営業が1日サボるのは問題なし【ノルマ未達なら売るか辞めるか決断】

営業が1日サボるのは問題なし【ノルマ未達なら売るか辞めるか決断】

サボる営業マン

営業を1日サボるのはよくないかなぁ…?

丸1日サボるのはよくないと思うけど、正直もう疲れた、サボりたい。

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 営業が1日サボるのは問題なし【売れればいいだけ】
  • 上手な営業のサボり方
  • ノルマ未達で丸1日営業をサボるのが習慣なら、売るか辞めるか決断

 

僕、佐藤誠一は元営業マンです。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

正直、僕はけっこうサボってました。

「結果が出れば文句ないだろ」と思ってたので。

 

サボってましたが、239社の法人を新規開拓して、大きい法人契約ももらってました。

だから、売れるなら丸1日サボっていいんです。

 

この記事は、サボりながらもある程度売ってた僕が書いたので、信ぴょう性あると思います。

営業を1日サボりたいあなたの参考になればうれしいです。

営業が1日サボるのは問題なし【売れればいいだけ】

営業が1日サボるのは問題なし【売れればいいだけ】

結論、営業が1日サボるのは問題なしです。

サボっても売れればいいからです。

 

営業の目的はサボらず働くことではなく、売上をあげること。

製造業や建設業のように労働によって報酬をもらう仕事ではなく、成果によって報酬をもらうのが営業です。

だから、サボっても売れれば問題なしです。

大事な商談の前日は営業を1日サボるべき

大事な商談の前日は、1日サボりましょう。

きちんと体を休めた方が、商談で良いパフォーマンスを出せるからです。

 

間違っても、アポの商談の直前まで飛び込み営業とかやっちゃダメですよ。

ここぞというときに疲れていたら、商談の質が下がって売れません。

スランプなら思い切って1日だけ営業をサボる

スランプから抜け出せないなら、思い切って1日休みましょう。

スランプから脱出する体力を回復できるからです。

丸1日、仕事をゼロにしてスッキリしてみましょう。

 

ただし注意点は、スランプのときのサボりは1日だけにすること。

仕事をすることでしか、スランプは脱出できないからです。

 

スランプと戦う体力を回復させるために、1日だけサボりましょう。

営業のスランプから脱出する方法は、営業のスランプから脱出する4つの方法【早く抜け出す方法も解説】にまとめてます。

営業のスランプから脱出する4つの方法【早く抜け出す方法も解説】

自分を追い込むために営業を1日サボるのはアリ

やる気が起きない自分を追い込むために、あえて1日サボるのもアリです。

追い込まれたら、嫌でも行動するからです。

 

例えば中学や高校時代に、テスト期間中に遊ぶと恐怖でしたよね。

テストまでの残り日数が少なくなると、誰でも焦って勉強するもの。

営業でも一緒なので、あえて休むことで自分を追い込みましょう。

 

サボった罪悪感を利用するのもアリですね。

人は、罪悪感を払拭するためにマジメに働くものです。

ノルマを達成したら営業を1日サボるべき

もちろんノルマを達成したら、ご褒美で1日サボりましょう。

営業はやることやってれば、サボってもいい仕事だからです。

 

例えば、月の初日にノルマを達成したら、あとはどうしようと営業マンの勝手ですよね。

まずは1日サボって、来月の準備に入りましょう。

もし売れてるのに上司に怒られるなら、「じゃあ、辞めるぞ!」と言ってやればOK。

上手な営業のサボり方

上手な営業のサボり方

営業のサボり方にも、上手なサボり方下手なサボり方があります。

下手なサボり方をすると、

  • 上司にバレて怒られる
  • 売れなくなる

などのリスクがあります。

上手にサボって、売上につなげましょう。

 

営業の上手なサボり方は、営業のサボりはOK【おすすめのサボり方11選も解説】にまとめてます。

営業のサボりはOK【おすすめのサボりスポット11選も解説】

 

また、僕の「サボりテクニック」は、元営業マンのサボりエピソード10選【売るためにはサボりも必要】にまとめてます。

元営業マンのサボりエピソード10選【売るためにはサボりも必要】

ノルマ未達で丸1日営業をサボるのが習慣なら、売るか辞めるか決断

ノルマ未達で丸1日営業をサボるのが習慣なら、売るか辞めるか決断

問題は、ノルマ未達で毎日サボってる人です。

結論、売るか辞めるか決断しましょう。

時間の無駄だからです。

 

売るでも売らないでもなくサボっているのは、人生の残り時間を無駄に減らしてるだけです。

今後の決断をしてください。

【決断①】営業を続けるなら、営業のコツをマスターする

心を入れ替えて頑張るなら、営業のコツをマスターしましょう。

営業の最大のコツは「与えること」です。

見込み客に与えることで、お返しで契約をもらいましょう。

 

僕は営業を10年やって、この「与える営業」が一番売れました。

大きな法人営業を多数獲得したときも、この「与える営業」を実践してました。

 

どの営業職でも通用する「与える営業」は、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめてます。

営業のコツがわかって、売れるようになりますよ。

営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】

【決断②】営業を辞める

今の営業が嫌なら、すぐに転職活動を始めましょう。

嫌な仕事を、長く続けることはできないからです。

 

生活のために働いてるなら、他にも仕事はたくさんあります。

あなたの才能を活かせる別の仕事に転職しましょう。

おすすめの職種は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

 

幸い営業職は昼間に時間があるので、営業をサボって転職活動を始めればOKかなと。

転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

会社を辞めるのは内定が出てから

転職するなら、今の会社を辞める前に転職活動を開始した方がいいですよ。

会社を辞めてから転職活動を始めて、内定が出ないと無収入になってしまうから。

 

前述のとおり、営業をサボって転職活動できるので、今の仕事を続けながら水面下で動きましょう。

転職先の内定が出たら、直属の上司に退職を申し出ればOK。

この辺は、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】も参考にどうぞ。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

「お前は逃げてるだけだ!」と言われそうな人へ

上司に退職を申し出て、

怒る上司

お前は逃げてるだけだ!

考え直せ!

ここで辞めたら、どこに行っても通用しないぞ!

と言われそうで不安な人は、【朗報】営業を辞めたいのは甘えじゃない【辞めて何するかも解説】をどうぞ。

 

圧力的な上司の対応策がわかります。

結論、言わせておけばOK。

【朗報】営業を辞めたいのは甘えじゃない【辞めて何するかも解説】

まとめ【営業を1日サボるのは問題なし】

まとめ【営業を1日サボるのは問題なし】

この記事をまとめます。

  • 営業が1日サボるのは問題なし
  • 営業は上手にサボる
  • ノルマ未達で毎日サボってるなら、売るか辞めるか決断する
  • 営業で売れたいなら「与える営業」を実践する
  • 辞めるなら水面下で転職活動を始める

営業を1日サボっていいか知りたいあなたの、参考になればうれしいです。

 

ノルマ未達で毎日サボっている人は、売るかやめるか決断した方がいいかと。

今のままでは状況が悪化するばかりだし、人生の時間ももったいないですよ。

 

本気なら営業のコツをマスターしましょう。

参考:営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】

 

辞めたいなら辞めたほうがいいですよ。

営業をやめるのは悪いことじゃないし、あなたに合う仕事が他にある証拠です。

 

迷ってる時間ももったいないので、試しに転職活動でも始めてみたらいいかなと。

サボってる時間に転職活動できるので効率的です。

 

あなたの今後の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