営業のアポをメールでとるコツ10選【実際にアポがとれた例文も紹介】

macbook

営業のアポを、メールで効率的にとる方法を知りたいな。

あと、アポがとれるメールの例文も見てみたい。

 

どうしたらメールのアポ取得率がもっと上がるかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業のアポをメールでとるコツ10選【新規開拓できます】
  • 営業のアポがとれるメールの例文【実際にアポがとれたテンプレート】
  • 最強の営業のアポメールはお客さんを紹介すること【川上に立つ】

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やっていました。

  • 生命保険営業7年
  • 法人向けのWebコンサル営業3年

 

法人向けWebコンサル営業時代は、239社をほぼメールだけで新規開拓しました。

アポ取得率は10〜20%です。

 

ググって法人を調べて、企業のホームページの問い合わせフォームからメールして、アポをとってました。

メールで法人の新開開拓をやってた僕が書いた記事なので、けっこう信ぴょう性があるかと。

 

あなたの営業活動に参考になればうれしいです。

営業のアポをメールでとるコツ10選【新規開拓できます】

スマホ画面

営業のアポをメールでとるコツは、下記の10個です。

  1. 営業メールは件名で興味をひくとアポが取れる
  2. 相手にメリットのある内容を伝える
  3. 商品の売り込みではなく、業務提携をもちかける
  4. 「話を聞かせてください」とメールする
  5. 企業のホームページの問い合わせフォームから連絡する
  6. 最初に用件をわかりやすく伝える
  7. メールの最後は「追伸」でしめる
  8. 5W1Hで不明点をなくす
  9. 日程候補は3つ
  10. 会う日が決まったら、確定メールを送る

実際に僕が使って、新規開拓できた手法なので実戦的です。

 

他のサイトや、営業の本に載っていないことが多いので、参考になればうれしいです(^^)

①営業メールは件名で興味をひくとアポが取れる

メールの件名は、興味をひくものにしましょう。

件名がつまらないと、開封すらしてくれないからです。

メールの件名の悪い例と良い例

悪い件名の例を先に紹介すると、

  • はじめまして
  • 新商品のご案内
  • ご面談のお願い

最低です。

いかにも営業・売込みっぽい件名だから。

 

良い件名の例は、

  • 思いきってメールしました
  • ホームページを拝見してメールしました
  • 質問させていただきたいです
  • 御社の◯◯事業にメリットがあると思い、メールしました。

など、件名を見た相手が「お?なんだこれ?」となりやすい件名だと、アポが取れます。

②相手にメリットのある内容を伝える

自分が売りたいものではなく、相手にメリットがあることを書きましょう。

人は売り込みが嫌いですが、自分にメリットがあることは気になるからです。

 

「弊社がやっている〇〇が、御社の〇〇に役立つかと思いメールしました」

 

という感じが良いですね。

 

上記のように協力者の立場でメールするのがコツです。

「うちの商品を紹介したい」ではなく、「御社の役に立ちそう」という感じにしましょう(^^)

③商品の売り込みではなく、業務提携をもちかける

商品の売り込みはアポをとりにくいですが、

業務提携には応じてくれる会社が多いです。

売り込まれるのは嫌いですが、協力者には興味があるからです。

 

例えば、下記のような感じ。

「弊社の〇〇という商品が、御社の〇〇というサービスと相性が良さそうなので、一度お話を聞きたいのですが」

 

「いっしょにビジネスをしませんか?」という感じがするので、

仲間意識がうまれて、相手は興味をもってくれます(^^)

会わなきゃ何も始まらない

売りたい営業マン

業務提携がしたいんじゃなくて、こちらの商品を売りたいんだけど…

と思うかもですが、まずは会わなきゃ何も始まらないです。

まずは会うことだけに集中すること。

 

会えば相手が抱える問題点や悩みも聞けるので、可能性が広がります。

④「話を聞かせてください」とメールする

「御社の話を聞かせてください」とメールしたら、すごくアポがとれました。

人は、話を聞くのは嫌だけど、自分の話をするのは好きだからです。

 

モラルとして、「御社の話を聞かせてください」と言ったのですから、

初回のアポであなたの商品の話はNGです。

 

初回のアポは、相手のヒアリングを徹してください。

相手の悩みを聞き出せるので、悩み解決の提案をすれば契約になりますよ。

 

ちなみにヒアリングのコツは、

営業のヒアリングのコツ14選【提案するときの2つのポイント】にまとめてます。

営業のヒアリングのコツ14選【提案するときの2つのポイント】

⑤企業のホームページの問い合わせフォームから連絡する

担当者のメールアドレスを知らない新規法人は、

ホームページの問い合わせフォームから連絡しましょう。

 

問い合わせ内容によって、担当者につないでくれるので便利ですよ(^^)

問い合わせフォームから連絡するのは失礼じゃない

問い合わせフォームからの連絡は失礼だと思う営業マン

えっ!?

