安易な第二新卒の転職はやめとけ【転職しない方がいい人の5つの特徴】

安易な第二新卒の転職はやめとけ【転職しない方がいい人の5つの特徴】

第二新卒は転職しやすいっていうし、大丈夫だよね?

今の仕事が辛いので転職したいけど、次は良い会社に転職できるんだよね?

 

でも、なんか話がうますぎる気がする。

だって、まだ特にスキルもないし、実績もないし…

 

本当に第二新卒って転職できるの?

なんかデメリットないの?

僕、転職して大丈夫かな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 安易な第二新卒の転職は危険だとわかる
  • あなたが転職していいかわかる
  • 手に職がつかない転職はやめた方がいいとわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

第二新卒って転職しやすいんですよね?

という質問はけっこう多かったです。

 

断言しますが、安易な第二新卒の転職はやめといた方がいいです。

第二新卒は転職しやすいのは事実ですが、新卒とは事情が違うから。

 

第二新卒だから、楽に転職できるし大丈夫でしょ

という思考は、けっこう危険です。

事実、安易に転職して、人生が転落した人もたくさんいます。

 

「第二新卒=転職しやすい」という言葉を間違って解釈している人も多いので、警鐘を鳴らすためにも記事を書きました。

第二新卒のデメリットもわかった上で、転職を検討してください。

安易な第二新卒の転職はやめとけ【楽に転職できるわけじゃない】

安易な第二新卒の転職はやめとけ【楽に転職できるわけじゃない】

結論、安易な第二新卒の転職はやめておきましょう。

決して、楽に転職できるわけじゃないので。

 

たしかに今は人手不足だし、第二新卒が重宝されてるのは事実です。

新卒の離職率は3割なので、企業も若い人材を確保したいですからね。

 

でも、だからといって「楽に転職できる」というわけじゃないのでご注意を。

本気で転職活動しないと内定はでません

当たり前ですが、本気で転職活動しないと内定はでません。

「すぐ辞めた人」というレッテルがあって不利なので。

 

面接官に、

どうせうちの会社もすぐ辞めるんじゃないの?

と思われやすいので、きちんと対策が必要です。

 

本気で転職活動すれば大丈夫です。

第二新卒の転職ノウハウは、

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】にまとめたので、本気の人だけどうぞ。

 

結論、

第二新卒だし、どうせ楽に転職できるから大丈夫

という思考は危険です。

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】

【恐怖】楽に転職できるのはブラック企業くらいです

楽に転職できるのは、ブラック企業くらいですね。

誰でもいいから採用して、コキ使おうと思ってるから。

 

面接のその場で内定が出るようなブラック企業もありますよ。

転職はできますが、その後が地獄です。

 

前述のとおり、本気で転職活動しないとまともな会社には転職できません。

【悲報】ぶっちゃけ新卒より仕事は限定される

第二新卒が転職できるといっても、仕事の選択肢は新卒より減ります。

新卒しか就職できない仕事があるから。

 

具体的には、

  • メーカーの開発職
  • 商社や不動産デベロッパーの総合職
  • 大手企業の一般職

などは新卒じゃないとムリですね。

 

第二新卒が転職できる仕事は、主に下記のような感じです。

  • 営業職
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • Webデザイナー
  • 事務職
  • 公務員
  • 販売員
  • 接客
  • 製造業のライン工
  • 運転手

結論、第二新卒だと選べる仕事が減るのがデメリットです。

1年未満の転職はさすがに不利

1年未満の転職は、第二新卒であってもかなり苦戦します。

なんの実績も出してないと思われるから。

 

あなたが採用担当者だったら、採用しますか?

たぶんしないですよね。

 

1年未満で転職を考えてる人は、

【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】をどうぞ。

【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】

コロナ不況がやってくる→第二新卒は不利になる

おそらくコロナ不況がやってきて、第二新卒の転職は不利になります。

不況になると、企業は採用を減らすので。

 

当然、優先されるのは即戦力人材であり、即戦力じゃない第二新卒の採用は後回しです。

第二新卒だから楽に転職できるだろう

と思っていると、コロナ不況が原因で転職の苦戦が予想されます。

  1. なかなか内定が出ない
  2. 焦ってブラック企業につかまってしまう

というのが最悪のシナリオですね。

 

結論、第二新卒の転職は慎重に検討してください。

転職しない方がいい人の5つの特徴【あてはまるなら第二新卒の転職はやめとけ】

転職しない方がいい人の5つの特徴【あてはまるなら第二新卒の転職はやめとけ】

安易な転職はやめた方がいいのはわかった。

でも、僕自身が「安易な転職」なのかわからない。

どういう人が転職しない方がいいの?

