同業他社への転職はばれるけど問題なし【モメない4つの方法も解説】

同業他社への転職はばれるけど問題なし【モメない4つの方法も解説】

同業他社に転職するとばれるの?

あと、ばれるとなんかマズいことが起こるのかな…?

損害賠償とか…

 

もしばれた場合でも、穏便にする方法とか知りたいな。

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 同業他社への転職はいずれバレるとわかる
  • 同業他社への転職がバレると起こることがわかる
  • 同業他社への転職がバレてもモメない方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は5回転職してまして、そのうち2回は同業他社への転職です。

21~22歳 公務員
22~26歳 フリーター
26~31歳 保険会社の営業
31~33歳 保険代理店の営業 同業他社の転職
33~36歳 Webマーケティング会社の営業
36歳~現在 フリーランスWebライター 同業他社の転職

2回の転職は、前の会社の人にバレてます。

でも、特に何も問題は起こりませんでした。

なぜなら、どこに転職しようと個人の自由だから。

保険会社時代の同僚とは、今でも仲が良いですよ。

 

結論、バレても問題ないので、同業他社に転職してOKです。

この記事は、同業他社に転職して、しかもバレてる僕が書いたので信ぴょう性あるかと。

あなたの転職がバレても問題なしです。

同業他社への転職はばれる【時間の問題】

同業他社への転職はばれる【時間の問題】

結論、同業他社への転職はばれます。

なぜなら、同業だと噂がすぐ広まるから。

 

具体的には下記の3つでバレます。

  1. SNS
  2. 同業他社の人からばれる
  3. 営業先で元同僚とバッタリ出くわす

隠し通すのはムリなので「ばれるものだ」と思っておきましょう。

【ただし】自ら転職先を言う必要なし

退職する際に、転職先を聞かれても言う必要はありません。

なぜなら個人情報だから。

 

転職前に「同業他社に転職する」とバレてしまうと、めんどくさいことになる可能性ありますよ。

※やめさせてくれないとか。

 

僕は保険会社を辞めるときに、転職先をしつこく聞かれたので、

エステの会社の営業に転職します。

という謎のウソをついて転職しましたw

同業他社への転職がばれると起こること

同業他社への転職がばれると起こること

同業他社に転職したのがバレちゃうと、どうなっちゃうの…?

バレると起こるのは、下記の2つです。

  1. 何も起こらない
  2. 損害賠償【ただし滅多にない】

1つずつ解説します。

①何も起こらない【99%はこっち】

99%の人は、バレても何も起こりません。

だって、どこに転職するかは個人の自由だから。

 

同業他社に転職していちいちモメてたら、誰も同業他社に転職できなくなっちゃいます。

憲法にも「職業選択の自由」が保障されてるので、バレても前の会社は何も言えません。

競業避止義務には表面上だけ従っておけばOK

競業避止義務が怖い人

でも、競業避止義務っていうのがあるんでしょ?

同業他社への転職がバレると、やっぱりマズいんじゃ…?

競業避止義務はありますが、現実は形だけです。

※「退職後◯年間は同業他社に転職してはいけない」みたいなやつです。

なぜなら、憲法の方が強いから。

 

競業避止義務って法律じゃないから、法的拘束力もないです。

僕も競業避止義務にサインしましたが、バリバリ同業他社に転職してます。

 

結論、穏便に辞めるためにとりあえずサインして、転職先を伝えなければ問題なしです。

すごーーくわかりやすく言うと「みんなそうやってる」って感じですね。

②【ごく稀】損害賠償

ごく稀に、前の会社から損害賠償を求められることがあります。

具体的には、下記の行為をするとマズいですね。

  • 前の会社の機密情報の漏洩
  • 顧客の個人情報の持ち出し
  • 前の会社に損害を与える行為
  • 前の会社の特許を転職先で使う

この辺って、別の法律に抵触してるからダメな感じ。

でも「うん、さすがにこれはダメでしょ」ってわかりますよね?

