第二新卒はやばい?【答え:やばくないけど次も短期退職はやばいよ】

第二新卒はやばい?【答え:やばくないけど次も短期退職はやばいよ】

第二新卒ってやばいの?

すぐに仕事を辞めるのって、やっぱりやばいよね…?

こんなんじゃ、どこにいってもやっていかないかな…

 

転職活動しても、採用されなかったりして…

もうブラック企業しか転職できないかな…

 

仮に転職できても、またすぐ辞めたくなったらどうしよう…

こういった不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 第二新卒はやばくないことがわかる
  • 第二新卒がまともな会社に転職する方法がわかる
  • 転職を繰り返さない方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

第二新卒ってやばいですか?

もうまともな会社で働くのは無理ですか?

という相談も多かったです。

 

結論、第二新卒は全然やばくないです。

だから安心してください。

 

僕がアドバイスしたことで、まともな会社に転職していった人も多いです。

第二新卒がやばくない理由や、まともな会社に転職する方法をまとめました。

 

本来、あなたがいるべき場所を目指して、転職の参考にしてみてください。

第二新卒はやばい?【結論:別にやばくないです】

第二新卒はやばい?【結論:別にやばくないです】

結論、第二新卒はやばくないです。

なぜなら、3年以内に退職する人は昔からいたから。

新規学卒者の離職状況

出典:厚生労働省「新規学卒者の離職状況

 

例えば、平成28年の3年以内離職率は32%ですが、平成7年の3年以内離職率も32%です。

平成7年の人は現在40代後半。

おっさん

最近の若い奴は根性ねぇなぁ~

って言ってるおっさんも、人のこと言えないってことです。

 

結論、新卒で入社した会社をすぐ辞めるのは日本の伝統なので、第二新卒がやばいわけではありません。

終身雇用が崩壊したので転職していい

終身雇用が崩壊した以上、転職しないといけません。

どのみち転職するなら、転職が有利な若いうちに転職するのは、むしろ賢明かと。

 

30代・40代になったら転職できないわけですから、第二新卒のうちに転職するのは悪いことじゃないですよ。

第二新卒は普通に転職できます

理由は、まだまだ人材不足の時代だから。

コロナ不況が始まったにも関わらず、有効求人倍率は1倍以上です。

参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

 

つまり、求職者<求人数ってことです。

第二新卒が転職できる理由については、

第二新卒は転職に不利じゃない【でもコロナ不況が本格化すると不利】にまとめたのでどうぞ。

 

なんだかんだで若さ=武器なので、転職は有利です。

第二新卒は転職に不利じゃない【でもコロナ不況が本格化すると不利】

第二新卒で転職しても出世もできる

でも、第二新卒って新卒と区別されて、出世とかは難しいでしょ?

と思うかもですが、大丈夫、出世もできます。

なぜなら、年功序列が崩壊してるから。

 

終身雇用が崩壊した以上、実力主義に切り替える会社が増えてます。

大手メーカーとかも、実力主義に変えてますよ。

 

第二新卒で転職しても、仕事で結果を出せば普通に出世できます。

大手にも転職できます

でも、さすがに大手に転職は無理でしょ?

と思うかもですが、なんと大手にも転職できます。

第二新卒を募集している大手企業があるから。

 

新卒しか採用しない超大手は無理ですが、それ以外の大手なら転職できますよ。

第二新卒を募集している大手企業は、

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】にまとめています。

 

大手に転職できるのは20代の特権なので、今のうちですよ。

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】

【注意】やばい第二新卒の特徴

ただし、さすがに下記のような第二新卒はやばいです。

転職も難しいので、該当するものがあれば直しましょう。

  • 半年以内の退職→もう少しがんばった方がいいかも
  • まったくやる気がない
  • ぜんぶ人のせい
  • 遅刻や無断欠勤が当たり前
  • 口だけで行動しない

 

この第二新卒、使えねぇ…

と思われると転職が不利になるので要注意。

 

「使えない」と思われる第二新卒の特徴は、

使えない第二新卒の特徴5選【使えない奴に思われないコツも解説】にまとめてます。

 

該当しないなら、転職は問題なしです。

使えない第二新卒の特徴5選【使えない奴に思われないコツも解説】

第二新卒が無事に転職できる方法【ただしやばい会社に注意】

第二新卒が無事に転職できる方法【ただしやばい会社に注意】

第二新卒がやばくないなら、転職しようかな。

どうしたらまともな会社に転職できるかな?