営業するのに、問い合わせフォームに連絡するなんて失礼すぎる!

と思うかもですが、別に失礼じゃないですよ。

 

前述したような、

  • 業務提携の相談
  • 「御社のお話を聞かせてください」という問い合わせ

は売り込みではないので、まったく問題ありません。

 

僕も今まで3000件以上の問い合わせをしていますが、怒られたことは一度もありません。

⑥最初に用件をわかりやすく伝える

用件は、最初にわかりやすく書きましょう。

相手は忙しく、結論から先に知りたいからです。

 

結論を最後に書くと、最後まで読んでくれません。

⑦メールの最後は「追伸」でしめる

メールの最後に、追伸を書くようにしてください。

人は、追伸を読んでしまうからです。

 

例えば、

追伸:他にも何社か会う予定なのですが、まずは御社の話を聞かせていただけると嬉しいです。

御社のホームページが一番インパクトがあったからです。

 

みたいに追伸を書いておくと、フツーの営業メールと差別化できて、相手の印象に残ります(^^)

【極意】一番伝えたいことは追伸に書く

「人は追伸を読んでしまう」ということは、一番伝えたいことは追伸に書きましょう。

この辺のスキルは、メンタリストDaiGoさんの著書「人を操る禁断の文章術(メンタリズム)」が勉強になります。


人を操る禁断の文章術
 

 

メールでアポをとるのは、まさに「人を操る文章術」が必要だからです。

DaiGoさんの本を読むだけでも、飛躍的にアポが取れるようになりますよ(^^)

⑧5W1Hで不明点をなくす

メールは、5W1Hを意識して書きましょう。

不明点があると、返信がこないからです。

 

例えば、

  • 自分は何者なのか?
  • 何が目的なのか?
  • どのように相手にメリットがある話なのか?
  • どこで会いたいのか?
  • いつ会いたいのか?
  • 時間がどれくらいほしいのか?
  • 誰と会いたいのか?

などがわかるようにしましょう。

 

※会いたい相手がわからなない場合は「ご担当者様」で大丈夫です。

⑨日程候補は3つ

メールには、会う日程の候補を3つ書いておきましょう。

候補を出すと、相手が選びやすいからです。

 

日程はこちらから提示するか、

「会いましょう」と返信がきてから、相手の日程を3候補もらうのでもOKです。

⑩会う日が決まったら、確定メールを送る

アポ日程が決まったら、

わかりました。

では、〇月〇日〇時に〇〇(場所)にお伺いします。

 

と確定メールを送りましょう。

 

アポの日程まちがいを防ぐためです。

メールで送ることで記録が残るので、言った言わないのトラブルを防げます。

営業のアポがとれるメールの例文【実際にアポがとれたテンプレート】

パソコン

営業のアポがとれたメールの例文を紹介します。

実際に僕が使ってアポがとれたものなので、実戦で使えます。

 

テンプレート(型)のように、使い回してもらって大丈夫です(^^)

まったく知らない法人のアポをとるメール例文

まったく知らない法人のアポをとるメール例文です。

このメールが打てると、新規法人を無限に開拓できますよ(^^)

件名:お話を聞かせていただきたくメールしました。

 

株式会社〇〇〇

ご担当者様

 

初めてメールをさせていただきます。

株式会社△△△で、△△△をしている△△と申します。

 

御社のホームページで、〇〇〇事業を拝見してご連絡させていただきました。

 

弊社で運営している△△△という事業があるのですが、△△△のようなお客様を対象としております。

 

私たちのお客様にとって、御社の〇〇〇事業が有効かと思いましたので、

くわしくお話を聞かせていただきたく思いメールしました。

 

御社の〇〇〇事業は、私たちのお客様に△△△のようなメリットを出せて、

さらに御社にもメリットがあるのでは?と思いました。

 

もしお話を聞かせていただけるようであれば、御社にお伺いする形でも大丈夫です。

ご都合よい日をいくつか教えていただけると幸いです。

※面談のお時間は、1時間もかからないと思います。

 

お忙しいところ恐縮ですが、もし可能であればよろしくお願いいたします。

 

追伸:

他にも何社か調べているのですが、まずは御社の話を聞かせていただけると嬉しいです。

ホームページを拝見して、もっともサービスの質が良いように感じたからです。

双方にメリットがあれば最高だと思っております。

 

一般的な営業のメールではなく、問い合わせをしている立場であることが重要です。

企業に問い合わせをしてきた人は、高確率で対応してくれるからです。

 

アポ当日に「ようこそお越しくださいました」と迎えられました。

売り込みを一切していないからですね。

【おまけ】すでに知っている法人のアポをとるメール例文

知っている法人でも、メールで相手のメリットを明示しましょう。

どんなに仲良くても、相手は忙しいのです。

「ちょっと会いましょう」は、マナー違反です。

件名:御社の〇〇〇事業と弊社の△△△事業のアライアンスのご相談

 

株式会社〇〇〇

〇〇事業部

〇〇様

 

いつもお世話になっております。

△△△株式会社の△△です。

 

弊社で運営している△△△という事業があるのですが、

御社の〇〇〇事業の〇〇〇と合わせると、お互いにメリットがあるかと思いメールしました。

 

おそらく、〇〇〇〇のようなメリットがあると思います。

 

つきましては、御社にお伺いして詳細をお伝えしたいのですが、

〇月〇日 〇時~〇時

〇月〇日 〇時~〇時

〇月〇日 〇時~〇時

では、ご都合いかがでしょうか?