 

結論、同業他社に転職してもいいけど、モラルは守りましょうってことです。

同業他社への転職がばれてもモメない4つの方法

同業他社への転職がばれてもモメない4つの方法

同業他社への転職でモメたくない人

法律上は問題ないのはわかった。

でも、もし同業他社に転職したのがバレちゃって、なんかモメたりするのは嫌だなぁ…

 

できたら良い関係のままいたい。

バレてもモメない方法は、下記の4つがおすすめです。

  1. どうしてもやってみたかった
  2. キャリアアップ
  3. 家庭の事情
  4. 間に転職エージェントを入れとく

1つずつ解説します。

これで仲良いままいられます。

①どうしてもやってみたかった

どうしてもやってみたかった仕事なんです!

って言ってみてください。

ポジティブなことを言われると、向こうは文句を言いにくいから。

 

僕もこの理由を使って、穏便におさめました。

【事例】僕が保険会社→保険代理店に転職した理由付け

僕はメットライフ生命→30社の保険を扱える保険代理店に転職しましたが、そのときの理由付けはこんな感じ。

メットライフ生命は好きでしたが、1社の保険しか提案できないのがお客様に申し訳ないと思ってました。

 

比較するのが当たり前の時代だし、お客様にも選択肢を与えるべきだと思ったんです。

「よりお客様の役に立ちたい」と思ったから、30社を扱える保険代理店に転職したんです。

正論ですよね。

これ言ったら、納得してもらえました。

「お客様のため」と言われたら否定はできないですよ。

②キャリアアップ

実は、もともと転職するつもりでした。

僕はいつか起業したいので、いくつかの会社で経験を積みたかったんです。

申し訳なく思ってますが、僕の夢なんです。

みたいなのもいいですね。

キャリアアップもポジティブな理由なので、相手が否定しにくいから。

 

「夢に向かって進む若者」は最強です。

③家庭の事情

実は親の体調が悪くて、働き方を変えなくてはいけなかったんです。

相談しないですみません。

家庭の事情が良いのは「それなら仕方ない」と思ってもらいやすいから。

「相談してくれればよかったのに」と言われても、もう転職してるから後の祭りです。

 

家庭内の事情って裏をとりにくいので、テキトーなウソでもOKです。

④間に転職エージェントを入れとく

ちょっとずるいですが、なんかあっても転職エージェントのせいにできるから。

ようは「転職エージェントにそそのかされて転職しちゃった」というテイにすればOKです。

※転職エージェントには申し訳ないですが。

 

転職したい同業他社が決まってても、あえて転職エージェントを通すのも手です。

大手の転職エージェントだと求人数が多いので、目当ての会社も紹介してる可能性高いです。

合計約15万件くらいの求人情報を寄せ集めれば、お目当ての会社があるかも。

無料なので試しに相談するのもアリかと。

 

各社の評判は下記の3記事にまとめてます。

まとめ【同業他社の転職はばれるけど、特に問題なし】

まとめ【同業他社の転職はばれるけど、特に問題なし】

この記事をまとめます。

  • 同業他社の転職は、基本ばれると思っといた方がいい
  • 同業他社への転職がバレても、99%は何も起こらない
  • ただし、情報漏洩など他の法律に抵触すると訴えられる
  • バレても、キャリアアップや家庭の事情などで説明すればモメにくい
  • 間に転職エージェントを入れとくと、転職エージェントのせいにできる

結論、同業他社への転職は全然OKなので、転職しましょう。

 

前述のとおり、

  • 前の会社の機密情報の漏洩
  • 顧客の個人情報の持ち出し
  • 前の会社に損害を与える行為
  • 前の会社の特許を転職先で使う

だけ気をつければ問題なしです。

 

不安なら、間に転職エージェントを入れておきましょう。※ずるいけど。

あなたが同業他社で活躍するのを祈ってます!