第二新卒の3つの強みと弱み【内定が出やすい自己PRの例文も解説】

第二新卒の3つの強みと弱み【内定が出やすい自己PRの例文も解説】

第二新卒の強みを知りたいな。

自己PRとかで何をアピールすればいいんだろう?

 

初めての転職活動だから不安だなぁ…

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 第二新卒の強みと弱みがわかる
  • 第二新卒の強みを活かした自己PRがわかる

 

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もしていました。

 

第二新卒の強みって何ですか?

何をアピールすればいいですか?

という質問は多かったです。

僕がアドバイスしたことで、内定をもらえた人も多いです。

 

この記事では、第二新卒の強みと自己PRのノウハウを解説します。

実際に内定がでたノウハウなので、信ぴょう性があるかと。

 

初めての転職活動は不安だと思うので、参考になればうれしいです。

第二新卒の3つの強み【弱みも解説】

第二新卒の3つの強み【弱みも解説】

第二新卒の強みは下記の3つです。

  1. 若い
  2. 基礎的なビジネススキルがある
  3. 変なクセがついてない

1つずつ解説しますね。

①若い

第二新卒の最大の武器は、若いことです。

若いと、

  • 成長できる
  • 長期間、企業に貢献できる

などのメリットがあるから。

 

ベテランの中途採用層がどんなに仕事ができても、若さだけは手に入りません。

年上たちは、若さに価値を感じていると知りましょう。

②基礎的なビジネススキルがある

基礎的なビジネススキルがあるのも第二新卒の強み。

新卒で入社した会社で研修も受けたし、業務の経験もあるので。

 

具体的には下記のようなスキルです。

  • 電話対応スキル
  • ビジネスメールを書ける
  • 言葉遣い
  • 基礎的なPCスキル

 

反対に、これらスキルに自信がない人は今のうちに勉強しておきましょう。

この辺は、使えない第二新卒の特徴5選【使えない奴に思われないコツも解説】にまとめてます。

使えない第二新卒の特徴5選【使えない奴に思われないコツも解説】

③変なクセがついてない

変なクセがついてないのも、第二新卒の強み。

ベテラン層はクセがあるので、採用担当者も嫌がるんですよね。

 

第二新卒に求められるのは、

  • フレッシュさ
  • 素直さ
  • マジメさ

みたいな感じです。

あなたが思う以上に、年上たちは若いあなたに期待しています。

第二新卒の3つの弱み

反対に、第二新卒の弱みは下記の3つです。

  1. 短期退職してる
  2. ビジネス経験が浅い
  3. 実績が少ない

この辺はどうしようもないですが、次にお伝えする自己PRで払拭していきましょう。

第二新卒の強みを活かす自己PRのコツ3選【けっこうシンプルです】

第二新卒の強みを活かす自己PRのコツ3選【けっこうシンプルです】

第二新卒の強みを活かし、弱みを払拭する自己PRのコツは下記の3つ。

  1. 基礎的なビジネススキルがあることをアピール
  2. 経験が少なくても前職の実績をアピールする
  3. 応募企業でどうなりたいかを伝える

1つずつ解説しますね。

①基礎的なビジネススキルがあることをアピール

基礎的なビジネススキルがあることは、きちんとアピールしましょう。

前述のとおり、基礎的なビジネススキルを期待されてるので。

 

例えば、下記のような感じ。

  • 電話対応の良さは、前職の上司にほめられました
  • 言葉遣いは、取引先の人にほめられました
  • 基礎的なエクセルスキルはあります

これを伝えるだけでも、採用担当者は安心してあなたを採用したくなります。

②経験が少なくても前職の実績をアピールする

前職の実績は必ずアピールしましょう。

何もしてないと思われたら終わりなので。

 

具体的には下記の感じ。

  • 同期の中では営業成績が1位でした
  • 同期の中では、一番パソコンスキルが高かったです
  • 1つプロジェクトを成功させました

短い経験の中でも成果が出せる人は、かなり好印象。

 

