営業のアポ取りのコツ7選【2020年以降はWebを使うと効率的だよ】

営業のアポ取りのコツ7選【2020年以降はWebを使うと効率的だよ】

営業のアポ取りの方法を知りたいな。

なかなかアポが取れなくて困ってる…

 

上司は「数が大事だ!」って言うけど、なんか質の問題な気がする…

どうやったらアポが取れるんだろう?

こういった疑問や悩みに答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のアポ取りのコツ7選【実際に成果がでた方法だけを解説】
  • さらに効率的な営業のアポ取り方法【Webを使う】

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

保険営業時代は、正直アポ取りは苦手でした。

うざがられたり、ガチャ切りされたり。

 

でも、法人向けWebコンサル営業に転職してからは、アポ取りのコツを覚えました(^^)

239社の新規法人を開拓して、18社から契約をもらえました。

 

※Webコンサルという性質上、18社でキャパオーバーになったので契約を打ち切りましたが、キャパがあればまだいけました。

 

無限に新規法人を開拓できる方法を見つけたので、「アポ取りにはコツがある」とわかりました。

 

この記事は、239社の新規法人を開拓した僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

アポ取りの参考にしてみてください(^^)

営業のアポ取りのコツ7選【実際に成果がでた方法だけを解説】

営業のアポ取りのコツ7選【実際に成果がでた方法だけを解説】

営業のアポ取りのコツは、下記の7つです。

  1. 相手をリサーチする
  2. 相手に明確なメリットを伝える
  3. 興味づけに徹する
  4. まずは会うことだけに集中する
  5. 候補日は3つ提示する
  6. アポを取りやすい時間に電話する
  7. 元気よく電話する

1つずつ解説しますね(^^)

①相手をリサーチする

まず、アポを取りたい相手をリサーチしましょう。

相手を知らなければ、アポは取れないからです。

 

具体的なリサーチ方法は、下記の感じ。

  • 相手のSNSをみて、興味あることを探る
  • 相手企業のホームページを見て、どんなのことに悩んでいるか想定する
  • 相手企業のSNSを見て、最近どんなことに力を入れてるか調べる
  • 相手企業が出展する展示会やイベントなどに行って、様子を見る

リサーチすることで、「相手が何に悩んでいるか」が見えてきます。

 

あとは、相手の悩みを解決できる旨で連絡すればOKです。

リサーチしないでアポを取ろうとするのはNG

多くの営業マンは、リサーチしてからアポと取ろうとしてません。

「営業は数だ!」と教育されているからです。

 

でも、それでは「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」でしかありません。

 

一番やっちゃいけないのが、電話帳の上から電話かけるやり方。

それって相手のことを考えてないってことなので、嫌われます。

 

相手のことをリサーチしたことは伝わるので、1つ1つ丁寧にアポを取っていきましょう。

 

無計画に100件電話をかけるよりも、

リサーチして10件電話する方がアポ取れます。

僕も、リサーチしてから電話したらアポ取れるようになりました。

②相手に明確なメリットを伝える

相手に明確なメリットを伝えましょう。

「会う理由」ができるからです。

 

例えば、下記のような感じ。

  • 御社の○○の売上を伸ばす具体案を考えました
  • 御社のように、○○をしている場合のみ使える採用方法があります
  • めっちゃかわいい娘にあなたの話をしたら「会ってみたい」そうなので紹介します

明らかなメリットがあれば、人間関係がなくても話を聞いてくれる確率が高まります。

商品の話ではなく、相手が得られる結果を伝える

アポ取りでNGなのは、自分の商品の話をすること。

聞きたくもない商品の話をされたら、誰だって不快になるからです。

 

商品の話じゃなくて、商品から相手が得られる結果だけを伝えましょう。

得られる結果に興味があれば、会ってくれる確率は上がります。

 

商品説明=売り込みなので、一気にアポ取得率が下がります。

 

詳しくは、営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のアプローチでは商品で得られる結果を伝える【成功例も紹介】

③興味づけに徹する

アポ取りの段階では、興味づけに徹しましょう。

目的は売ることではなく、アポを取ることだからです。

 

ようは、映画の予告編みたいなものです。

興味づけだけして「詳しくはお会いして話します」でいいんです。

興味づけのコツは、想像させること

想像してみてください。

あなたが簡単にアポを取れるようになって、

高い売上を安定してあげている姿を。

その姿になれるノウハウをお伝えします。

 

って言われたら、興味がわくものです。

 

相手の理想の姿は、相手の頭の中にしかありません。

こちらは知りようがありません。

 

だから、相手の理想を想像させて、欲しがらせましょう。

  • もし、御社の売上が1.2倍になったら、どうなりますか?
  • もし、経費を20%カットできたら、浮いた分はどうされますか?
  • もし、お給料以外に月5万円の収入があったら、どうしますか?

