営業1年目で売れる3つのコツ【新人で売れないのはむしろ順調な話】

営業のテクニック31選【現場で成果があったものだけ紹介】

1年目の営業マン

営業1年目で売れる方法を知りたいな。

早くもちょっとキツくなってきた…

 

上司から心配されてる感じが、余計に辛い…

プレッシャーで眠れないことがある。

 

1年目だけど売れるようになって、認められたいな。

こういった悩みや要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業1年目で売れる3つのコツ【実際に売れた方法を解説する】
  • 営業1年目で売れないのは、むしろ順調【体験談アリ】
  • 営業でもう困らない方法【1年目から仕組みを作る】

僕、佐藤誠一は営業10年の経験があります。

最初の4年は、メットライフ生命で保険営業をやってました。

  • 営業初月:オフィストップ
  • 営業初年度:オフィス第5位

という成績でした。

 

なので、1年目でそれなりに売れた方だと思います。

1年目の年収は約600万円でした。

 

営業1年目である程度うまくいった僕が、当時やっていた営業のコツを記事にまとめました。

  • 1年目から売れたい
  • 1年目ですでにキツくなっている

というあなたの参考になればうれしいです。

営業1年目で売れる3つのコツ【実際に売れた方法を解説する】

握手

僕が1年目で実践して売れたコツは、下記の3つです。

  1. 売れてる人を完コピする
  2. 見込み客に「この仕事を頑張りたい」と言う
  3. 営業の練習をしまくる

1つずつ解説しますね。

①売れてる人を完コピする

まずは、売れてる人を完コピしましょう。

とりあえず完コピすれば売れるから。

  • 売れてる先輩
  • 憧れの先輩

などを、誰か1人に絞って完コピしてください。

 

僕はオフィストップの先輩を完コピしたら、1年目から売れました。

完コピが先、理解はあとでいい

1年目の営業マン

なぜこう言うんだろう?

とか、意味は考える必要なし。

完コピすると、後から理解できるから。

 

1年目なので、何も考えず完コピしましょう。

  • ゴルフ
  • 野球
  • バスケ

とかも、すべて上手い人のフォームをマネるところからやりますよね。

それと一緒なので、最初は意味わかんなくても大丈夫です。

【注意】完コピするのは1人でいい

たくさんの人を完コピするのはおすすめしません。

頭でっかちになって、売れなくなるから。

 

僕も一時期、いろんな人のノウハウをコピーしましたが、かえって売れませんでした。

たった1人を完コピすればOKです。

【体験談】僕はセールスサイクルから完コピしたら売れた

僕が最初にやったのは、セールスサイクルの完コピでした。

売れる流れをやれば、僕も売れると思ったから。

事実、売れました。

 

ちなみに、1年目の僕がやって売れたのは「5ステップ」ってやつです。

詳しくは、営業の5ステップの3つの型【現場で5ステップを使うときの注意点】にまとめたので、参考にどうぞ。

営業の5ステップの3つの型【現場で5ステップを使うときの注意点】

結局のところ、守破離が鉄則

営業も「守破離」が鉄則です。

  1. 守:まずは先輩を完コピして、それ以外はやらない
  2. 破:完コピに慣れたら、先輩がやってないことをやってみる
  3. 離:オリジナルの型ができるので、先輩から卒業

1年目は、ひたすら「守」でいいですよ。

 

守の時期が短すぎると、迷走して空中分解します。

②【新人限定】見込み客に「この仕事を頑張りたい」と言う

ちょっとずるいやり方ですが、僕は見込み客に、

この仕事を頑張りたいんです!

って言ってました。

なぜなら、新人が言うと応援したくなるから。

 

ぶっちゃけ、このセリフで年上からけっこう契約をもらいました。

このセリフを言っていいのは1年目だけなので、特権だと思って乱用しましょう(笑)

③営業の練習をしまくる【結局、練習量がすべて】

1年目は営業の練習をしまくってください。

結局、練習してないと本番で使えないから。

 

僕の同期で売れてなかった人は、圧倒的に練習不足でした。

1年目だからこそ練習が必要

なんでもそうですが、素人ほど練習が必要ですよね。

場数が足りないわけですから、少しでも場数を踏まないと。

スポーツの基礎練習と一緒です。

 

具体的な練習方法は、

  • 営業の型のロープレ
  • アプローチのロープレ
  • 商品説明のロープレ

など、ようはロープレが重要。

 

ロープレのコツは、成果がでる営業のロープレのやり方【営業の練習方法も解説】にまとめてます。

僕も1年目は、ひたすらロープレしてました。

成果がでる営業のロープレのやり方【営業の練習方法も解説】

「ロープレが嫌い」とは言ってられない

ロープレは嫌いだな…

本番ではうまくやるから、ロープレはやりたくない…

というのは、ちょっと厳しい言い方ですが「甘い」です。

練習せずに、ピアノの発表会をやるようなものだから。

 

仕事=プロなので、嫌いと言ってられません。

どうしてもロープレが苦手な人は、

営業のロープレが苦手な人の克服方法【ロープレを免除される方法】が参考になるかと。

営業のロープレが苦手な人の克服方法【ロープレを免除される方法】

営業1年目で売れないのは、むしろ順調【体験談アリ】

筋肉

1年目で苦戦する営業マン

営業1年目ですぐに苦しむなんて、僕は営業に向いてないのかな…?