という人は、下記の5つをチェックしてみてください。

  1. 今の会社で半年たってない
  2. 基本、働きたくない
  3. なんの実績もない
  4. 今より楽な仕事に転職したい
  5. 条件で仕事を選ぼうとしてる

1つでも当てはまれば、あまり転職はおすすめしません。

くわしく解説しますね。

①今の会社で半年たってない

「ちょっと嫌なことがあるとすぐ辞める人」に見えるので。

体調不良とかじゃない限り、もう少し続けた方がいいですよ。

 

転職できるのはブラック企業くらいです。

②基本、働きたくない

働きたくないと思ってる人も、転職はおすすめしません。

転職で問題が解決するわけじゃないので。

 

そもそもサラリーマン自体が合ってないので、フリーランスなどを検討しましょう。

フリーランスについては、

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】にまとめてます。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

③なんの実績もない

今の会社でなんの実績もない人も、あんまりおすすめしないですね。

採用するメリットがないので。

 

なんの実績もない人なら、新卒の方が良いです。

転職するにしても、何か1つ実績を作ってからがおすすめです。

④今より楽な仕事に転職したい

楽な仕事を探してる人も危険ですね。

楽な仕事はないからです。

 

とにかく楽な仕事がいい

と転職を繰り返すと、フリーターすら困難になります。

 

楽さを求めていいのは、実績を出した人だけです。

※厳しい言い方でごめんなさい。

⑤条件で仕事を選ぼうとしてる

条件で転職先を選ぶ人も、転職は注意してください。

肝心の仕事内容が合わず、また退職するリスクがあるから。

 

条件で仕事を選ぶとは、具体的に下記のような感じです。

  • 給料で選ぶ
  • 通勤時間で選ぶ
  • 休みで選ぶ

仕事内容自体に興味をもてないと、どんなに条件が良くても地獄ですよ。

人生のほとんどは仕事の時間なので、興味がある仕事を選びましょう。

第二新卒で転職していい人の特徴

1つも当てはまらなかったよ。

第二新卒で転職していい人って、どういう人なの?

僕は転職していいの?

という人は、仕事が辛い第二新卒の対処法【今の会社を辞めていいかわかります】をどうぞ。

転職していい人の特徴をまとめてます。

 

大丈夫そうなら、転職活動を始めてOKです。

仕事が辛い第二新卒の対処法【今の会社を辞めていいかわかります】

【おまけ】第二新卒の転職は、手に職がつかない仕事はやめとけ

【おまけ】第二新卒の転職は、手に職がつかない仕事はやめとけ

転職してもいいですが、手に職がつかない仕事はやめておきましょう。

終身雇用が崩壊してるので。

 

頼れるのはスキルだけなので、手に職をつけるのが今の生き方です。

スキルがあれば、会社が変わっても食っていけますよ。

 

これからの時代も食っていける手に職は、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

まとめ【安易な第二新卒の転職はやめとけ、本気ならOK】

まとめ【安易な第二新卒の転職はやめとけ、本気ならOK】

この記事をまとめます。

  • 第二新卒は楽に転職できるわけじゃない、本気の転職活動が必要
  • 楽に転職できるのはブラック企業くらいです
  • 転職先は新卒より少ない、何でも転職できるわけじゃない
  • 1年未満の転職はかなり不利です
  • コロナ不況がやってくるので、転職できる先は減るかも

 

また、転職しない方がいい第二新卒の特徴は、下記の5つです。

  1. 今の会社で半年たってない
  2. 基本、働きたくない
  3. なんの実績もない
  4. 今より楽な仕事に転職したい
  5. 条件で仕事を選ぼうとしてる

上記5つに当てはまらない人は、転職しても良いでしょう。

 

第二新卒の転職ノウハウは、

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】にまとめたのでどうぞ。

 

また、具体的な転職活動の手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】が参考になるかと。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

楽に転職できるわけじゃないので、第二新卒の転職は慎重に検討してください。

あなたの今後の参考になればうれしいです。