という質問をすることで、相手は勝手にほしくなってくれます。

 

想像させるノウハウは、

メンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術(メンタリズム)」を読んでください。


人を操る禁断の文章術

 

人を操る言葉の使い方を勉強できます。

1400円する本ですが、売上あがるので投資回収は簡単です(^^)

 

僕もこの本で、売上が上がりました。

④まずは会うことだけに集中する

アポイントは、まず会うことだけに集中しましょう。

詳しい話は、会ってからすればいいからです。

 

NGなのは、商品の説明を始めちゃうこと。

前述のとおり「商品説明=売り込み」なので、辞めましょう。

 

新しい保険が出まして、こちらはガンと介護の保障もついてるのに、お手頃価格なんですよ!

って言われたら、あなたも引くでしょ?

⑤候補日は3つ提示する

アポの候補日は3つ提示しましょう。

こちらから提示すれば、相手は選ぶだけで簡単だからです。

 

相手の負担を減らせば、アポ取得率は上がります。

 

アポの候補日は、

  • 1つじゃ少なすぎ
  • 2つも少ない
  • 4つは多すぎて、必死感が伝わっちゃう

という感じで、消去法で3つです。

 

僕もいろいろ試したのですが、やっぱり3つが一番アポ取れました。

⑥アポを取りやすい時間に電話する

テレアポするなら、電話する時間を選びましょう。

相手が電話に出れない時間にかけても、無意味だからです。

 

アポが取りやすい時間については、

営業の電話をかけていい時間【効率的なテレアポのコツも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業の電話をかけていい時間【効率的なテレアポのコツも解説】

⑦元気よく電話する

元気ないよりは、元気ある方がアポ取れます。

人は、元気ない人に会いたくないから。

 

変にトーンを高くするとかじゃなくて、シンプルに元気よく電話しましょう。

特に、20代の人ほど有効です(^^)

さらに効率的な営業のアポ取り方法【Webを使う】

さらに効率的な営業のアポ取り方法【Webを使う】

さらに効率的なアポ取りは、Webを使うことです。

事実、僕もWebを使って239社の新規法人を開拓したからです。

 

2020年以降は、

  • テレアポ
  • 飛び込み営業

が通用しなくなります。

だって、効率悪いじゃないですか。

 

営業手法は、時代に合わせて変えていくもの。

2020年以降は、Webを使った営業が効果的です。

 

具体的に解説します。

企業のホームページの問い合わせフォームから連絡する

法人の新規開拓は、企業のホームページの問い合わせフォームから連絡しましょう。

受付突破できるからです。

 

興味があれば返信くれるし、返信をくれるのは担当者です。

こちらも電話とか飛び込みのストレスがないし、担当者のメアドを知らなくても連絡できます。

 

ググれば無限に法人リストができるので、超簡単です。

 

詳しくは、営業で受付突破する方法【結論:受付を通さずメールすればOK】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業で受付突破する方法【結論:受付を通さずメールすればOK】

Youtube動画のURLを問い合わせフォームに送る

あなたが興味づけしてるYoutube動画を撮影して、企業のホームページの問い合わせフォームにYoutubeのURLも添えて送りましょう。

 

そうすれば、会わずにプレゼンできます。

興味があれば返信がきます。

 

もはや「営業=会う」の時代じゃないです。

Youtubeなど無料で使えるツールを使えば、

アポ取らなくても営業できます。

僕が239社のアポを取った方法【ブログ運営】

ちなみに、僕が239社の新規法人を開拓したときは、ブログを使って営業してました。

  1. ブログを書く
  2. 企業のホームページの問い合わせフォームに「ブログで御社に役立てる」と連絡
  3. アポ日にヒアリング
  4. 2回目のアポで提案
  5. 契約

みたいな感じです(^^)

 

Webを使った営業は、効率いいし、契約までも早いです。

 

詳しくは、メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめてるので、興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

SNSやメルマガを使って紹介を生み出す方法

SNSやメルマガを活用すれば、紹介営業も楽になります。

既存客は見込み客に役立つ情報を発信し続けると、紹介が出始めるからです。

 

いちいちアポを取るより効率的なので、営業にWebを活用したい人はやってみましょう。

 

具体的なやり方はYoutubeで解説してるので、見てみてください(^^)

まとめ【営業のアポ取りのコツは7つ】

まとめ【営業のアポ取りのコツは7つ】

この記事をまとめます。

  • 営業のアポ取りのコツは7つ
  • リサーチして、相手のメリットで興味づけ
  • 会うことだけに集中する
  • 2020年以降は、Webを使った営業が効果的
  • Youtube・SNS・メルマガ・ブログが有効

営業のアポ取りの方法を知りたいな。

どうやったらアポが取れるんだろう?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

本記事で紹介した、アポ取りに役立つ本は下記です。


人を操る禁断の文章術

 

ちなみにテレアポや飛び込みよりも、

メールでアポを取る方が簡単です。

 

メールでアポを取る方法を、

営業のアポをメールでとる方法【実際にアポがとれた例文も紹介】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のアポをメールでとる方法【実際にアポがとれた例文も紹介】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです!