【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット【起業診断あり】

【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット【起業診断あり】

ベンチャー起業に転職しようかな。

大手に勤めてるけど、歯車感あるしつまんないし辞めたい…

 

もっと裁量権のある仕事をしたい。

で、ベンチャーで経験積んで、いつかは起業したいな。

 

でも、ベンチャー企業ってどんなデメリットがあるんだろう?

僕はベンチャー向きなのかな?

 

あと、転職しちゃいけないベンチャー企業ってどんな会社だろう?

第二新卒の転職だから、慎重に決めたいな。

こういった要望や疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ベンチャー企業のメリットとデメリットがわかる
  • ベンチャー企業に向いてる人・向いてない人がわかる
  • 転職しない方がいいベンチャー企業がわかる
  • あなたが起業に向いてるかわかる

 

僕、佐藤誠一はベンチャー企業で働いていた経験があります。

Webマーケティングの会社でしたが、業績が下がってきたので、それを機に起業しました。

 

実際にベンチャー企業で働いたことで、

メリットデメリットがわかったのでまとめます。

 

また、ベンチャー企業には向き不向きがあるので、あなたが向いてるかもまとめました。

ベンチャー企業の中には絶対選ばない方いい企業もあるので、選び方も解説します。

 

第二新卒でベンチャー企業への転職に失敗しないために、参考になればうれしいです。

【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット

【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット

ベンチャー企業のメリットデメリットは、下記のとおりです。

メリット デメリット
1人の裁量権が大きい

一緒に成長していける

スキルが身につきやすい

学歴が関係ない

起業の練習ができる

採用されやすい

経営が不安定

1人の仕事量が多い

給料は高くない

ブラックもある

コロコロ方針が変わる

福利厚生が弱い

ベンチャー企業は成長途中の会社が多く、忙しい割に稼げません。

それでも「一緒に会社を大きくしたい」などのやりがいがあれば、やっていける感じ。

 

最初から安定性とか高い給料は期待しないことですね。

ベンチャー企業に向いてる人・向いてない人の特徴

上記をふまえて、ベンチャー企業に向いてる人向いてない人は下記のとおりです。

向いてる人 向いてない人
将来、起業したい人

給料より裁量権ややりがいを求める人

会社とともに成長したい人

短期間で成長したい人

変化を楽しめる人

理不尽にも耐えられる人

安定志向の人

福利厚生を重視する人

起業に興味がない人

変化が苦手な人

学歴を活かしたい人

理不尽を許せない人

もし向いてないなら、ベンチャー以外がおすすめです。

 

もし向いてるなら、ベンチャーに転職してOKです。

きっと楽しいですよ。

【注意】第二新卒で転職しちゃいけないベンチャー企業の特徴

もちろん、ベンチャー企業がすべて良い会社ではありません。

中には劣悪なベンチャー企業もあるので、注意しましょう。

 

転職しない方がいいベンチャー企業は下記のとおり。

  • 社長がワンマンっぽい
  • 飲み会が多そう
  • ITにうとい
  • やたら電話をかけてくる(メールに弱い)
  • 言ったことを覚えてない

転職しない方がいい理由は、こうしたベンチャー企業は伸び悩むから。

ある程度の売上までは伸びますが、そこで止まる典型です。

 

破滅につながるので、選ばないようにしてください。

【体験談】僕がいたベンチャーは社長がダメでした

ワンマンでしたね。

そして、人の目ばかり気にして、肝心の売上が伸びなかったです。

 

結局、97%くらいの業務を僕がやってたので、起業してやりましたよ。

だって、97%の仕事をしても、売上の多くをもっていかれてたので。

 

すんません、愚痴でしたw

【ヤバい】もちろんブラックベンチャーもあります

ベンチャー企業って、ブラック企業になりやすいので要注意。

「未来のためだ!」と言えば、なんでも許される風潮だから。

 

未来のために頑張りつつ、ブラック化しないベンチャーを選ぶ必要ありです。

 

ブラック企業の見分け方は、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

 

うっかりブラックに転職して、あなたの大事な人生の時間を無駄にしないようにね。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

ベンチャー企業は大きく分けて3種類

一口にベンチャー企業といっても、3つに分類されます。

  1. メガベンチャー
  2. ミドルベンチャー
  3. スタートアップ

 

