営業はAIに奪われるのか【活用すれば見込み客を自動集客してくれる】

【悲報】営業はAIに仕事を奪われる【生き残る営業マンの条件】

営業って、AIに奪われちゃうのかな?

なんか「AIが人間の仕事を奪う」とかっていうし…

 

本格的なAI時代が到来したら、営業職はどう変化するんだろう?

こういった不安や疑問に答えます。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 営業はAIに奪われるのかわかる
  • 営業にAIを活用する方法がわかる
  • AI化で成功する営業マンの特徴がわかる

 

僕、佐藤誠一は営業を10年やったのち、Webマーケティングの仕事に転職しました。

Webマーケティングの仕事は、「ネット上から見込み客を集めて販売する仕事」なので、「Web上の営業マン」みたいな仕事です。

 

実際、業務でAIを使うことはありますよ。

例えば、僕が使うAIは下記のとおり。

  • Google
  • YouTube
  • ネット広告

実際に上記のようなAIを活用して、売上をあげてる僕が書いた記事なので、けっこう信ぴょう性あるかと。

AIが営業職を奪うのかや、営業にAIを活かす方法をまとめました。

 

この記事を読むことで、来たるAI時代に成功する営業マンになれますよ。

営業はAIに奪われるのか【潜在ニーズを売れないと奪われる】

【悲報】営業はAIに仕事を奪われる【AIはすでに営業を始めている】

結論、顕在ニーズばかり売ってると、AIに仕事を奪われます。

なぜなら、顕在ニーズを売るのはAIの得意分野だから。

 

例えば、Amazonで「この商品を買った人はこの商品も買ってます」と出てきますが、あれはまさしくAIが営業してる証拠です。

AIの得意なこと・苦手なことを知る姿が見える

AIが得意なことと、苦手なことは下記のとおり。

得意なこと 苦手なこと
単純作業

計算

統計

学習

クリエイティブな仕事

AIは統計や学習が得意なので、「見込み客がほしいものを提案する(顕在ニーズ)」くらいならできます。

前述のとおり、Amazonもすでにやってますよね。

 

結論、顕在ニーズしか売れない営業マンは、AIに仕事を奪われるので生き残れません。

AIは潜在ニーズの提案が苦手

反対に、潜在ニーズの提案はとてもクリエイティブな仕事です。

  • 見込み客を徹底的にヒアリング
  • 見込み客の考え方
  • 見込み客の背景

などからしか、潜在ニーズは見えてこないですよね。

ここは人間しかわからない領域。

 

結論、潜在ニーズを売れる営業マンは、AI時代でも生き残れます。

この辺は、【悲報】9割の営業マンはいらない【潜在ニーズを売れば生き残れる】にもまとめたのでどうぞ。

【悲報】9割の営業マンはいらない【潜在ニーズを売れば生き残れる】

営業のAI活用事例【未来のAI活用も考えてみた】

AI時代に生き残る営業マンの4つの条件

ちなみに、AIを営業に活用することはできるの?

結論、できます。

冒頭でお伝えしたとおり、僕はWebマーケティングをやってるので、この辺は得意分野。

 

事例を紹介します。

①AIによる見込み客の集客

AIで集客できます。

具体的には、下記の方法が有効。

  1. Facebook広告
  2. ネット広告
  3. Youtube

1つずつ解説します。

Facebook広告

FacebookのAIはかなり優秀です。

各個人のFacebook投稿を読み込み、あなたが売りたい商品のニーズがある人だけに、広告を流してくれます。

 

AIは学習できるので、Facebook広告を打つほど、少ない広告費用でニーズのある見込み客だけにアプローチできます。

Facebook広告は数百円単位から利用できるので、さっそくやってみましょう。

ネット広告

Google検索すると、上に出てくる広告です。

GoogleのAIも優秀で、

  • 興味ある人にしか広告を表示しない
  • あなたの近くの人にしか広告を表示しない

という優れもの。

 

キーワードによっては広告費も安く済むので、使わない手はないですよ。

Youtube

Youtubeが有効な理由は、まだ発展途上だから。

シンプルにコンテンツ不足なので、まだ個人が参入して勝ち目があります。

 

普通に見込み客から連絡きて、売上になりますよ。

僕もYoutubeをやってますが、売上たってます。

Youtubeは無料でできる広告みたいなもんなので、あなたのプレゼンをどんどん投稿しましょう。

②見込み客にAIで集客してあげて、報酬で契約をもらえばOK

ちょっと変化球のやり方ですが、見込み客にAIで集客してあげるのもアリですね。

お返しに契約をもらえばいいだけだから。

 

僕もこの方法で、たくさんの法人契約をもらいました。

僕がやったのは、こんな感じ。

  1. ブログを立ち上げて集客する
  2. 見込み客(法人)にお客さんを無償で紹介する
  3. 見込み客(法人)に儲けてもらう
  4. お礼に契約をもらう

これで上場企業からも契約もらえました。

 