早くも上司に心配されて、自信を失いそうだよ…

という人は安心してください。

1年目で売れなくなるのは、むしろ順調なので。

 

というか、1年目で売れない経験をしておかないと、あとが怖いですよ。

売れない言い訳がつくのは1年目だけ

考えてもみてください。

営業2年目になったら、売れないと風当たり強いですよ。

怒られる2年目の営業マン

もうルーキーじゃないんだぞ!

とかって言われたらキツいじゃないですか。

 

売れなくても許されるのは、1年目の特権です。

だから、1年目のうちに失敗を重ねる方が、あとで楽になりますよ。

1年目で売れなくても気にしない

不慣れだから売れなくて当然ですよ。

「1年目は売れたけど、2年目から失速」よりは、「1年目は苦労したけど、2年目以降は安定した」っていう方が安心です。

 

だから、1年目は失敗をたくさんしていいんです。

【重要】1年目で売れない状況から復活する経験をしておく

売れない状況から復活する体験を、1年目でやっておきましょう。

1年目で復活を体験した営業マン

あのときも復活できたから、今回も復活できる!

と思えるようになるから。

 

1年目で復活した経験は、営業マンの財産になります。

だから、失敗が許される1年目のうちに、売れない体験をしておいた方がいいんです。

【体験談】僕は2ヶ月目から苦しくなったけど復活した

僕は1ヶ月目でオフィストップをとりましたが、2ヶ月目から失速しました。

行き先がなくなったから。

 

1ヶ月目で、知り合いを回り切ってしまった感じでした。

  • 1ヶ月目の月収:70万円くらい
  • 2ヶ月目の月収:10万円くらい

って感じで、急落しました。

 

見込み客の開拓に問題があると思い、異業種交流会を主催して見込み客リストを増やした感じ。

冒頭でお伝えした通り、結果、初年度はオフィス第5位になれました。

 

1年目で失速して復活した経験があったので、続けることができたと思ってます。

営業でもう困らない方法【1年目から仕組みを作る】

どうしても営業1年目で辞めたいなら辞めてOK【無理しなくていい】

営業で売れないのって、すごく不安だ…

もうこんな思いはしたくない…

という人は、見込み客が増え続ける仕組みを作りましょう。

営業で売れなくなる原因は、見込み客がいなくなることだから。

 

1年目から仕組みを作っておけば、2年目以降も安心です。

見込み客が増え続ける仕組みを紹介します。

紹介連鎖の仕組みを構築

紹介が出続ける仕組みがあると、安定します。

具体的には、目の前の相手の悩み解決に徹するだけ。

 

具体的なノウハウは、営業の極意は「相手の悩み解決」の一点のみ【細かいノウハウも紹介】にまとめてます。

営業の極意は「相手の悩み解決」の一点のみ【細かいノウハウも紹介】

Webを使って239社を新規開拓した

僕は保険営業の後に、法人向けWebコンサル営業に転職したんですが、そのときの手法。

Webサイトを作って、239社を新規開拓しました。

 

無限に新規開拓できる方法なので、劇薬でした。

詳しいノウハウは、メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめてます。

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

アポ取得率10%のテレアポ【法人の新規開拓できた】

企業のホームページの問い合わせフォームを使うことで、法人の新規開拓がスムーズにできました。

アポ取得率は10%くらい。

 

もちろん、まったく知らない法人の新規開拓ですよ。

クレームっぽい方法でアポを取るんですが、悪用厳禁のアポ取得方法です。

 

具体的なノウハウは、【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】にまとめました。

※くれぐれも悪用厳禁でお願いします。

【悪用厳禁】法人営業のテレアポのコツ【アポ取得率10%の裏ワザ】

まとめ【営業1年目で売れる3つのコツを徹底すれば大丈夫】

時計

営業1年目で売れる3つのコツは、下記のとおりです。

  1. 売れてる人を完コピする
  2. 見込み客に「この仕事を頑張りたい」と言う
  3. 営業の練習をしまくる

 

また、1年目で売れなくても大丈夫です。

売れなくても言い訳できるのは、1年目だけだから。

 

1年目のうちにたくさん失敗して、失敗から復活する体験をしましょう。

そうすれば、2年目以降もなんとかやっていけます。

 

そして、1年目から見込み客が増え続ける仕組みを作ると安心です。

 

最後に、僕が営業を10年やってきて、一番売れた手法が「与える営業」でした。

いろんな営業手法をやりましたが、結局「与える営業」が最強です。

 

与える営業については、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめてます。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

あなたの1年目の営業の参考になればうれしいです(^^)