という人は、第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】をどうぞ。

 

まともな会社に転職できるノウハウをまとめてます。

実際に成果がでたノウハウなので、けっこう信ぴょう性あるかと。

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】

ネガティブな転職理由でも大丈夫

ぶっちゃけ、転職したい理由がネガティブなんだよね…

仕事がつまんないとか、人間関係が悪いとか…

 

こんな転職理由でも転職できる?

結論、どんな転職理由でも転職できます。

面接とかでは、ポジティブな転職理由を伝えればいいだけだから。

 

転職理由がネガティブでも転職できるノウハウを、

20代のよくある転職理由23選【どんな理由であれ転職して大丈夫】にまとめたのでどうぞ。

 

ドロドロした転職理由も、ポジティブに変換すればOK。

20代のよくある転職理由23選【どんな理由であれ転職して大丈夫】

第二新卒がやばい会社を避ける方法

でも第二新卒って、ブラック企業に転職してる人が多い気がする…

僕もうっかりブラック企業に転職したらどうしよう…

と心配な人は、ブラック企業を見分ける方法を知っておきましょう。

 

求人情報とかからブラック企業を見分ける方法は、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

 

社会人経験が浅い第二新卒を狙うブラック企業は多いので、要注意ですよ。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

ただし転職を繰り返すとやばい【第二新卒は次の会社で定着すること】

ただし転職を繰り返すとやばい【第二新卒は次の会社で定着すること】

第二新卒はやばくないですが、転職を繰り返すとやばいです。

「長続きしない人」と思われて、転職が不利になるから。

 

結論、転職してもいいですが、できれば次の会社では定着しましょう。

 

でも次の会社も、入ってみないと真実はわからないよ…

もし次の会社も合わなくて、すぐに辞めたくなったらどうしよう…

という人のために、極限までミスマッチを減らすノウハウを2つ紹介します。

  1. キャリアカウンセラーに合ってる会社を紹介してもらう
  2. 適職診断をして向いてる仕事に転職する

1つずつ解説しますね。

①キャリアカウンセラーに合ってる会社を紹介してもらう

キャリアカウンセラーに、あなたに合う会社を紹介してもらいましょう。

企業分析のプロなので、ミスマッチが減ります。

 

キャリアカウンセラーがやってくれるのは、下記のとおり。

  1. まずはあなたをヒアリング
  2. あなたと合いそうな企業をピックアップ
  3. 履歴書や面接対策など、内定をもらうサポート

結論、あなたに合う会社に転職できます。

 

キャリアカウンセラーに相談するのは、転職エージェントに相談すればOK。

※在籍してるので。

すべて無料なので、損はないです。

 

第二新卒に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

転職に慣れてないあなたが会社を選ぶより安全です。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

②適職診断をして向いてる仕事に転職する

適職診断をして、向いてる仕事を選びましょう。

向いてる仕事は長続きしやすいので。

 

僕もいろいろ適職診断ツールを試したんですが、フューチャーファインダーが高精度で良かったです。

たぶん新卒向けの適職診断ツールですが、第二新卒が使ってもOK。

 

1つデメリットは151も質問に答えないといけないことですが、その分、高精度の診断結果がでます。

※151の質問といっても、20分くらいで終わりました。

フューチャーファインダー

フューチャーファインダー

しかも、フューチャーファインダー無料なので、気軽に診断できますよ。

20分であなたの天職がわかるなら、やってみる価値あるかと。

まとめ【第二新卒はやばい?→やばくないです】

まとめ【第二新卒はやばい?→やばくないです】

この記事をまとめます。

  • 昔から3年以内の離職率は高かったから、別に第二新卒はやばくない
  • 終身雇用も崩壊してるし、人手不足だから、転職するなら若いうちが有利
  • 第二新卒を募集してる大手企業もあるよ
  • 正しい転職活動をすれば、転職理由がネガティブでもまともな会社に転職できる
  • ブラック企業を見分ける方法で、ブラック企業をシャットアウトしよう
  • キャリアカウンセラーに相談したり、適職診断でミスマッチを防げる

本気で転職したいなら、さっそく行動開始です。

転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

コロナ不況はこれから本格化するので、

転職するなら早い方が得策ですよ。

 

具体的な転職活動の手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

また、あなたと合う会社を紹介してくれる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

また、高精度で無料の適職診断ツールは、フューチャーファインダーが良かったです。

無料で使えるツールは使い倒しましょう。

 

あなたの転職が成功することを祈ってます。