具体的なノウハウは、メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめてます。

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

 

あと、僕のYoutubeも参考になるかと。

【予測】未来のAI活用

ここから、今後予測される「未来のAI活用」を見ていきましょう。

営業マンにとっては、けっこうプラスの要素が大きいですよ。

自動的に見込み客リストを作ってくれるAI

AIがネット上から集客して、自動的に見込み客リストを増やしてくれるイメージです。

現在はWebマーケティングのスキルが必要な領域ですが、将来は誰でも気軽に導入できると思います。

最適なアプローチ話法を教えてくれるAI

AIは統計が得意なので、見込み客の情報から最適なアプローチ話法を教えてくれます。

膨大なデータから算出される答えなので、かなり精度は高いかと。

追加購入を促すAI

すでにAmazonがやってることですが、個人の営業マンレベルでもできるようになるかと。

例えば、営業マン個人もWebサイトをもち、その中で追加購入を促してくれるイメージです。

一瞬で他社比較してくれるAI

商談の途中でも、一瞬で他社比較をしてくれるイメージ。

消費者は比較したいので、けっこう有効かと。

 

仮に比較表の準備を忘れても、商談中に比較表を作ってくれる感じですね。

一瞬で参考データを探してくれるAI

商談中でも、AIが客観的な根拠を探してくれるイメージです。

見込み客から、予測もしない質問が飛んでくるもんですよね。

 

そうした慌てるシーンでも、AIが根拠となる資料を探してくれる感じ。

営業マンをマネジメントするAI

これはすでにありますが、いわゆる「行動管理」のツールですね。

営業マンの行動から、どこを強化すればいいか示してくれます。

 

AIが、ロープレのテーマとかも指示してくれる未来がくるかも。

効率的に練習できるので、短期間で営業スキルがアップする感じですね。

AI化をチャンスに成功する営業マンの3つの特徴

AI化をチャンスに成功する営業マンの3つの特徴

なんか、AIでどんどん営業も変わっていきそうだけど、この変化をなんとかチャンスにしたいな。

AI営業時代は、どうすれば成功できるの?

未来の話ですが、Webマーケティングをやってる僕が思う条件は、下記の3つです。

  1. 従来の常識にとらわれない
  2. 昨年のやり方を捨てられる
  3. 商材にしがみつかない

キーワードは「変化に対応する力」みたいな感じです。

1つずつ解説しますね。

①従来の常識にとらわれない

AIは、営業マンの仕事をどんどん変えていくから。

例えば、

  • テレアポ
  • 飛び込み
  • 紹介営業

など古い営業手法にこだわっていると、時代に置いていかれます。

 

柔軟な思考の営業マンじゃないと、AI時代はムリです。

②昨年のやり方を捨てられる

AIによって、変化が早い時代になるからです。

消費者のニーズが変化しやすいので、昨年の営業手法が使えないとか普通だと思います。

 

なので、毎年、営業手法を変えられるくらいでちょうど良いかと。

過去の売り方にこだわってる営業マンは、確実に置いていかれます。

 

おそらく営業マン業界の下克上は、こうした違いから起きるかと。

③商材にしがみつかない

AIによって、営業マンが必要な商材が変わっていくからです。

 

例えば保険なんかは、対面→ネットにどんどん移行してます。

AIがコンサルティングしてくれるので、営業マンが不要になってる業界の代表格。

 

営業マンが不要な商材にしがみつくと、置いていかれますよ。

幸い営業スキルはあるわけだから、柔軟に商材を変えればいいだけかと。

まとめ【営業のAI化で営業手法は確実に変わります】

まとめ【AIに仕事を奪われないようにスキルを高めましょう】

この記事をまとめます。

  • AI化が進むと、潜在ニーズを売れる営業マンしか生き残れない
  • AIが見込み客を集客してくれるので、さっそくやるべし
  • 見込み客にAIで集客してあげて、お礼に契約をもらえばOK
  • これからはもっと、営業マンに役立つAIが出てくる
  • AIが作る時代に合わせて、柔軟に変化できる営業マンは成功できる

潜在ニーズの売り方については、【悲報】9割の営業マンはいらない【潜在ニーズを売れば生き残れる】を参考にどうぞ。

 

結論、AIによって淘汰される営業マンも多いですが、AIを活かして成功する営業マンも出てくるでしょう。

 

AIは確実に時代を作るので、それに合わせていくのが成功のカギです。

従来型の古くさい営業はオワコンなので、クリエイティブな営業にシフトしましょう。

 

個人的に一番クリエイティブだと思う営業は、「先に相手に価値を与える営業」だと思います。

そうすれば、

  • 他社と比較されなくなる
  • 商談前に契約が決まる

などのメリットがあるから。

 

「先に相手に価値を与える営業」については、営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】をどうぞ。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

あなたがAIを味方につけて、大成功するのを祈ってます!