それぞれの特徴は下記のとおり。

メガベンチャー 大手になる手前

給料や福利厚生は大手並み

個人の裁量権は少ない

ルーティンワークが多い

経営者との距離が遠い

ミドルベンチャー 軌道にのったところ

社員数がどんどん増える

給料が上がり、福利厚生も良くなる

個人の裁量権はある程度残っている

経営者との距離はまだ近い

スタートアップ 始まったばかりの会社

社員数10人未満

給料は低く、福利厚生は弱い

裁量権しかない

経営者と超近い(同僚に近い)

それぞれメリットデメリットがある感じ。

あなたが希望するベンチャーを選びましょう。

 

ただし、いつか起業したい人はスタートアップが良いですよ。

起業の練習になるので。

転職してもいいベンチャー企業の特徴

第二新卒で転職してもいいベンチャー企業は、下記のとおりです。

  • 社長が柔軟な思考をもっている
  • 飲み会が少ない
  • ITを駆使している(IT企業じゃなくても)
  • 連絡はメールが基本
  • 言ったことを覚えてくれてる

 

ちょっと厳しい言い方ですが、なんでも電話しようとするのは無能のやること。

だって、メールの方がお互いの時間を効率的に使えて、記録も残るから。

 

連絡手段が基本メールで、IT系ツールをよく使ってる会社は伸びます。

ITは人の代わりに働いてくれるものなので、

ITを使わない=不効率=伸びないです。

 

入社前に上記をチェックすれば、だいたい大丈夫です。

優良なベンチャー企業と出会う方法

ベンチャー企業の選び方はわかったけど、どうやって探せばいいの?

ベンチャー企業って数が多そうだし、ネットに情報も少ないから調べにくい…

という人は、優良なベンチャー企業を紹介してくれる転職エージェントが楽です。

すでに優良ベンチャー企業のリストをもってるから。

 

ネットにのってないような裏情報も知ってるので、情報収集しやすいです。

中にはブラックなベンチャーを排除してくれてる転職エージェントもあるので、安心です。

 

優良なベンチャー企業を紹介してくれる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたのでどうぞ。

 

無料であなたの運命の会社を紹介してくれますよ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

あなたが起業に向いてるか診断【第二新卒でベンチャー企業に行くべきか】

あなたが起業に向いてるか診断【第二新卒でベンチャー企業に行くべきか】

将来、起業したいからベンチャーに転職を考えてるけど、

そもそも僕は起業に向いてるんだろうか…?

という人のために、診断を用意しました。

 

起業に向いてる人の特徴は、下記のとおり。

6個以上あてはまれば、起業に向いてます。

  1. 節約できる人
  2. コミュニケーション能力が高い
  3. 見栄をはらない人
  4. 人と比べない人
  5. 人の話を聞ける人
  6. ITツールが好きな人
  7. 冷酷な判断ができる人
  8. 勉強を続けられる人
  9. 柔軟に変化できる人
  10. 貧乏を苦にしない人
  11. 毎日仕事をしても飽きない人

あなたはいくつ当てはまりましたか?

【悲報】起業に向いてない人はいます

残念ながら、起業向きじゃない人もいます。

起業は甘くないから。

 

起業に向いてない人の特徴は、

起業してはいけない人の9つの特徴【起業してうまくいく方法も解説】にまとめてます。

 

これ読んでも向いてるようなら、

あなたは起業してうまくいくでしょう。

起業してはいけない人の9つの特徴【起業してうまくいく方法も解説】

まとめ【将来、起業したい人は第二新卒でベンチャー企業に転職してOK】

まとめ【将来、起業したい人は第二新卒でベンチャー企業に転職してOK】

この記事をまとめます。

  • ベンチャー企業のメリットとデメリットをわかった上で、検討しましょう
  • ベンチャー企業は向き不向きがあるので、転職前にチェック
  • 転職しちゃいけないベンチャーや、ブラックベンチャーに注意
  • ベンチャー企業は、メガベンチャー・ミドルベンチャー・スタートアップの3種類がある
  • 優良なベンチャー企業に出会うには、転職エージェントに相談すると楽
  • ベンチャー企業に転職する前に、あなたに起業の才能があるかチェックしよう

本気でベンチャー企業に転職したいなら、

今すぐ転職活動開始です。

転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

特にこれからコロナ不況が始まるので、資金力がないベンチャー企業は採用を閉じます。

コロナ不況が明けるまで何年かかるか読めないので、転職するなら早いうちが良いですよ。

 

具体的な転職活動の手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

記事内で紹介した、優良なベンチャー企業を紹介してくれる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたのでどうぞ。

 

あなたが優良ベンチャーに転職して、いずれ起業するのを楽しみにしています(^^)