大企業への転職でよくある失敗3選【その転職、本当に必要ですか?】

大企業への転職でよくある失敗3選【その転職、本当に必要ですか?】

大企業に転職したいけど、失敗することあるのかな?

安定してそうだし、給料も高そうだから大企業がいいんだよね。

 

でも、もし失敗する可能性があるならどうしよう…

自分は大企業でやっていけるのかな…?

大企業への転職に失敗しないコツを知りたい。

こういった不安や疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 大企業への転職でよくある失敗がわかる
  • 大企業への転職で失敗しないコツがわかる
  • あなたが本当に大企業に転職すべきかわかる

 

僕、佐藤誠一は大企業の元社員です。

※日本郵便。

 

結論、僕は大企業に勤めて失敗しました。

全然やりがいをもてなかったし、激務だったから。

参考:【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない【体験談つき】

 

「大企業に転職すればすべてハッピー」みたいなことはなく、僕を含め失敗してる人がたくさんいます。

この記事では、大企業に転職して失敗するよくあるケースを紹介。

実際に大企業に勤めて、失敗した僕がまとめた記事なので信ぴょう性あるかと。

 

今、大企業に転職するならこうやるな。

みたいな方法も解説します。

 

この記事を読むことで、あなたも仕事を楽しめて、安定した人生になりますよ。

大企業への転職でよくある失敗3選

大企業への転職でよくある失敗3選

結論、大企業への転職でよくある失敗は、下記の3つですね。

  1. 仕事に興味をもてない
  2. 勤務地を選べない
  3. 実は激務

1つずつ解説します。

①仕事に興味をもてない

大企業に転職したはいいものの、仕事に興味をもてない人が多いです。

「大企業ならどこでもいい」と思って転職するから。

安定や給料を最優先した結果、まったく面白くない仕事を我慢して続ける人生になる感じですね。

 

僕もこの失敗だったんですが、はっきり言って毎日が地獄ですよ。

囚人かと思いました。

 

大企業に転職してもいいですが、やりがいをもてる仕事を選びましょうね。

②勤務地を選べない

なぜなら、大企業は全国に拠点があるから。

僕は地元の新潟で働きたかったんですが、縁もゆかりもない長野県に配属されてしまいました。

 

新潟の海を見て育った僕には、日本アルプスに囲まれて海がない長野県は地獄でした。

※長野県の方、ごめんなさい。悪気はないです。

 

大企業だと勤務地を選べないことが多いので、転職を決める前に転勤の有無は確認すべきかと。

【ちなみに】仕事も選べない可能性あり

希望の部署に配属される保証がないから。

大企業なので部署が多く、せっかく転職しても希望の仕事ができないケースも多いです。

 

企業によってはジョブローテーションがあるので、希望の仕事をずっとできる保証もないです。

まさに「会社の歯車」って感じですね。

③実は激務

大企業は残業規制とかで、短い時間で膨大な仕事をこなさないといけないから。

ノー残業デーを導入する大企業が増えてますが、実際は自宅に仕事を持ち帰る人もいます。

 

僕も日本郵便時代はサービス残業してました。

残業代が出ないけど、仕事が膨大なので仕方なかった感じ。

 

大企業は決してゆるやかじゃないので、激務が苦手な人はやめた方がいいかも。

大企業への転職に失敗しない3つのコツ

大企業への転職に失敗しない3つのコツ

大企業への転職に失敗するケースはわかった。

でも、やっぱり大企業に転職したいと思う。

どうすれば、大企業の転職に失敗しないかな?

結論、下記の3つかなと。

  1. 徹底的に企業研究する
  2. その企業でなければいけない理由を明確にする
  3. 必ず選択肢をもつ

 

これらは、僕が「もし今、大企業に転職するならこうするな」と考えるものです。

※1回失敗してるんで、失敗を次に活かす感じ。

1つずつ解説しますね。

①徹底的に企業研究する

まず、転職候補の大企業を徹底的に研究しましょう。

ミスマッチを防げるから。

 

給料や福利厚生だけでなく、下記も必ずチェックしてください。

  1. 具体的な仕事内容
  2. 事業内容
  3. 業績や将来性
  4. 離職率
  5. 時代にあったビジネスをしているか

 

企業研究のやり方は、転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】にまとめてます。

転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

②その企業でなければいけない理由を明確にする

仕事にやりがいをもつためです。

前述のとおり「大企業ならどこでもいい」という考えだと失敗しますよ。

 

あなたが本当にやりたい仕事で、その企業でなければいけない理由があれば、激務や転勤にも耐えられるってものです。

「その企業でなければいけない理由」が明確なら、面接も突破しやすいですね。

 

反対に「その企業でなければいけない理由」がないなら、転職しない方がいいかと。

③必ず選択肢をもつ

大企業の転職先は、必ず複数の候補をあげてください。

選択肢がないと冷静な判断ができないから。

 

