぞ。

あなたの新規開拓の参考になればうれしいです!