 

お時間は1時間もかからないと思います。

もし、上記日程でご都合悪いようでしたら、調整いたします。

 

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

 

追伸:

試算段階の話ですが、〇%くらいは御社の売上がアップするかもしれません。

※お会いしてお話しないと断定的なことは言えませんが。

いずれにせよ、双方メリットがあるとは思います。

まだ他社には言ってません。まずは〇〇様にお話したいと思って。

 

けっこう「追伸」が大事なのがわかりますよね。

追伸があることで、血の通ったメールになります。

 

「双方にメリットがある」という書くと、業務提携の感じがでて、すんなりアポがとれます(^^)

ついでに、ダメなメールの例文

ついでに、ダメなメールの例文も紹介します。

下記のメールは、売り込みに見えるのでほとんどアポがとれません。

件名:ご訪問のお願い

 

株式会社〇〇〇

ご担当者様

 

はじめまして、△△△株式会社の△△と申します。

このたびは、弊社新商品「△△△」のご案内でメールさせていただきました。

 

弊社新商品の「△△△」は、

・業界初の△△サービス

・高品質で低価格を実現

・返金保証付き

というメリットがあります。

 

ぜひとも御社に一度ご挨拶に伺わせていただき、弊社のご案内をさせていただきたく存じます。

 

〇月〇日 〇時~〇時

〇月〇日 〇時~〇時

〇月〇日 〇時~〇時

では、ご都合いかがでしょうか?

 

もし、上記日程でご都合悪いようでしたら、調整いたします。

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

 

売り込み強すぎますよね(^^;

でも、こういうメールを送っている営業マンがほとんどなんです。

 

特に、「挨拶に伺いたい」は絶対NGです。

相手も忙しいので、挨拶してるほどヒマじゃありません。

最強の営業のアポメールはお客さんを紹介すること【川上に立つ】

最強の営業のアポメールはお客さんを紹介すること【川上に立つ】

私の人脈で御社のお客さんになりそうな人がいます。

つきましては、一度お伺いして御社のサービスを聞きたいのですが、よろしいでしょうか?

 

最強の営業アポメールはこれですね。

相手企業に「お客さんを紹介できるかも」とメールすればOK。

 

ぶっちゃけ、僕はこの方法でアポを取りまくりました。

※239社を新規開拓したのは、この方法です。

あなたの人脈を欲しがってる企業がたくさんある

営業マンの最大の強みは、人脈が多いこと。

多くの企業が、あなたの人脈を紹介してほしいと思ってますよ。

 

なので、アポを取りたい企業に「お客さんを紹介できるかも」とメールすると、すんなりアポが取れます。

営業の基本は常に川上に立つこと

営業の基本は、常に川上に立つことですよね。

見込み客より優位な立場であれば、簡単にアポが取れます。

 

下手(したて)に出るとアポが取れません。

「お客さんを紹介できるかも」というのは、川上をとってるのでアポが取れます。

僕はWebを使って川上に立ちました

僕がやってたのは、Webサイトを使って川上に立つ方法。

開拓したい企業が欲しがる人をサイトで集客して、紹介を欲しがらせてアポをとってました。

 

具体的なノウハウは、メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめてます。

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

まとめ【営業のアポはメールでとれます】

握手

この記事をまとめます。

  • メールで営業のアポをとるコツ10選を実践すれば、アポとれます
  • みんながやってないやり方じゃないとアポは取れない
  • 僕がアポをとってたメールの例文を参考にどうぞ
  • 「お客さんを紹介できるかも」というメールが最強
  • 営業の基本は川上に立つこと【川上からメールすればアポとれる】

メールでガンガン新規開拓したい人は、さっそくやってみてください。

行動すれば必ず変わりますよ。

 

ちなみに、アポが取れる営業メールの件名の詳細は、

営業メールで新規開拓できる件名【メアドがわからなくてもアポ取れる】にもまとめてます。

営業メールで新規開拓できる件名【メアドがわからなくてもアポ取れる】

 

また、僕が10年営業をやってきて、一番売れたのが「与える営業」でした。

与える営業については、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめたので、参考にどうぞ。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

あなたの営業活動の参考になればうれしいです(^^)