最低でも3社はあげると良いですね。

大企業の紹介に強い転職エージェントを利用してもOK

あなたに合いそうな大企業をうまく選べないなら、大企業の転職に強い転職エージェントに紹介してもらってもいいでしょう。

無料なので、とりあえず求人情報を見るだけで利用してもOKですよ。

 

大企業の紹介に強い転職エージェントは、下記の3社です。

  1. doda:転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?・求人数約10万件で、大企業の非公開求人が多数。
  2. マイナビエージェント:こちらも大企業の紹介が得意。サポート無制限でじっくり相談できます。
  3. 【パソナキャリア】:こちらも大企業に強し。特に女性の転職が得意。

 

ぶっちゃけ、転職エージェントは担当者との相性がすべてなので、とりあえず3社くらいに登録して、良い担当者との出会いに期待しましょう。

もし3社とも担当者がビミョーだったら、担当者を変えてもらえばOKです。

【質問】あなたの希望、本当に大企業じゃないと叶わないですか?

【質問】あなたの希望、本当に大企業じゃないと叶わないですか?

一応知っておきたいんだけど、大企業に転職しなくても僕の希望は叶うのかな?

他の選択肢があるなら知っておきたい。

ぶっちゃけ、「安定したい」とか「収入アップしたい」だけなら、大企業以外にも方法はありますよ。

 

具体的には下記のとおり。

  1. 安定したい→手に職をつければOK
  2. 収入アップしたい→副業すればOK

今は終身雇用が崩壊してるので、大企業であっても定年まで勤めることは困難です。

それなら、どこに行っても通用するように手に職をつける方が、よほど安定した人生になりますよ。

 

手に職がつく副業をすれば、収入アップも将来の安定も両方が手に入ります。

副業でも始められる手に職は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

あなたの希望がその大企業じゃないと叶わないなら転職すべき

大企業じゃなきゃダメな人

どうしてもこの大企業じゃないと、俺のやりたいことはできない!

という場合のみ、大企業に転職していいと思います。

 

そうじゃないなら、他の選択肢も検討した方がいいですよ。

大企業がすべてじゃありません。

【体験談】大企業をやめて幸せになった僕の話

僕は日本郵便をやめた後、何社か転職をして、現在は「フリーランスのWebライター」をやってます。

生活はこんな感じ。

  • 自宅・カフェ・良好先でパソコン1台で仕事できる
  • 通勤なし
  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • めんどくさい人間関係は一切なし
  • 年収750万円

結論、夫婦でのんきにノマド生活を送ってます。

控えめにいっても、かなり幸せ。

 

ようは「手に職」をつけたわけですが、大企業をやめてマジで良かったです。

収入アップや安定を求めるなら、大企業がすべてじゃないですね。

大企業に向いてない人の5つの特徴

大企業を経験した僕が思う「大企業に向いてない人の特徴」は下記のとおり。

1つでも当てはまるなら、大企業でストレスを感じると思った方がいいかと。

  1. 人生に自由度がほしい人
  2. スキルアップしたい人
  3. 理不尽に耐えらない人
  4. やりたくない仕事もできる人
  5. 上下関係が苦手な人

 

あなたは、大企業に向いてそうですか?

大企業に向いてないなら中小やベンチャーもありかなと

大企業に向いてない人は、中小やベンチャーが良いと思います。

大企業ではできないことができるから。

 

大企業と中小・ベンチャーの違いは、中小企業のメリットまとめ【手に職がつくので中小は良いですよ】にまとめたので参考にどうぞ。

中小企業のメリットまとめ【手に職がつくので中小は良いですよ】

まとめ【大企業の転職に失敗しないように、人生を考えてみよう】

まとめ【大企業の転職に失敗しないように、人生を考えてみよう】

ということで、本気で大企業に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと人生は変わらないですからね。

 

大企業の募集は人気なので、求人が来週にはなくなってることもあります。

本来は転職できたはずのポストを逃すので、本気なら今日から転職活動を始めましょう。

 

失敗しない転職活動の手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】にまとめてます。

転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】

 

大企業の転職先候補をうまく探せないときは、転職エージェントにキャリアカウンセリングしてもらって、大企業を紹介してもらえばOK。

転職エージェントは担当者との相性がすべてなので、下記の3社くらいに登録して、担当者との相性を見ましょう。

無料で相談できるので、損はないかと。

  1. doda:転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?・求人数約10万件で、大企業の非公開求人が多数。
  2. マイナビエージェント:こちらも大企業の紹介が得意。サポート無制限でじっくり相談できます。
  3. 【パソナキャリア】:こちらも大企業に強し。特に女性の転職が得意。

 

ただし、あなたが大企業に転職したい理由は、改めて明確にすべきかと。

大企業に転職しなくても希望が叶うなら、わざわざ転職する必要なしです。

 

転職に失敗しないコツを、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめたので、こちらも参考にどうぞ。

 

あとは行動あるのみ。

行動すれば、あなたも仕事を楽しめて、安定した人生になりますよ( ̄^ ̄)ゞ

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】