他の応募者と差をつけられるので、あなただけ採用される確率アップです。

【注意】話を盛りすぎるのは危険

前職の実績は、盛りすぎないように注意しましょう。

突っ込まれると答えられないから。

 

ありのままの実績を伝えればOK。

そもそも第二新卒の人に壮大な実績は求めてないので、ありのままでいいですよ。

③応募企業でどうなりたいかを伝える

応募企業で将来どうなりたいか伝えましょう。

理由は下記のとおり。

  • 成長意欲を感じるから
  • すぐに辞めないことが伝わるから

 

将来を語るには、応募企業でどんなキャリアコースがあるか調べる必要あり。

結論、企業分析を徹底しましょう。

応募企業のキャリアコースがわからない場合の解決策

企業分析してみたけど、キャリアコースがよくわからない…

という場合は、応募企業のホームページの「社員インタビュー」みたいなページを見ればOK。

 

御社ホームページに載っていた◯◯さんのようになりたいです

って言えばいいですよ。

 

採用担当者も、抽象的に説明されるよりわかりやすいので、将来像をイメージできて採用されやすくなります。

自己PRはオリジナルであることが重要

いかにもテンプレみたいな自己PRは、内定でないですよ。

採用担当者はプロなので、テンプレはバレるから。

 

あなたの体験談から自己PRを作れば、印象に残って内定出やすいです。

 

オリジナルの自己PRを作るには、自己分析をすればOK。

自己分析のノウハウは、【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめてます。

 

自己分析をサボると内定でないので、やっときましょう。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

自己PRの基礎的なノウハウ

その他、自己PRの基礎的なノウハウは、

【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】にまとめたのでどうぞ。

 

最低限、これくらいは知っておかないと落ちますよ。

【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】

第二新卒の自己PRの例文

第二新卒の自己PRの例文は、こんな感じでOKです。

私はコミュニケーションには自信があります。

前職では、言葉遣いや電話対応を上司にほめられたことがあります。

また、営業成績は同期の中でTOP5に入っていました。

私のコミュニケーションスキルを活かして、御社で成長し、貢献したいです。

将来的にはマネジメント側に回り、売れる人材を増やしたいです。

 

  • 基礎的なビジネススキルがあることをアピール
  • 経験が少なくても前職の実績をアピールする
  • 応募企業でどうなりたいかを伝える

を網羅するとこんな感じです。

意外とシンプルでしょ?

自己PRに自信がないならプロに作ってもらえばOK

うーん、何となくわかったけど、やっぱり自信がないなぁ…

内定もらえる自己PR、誰か作ってくんないかなぁ…

という人は、転職エージェントに相談すればOK。

あなたをヒアリングして、応募企業に合わせて内定が出やすい自己PRを作ってくれますよ。

 

そもそも、あなたが転職のプロになる必要ないので、プロに任せるのがです。

  • あなたに向いてる仕事
  • あなたに合う企業

も紹介してくれますよ。

 

すべて無料なので、不安なら転職エージェントにも相談しといて損はないかと。

第二新卒に強い信頼できる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたのでどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【第二新卒の強みを自己PRに活かして内定をもぎとる】

まとめ【第二新卒の強みを自己PRに活かして内定をもぎとる】

最後に、第二新卒の強みをもう一度まとめておきます。

  1. 若い
  2. 基礎的なビジネススキルがある
  3. 変なクセがついてない

 

そして、第二新卒の強みを活かして、弱みを補う自己PRのコツは下記のとおり。

  1. 基礎的なビジネススキルがあることをアピール
  2. 経験が少なくても前職の実績をアピールする
  3. 応募企業でどうなりたいかを伝える

 

コツさえ押さえれば意外とシンプルです。

できそうなところからやってみましょう。

強みを知って自己PR作れば、普通に内定もらえますよ。

 

それでも不安という人は、転職エージェントに助けてもらいましょう。

第二新卒に強い信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたの転職活動の参考になればうれしいです。